1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年09月30日

K ③

テーマ:恋愛

8月といえば、初っ端の8月1日に横浜では花火大会という大イベントがあります。


とにかく誰か女の子と花火に行きたい!!


そんなミラクルをずっと期待して過ごしていた7月。

ミラクルよ起これ!

なんてずっと思いながらも、ミラクルが起こる可能性など微塵もない。


だって肝心のK嬢は友達と花火に行くって約束をすでにしてましたからね。

だからK嬢を誘う事も誘われる事もないわけですよ。


そんな8月編のスタートです。



8月1日

今日は横浜で花火大会の日。

何かしらのミラクルが起きて、誰か一緒に見に行ってくれないかと思ってました。


もう誰でもいい。

一応、誰とも花火を見に行かなかった場合は、

寂しい男同士で慰めあう約束はしてました。


そんなところにK嬢からメールが来ました。


K嬢はちょうどバイト先の女の子と花火を見に行くから一緒にいる最中で、

「花火まで時間潰すのに何かいい案ある?」

という内容だったので、

「イチゴ狩り。」

とでも送っときました。


メールが送られてきても、別に花火に誘われるわけじゃないんですよ。

ミラクルさんはやって来ず。

そんな感じでロンリーに一人部屋で過ごしていると、
またもやK嬢からまたメール。


「今何してるの?」

と聞かれたので、

「今日は主に親知らずの痛みに耐えながらウクレレ弾いてる。」

と、答えると、

「じゃあ暇ね。

 今から行くね。」


そんなわけで、迎えに来られて突然の拉致。

ミラクルさんアリガトウ!!

しかも女の子2人、僕の計3人というわけの分からない構図。

軽いハーレムじゃないですか!?

そんで行く先も分からぬまま車に乗ること幾星霜。


着いた先は、八景島シーパラダイス

そういえば、以前K嬢とボウリング勝負をして負けて、

で、罰ゲームでフリーフォールに乗るって約束をしてました。


絶叫系が苦手なんですよ、僕は。


フリーフォールはあっという間の出来事で大丈夫だったんですが、
ジェットコースターは半泣き。


で、横浜に帰るころには花火大会も終盤。

車から少し見たんですが、すごいキレイでした。


花火はあんま見れんかったけど、楽しかったからいいや。


8月2日

昨日遊んだ女の子2人と、『スーパ-サイズミー』という映画を見る約束をしていたのに、

一人来れなくて、結局K嬢と二人で見た。


またもや自分の部屋という密室で二人きりで映画。

気にしすぎかもしれないが、こういうのってのはやっぱり照れる。


ちなみに映画自体はかなり面白かったです。

その後、バイト先の人の送別会があったので参加。



8月3日

送別会が終わったと思ったら急にK嬢が、

「クレヨンしんちゃんの映画をもう1回見たい!」

とか言い出した。


なので、タクシーで家にやって来たのだが、時刻は朝の5時。

ビデオをつけるや否や酒も入ってたって事でK嬢は僕のベッドで横になるだけとか言いつつそのまま寝てしまいました。


困ったのはそれから。


ビデオを一人で見終わった僕。


眠い。

しかしベッドにはK嬢。

僕は一体どこで寝たらいいんだ?


床?

それともK嬢と一緒にベッド?


5分くらいずっと正座で葛藤。

で、結局ベッドで寝ることにした。

自分のベッドだ。

何が悪い!!


そう思いつつも、同じベッドですぐ隣でK嬢の寝顔。

ずっと緊張してた。


ヘタレが売りなんで手を出すなんて御法度。

てか、バイト先の人とかっていやでも会うんで手を出しづらいわけです。

これがもっとフランクな関係なら手を出してたのに…って思いました。



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月29日

動物占い

テーマ:お話し

動物占い

一昔流行ったと思いますが、先日久しぶりにやってみました。


自分が何の動物でどんなタイプなのか大体覚えてたんですが、

久しぶりに見るとやっぱり面白いものです。


個人的に動物占いって結構当たってる気がするんですが、

そう思うのは僕だけでしょうか。


ちなみに僕はペガサスです。


ペガサス


●自由が大好き!

親や恋人などに束縛されたり、ひとつの場所に拘束されるのが大嫌いな

性格。いつも自由な身でいたいのです。おまけに、細かく指図されるのも

イヤです。


自由大好き!

束縛嫌い!!


細かく指示されるのも嫌い。

何のために自分で考える頭を持ってるのか。


●面倒くさいことが苦手

怠け者ではないけれど、細かい用事が重なったりすると、面倒くさく感じて

しまいます。アバウトで大ざっぱな性格だから…。


確かに面倒くさいことは苦手。

できないとかじゃなくて、めんどくさいから。

理由になってないです。


いかに効率よく動くかを考えて楽しようと考えるタイプです。


●ひらめきは天才的

12動物キャラの中で最もカンが鋭いタイプ。また、発想力が豊かで、

とつぜん、良いアイディアを思いついたりします。


これはイマイチ判断し辛いですが、何かを発想する事は好きです。


文化祭とかの時は、主に横から口だけ出して自分は何も動かなかったです。

企画だけ考えたり、ダメ出しだけ一流だったり。

だって、動くのめんどくさいから。


●人の話は上の空状態!?

「うん、うん」と相づちを打ちながら、熱心に人の話を聞いているように

見えて、考えているのは全然違うほかのこと! 

社交辞令も多かったりします。


これは良くわからないです。

人の話しはしっかり聞くと思うんですが、周りから見るとそうかもしれません。


あ、でも人が話してるときに別の事考えてるのはしょっちゅうある…。


●機嫌の差が激しいお天気屋

機嫌が良いとニコニコしてるけれど、悪いと思いっきり沈んでたり。

その日の機嫌に行動が左右されやすいのです。


これはまさにそう。


マジてテンションが全く違います。

すげー気分屋です。


●自分の気持ちに正直な人

思ったことをそのまま口にして相手を傷つけたり、

悪びれずに遅刻してきたり。

思考と行動が直結しているからです。


気ぃ使いなんで、実は思ったことは家に貯めるタイプです。

だからこれは違うかな。


遅刻はあんまりしません。

基本的に5分前行動の更に5分前に行動する人間です。


あ、でもデリカシーがない発言を多々する人間なんで、

実は思ったことをそのまま口に出して人を傷つけてることもあります。


デリカシーのなさは最近、結構気にしてる。


●つかみどころのない人柄

いつもどこかに飛んでいってしまい、行動パターンも謎。

周りの人につかみどころのなさを感じさせる人柄です。


団体行動は確かに苦手。


興味がある事を見つけたら輪を離れて一人でぷら~っとどっかに消えます。

そんで、ぷら~っとまた戻ってくる。




こんな感じで結構ペガサスは当たってると思うんですよ、自分では。


暇だったらやってみて下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月27日

一人旅 ~3日目②~

テーマ:お話し

鳥取から離れる事を決めた僕。

鳥取からの脱出方法は勿論、ヒッチハイク。


親指を立てる。

  ↓

車止まる。

  ↓

鳥取脱出!


という見事なプランをたった数秒ではじき出した僕のスーパーコンピューター。

とりあえずヒッチハイクポイントに移動することにしました。

目的地なんかなかったけど、とにかく西に行こう。

それだけを胸に秘めて。


鳥取砂丘の近くにはちょうど海岸沿いに道があったので、

どこに向かうか分からないけど道なりに進みました。

車自体があまり通らないので、とりあえず歩いて適当に進みつつ

車が来たら親指を立てるのが良いと判断したからです。


真っ暗闇の海岸沿いを歩く。

たまに後方から車が来るのを確認したら満面の笑みで親指を立たせる。


これの繰り返しですよ、最初は。


たぶん、まだヒッチハイクに対する恥ずかしさみたいなのがあったと思うんです。

「今時ヒッチハイク?

 こいつ猿岩石のファンだぜ!」

って思われるのが恥ずかしくて。


でも徐々に僕の親指は調子が出てきたのか、見事な立ちっぷりでした。

そんな感じで海岸沿いを歩く事20分くらい。


蜜に群がる蝶の如く、僕の親指に誘われて1台の車が停車してくれました。

テレビなんかではヒッチハイクって何時間やってもつかまらないイメージなので

たった20分くらいで車が止まったので、

「やった!ヒッチハイクなんてちょろいぜ!!」


と思ったのも束の間。

近づいてみたらその神々しき姿の車は見間違ごうことなくパトカーなんですよ!

初めてヒッチハイクして、初めて捕まえた車がパトカー。

で、窓が開いておまわりさんが言うんです。


「君こんなところで何してるの?」


職務質問って奴ですか…?

僕は事情を説明しました。


ただ、西に行きたいってことを。

お金がないってことを。

ヒッチハイクしてるだけだって言うことを。


そしたらおまわりさんが言うんです。


「西そっちじゃないよ。

 そっちは東。」


…。

うっ…。


「どっちにしろこんなところじゃ車なんて捕まらないでしょ。

 もっと車が捕まりやすい国道まで乗せてってあげるよ!」


!?

マジッすか!!


僕の旅に対する意気込みが伝わったのか、

おまわりさんはナイスガイな笑顔で僕を後部座席に誘うのです。


やった!

ヒッチハイク成功だ!!


なんて思いながら勢い良くドアを開ける僕。

するといきなり、


う~!う~!!う~!!!


と、柳沢慎吾ばりのサイレンが鳴るんです。


何っ!?

こんな時に事件か!?


まさに僕がドアを開けた瞬間。

こんなタイミングよく事件だ何て、まるで警察密着24時みたいな高揚感。

こんな貴重な瞬間に立ち会えるなんて僕は何てラッキーなんだ!


しかし、事件だというのに冷静なおまわりさん。

さすがプロは場慣れしてるぜ!

と思うと、一言。


「パトカーのドアは急に開けたらサイレンが鳴るから降りるときは気を付けてゆっくり開けてね。」


あ、はい…。


何と、サイレンを鳴らした犯人は僕…。

無駄に海岸沿いにパトカーのサイレンがこだましました。


そんな感じで好意的にパトカーに乗せてもらい、国道のコンビニで降ろしてもらいました。

ここなら、コンビニに来てるトラックの運転手に直接交渉して乗せてもらうことも可能。

さすが警察の判断力は一味違います。


しかし見渡せど見渡せど、トラックはあるのですが運転手はみんな就寝中。

直接交渉できる人など一人もいません。

しばらく待ってみても新しいトラックも来なければ運転手が起きる様子もないので、諦めて自力でヒッチハイクすることにしました。


そしてヒッチハイクポイントを探すためにひたすら歩く。

せっかくヒッチハイクしてる僕を発見しても、ちゃんと車を止める場所がなければ後続車の邪魔になるから止まれないじゃないですか。


というわけでそんな立地条件を満たす道に当たるまでひたすら歩いたんですが、

なかなかないんです。


もう歩く事、歩く事。


そして、全長1kmのトンネルを2つ連続で越えたところで僕はやっと見つけました。

オアシスという名のヒッチハイクポイントへ。


さぁ、ヒッチハイクの始まりだぜ!!



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月26日

K ②

テーマ:恋愛
※『K ① 』の続き。


K嬢は分かりやすいようでいて分かりにくかったりする。


誰かと遊ぶときに女の子が自分ひとりで他は男とかでも一向に構わないらしいが、男と1対1で会ったりするのだけはダメらしい。


男と二人きりになるのが恥ずかしいらしい。


しかし、それはただの男友達の場合で、

性別を超越した仲が良い男友達や、

自分が好意を持ってる男となら二人きりで会っても恥ずかしくないらしい。


また、極度のひねくれ者で恥ずかしがりやである。

全く素直じゃない。


そして、メールがあんまり好きじゃない。

むしろ嫌い。


こうして書いてみると結構分かりやすい気もするんですが、このひねくれ者で恥ずかしがりやってのが結構曲者。

YESをNOと言っちゃう女ですから。

あと、男友達が多い女の子でフレンドリーなタイプなので男と二人で遊ぶってのも仲がめっちゃ良い男友達なら往々にしてありえるんじゃないかと思うわけなんですよ。


それでも今にして思えば、僕のヘタレっぷりってすさまじいもんがあったんですよ。


二人きりで全然会ってたし、むしろ僕の家に週2くらいで全然泊まってたし、
メールとか全然向こうから送ってくるし。


普通にいけそうじゃないですか。

僕が当時よく言ってたのが、


自分とK嬢みたいな内容の話しを友達から聞かされたら

「とりあえず告れ!」

ってオレはそいつに言う。

絶対に告白は成功するから。

そして、
「もし、お前がふられたら俺が女に文句を言ってやる!!

 そんな思わせぶりな態度をすんな!!って。」

とも言う。

でも自分自身の事になるとヘタレなのでムリ。

告白なんてできないぜ。


だってさ、二人きりで遊べるのも、好意を持たれてるんじゃなくて

異性を卓越した友情だったら?

メールが送られてくるのも単に、僕とのメールの波長が合うだけやったら?


とか言ってました。

他人の話なら大口を叩けるんですが、自分となると本当にムリ。


そんなことを言い始めた7月後半。
仲がいつの間にかめっちゃ良くなってきた時期です。


7月27日

携帯が鳴り、呼び出される。


本来ならこの日はバイト先の人とテニスに勤しむ日だったんですが、台風接近のため中止。

しかし、夜中みんな暇なために5名ほどで集まってファミレスで腹ごしらえしドライブへ。


バイトを辞めた人もいるので、メンツは、
学生(女)、ダメ学生(男)、フリーター(女)、求職中の無職(男)、ニート(男)
のバラエティ豊かな5名!

そして、座席はこう。

 男  男
 女僕女

僕、女の子に挟まれちゃって両手に華です。

ちなみに僕の右側がK嬢。


深夜1時。


コンビニ休憩のために止まったところは江ノ島。
ここに来たなら海に行かなきゃダメでしょうって事で、
僕とK嬢は嬉しがって2人で海へ。

台風は直撃してないっぽかったものの、やはり波が高くて危険。
でも、だからこそあえて困難な道を人は選ぶもの。


そんな意気込みで波打ち際で遊んでたら、案の定、波直撃!!


僕もK嬢も下半身がビチョビチョ。
波で濡れた姿でコンビニに戻るとバイト仲間から笑われてしまいました。

そういえば、このとき僕の飲みかけのココアも波にさらわれて、

再びココアのパックを発見したときはココアが塩水に変わってました。

そして、再びみんなで海岸へ。

また僕とK嬢は嬉しがって2人で波打ち際で遊んでました。
すると、かつてないほどのビッグウェーブが僕たちを襲う。

本当に芯までビチョビチョになってしまいました。
ちなみに濡れたのは僕たちだけ。
他の人は高みの見物をしてたので、乾いた服で高笑い。


今年初の海を見た日。


7月30日

バイト終わりにK嬢からウクレレをもらう。
新しいウクレレを購入したのでお古を貰ったわけです。

匂いつき。


7月31日

前々から見ようと言ってた映画を見にK嬢が僕の家に来た。


その映画って言うのは、

『クレヨンしんちゃん モーレツ!大人帝国の逆襲』
と、
『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』
の2本立て。

アニメだからって舐めてるとエライ目に会う映画です。

すごい感動する映画で、僕は今までで1番感動した映画に挙げてるんです。

『クレヨンしんちゃん モーレツ!大人帝国の逆襲』 を。

すると、K嬢が、それは見たことないけど、

『クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦』
も感動するって言うから見てみようって話しになったわけです。


映画を見てると、隣でK嬢が感動で泣いてました。


というか、密室に二人きりで映画なんで緊張しました。

そう言えば、初めて二人きりになったのがこの日でした。




初めての二人きりを経験し、そして様々なイベントがあるであろう8月に突入。

8月1日といえば、横浜では花火大会なんですよ。


当時の僕は、

ミラクルが起きるか!?

なんて心配をしてた時期です。


上の文章は当時mixiで書いてた日記を転用してるんですが、

特に海の話なんかはその他大勢いるのにずっと二人で遊んでたわけです。
今にして思えば何でこんなにヘタレてたのか…。

つづく

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年09月25日

一人旅 ~3日目①~

テーマ:お話し

僕の一人旅はこの日から始まったといっても過言ではない3日目。


とは言え、朝から寝坊したので目標の現地到着時刻に余裕で間に合わなかった。

当初の僕の一人旅の計画というのはこんな感じ。



1日目。

横浜→大阪。

とにかくこの日中に大阪入りしておけば良いといった感じ。


2日目

大阪にて矢野兵動単独ライブ観戦。

この日の予定はそれだけ。


3日目

大阪から鳥取に移動。

鳥取砂丘の夕日に舌鼓を打つ。


4日目

未定


5日目

横浜に帰宅。


予定ではこの日は鳥取砂丘入りする日。

砂丘の夕日というのはこんなにキレイなんです。


夕日


この風景を見ずにして鳥取砂丘に行ったといえるのか?


否!


言えないでしょう。


大阪を早朝に出発し、一旦京都へ向かい山陰線をひたすら西に向かうと

確か4時くらいには鳥取に着くんです。
それが寝坊のおかげで大阪を出発したのが昼過ぎ。


とても落陽の瞬間に立ち会えません。

それでも間に合わないのを承知で僕は鳥取に向かいました。

夕日を見れなくても砂丘には僕を感動させてくれる何かがある。


そう信じて…。


そして、鳥取駅に着いたのが夜の8時くらい。

駅周辺は僕がイメージしてたよりずっと都会なんですが、

まだ8時だというのに閑散としててほとんど人がいないし、

おまけに店も閉まりまくっててコンビニくらいしか営業してないんです。


僕の事前情報では鳥取砂丘までバスが出てるのは確認してたんですが、

なにしろ極度の貧乏旅行。


鳥取砂丘まで5Km。


とか書いてるのを発見した僕は小雨振る中、傘も持たずに歩く事を迷わず決断。

しかしこれが大変な道のりでした。


結構都会の駅周辺ですら夜になれば閑散としてるのに、

少し駅を離れるとド田舎な鳥取。


車がたまに横を通り過ぎるのみ、歩いてるのは僕だけなんです。

しかも街灯はほとんどなく、ひたすら暗闇の山道の中を歩く。


トンネル


暗闇に混じるトンネルなんか普通は恐いはずなんですが、

これが唯一明るい場所だったんですよ。


そして、1時間半も暗闇と格闘を続け、とうとう砂丘に着きました。


僕は砂丘の砂を一歩一歩噛み締めました。


暗すぎて何にも見えん!


砂丘に街灯などあるはずもなく、真っ暗闇がただ広がるだけ。

それでも微かに砂丘の壮大さを感じる事はできたんですが、

やっぱり深夜なんで人っ子一人いないわけなんですよ。


だいたい誰も好き好んでこんな時間に砂丘なんて来ません。


しかし、せっかく来たんだから満喫しなければと噂に聞く鳥取砂丘の岡を越えました。


そこを超えると海があるんですよ。

とてもキレイなはずの。


これも真っ暗でほとんど見えなかったんですが、

耳に聞こえる潮騒の音と微かに暗闇を掻き分けて見える海。


これだけでも感慨深いものがありました。

たぶん昼間に見たらもっと感動する事でしょう。

というか、僕の1週間くらい前に砂丘に来た友人は凄く感動したと言ってました。


その人は夕日に我を忘れて帰れなくなって日帰りのつもりが鳥取で1泊したくらい感動してましたから。


そして、僕が砂丘を満喫して我に返ったのが夜の10時過ぎ。

僕の取る選択肢は限られてました。


・砂丘で野宿

・駅に戻って野宿

・鳥取に別れを告げる


そんなわけで、僕は鳥取に別れを告げ移動する事にしました。

道中、もっとも長い夜の幕開けです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月24日

K ①

テーマ:恋愛

『K』というとBUMP OF CHECKENの『K』という曲を真っ先に思い起こします。

黒猫と若い絵描きの歌です。

そういえば、この曲が入ってるアルバムを車の中で聞いてたときにこんな会話をしました。



「このアルバムがバンプで1番好きで、特にネコが出てくる歌が1番好き。」


「あ~『K』って曲やろ。」


「違うって。ネコが出てくる歌!

 ネコ~♪ネコ~♪♪ネコ~♪♪♪」


「いや、それ違うって。

 走った~♪走った~♪♪生まれて初めての~♪♪♪

 って歌詞やろ。

 ファンが聞いたら怒るで、その歌詞。」


「あ~、それそれ。

 やるじゃん!」



この会話の相手というのが彼女なわけで、

ちなみに彼女の名前もK。

好きな歌が自分と一緒の名前なんだから、タイトルくらい覚えとけって話しです。



週末の大通りを 黒猫が歩く
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた


孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」


腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独と言う名の逃げ道を


走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて


どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た


それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」”ホーリーナイト”
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが ある日


貧しい生活に 倒れる名付け親 最後の手紙を書くと 彼はこう言った


「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」


不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った


雪の降る山道を 黒猫が走る
今は故き親友との約束を その口に銜えて
「見ろよ、悪魔の使者だ!」 石を投げる子供
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから
「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ


彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ


走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
負けるか俺はホーリーナイト 千切れそうな手足を
引き摺り なお走った 見つけた! この家だ!


手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に
アルファベット一つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった



黒猫のように気まぐれなK嬢と僕の話し。


「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」


まさにそんな感じ。

真性童貞であるK君にも書いてくれという要望があったので

書ける範囲で僕のヘタレの軌跡を書いていきたいと思います。




7月7日

今日は七夕。


『彼女ができますように。』


と短冊に書き、リアルに4回くらい拝んだ。



僕のK嬢に対する第一印象というのは最悪。

初めて出会った3月の時点では顔を見たくないほど嫌いだった。

こんなに人生で人をめんどくさいと思ったことはないくらいです。


6月くらい に少しずつ馴染んできました。

たぶんこの図で言うとB子の加入がきっかけなんじゃないでしょうか。


B子が僕に向かって言ったセリフ。


「あ~、君が噂の…。」


というのは、4月の最初にバイト先で花見での出来事。
僕は私用で不参加だったんですが、そのときに、

「バイト内で1番好きな顔の男は?」

って質問でK嬢は僕の名前を挙げたらしいです。


まだ、僕はそこのバイトに入って日が浅かったので、みんな

「え~、誰?」

みたいな感じになったらしいです。


それを覚えてたB子は出戻ってきたバイトで僕を見掛けて思わず言ったのが、

「あ~、君が噂の…。」

です。


そんな感じの6月を過ごし、7月を迎えたわけですが、

七夕の時点でも現在の状況を予想する事など不可能。


単にバイト先の仲の良い人って感じでした。

でもこれくらいから事態は一変してきたんです。



つづく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月22日

祝☆1周年!

テーマ:お話し

実は昨日でアメブロ暦1周年を迎えました。


1年ですよ、1年。

長かったです。


ここに至るまで様々なことがありました。

もう言うのもめんどくさいですが…。


先日、ふと昔の話しが読みたいと思って隣にある

『パンチラについて本気汁出して考えてみた』

を読んでみたんですよ。


今はこんなの絶対書けないです。

誰も褒めてくれないから自画自賛ですが、当時の僕は何者だったのでしょう。

こういった書き方はこれっきりで良いと言えば良いんですが…。



そんなわけで1周年記念に何ができるかななんて今さら考えてみたんです。


実は僕はブログを作り始めてから心に誓った事があったんですよ。

「彼女ができたらブログを引退する!!」

ってことを。


彼女ができたのに根暗にコソコソこんなブログ書いてられないですよ。

恥です、恥。

彼女にこのブログの存在をバラすか、とか考える余地がないくらい断固秘密。


そんなわけで、引退ついでに彼女との馴れ初めでも書こうって案もあるんです。

ビックリするくらいの僕のヘタレっぷりが分かりますよ。

この件に関しては、当時どれだけ叱咤激励されたことか…。


しかし結果が結果なだけに書きづらいです。

フラれてれば確実に喜んで書いてたんですが、付き合うことになったんで。

今書いてもノロケにしかとられないじゃないですか。



あと、1周年で何ができるか考えれば、今僕が考える当時のエピソードを添えた私的ランキング。


前回やったのが4月5日の『私的ランキング3』

それからどう変動してるのか、それ以降の話はランクインしてるのか。


自分的には少し気になります。

結構変動してるっぽいし。



別に他に記念的に思いつくこともないし、考えるのもめんどくさい。

何か、もっと良い案があればいいんですが。


ちなみに引退云々に関しては、引止めにも合ってるので現在考え中です。

思い切って恋愛ジャンルに転向してノロケまくるとか…。


うん、それはない。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年09月20日

申し訳ございません。

テーマ:恋愛
彼女できた。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年09月17日

一人旅 ~2日目~

テーマ:お話し

もともと今回の一人旅は今日のために始まったといっても過言ではない。


矢野兵動単独ライブ。

『漫才病』


漫才病


兵動「矢野、漫才好きか?」

矢野「三度の飯より好きやで、兵ちゃん!」



お笑いライブを見に遠路はるばる横浜から大阪まで行くと言って、

僕はどれだけバカにされた事だろう。

しかし、矢野兵動の単独ライブにはそれだけの価値があるのだ。


待ちに待った単独ライブ。

僕とK君は梅田花月に向かった。


実はライブ前に某女性と接触に成功。

そのとき、K君は相変わらずバカにされていた。


「ホンマにめっちゃ童貞臭いなぁ!

 予想以上やわ!!」


と初対面の女性に言われ続ける。


また、K君は最近会社の同期で行われた、

『ケツの穴、誰が1番汚い選手権』

でぶっちぎりで優勝した汚いケツの穴の持ち主。


そのことを話すと、


「確かに君、ケツの穴めっちゃ汚そうやわ!」


と、これまた初対面の女性に言われる始末。

しかし、このときのK君の返しが僕は好きだった。


「そっか、でも君のケツの穴はきれいそうやな!!」


女の子に言うセリフではないでしょう…。

さすがに24年間童貞を死守した男の発言は違います。


そんな全戯を終えて、いよいよライブ開始。


ライブ中の終始止まらぬ笑いの中、兵動さんがうっかりなのかネタなのか、

自分の携帯電話の番号をカミングアウト。


開き直って何度も連呼したので無論それを覚えないわけはなく、

僕はライブ終了後に兵動さんに電話した。


「今日来てくれたん。

 面白かった?

 ありがとうなぁ~。」


ネタ中のとは違い穏やかな口調ですごい優しい人だった。


ちなみに僕が1番に彼に電話をかけたらしい。

1番ゲット!!

憧れの兵動さんと話しができて凄い嬉しかったです。


そして、短くも充実した一人旅2日目が終了した。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月14日

輪廻転生

テーマ:お話し

古今東西、死後の世界というものは広く信じられています。

人間が1番恐怖に慄くことと言えば、やはり人間であるが故の想像力なんですよ。


豊かな想像力がある故に、色々なものを想像し、そして恐怖する。

やっぱりそうなるとどこかに安らぎを求め、また想像するんですよ。


で、宗教なんかができたなんて僕は考えるわけです。


そんなんだから、宗教って基本的に人間の不安を消し去る教えを説くんですよね。

「信じてれば救われるよ。」

とか

「一生懸命生きれば天国に行けるよ。」

とか。

で、仏教で言うところの『輪廻転生』。

これまた可笑しな話ですよ。

前世とかあるわけないじゃないですか。


以前、死後の世界があるかどうか聞かれたときに、僕は

人間は死んだらただのタンパク質になるだけ。

なんて血も涙も夢も希望もないことを言い放ってあげたんです。


まぁ、でも最近は生まれ変わりってあるんじゃないかなぁとか

ちょっとロマンチストな一面を持ってみようと思い始めたわけです。


でも実際また人間に生まれるなんて確率的にはかなり低いと思うんですよ。

地球上に人類が60億だかいるとしても、生物の総数的に見ればかなり少ないですからね。


だからちょっと考えてみたんです。

人間以外に生まれ変わるなら何になりたいかな、なんてファンシーな事を。


意外とすぐ出てきたんですよね。

僕が生まれ変わりたい人間以外の生物。


『アメーバ』。


これしかないです。

何がしたいって細胞分裂。


実際は人間以外の生物に理性なんてないから何も思わないんでしょうが、

想像するだけでは細胞分裂がどんな感じかわからないじゃないですか。


う~ん!

って力んだら少しずつ

ウニョ~ン!

って体から体が出てくるんです。


で、気付けば全く同じ自分が目の前にいるの。


こんな不思議な事他にないですよ。

生まれ変わったらアメーバ。


これからはこれが定説ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。