2015 1 20 びわっちマスタースタート
2016 1 20  びわっちセミナー in calm house

そして、
2017 1 20 は びわっちのヴィジョン スパイラル セッションこちらに 行ってきました。


たくさん 心の勉強して
安定し過ぎる毎日に
ちょっと退屈してたから

遊び心が発動し
2年ぶりの着物きて 
びわっちに会いに行こう!って思いました。

着物を着ると決めたときから 
全てがワクワク♡
着物選びも楽しかった〜!



そんな 余裕ぶっこいて
のんきな気分で セッション開始。

{7B870B2D-CD2A-4160-9ECC-A340A7DB0F83}






自分でも 気付いていたけど
終わったつもりでいたこと。

まだまだ 癒えてませんでした。



今 この生活できているのも
両親のおかげだし
母ひとりになった今でも
同じように幸せに生活している。

日々 歳をとっていく母に
「ありがとね〜」
って伝えたい…思っているけど
なぜか 言えない。
反対に冷たく当たってしまう。

ありがとうと伝えると
全てが終わり 
母が逝ってしまいそうな気がして…


それは
父が息をひきとるとき
母は、
父の顔や身体をさすりながら
「今までありがとね〜、
色々あったけど 幸せでした〜」って
泣き崩れる姿をみて

心のなかで こう思ってたんです。

「その言葉、生きてるうちに 
言って欲しかった。」

だから 
母にありがとうと伝えると
死んでしまう…







母の言葉に心配し 
母を助けるために いい子でいた 48年。
びわっちマスターが始まって
48歳で反抗期を迎えました。


自分の気持ちを知り 
父にも母にも ちゃんと言うことで
それぞれが程よい関係になり
気持ちよく過ごせていたのに


父が亡くなって 
しばらくしたら
母と一緒にいるのが 苦しくなった。




「ありがとう〜」と言ってしまうと
母が逝ってしまう気がする…なんて
ほんと 都合が良すぎる。
そうやって また逃げていた。


まだまだ 
母に怒りを残したままだった。
目の前で 父が亡くなる瞬間の
その光景に…

さんざん 私を振り回しでおきながら
いい加減にしてよむかっ
と思っていたのだから。


どんだけ 母のために頑張ってきたのか…
笑っちゃう。



そしたら びわっちが

「お父さんとお母さん
全身全霊をかけて 教えてくれたんだね〜。
すごいね〜。愛されてるね〜。」って。

{583F11C4-F4FB-4CD2-9329-55A057437254}

その言葉に また胸がじーーんおねがい




今なら わたしは まだ間に合う。
生きてるうちに
「ありがとう」と言うこと。


なかなか自分のことは気付かない。
終わったつもりで
終わってない。

なかなか人を愛せない。
そのパターンも同じだった。


無意識のうちに
自分のパターンで日々が送られる。
それを 
書き換えていくことで
明確に自分のこころを知りました。

知ってしまうと
両極端なわたしは 
またそこに向けて
ついつい頑張ってしまう。

だから、
どんな自分もパンツミー‼️ 
くらいで ちょうどいい。


今年は
やりたいことに 
勇気を持って スタートさせ
揺るぎない自信を掴みたいと
強く思った 一日になりました。
























AD

コメント(5)