向井幸一のブログ

高齢者住宅の管理運営をしている高齢者のブログ

NEW !
テーマ:

毎年10万人を超えるといわれている親の介護のための離職社会問題にもなっています。介護離職するのは年齢的に40~50歳代の方なので生活設計でも深刻になると思います。国も介護離職ゼロをスローガンにしていますが施設、在宅介護とも労働力不足が顕著になっています。

 

大手企業を中心に親の介護が必要になっても離職しなくて済むような働き方を認めるようになってきました。一つは転勤がなくなるエリア限定社員への変更です。総合職からエリア限定社員になるので収入は下がりますが転勤の不安は解消されます。

 

もう一つは管理職から専門職への変更です。収入は下がりますが管理職と比較して自由な働き方が可能になるといわれています。少子化の影響から企業では労働力不足が加速することが予測されますので子育て、介護のための離職を防ぎたいという気持ちもあります。

 

ただ介護は子育てと異なり先が見えないので企業、働く人ともまだまだ暗中模索のようなところもあります。官民一体となった取組が必要であると思います。職務変更して退職しなくてもいいのは社員にとってありがたいことですが収入が下がることは不安かもしれません。

 

親の介護をすることは大切な親孝行だと思います。収入が下がっても、先行きが見えなくても選択する方は立派だと思います。収入減を補うためにも家族介護にも介護報酬を支払うような仕組みがあればいいですね。介護職が不足する現状と今後の見通しからも家族介護に対する介護報酬支払についても真剣に考える時期にきているのではないかと感じています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。