「行きつ戻りつ」

テーマ:
先日、夏至も過ぎてしまい…これからは日も短くなる一方。
さらにほぼ1年の半分もきてしまったと思うと…

「何やってるんだろうなぁ、自分」

と、なんだか自分のことを妙に突き放して見てしまう今日この頃です。

10ヶ月近い不妊治療の末、授かった命があの世に行ってしまって
早いもので3ヶ月が過ぎました。


4月上旬の時点で色々と考えたことや思ったことを
つらつらと書いていました。


あんな頃はまだ気が張ってたんですよね。
身体は仕事に耐えられても…
しばらくしてからの方が、精神はグラグラでした。

通勤や日常で必要な買い物に出かける際に
乳児を抱いた女性や妊婦の女性が視界に入ると、もう心がざわつく。

電車の中では、ボリュームをアップしたお気に入りの曲を聴きながら車窓に目をやり

「早く、駅に着かないかな…」

スーパーで買い物中の時には、足早にその場から移動したり…
毎日、こんな調子でした。

日常生活でこんな調子なので
SNSなどはさらに面倒なことに…

安産祈願に出かけた知人が、
祈願後にいただいた腹帯などや、手作りのベビーグッズを撮影した画像を
SNSにアップしたのを目にした時には…それと同時に涙があふれてくる。

「私もあと1ヶ月半、順調だったら安産祈願に行くことができたのに」

「私だって色々なもの手作りしたかった」

仕方なく、知人のアカウントを非表示にしました。

中でも一番辛かったのが…「乳児の泣き声」

空室だった我が家の隣室に引っ越しされた方がいらしたのですが…

「乳児がいらっしゃるご家族で…」

3月の頃はそうでもなかったものの…
4月に入ると、夜などは心地よい風が入るので窓を開けるのですが…

隣からは乳児の泣き声が。

職場に復帰する前などは1日中、自宅にいるものですから…

泣き声が聞こえるたびに涙が止まらなくて…

「専業主婦で自宅にずっといたら…絶対、ノイローゼになっていただろうな」

ある意味、仕事に復帰できてよかったと思いました。

4月の中旬に職場復帰しました。

ありがたいことですよ。1ヶ月半も休養したのに
首も切られることなく、職場に居場所が残っていたんですから。
それは本当にありがたい。

でも、以前のような気力は到底わかない。

「私、何のために仕事してるんだっけ?」

昼休みになるとそんなことばかり考え…

職場に復帰した後は、繁忙期のピークよりも
仕事量は落ち着いてきたとはいえ…たまに残業もあったこともあり
帰宅しても…

「夕食作るのめんどくさい」

とはいえ、惣菜ばかり買っても
財布がもたないので、仕方なく作る始末。

「以前の自分なら、新らしいメニュー作りにチャレンジしたりしていたのにね」

さらには、以前よりも掃除もしなくなりました。
とにかく自宅でぼーっとする時間が増えました。
週末に外出すると、乳児や子どもを連れた方によくお会いするので
余計に外出したくなくなりました。

ただ、どうしても見たい企画展があって出かけた時があったのですが…
その会場が最近できたバリアフリーの図書館内のギャラリーで
まあ、案の定、バリアフリーだけあって、ベビーカー押したママさんがたで
賑わっているんですよね。
昔からある図書館と違って、子どもたちも大きな声出してもまぁ大丈夫なわけで…
なのでね…まあ、そういう場所に行くのが非常に辛いわけです。やはり。

「で、帰り道にまた泣きながら帰るっていうね」

本当、何やっているんだろうですよ。

それに輪をかけて…

テレビ見ても…気がつくと、テレビに突っ込みしているの。
「そんなの少数派だよなぁ」とか斜に構えて見てる。
そして、ほとんどテレビ見なくなりました。
見るのはニュースぐらい。

そんな感じで2ヶ月ぐらい過ごしてました。

タイミングの悪いことにその最中。ゴールデンウィークがあったのですが…
もうどこ行っても、「疲れるなぁ」が頭から離れません。

ゴールデンウィークの頃に、実は長野や大阪などあちこち出かけたんです。
色々と尽力してもらったダンナには感謝していますが…

「どうも、連れていってもらっているせいか…受動的な感覚もあり、
なんとなく…楽しいけど…不完全燃焼感があったので」

以前の自分だったら何があっても楽しめたのに。

一番ひどかったのはダンナが趣味でやっている
似顔絵描きのイベントについていった時。
お分かりでしょうが…似顔絵を描いてもらう人っていうのは
だいたい、乳幼児を連れたご家族なんですよ。
それが…私が流産してようやく2ヶ月になるかならないかの頃。

最初のうちは普通に来場された方ともお話してたのですが…
次第に顔がひきつるように…
ダンナの分の昼食や飲み物を購入するためと称して
席を立つ回数を増やしては…

「何やってるんだ…私」

もう、終了間際になると早く帰りたくて仕方なくなり…
結局最後には泣きながら帰宅することに。
ダンナにも渋い顔されました。

「だから最初に言ったよね?
自分が無理だと思ったらついてこなくていいって」

その通りでした。
正直言うと、荒治療だけども、そういう場所に行ったら
慣れるかなと思ったのです。
でも、結果的に私にはまだ早すぎました。
というか逆効果でした。

ふと思い出したのが…昔に見た映画「ぐるりのこと」

まあ、ストーリーはこんな具合。


「わかるなぁ…」

親戚に躁鬱病の人がいたので。
当時は、客観的に見てましたけど…

「まさか自分がそれに似た状態になるとはなぁ」

だから、下手に動かなかったですね。
こういう時って、何してもダメなんで。
無理して元気だそうと思ってもその揺り戻しがひどくて…
ゴールンデンウィークの遠出も結局、それだったのかなと。
楽しいよりも疲れてしまっていたのは。

あと、もしくは燃え尽き症候群かも。
治療を頑張ってきたけど、結果が出なかった自分。

「自分自身、生きてく価値あるのか?」

って思うレベルまでメンタルが落ちました。

周りの人たちは色々と心配して声かけてくれるんです。

「ああいう結果だったけど、yukiさんは大切な存在だから」とか

「夫婦2人で仲良く暮らせるなら、それはそれで幸せじゃない」とか

ありがたいです。そう言ってもらえるのは。

でも、ふと自分が嫌になる瞬間があって…

それはある日のこと。たまたま、その日の夕食は鶏肉の甘酢炒めだったかな…
それとも、鰯の蒲焼だったかな…詳しくは忘れてしまったけど
あれこれ、試行錯誤して今の味に落ち着いた
自分でも得意なメニューを作ってから一人で食べていた時です。

「あぁ、この味、誰もこの先覚えててくれないんだなぁ」って思ったら

急に怖くなったんですね。

「命のバトンをつなげられないってこういうことか…」

と、涙流しながら箸が止まりました。

どうしようもないんです。
自分でもどうしたらこの不安を拭えるのか分からず
何より、自分の存在価値が崩れていく。

「自分、ここにいていいのか?」

子どももできなくて、女性しかなしえない仕事をできない自分が
なんだかとても嫌になって…

「毎日、辛い」

そんな頃、SNSでつながっている東京の友人が
私のあまりの覇気のなさを心配し
「東京に遊びに来ないか」と呼び寄せてくれました。

そうなんですよ。身重だったら東京にも行けなかった訳で。

友人とお酒を飲んで、たぶん今後また10年ほど、日本では公開されないであろう
イタリア絵画を存分に堪能できたのも…今の私だからこそなんですよね。

「皮肉なもんです」

でも、東京の旅は楽しみました。心から。
たぶん、能動的だったからでしょうね。

「これ見たい!」「ここに行きたい!」っていう気持ちがあったから。

まあ、東京に旅に出かけて、ずいぶんとモヤモヤは解消されました。
ただ、全てではないですけど。

正直、今の自分、どうしたらいいんだろう?と。
前の自分のように前向きになるにはどうしたら良いのだろうかと
色々考えているんですけど…答えが出ません。

ひとまず、今は自分が好きだったものから片っ端から手をつけて
「これ、楽しかったな…」から始めています。

仕事ももう少し、身を入れた方が良いのはわかっているのですが…
そもそも1ヶ月半も職場から離れると
正直、サブ的な仕事の方が増えて…それが少し、寂しい時もあります。
でも、仕方ないんです。
1ヶ月半も休んだ私。フルスロットルでは働けないことを見越して、
同僚も気を使ってくれていた訳ですし…
正直、私も後輩たちのサポート役ぐらいの役割ぐらいで
今では丁度良いと感じるほど。

「まあ、首切られなかっただけよかったと思うことにする」

子どもにとらわれる生き方は怖いんですよ。
生きがいを子どもにすり替えると
我が母のようになるからね。
そこはきちんと思い直しています。
ただ、やはり自分自身、思うようにいかないのが一番辛くて…
とはいえ、これが人生なんですよね。

ちなみに…

不妊治療を受けていた病院には、
今は1ヶ月に1度のペースで通院のはずでした。
が、病院に、傷病手当金を支給してもらうための診断書を作成してもらう必要があり
結局、流産後、1ヶ月のうちに何度も病院に行く羽目に。
正直、必要もない時に、病院に行くのは嫌なんですよ。
不妊治療専門の外来とはいえ、2人目の不妊に通っている方もいるので
待合室には、乳児や幼児を連れた患者さんもいるのです。
そういう人に会うのも辛いし。

私も間違いのないようにメモ書きを添えてお願いしたのですが…

「結局、2度の書き直し」

先生もさすがに2度目の書き直しにはあからさまに嫌そうな表情に。

まあ、結局のところ、お金のかからない健康保険の診断書作成とか面倒な訳ですよ。
そりゃそうでしょうよ。
安い漢方薬処方して月に数千円の私の診察なんて
病院からしたら旨味も何もないでしょうに。
なんてひねくれた考えも、ふとよぎりましたが…
まぁ、今の生活スタイルでは
今の病院でお世話になるほかないですし、
そもそも、残り1つの受精卵も冷凍保存している訳ですからね。
その辺は頭を下げて書き直しをお願いしました。

先生からは7月頃には不妊治療再開できますよとは言われましたけど…

「どうするかな」

そこから治療を再開すると、今度はまた繁忙期にどハマりするんですよね。
そうすると前回の二の舞になるので、繁忙期は避けたいところ。

「なんて話したら、また先生、嫌な顔するかな」

仕方ないよね。うちの繁忙期、ハンパないんだもの。
眼精疲労や体力の消耗考えると…絶対、治療に適してないもんな。

まあ、行きつ戻りつ、少しずつ精神を組み立て直している最中です。
AD


花王のキャンペーンに参加中 [PR]

梅雨に入りました。

時折、晴れ間が広がる…いわゆる「梅雨の晴れ間」には
真夏日を記録することも。
とはいえ、朝晩となれば肌寒い日もあり…

「気温差についていくのに必死の今日この頃」

身体ですら、こんな調子なので…

「肌などは、もっと過酷ではないかと」

おまけに蒸し暑い時などもあって…

「気が付けば汗ばんで…おでこからは汗がにじみ出たり」

汗もですが、皮脂の分泌も多くなり、
肌には余計に負担をかけることに。

元々、乾燥肌の私。

「この気温差のせいか、余計に乾燥肌がひどくなっている気も…」

困ったなぁ…というわけで
そんな過酷な季節の変わりめの肌ケアの手助けになればと思い
今回、使ってみたのがこちら。

SOFINA_1

花王さんのスキンケアブランド
ソフィーナの新商品
SOFINA iP 美活パワームース(土台美容液)です。

今回は、花王さんより商品をご提供いただき
使わせていただきました。ありがとうございます。



さて、こちらのアイテムで最初に注目したのが…

SOFINA_3

スキンケアタイムにテンションがあがりそうな
上品な香水瓶にありそうなグラスのカッティングのような…
キラキラとしたキャップが付いた
マリンブルーのグラデーションが爽やかなパッケージ。

「うむ。それも魅力的ではありますが…ボトルの下を見てみて」

SOFINA_2

「美活パワームース」

はい、あのよく整髪料とかによくある…
あのムースですよ。

なのに…

「美容液」

それも…

「土台美容液って…どういうこと?」

それは…こちらのスキンケアアイテムのコンセプトが…

「お手入れを土台から変える」ということから。

だいたい、スキンケアの流れでいうと…

「洗顔後に化粧水をなじませて…肌の調子に合わせて美容液とか、乳液とか…
最後はクリームとかで水分を逃さないようにするっていうのが定番ですよね?」

ところが…この美容液は…

「洗顔後に使います」

それも…

「テクスチャーがムース状」

ちょっと驚きじゃないですか?

ということで早速、使ってみました。

ムースっていうとね…

「ボトル振りたくなるけど…それ、絶対、やっちゃダメ!」

これは振ってはいけませんよ。

SOFINA_4

「ほら、パッケージにも書いてあるでしょ?」


そして…適量は…「直径3センチほどね」

SOFINA_5
こんな感じかな。

で、もうひとつ注意なのが、肌への乗せ方。

「肌に乗せる前に、間違っても、両手でこすりあわせたりしないでね」

なぜかというと…このムース状というのが重要なので!

この泡の中には、高濃度の炭酸が含まれているんです。
その上、この泡が美容液ということはですよ…

「この高濃度の炭酸のおかげで、美容液が肌にすばやく浸透する訳です」

なので…肌に乗せる時には

「高濃度の炭酸を逃さないように…
泡をつぶさないように指先で優しく、両方のほほ、ひたい、あご、鼻に
のせていくんです」

その後、肌になじませるように
優しく、ゆっくりと顔全体に広げてからなじませていきます。

実際に手に取り、なじませていくと…

「今までにない、美容液の肌あたり」

確かに…泡ですからね…

でも、なんていうか…液状の美容液と違い、
すーっと肌になじむところが
とても気持ちが良いですね。

「特に今の季節って、湿度が高くて…
スキンケアで言えば、べたつくのはご遠慮いただきたいところ」

そういう意味でも、この肌なじみは大歓迎です。

そして、ほんのり香るオーシャンエナジーという香り。

「お花やハーブの香りの良いところをチョイスしたような
お肌に良さそうな、おだやかな香りです」

強い香りが苦手な私でも抵抗なく使える香りで
気に入っています。

そして、こちらの美容液の良いところは高濃度の炭酸泡のおかげで
次に使うスキンケアアイテムの肌なじみが良くなるというところ。

私はこの後、保湿効果の高い化粧水に、
ゲル状のノビの良いクリームを使いスキンケアはフィニッシュ。

美容液は、とろみのあるテクスチャーで肌なじみがイマイチという
イメージが強かった私も、こちらの「SOFINA iP 美活パワームース」を
使ってからは、肌なじみが良いことから、毎回、欠かさず使っています。

あと、ちょっとしたことなのですが
こちらのタイプ、別売で、つけかえ用があるんですよ。

「継続してスキンケアするアイテムが、お値打ちに手に入るのは嬉しい」

毎日のスキンケアのことですから…
細やかなところにも配慮が行き届いているこちらのアイテム。
今後もぜひ愛用していきたいです。
AD
jay-walkerファンサイト参加中

私、眉毛描くのが少し苦手。
普段はペンシルで描いているんですけどね。

「どうしても描きすぎてしまう」

元々の眉毛も結構、濃いめなのでね。

「形整えるつもりが…描きすぎるっていう」

何か良いアイブロウないかな?
と思って今回、見つけたのがこちら。

アイブロウ1

株式会社ジェイ・ウォーカーさんの

「ル・ベラン・ミニョン」というコスメブランドのアイテム


「ワンストロークアイブロウ」です。


アイブロウ2

こちらのアイブロウ。
シャープなラインもパウダリーな太めのラインも…

「どちらも簡単に描けてしまうそうなんです」

早速、使ってみました。

私は黒髪なので…
落ち着いた大人なグレー系のブラウン
「ココアグレージュ」をチョイスしてみました。

まず、特徴的なのが…

アイブロウ3

「ペンシルの先」

眉尻、眉頭を描く際には、このペンシルの先を使う角度を変えるだけ。


アイブロウ4

これがアイブロウ使う前の私の素のマユ毛です。

「まぁ、まぁ、しっかりした眉でしょ?」

でも、そうはいってもぼんやりしているので…
描いていきますよ。

アイブロウ5

「ワンストロークアイブロウ」で描いていくと…

「軽くなでるだけで、ピッタリと、密着性がしっかりあるステキな描き心地」

何でも、メルティワックスが配合されているので、粉飛びせずに
ピッタリ密着してくれるんです。さらに…

「発色も良い!」

良いですよ。これは。

さらに、このアイブロウの中には…
アボカド油、マカデミア種子油、ヒマシ油、カンゾウ根エキス、
ローズマリーエキスにキイチゴエキスなど、保湿効果の高い成分が
配合されているおかげで…

「メイクしながら、眉毛ケアができる♪美容保湿成分が配合されています」

さて、ピッタリと密着してくれるのは良いのですが…

「ふんわり眉にしたいときにはどうすれば良い?」

アイブロウ6

そこは、このソフトタッチブラシが活躍いたしますよ。

描いたラインをぼかしたり、毛の流れを整えたりするのに
使い勝手の良いスクリュータイプのブラシ。
これで整えれば…ご覧の通り。

アイブロウ7

自然な雰囲気のふんわり眉の完成!

パウダーにも負けない、柔らな描き心地なので…
これなら、ぼかしも濃淡も簡単にできますし、
何より、自然なグラデーションで立体的な眉が描けますね。
ただ、こちらのアイブロウ。とっても柔らかいので、
芯の出し過ぎには要注意!
芯折れの原因になりますからね。

でも、これだけパウダリーなテクスチャーだと
落ちないか心配ですが…そんな心配は無用でした。

「1日終えても、美しい眉をキープ!」

嬉しい仕上がりですね。
それにしても…

「使いやすいペンシルだけど…
これ、使い続けると角が丸くなるよね?」

はい、使うにつれて丸くなるペン先は…

「シャープナーで購入当時のような、美しいペン先に」

あれ?シャープナーなんて付属されてたっけ?
実は、こちらのアイブロウの後部のキャップを
反時計回りに回すと…

アイブロウ8

「シャープナー、出てきた!」

これでペン先のメンテナンスの問題は解決!
とはいえ、こちらのアイブロウ、
とてもやわらかいので、削りすぎないように注意!
あ、シャープナーは使った後、ティッシュなどで拭き取ると
きれいに永く使えますね。

ブラシからシャープナーまでセットになった
「ワンストロークアイブロウ」は

「これ1本で全てまかなえる訳ですね♪」

これ1本だけなら、化粧ポーチの中も、もたつかないし、
とても便利ですね。

これから暑くなってきて、汗や皮脂の量も多くなるので
しっかりと密着してテクニックいらずの
こちらのアイブロウ、大活躍すると思います。
これからも愛用していきたいメイクアイテムです。
AD
ビアントファンサイトファンサイト参加中


梅雨に入り…
蒸し暑い日も増えて、日中も汗ばむ季節になってきました。

今日は、クレンジングオイルをご紹介。

おしもん1

ビアントさんの
「おしもん クレンジングオイル」です。

最初に気になったのは…

「おしもんって何?」

「おしもん」とは、江戸言葉で「得意技」の意味なんだそう。

ビアントさんは、プロメイクブランドメーカー。

テレビや映画、舞台などでプロのメイクさん
俳優さんが使っている化粧品のメーカーさんなんです。

つまり…

「プロメイクブランドメーカー」の「得意技」というシリーズという訳。


プロメイク30年仕込の専売品クレンジングが
今回、リメイクして新登場した商品がこちらなのです。

さて、こちらのクレンジング
イオンの力(ウォータードロップ)と植物オイルでメイクを
しっかりメイクもスルリと落としてくれる
オイルクレンジングなんです。

早速、使ってみましたよ。

おしもん2

まずは、乾いた手に、1~2プッシュを取ります。

「バスルームでも使えますが、
手に水分があると、オイルが白濁してしまって
クレンジングの効果が落ちてしまう可能性も」

なので、お風呂に入る前のクレンジングがベストですね。

オイルですが…

「水のようなサラッサラなテクスチャー」

なので、勢いよくポンプで押し出すと手の内を跳ね返り

「ビシャッ!」ってなるので、ポンプを押す時には
勢いに任せずに、ゆっくり押し出すのがポイントかな。

「いや、単純に私が豪快すぎるだけです(笑)」

そんなサラッサラのオイルを両手にとり、
肌に乗せてなじませていくと…

「水のようなテクスチャーですから…すんなりと肌になじみます」

シュガースクワランという成分が配合されているのだそう。
特殊成分オイルドロップのおかげもあり、
素早くメイクになじむのだそうです。

これだけ、すんなりとメイクに馴染むと
肌に負担をかけずに、メイクを浮きあがらせてくれますね。

さて最後は、ぬるま湯でやさしく丁寧に流していきます。
洗い上がりはどうかな?

おしもん3

これが、メイクしている私の姿
(だけど仕事から帰宅後のためお疲れ気味な顔で申し訳ない…笑)

おしもん4

そしてコレがクレンジング後の私の姿。
お見苦しいスッピンで大変申し訳ございませんが…

「本当、恥ずかしいぐらいに
スッキリベースメイクもポイントメイクも落ちている(笑)」

普段、コンシーラーなどでカバーしている頬のシミが
クッキリ見えるほど、スッキリとして洗い上がりですね

とはいえ…
乾燥肌の私だと、このスッキリした洗い上がりは気になる所ですが…

「大丈夫。肌はつっぱらずに洗い上がっています」

植物由来の保湿成分が配合されているおかげですね。

こちらのオイルクレンジングはW洗顔は不要。


プロ向けというと洗浄力が強いイメージですが、
実は肌への負担を少なく、
くり返しメイクをする女優達のお肌をケアするように作られているんですね。

パラベン、アルコール、合成香料フリーなので
安心して使えます。

1回でしっかりメイクを落とすことができ
W洗顔も必要ないので、クレンジングによる肌への負担も最小限にできますね。

これからも、ぜひ愛用していきたいクレンジングです。


海の精ショップファンサイト参加中

以前より、梅干し、 漬け物

旨みをプラスしたお塩など…

色々ありました。


「海の精」さんの様々な商品をご紹介していますが
今回は、その海の精さんの加工品の源ともいえるこちらをご紹介。

あらしお_1

「あらしおドライ」 です。

なんと言っても、海の精さんのお塩の特徴と言えば…

「日本につたわる伝統海塩」

もちろん、スーパーで販売されている塩の中にも国産塩というのは色々あります。
でも、原材料を見てみると…
外国産塩を原料として、国内で再製加工した塩というのもある訳です。
こうなったのには、1972年、日本から塩田が消えて
国産の塩づくりはすべてイオン交換式という製法に切り替わったからなんですね。

そんな中で、海の精さんは、
伝統の塩を求める消費者たちの手で復活させた日本の伝統海塩なんです。

産地は、美しい自然に囲まれた離島の伊豆大島です。
伝統海塩「海の精」は、国立公園内にある製塩場で採取した、
黒潮が運ぶ清らかな海水だけを原料に使用しているんです。

「だから、外国産の原料塩など、他の原料塩は一切、含まれていません」

ネット架流下式塩田で、海水をくりかえし流し、
太陽や風の自然エネルギーを利用して水分を蒸発させ、海水を濃縮。
濃縮した海水を蒸気式の平釜に入れ、
ゆるやかな火の力で丹念に煮つめ、
無機塩類の結晶を生みだし、
成分と結晶の形状をととのえてから、
苦汁(未結晶のニガリ液)を分離することで
伝統海塩ができあがります。

太陽と風と火の力を利用し、揚浜式、入浜式、流下式と続く
日本特有の伝統的な製塩法を継承しつつ、
独自の工夫を加えて現在の形になったそう。

あらしお_3

そうそう、商品と一緒に届いた、海の精さんの会報「うみのせい」の春号に
その塩田を改修したお話が掲載されていました。

あらしお_4

伊豆大島と言えば、昭和61年には全島民が避難した
三原山の大噴火があり、
さらに3年前の台風による大水害もあったりと
色々な困難を乗り越えて、お塩が作られているんですね。
試行錯誤を重ね、苦心の上にこのお塩が成り立っていると思うと
非常に感慨深いものがありますね。

あらしお_2

さて、お塩の成分なのですが…
塩化ナトリウムだけでなく、
マグネシウム、カルシウム、カリウムといった、
生命保持に欠かせない少量微量の元素を含んでいます。
そのおかげで、ただ塩辛いだけではない、
ほのかな甘さや旨さ、コクやキレがあるのもその特徴のひとつ。
これは、海水由来ならではの、複雑な味。
この複雑な味の塩を料理に使うことで、
素材の甘味や旨味を引き出して
お料理全体の味を美味しく仕上げてくれるんですね。

ちなみに…海の精さんのお塩(あらしお)がしっとりしているのは、
海水由来のニガリ成分をほどよく含んでいるからです。

一般に海水から作っていると思われている塩でも、
高純度の天日海塩に海水やニガリを加えるなどして、
再製加工した塩が多くあるんだそう。

でも、このしっとりしたお塩は昔ならではのお塩ではあるものの
使う場面により、もう少し乾いていた方が
使いやすいこともありますよね。

あらしお_6

そこで「より使いやすく」をめざして生まれたのが
この「あらしおドライ」です

これもお客さんからのリクエストで生まれたとか。
使う側の声を反映させる海の精さん、素敵ですよね。

実はこの乾燥させるのも結構、大変だったのだそう。
そもそも、湿っているのは、、苦汁(にがり)なので、
普通に加熱すると成分と味が変わってしまう訳ですね。

「そこで、低温の温風で時間をかけて、ほどよく乾燥」

ドライになっても、成分バランスと味の良さはそのまま。嬉しいですね。

これだけぱらぱらだと、魚やお肉の下味を付けたい時などに、
ピッタリのお塩ですね。
まんべんなく素材にしっかりと付着するので、
焼いたり、蒸したりしても、しっかり味が付き、
素材の旨みを引き出してくれます。

さて、せっかくなので…
シンプルにお塩の味を楽しめるものに使ってみましょう。
それは…

「おにぎり」

シンプルでしょ?でも、お塩の旨みがダイレクトに味わえるし、
何より、お米って毎日食べるものですから…よく分かりますよね。

早速、作ってみました。

あらしお_7

我が家はもう数年以上、ご飯は十六穀米を愛用しています。

「プチプチとした食感が好きなんです」

ご飯もよくかんで食べるようになるので、身体にも良いんですよ。

あらしお_8
さて、作ってみました、我が家のおにぎり。

「我が家は三角形のスタイルです」

あらしお_9
今日は海苔も具もなしで…お塩のみで。
これだけだと、栄養面が…なので
今日は、胡麻豆乳鍋と一緒に。

早速、いただきましたが…

「まろやかな塩味」

ご飯の甘みもより分かりますね。美味しいです。

我が家では、これからの季節、
お義父さんが作った夏野菜がたくさん届く季節になるので
浅漬けやナムルなどを作るのに、塩は欠かせない調味料。

素材を活かす「海の精あらしおドライ」を
これからもお料理に活用していきたいと思います。
米肌~MAIHADA~ファンサイト参加中


5月に入って、これから紫外線の量がぐんぐん上昇するので…

「紫外線から肌をしっかり守るということはとても重要です」

シミ、シワの原因となりますからね。
そうなってからでは遅いですよ。

でも、ただ、肌を守るだけじゃなくて…
欲張りですが、簡単に、そしてきれいにベースメイクを仕上げたい訳で…
そこで今回、見つけたのがこちら。

米肌CC_1

コーセープロビジョン株式会社 米肌さん

「澄肌CCクリーム」です。


私も今までは、BBクリームばかりでした…
が、この機会にCCクリームも使ってみようと思って。

私が今まで使ってきたBBクリームは医療現場で使われていた
傷跡などをカバーし、肌を守るために作られたもの。
なので、カバー重視で、どうしても「塗りました」感が否めないですね。

それに比べて、CCクリームはその進化版という感じ。
肌の色ムラを整えて透明県のある、
ナチュラルな質感に仕上げてくれるんですね。
なので、週末のナチュラルメイクや、
メイク下地としての使い方がオススメ。
何より、保湿効果が高いのも嬉しいです。

特にこちらの潤肌CCクリーム。
漆原というだけあって…
しっとりなめらかな保湿効果が特徴の
米の胚芽&米ぬかから採れるオイル「米胚芽油」
生薬としても有名で、保湿、収れん作用、抗酸化作用、
美白効果などがあると言われている「ノイバラ果実エキス」
保湿効果が高いと言われる新成分が配合されているのも嬉しいですね。

とはいえ、注目したいのが…

その高い紫外線防止効果。
はい。紫外線防止効果を持つアイテムでよく見る。

SPFとPA

これはそれぞれ、どういうものから肌を守ってくれるかというのなんですよね。

SPF
肌を黒くしたり、シミの元となる短時間で
強いダメージを与えるUV-Bを防いでくれます。
最高値はSPF50+

PA
シワやたるみを引き起こして
肌の老化を招くと言われるUV-Aを防いでくれます。
最高値はPA++++

米肌CC_2

こちらのCCクリームはそのどちらも国内最高レベルの
国内最高レベルのSPF50+/PA++++
ナチュラルな仕上がりながらも、しっかり紫外線から肌を守っていけるというのは
これからの季節は心強いですよね。

では、早速使ってみましょう。

米肌CC_3

チューブタイプの容器かと思えば…
「まさかの、プッシュタイプ!」

米肌CC_4

こうしたタイプだと、最後まで新鮮な状態で使えますよね。
これで150回使えるみたいです。

米肌CC_5

手の甲に、1プッシュをだして
米肌CC_6

中指と薬指の腹で平らにのばしてから使うのがポイント。

「このひと手間をかけることで、肌にムラなくのばすことができるんです」

指に取ってみた感触は…

「とっても滑らか」

そして、おでこ、鼻、左右の頬、あごと、5カ所にスタンプを押すように
置いてから、のばしていきます。

さて、実際に肌にのばしていくと…
「抵抗なく、肌の上によくのびてくれますね」

米肌CC_7

こちら。おはずかしながらスッピンの私の肌です。
肌の赤みと、毛穴が目立っていた私の肌…

米肌CC_8

「そんな肌の欠点も上手カバーできたように思います」



さらに気になる頬のシミなどの部分は、重ねて使うことで
より、カバー力もアップ!

あとは、ポイントメイクを仕上げて完了。

「自然な肌の質感を活かした澄肌CCクリーム、仕上がりも大満足です!」

あれ?ルースパウダーは使わないの?と思った方。
そうなんです。
通常、CCクリームは潤いの効果が高いことから、
最後にルースパウダーなどを使って仕上げることが多いのですよね。

でも、こちらの澄肌CCクリームは、1本で
化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、フェイスパウダー、クリームの
役目をしてくれる優れモノ。

そうなんです。元々、フェイスパウダー効果のある
「さらさらエアインパウダー」という、パウダーを配合していて、
このパウダーが、皮脂を分散して吸収してくれることから
化粧崩れやヨレなども防いでくれるんです。

さらに、これからの季節、気温も上昇して目立ちがちな毛穴も
「皮脂吸着パウダー」が毛穴から出る皮脂を吸着。
そして「毛穴ロックポリマー」がたるみからくる毛穴の目立ちや、
小鼻でひらいた毛穴をしっかりカバーしてくれるんです。

CCクリームの特徴である自然で美しい肌をキープしながらも
テカリや毛穴の目立ちはしっかりカバー。
毛穴崩れも防いでくれるんです。

ルースパウダーなど、余分なアイテムを使うことなく
サラサラの肌をキープできる所は、汗ばんだり、皮脂の分泌が多くなる
これからの季節には、嬉しいポイントですし、
必要最小限のアイテムでベースメイクを仕上げれば
肌への負担も軽減されますよね。

これから紫外線の量も多くなり、気温も高くなる季節。
こちらの澄肌CCクリームで、しっかりと肌を守っていきたいです。


ロート製薬のキャンペーンに参加中

白潤_0

先日、ゴールデンウィークに長野に出掛けてきました。
「真田丸ファンなので!」
天気予報は雨マークだったのにね…

「出掛けてみたら良いお天気だったのですよ」

一応、帽子も持参したし、
化粧下地もしっかりUVカット効果のあるタイプを
使って、紫外線対策してたんですけどね…

「お天気には勝てず」

1日中動き回って、宿泊先の旅館に到着したら…

「んー、肌が熱っぽいねぇ」

旅先では化粧水で優しくパッティングしたり
保湿効果の高いシートマスクしてクールダウンするぐらいしか
できなかったんですが…

「やはり、これから紫外線量もアップしますし
しっかり肌ケアしないとね」

と思って、今回、見つけたのがこちら。

白潤_1

ロート製薬さんの「白潤 冷感美白シャーベット」

今回は、ロート製薬さんより商品をいただき
使わせていただきました。ありがとうございます。

白潤_2

さて、こちらの商品は美白クリームというジャンルなのですが
気になるのは…なんといってもその名前。

「冷感美白シャーベット」という名前が付いているんですが…

スキンケアでシャーベットって名前、あまりないと思うのですが…
それこそが、こちらの商品の特徴。

蓋を開けてみると…

白潤_3

「スパチュラが付いている!」

毎日、清潔に使うことができます。
個人的には、嬉しいですね。

そして中蓋を開けてみると…

白潤_4

「真っ白い!」

すくってみると…

白潤_5

「シャリシャリっとしたテクスチャー」

白潤_6

手にとってみると…

「お!ひんやりとした触感!」

そう、まさに…シャーベット!

実はこちらの美白シャーベット。
美白と保湿をしながら、このひんやりとした清涼感あるクリームで
肌をクールダンし、引き締めてくれるんですね。

成分を見ていくと、納得の成分。

有効成分である「トラネキサム酸」は
美白有効成分としてシミや、そばかすを予防し
抗炎症作用にもあるので、紫外線による炎症を抑えるのに効果的。

さらに潤い成分として
肌を整える効果のある「ユキノシタエキス」
肌荒れを防ぐ効果のある「エーデルワイスエキス」
そして肌を引き締める効果のある「ハマメリスエキス」に
強い清涼感を持つ「メントール」
これは期待できそうです。

早速、使ってみましたが…

「シャーベットをのせた所から、ひんやりとした触感」

今の季節だからこそ、紫外線から肌を守るのには保湿が大切だとは
分かっているのですが…クリームでは少々、重たかったり
べたつきが気になってベースメイクのノリが悪いこともあるんですよね。

それに比べて、こちらのシャーベット状の美白シャーベットなら
日差しを受けて熱っぽい肌をクールダウンしたい時や
朝のベースメイクの前に肌をクールダウンしたい時など
これからの季節、効果的に使えそうですね。

冷蔵庫で保管して使用すると
さらにひんやり感がアップするそうなので…

「夏にも涼やかに、しっかり美白&保湿対策ができそうですね!」

これからの季節、こちらの美白シャーベットで
しっかりスキンケアして、紫外線の季節を乗り切りたいです。
ナリスアップ コスメティックスファンサイト参加中

季節の変わり目なせいか…

「肌がざらつくんですよ」

元々、肌のターンオーバーが苦手な肌質なので…

「古い角質が原因かな?」とも思ったり。

古い角質が肌に居座ると…

「化粧水などのスキンケアの成分が浸透しないなど
色々と問題がある訳で…」

そんな肌を改善しようと今回、使ってみたのがこちらです。

NC_1

ナリスアップ コスメティックスさんの
「ネイチャーコンク 薬用クリアローション」
です。

こちらの化粧水の特徴は…

「角質ふきとり化粧水」

そうなんです。私のように
肌のざらつきなどが気になる人にはピッタリのアイテム。
他にも…
毛穴汚れ、肌のくすみが気になる方にもオススメです。

でも、古い角質をふきとるというのは…
余分なものを取り除くとしても、気になるのは肌への負担。
「ネイチャーコンク 薬用クリアローション」は、
ハトムギから抽出された「ヨクイニンエキス」という成分でやわらかくして
やさしくふきとるという化粧水。
そしてアルコールフリーな上に
無香料、無鉱物オイル、無タール系色素、弱酸性。
さらに、保湿成分である、ユキノシタエキス、
チンピエキス、トウニンエキスをはじめ
アロエエキス、リンゴエキス、キウイエキス、
ラベンダーエキスなどを配合しており
保湿、肌の引き締めなどの効果もあり…

「肌にやさしく、古い角質を取り除いてくれる化粧水です」

NC_2

早速、使ってみましたよ。

使い方は簡単。

NC_3

コットンにこうして「ネイチャーコンク 薬用クリアローション」を含ませて
優しくふきとるだけでOK。

「お肌が、つるっとしますね」

コットンを見てみると…


「古い角質が拭き取れているなぁ」と思われる色に。
(ちょっとこればかりは画像アップするのは自粛したいと思います…苦笑)


さらに嬉しいのは、こちらの化粧水には
美白有効成分である「プラセンタエキス」が配合されており、
メラニンの生成を抑えて、透明感のある明るい肌に整えてくれる
「美白機能」もプラスされているんですね。

さて、余計なものを取り除いた後は…
スキンケアにもこだわりたいところ。



「ネイチャーコンク 薬用クリアローション」に
オールインワンゲルが新しく仲間入りしたとのことで
そちらも一緒に使ってみました。

NC_4

それがこちら。
「ネイチャーコンク 薬用 モイスチャーゲル」
薬用クリアローションと同様に、
アルコールフリー、無香料、無鉱物オイル、無タール系色素、弱酸性。

さらに植物由来の保湿成分である
ユキノシタエキス、ホワイトストロベリーエキス、
アーチチョークエキスを配合。
さらに、ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸、
コラーゲンも配合されています。

NC_6

NC_7

手にとってみると、やわらかなゲル。

肌にのばしてみると…

「スルスルと、よくのびてくれます」

これ1つで、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、化粧下地とう
1つで6つの機能をまかなってくれます。

スキンケアの時間を短縮したいという方には嬉しいアイテムですね。
これから紫外線も強くなる季節を迎えますので
しっかり保湿して、健やかな肌をキープしたいです。


花王のキャンペーンに参加中

5月になりました。


日中の気温も夏日に届く程の陽気となっている
今の季節から夏に向かって量が増えるものと言えば…

「紫外線」


紫外線を浴びることは
シミを増やす原因となるだけではなく
肌の乾燥も引き起こし、肌の老化を早めてしまうことにも。

「しっかり紫外線対策をしなくては!」

そこで今回、こちらを使ってみることにしました。

sofina_1

ソフィーナボーテ
朝の美白乳液(医薬部外品)

今回は花王様より商品をいただき、使わせていただきました。
ありがとうございます。


sofina_2

さて、朝の美白乳液というこちらの商品。
早速、使ってみましたよ。

私は乾燥肌なので、しっとりタイプを使いました。
朝、洗顔後に化粧水で肌を整えた後に使います。

ここでまず、注意しないといけないのが…

sofina_4

「容器は、よく振って、それから中身の乳液を取り出すこと!」

sofina_5

適量の目安は直径1.5cm程。

sofina_6

「パッケージに、目安の大きさがプリントされているのも嬉しいですね」

適量を使うことで、紫外線からしっかり守ってくれますからね。
塗り残しがないよう、注意しながら、顔全体にムラなく
たっぷり塗るのがポイント。

「目元、口元、など、顔のへこみがある所などは
潤いが届きづらいので、重ねづけが効果的」

特に私のような乾燥肌気味の人には重ねづけ、
しっかり習慣づけたいところです。

テクスチャーは、乳液とはいえ、適度なコシもあるタイプ。
なので、顔全体にも広げやすいですね。

乳液の香りは、ほんのり。
なので、普段、強い香りが苦手な私でも
抵抗なく、毎朝使うことができますね。


こちらの朝の美容液には、
ショウキョウエキス、ユズエキス、
ユーカリエキス、ローズマリーエキス、キキョウ根エキスなど
保湿効果の高い成分を多く配合しているので
紫外線ケアをするだけではなく、保湿にも気を配っている乳液。

私は元々、乾燥肌なのでこうした保湿効果の高い乳液、大変心強いですね。

ちなみに紫外線にはA波、B波があります。
紫外線A波は、ハリや弾力を低下させる原因となり、
紫外線B波は、シミの原因となります。


こちらの朝の美白乳液は、A波もB波からもしっかり守ってくれます。

そしてSPF50+・PA++++。

最寄り駅から職場まで徒歩で移動する私にとって、
SPF値が高いというのはとても心強いですね。

sofina_7

何より、つけてみると白くなることなく、肌に馴染むところが良いですね。

これから夏に向けて、紫外線が増える時期となる今から
しっかり使うことで、肌ケアもしっかりできそう。

毎朝のスキンケアの後、ベースメイクの前に、使うことを習慣づけて、
紫外線対策も保湿もしっかりしていきたいです。
日本ゼトックのファンサイトファンサイト参加中


季節の変わり目…
「気温差が大きいですね」
朝晩と日中の気温差も10度以上の時も…
「乾燥肌の私には過酷な季節」
ということで…スキンケアから保湿効果をアップさせようと
今回、見つけたのがこちらです。

nipz_1

日本ゼトックさんの

「リセプトスキン プレミアム化粧水」

日本ゼトックさんは、創業して半世紀という老舗。

「芸能人は歯が命」で、おなじみの「アパガード」も
実は日本ゼトックさんで製造されたもの。
高機能美白はみがきをはじめ、製薬会社やエステ向けの化粧品、
ベビーケア商品など、様々な研究開発、製造に携わっているんです。
そんな日本ゼトックさんが2011年に生んだ「リセプトスキン」は、
累計出荷数25万本を突破している人気製品。

その「リセプトスキン」から、さらに使い続けやすいよう、低価格な上に
肌も心も、うるおいもさらにパワーアップした
プレミアムな化粧品が誕生したんです。
それが、この「リセプトスキン プレミアム化粧水」

乾燥肌の私がまず注目したのが…

「EGF」

正式名称は「Epidermal growth factor」

「表皮細胞増殖因子」と呼ばれる
53個のアミノ酸からなるタンパク質の1つなんですが…
この成分、実は皮膚の表面にある受容体と結びついて、
新しい細胞の産生を促進する働きがあるんです。
つまり…肌のターンオーバーなどもスムーズになって
健康な肌へと導いてくれる訳です。

「リセプトスキン プレミアム化粧水」は
このEGFもそうなのですが…
プレミアムというだけあって、EGFをはじめとする
5種類の、保湿効果に優れた美容液成分が配合されているんですよ。


通常のヒアルロン酸の約2倍の水分を保持する
水に溶けやすく、油となじみやすい性質を持っている
「スーパーヒアルロン酸」

ビタミンAの一種で、通常よりもお肌への浸透力が
格段に上がると言われる
「レチノール誘導体」
ただし、光や熱、酸素の影響を受けやすいため、
こちらには安定化されたレチノール誘導体が配合されているそう。

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素などを含む美肌成分で
肌の基盤であるコンディションを整える
「プラセンタ」

肌表面を支えて、ハリのある肌をキープし、肌の弾力をつかさどる、
高分子コラーゲンをナノ化した「ナノコラーゲン」


さらに…
エタノールフリー、パラベンフリー、無着色、弱酸性の4つの低刺激処方。
これは期待できそうです。

早速、使ってみましたよ。

nipz_2

手にとってみると…
おおまかに言えば…サラッとしたテクスチャー
でもね…
「少しだけ…そう、ほんの少しだけですよ。
とろみのあるテクスチャー」

さて、肌にのばしていきますよ…
少しだけとろみがあるので肌全体にのびていきますね。
かといって、肌にとどまっている訳でもなく…
自然に、肌になじんでいく感じです。


両手のひらで、優しくハンドプレスすると…より効果的みたいで…
次第に、頬のあたりが、手のひらに、「もちっ、もちっ」と、吸いついてきますね。
これだけ肌がしっとりすると、その後につけるクリームなどの
肌なじみもいいですね。


それにしても…驚くのが
これだけのこだわった化粧水でありながら…

お値段は、税込で1,059円

「毎日、気兼ねなく使えるお値段がいいですね」

しかし…なぜにこれほどの効果のある化粧水が
これほど低価格なのか?

「色々と心配になる消費者」

でも知って納得。

なんでも日本ゼトックさんの所では
大量に原料を仕入れるため、高価な美容成分も安価に入手できるのだとか。
そして、研究から開発、製造まで自社で一貫して行っているのだそう。

「消費者のために、商品開発されていることが良く分かります」

そういった企業の姿勢も含めてとても好感が持てました。

「特に化粧水は保水力を上げるためにも
これからの暑くなる季節に肌をクールダウンさせるために
パッティングするためにも…
品質の高い化粧水を、気兼ねなく、たっぷり使えるのが良いですね」

これからも愛用していきたい化粧水です。