「『+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム(ファンデーション)を使って…その後」

 

セレビューティーファンサイトファンサイト参加中

 

 

先日、ご紹介した

セレビューティーさんの

「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム(ファンデーション)」

 

 

あれから、ベースメイクはコレで仕上げています。

私の場合、手のひらに広げて、ハンドプレスするように
顔全体になじませていきます。

「手のひらの温度も上手く作用するのか
上手く肌になじんでいくんですよね」

クリームタイプの良い所ですよね。

ここのところ、気温差も大きく、最低気温がマイナスになることもあった
この東海圏の2月の気候。

「晴天の日の翌日などは放射冷却で底冷えする寒さでした」

肌にもなかなか過酷な日々でしたけど…

 

朝は、冷え込んでいることもあって、肌がこわばりがちで…
毛穴も目立つし、肌の色味もいまいちだったりします。

ですが…さすが「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」

 

ベースメイクで仕上げた肌は
ごわつくことなく、潤いある肌となっております。

潤いがあるだけで、肌って美しく見えますよね。

「とはいえ、事実、ポイントメイクもきれいに重ねられますから…
肌の仕上がりは、いい感じ」

厚塗り感もなく、嬉しいですね。

私のように、シミなどが目立つ方には、
同じシリーズのコンシーラー。おすすめですよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラワンシー モイスチャープライマー + コンシーラー
価格:2808円(税込、送料別) (2017/2/22時点)

ベースメイクがきれいに仕上がるというのはもちろんですが
今あるシミを紫外線にさらさないためにも…
こういうコンシーラーでカバーすることって大切ですよね。

これから春になると、寒暖の差が大きな日もありますからね。
潤いが続く「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」で
乾燥からも紫外線からも肌を守っていきたいです。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラワンシー BB+CCクリーム(ファンデーション)40g
価格:2808円(税込、送料別) (2017/2/22時点)

 

 

AD

セレビューティーファンサイトファンサイト参加中

まだまだ寒さ厳しい2月の今の季節。
私の悩みと言えば…乾燥。

特にベースメイクに潤いをどうやって組み入れるかは
この季節の頭の痛いところです。

「スキンケアではしっかり保湿していても…
どうしても職場での暖房稼働のせいか、逃げてしまう肌の水分」

ベースメイクの見直しが必要。
保湿第一とはいえ、あれこれ塗ることは避けたいところ。

「肌には極力、負担はかけたくないですからね」

そこで今回、手にしたのがこちら。
 


セレビューティーさんの
「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム(ファンデーション)」です。

こちらのファンデーション。
一言で言うなれば…

「まるで保湿パックをしているような潤いが持続するファンデーション」

ならば…

「乾燥で悩む私の救世主!」

ですよね。
とはいえ、欲張りかもしれませんが…

「保湿だけじゃなく…もっと色々な機能もあると嬉しい」

例えば…私の場合。最近、目立つ毛穴とか…小じわとか…

「隠してしまいたい!」

そしてあわよくば…

「エイジングケア効果などあれば嬉しい!」

で、チェックしてみたら…
これがかなりの機能を持ち合わせているそうなんです。

というのも…こちらの商品。名前でお分かりかもしれませんが…
紫外線から肌を守ってくれるBBクリームの機能と
肌の凹凸や色味を整えてくれるCCクリームの機能を
替え備えたファンデーションなんです。

ここで、BBクリームとCCクリームの特徴をチェック。

BBクリームの「BB」は「Blemish Balm」の略称で
ブレミッシュ(欠点・傷)を補うクリームという意味。
元々、皮膚の疾患がある方や、美容施術後に起こる肌トラブルを
カバーするために作られた保護クリームなんですね。
なので、基本的には、「色付きの保湿クリーム」という感じですね。
なのでBBクリームの保湿機能や再生機能に注目し
下地としてもファンデーションとしても使えるアイテムに進化したのが
このBBクリームです。

そして、CCクリームの「CC」は「Complete Care」の略称。
色補正で肌の欠点をカモフラージュしながら
全体的にトーンアップする目的で作られたもの。
はい、BBクリームに比べ、メイクすることをより意識して
作られたものなのですね。
なので、凸凹な肌を滑らかに見せてくれたり
小じわや毛穴もカバーしてくれます。
さらに潤いをプラスして肌を滑らかにするだけでなく
シワなどを防ぐ効果も期待でき、スキンケアと保湿効果も優れています。
乾燥肌の方には嬉しい機能。
つまり、潤い効果のある美容液に色補正機能がプラスされたような存在で
厚塗り感もなく自然な仕上がりというのがメリットかもしれません。

そんな2つのクリームの機能を兼ね備えた
ファンデーションですから…

・ファンデーション
・紫外線遮断
・ウォータープルーフ
・肌の弾力
・保湿
・肌への栄養
・肌の保護
・皮脂コントロール
・肌の鎮静
・化粧下地
・肌のハリ
・コンシーラー
・エイジングケア
・カラートーン
・美白

揃いも揃いました。なんと15種類の効果と機能。

さらに…
自然由来の花エキスや葉エキス、フラワーエッセンス。
そして、コラーゲンやヒアルロン酸、アルブチンなどの
保湿効果の高い成分もプラスされているんですよね。


乾燥肌の私、期待が高まりつつ
早速、使ってみました。


取り出し口はしっかりと封がされています。
手元に届くまで、成分が劣化せず、
新鮮な状態で届くのは安心できますね。


手にとってみたクリームは、とても柔らかい。
肌に塗ってみたところ…

「とてもノビが良いです!」

少量でとてもよくのびてくれます。

さて、「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」を使った私の肌。
どうなったかといいますと…



はい。これ、私のスッピンの肌。

10代の頃、紫外線を浴びてしまったが故にご覧の通りのシミ。
そして…目立つ、毛穴。

「うーん、とても人前に出ることができる肌ではないです」

さて、この肌が「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」でどうなったか?



こうなりました。

「毛穴はすっかり隠れてしまっています!
そして何より、肌色がとても健康的!」

冷え性なので、血のめぐりが良くないと
特に目の下のあたりにクマもうっすら出る程の私。

「健康的にしか見えない肌色」

ですよね?

ただ、残念なのは…私の頬のシミがやや濃いので、
「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」では
ひと塗りでは、少しカバーしきれないところですね。

私の場合は、手持ちのスティックタイプのコンシーラーで
カバーしてみましたが…

「+OneC(プラワンシー)のシリーズで
モイスチャープライマー + コンシーラーがあるので
こちらでカバーするのがベストかもしれないですね」
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラワンシー モイスチャープライマー + コンシーラー
価格:2808円(税込、送料別) (2017/2/16時点)

 

 

同じラインのコンシーラーで、さらに美肌に仕上がりますね♪

さて、「+OneC(プラワンシー) BB+CCクリーム」で
メイクをして1日過ごした私。

「暖房強めにきいている職場内で仕事してましたが…肌、潤ってる」

普段だと、目元、口元から「乾燥しているな」って
乾燥を自覚するのだけど…

「今日は…そういうの、なかったよね?」

そうなんですよ。
あと、こういうクリーム系のファンデーションは
ヨレなどが気になるところですが…

「肌にフィットしてますね」

はい。崩れないですね。

「乾燥肌の私には嬉しい、潤いあるクリームファンデーション」

継続して使用して、その後の使用感など、
またご報告したいと思います。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラワンシー BB+CCクリーム(ファンデーション)40g
価格:2808円(税込、送料別) (2017/2/16時点)

 

 


 
AD
最近、ポチカムを始めました。

そんなポチカムさんから、
新米ママの育児生活を楽しくサポートする情報サイト「コモドライフ」のご紹介です。

ま、自分も順調におなかの子が育っていたら…お世話になっていたかもですね。

残念ながら、まだお世話になる兆しも予定もないですが(涙)




★詳細を見にいく★


ピジョンのキャンペーンに参加中♪
ピジョンのキャンペーンに参加中♪
AD

寒さも厳しくなり…普段以上に肌ケアには気を使いたい今日この頃。

今回は、第一三共ヘルスケア様より商品をご提供いただき
「シミに対するケア」の研究から生まれたという
美白スキンケアシリーズの「洗うケア」のスキンケアアイテム


トランシーノ薬用クリアクレンジング(メイク落とし)


トランシーノ薬用クリアウオッシュ(洗顔フォーム)

をモニターとして使わせていただきました。
第一三共ヘルスケア様、ありがとうございます。

さて、第一三共ヘルスケアさんの
トランシーノといえば…「しみケア総合ブランド」
身体の中からサポートする飲み薬に、
フェイスマスクに美白乳液と優秀なスキンケアアイテムを
生み出しているブランドでもありますよね。
 
「私も店頭で度々、商品を拝見してます」

そんなトランシーノが新たに発売したのがこちら
「洗うシリーズ」のアイテムなのです。

肌に古い角質や毛穴に汚れが残っていたら…

「せっかくの美白ケアをしても、きちんと肌に届かない」

かといって、クレンジングや洗顔の際に余計なチカラが入れば

「肌に負担がかかり、余計な刺激を与えてしまったり
さらには本来、必要な潤いまで落としてしまう」

そんなことから、トランシーノは
できるだけ、肌に不要なものやさしく洗い落としながら
潤いを守って、美白ケアがしっかり肌に届くような
そんなクレンジングと洗顔を作ろうと考えたようです。

実は私も毎日のことなので、クレンジングと洗顔には
気を使っています。
でも、やさしい洗浄力と、余分なものを洗い流した上で、
潤いは残すというのは、基本のようでとても難しいです。

「ある意味、理想」

そんな理想は実際にどうなのか?
早速、使ってみることにしました。


まずは1日のメイクや毛穴の汚れを落とすべく
クレンジングから使ってみました。

こちらのクレンジングはクリームタイプ。
こうして手に取れば…

「柔らかい」

これなら肌に負担もかかりませんね。


さて、このクリーム状というのがこのクレンジングの秘密。
 

適量はさくらんぼ粒大ぐらい。
 
「裏面にしっかりと実物大の目安がプリントされているのも良いですね」
 
これを、手に取ってから
ひたい、両方の頬、鼻、あごと、5カ所に分けて肌にのせ
指の腹の部分で、螺旋を描くように、内側から
外側へと、マッサージするように肌になじませていきます。

最初はクリーム状のクレンジング。
こうして肌になじませていくと…

「指先で感じるテクスチャーの触感は、オイル状の
クレンジングのようなスムーズな触感」

そうなんです。私もこの変化にはびっくり!
クリーム状のクレンジングながら、
こうしてオイル状に形を変えることで、
肌にのせていたメイクとなじんで、無理なく肌から
余分なものを落とすことができるんですね。

そして、指先が毛穴のざらつきを感じなくなるくらいになったら
洗い流すサイン。
水またはぬるま湯で十分に洗い流していきます。

個人的に、オイル状になっているのと
現在は外気が寒いので、
ぬるま湯で洗い流すのがオススメ。
でないと、せっかく浮き上がった余分なものが
うまく洗い落とせないですからね。
 
さて、クレンジングの効果はいかに。
まずは普段の私のメイクしているお肌はこんな感じ。
 
メイクのスペックはざっくり言いますと…
 
ベースメイクはUV効果の高いミルクタイプのクリームに
スティックタイプのコンシーラーで頬などのシミをカバー
その上からパウダーファンデーションで仕上げ
最後にチーク、アイシャドー、アイブロウなどの
ポイントメイクをしています。
 


洗い流した後の肌は、突っ張ることなく、
まさに、しっとりと、十分な潤いをキープした肌。
そして、シミを見せないために、しっかりとカバーした
ベースメイクもスッキリと洗い落とされています。

そのクレンジングの洗浄力にも感心しましが…
何より印象的だったのが…
「普段なら、クレンジングの後、
結構、肌が突っ張ることもあるので、
それと比べると、今回のこの洗いあがりは
とても嬉しい洗いあがりです」


さて、ここでメイクなどの余分な汚れを落としたので
今度は洗顔。
そう、W洗顔をしていきます。

洗顔フォームをより効果的なものにするためのポイント。
それは…

「泡立て」

まずは水またはぬるま湯で顔を濡らしてから
清潔な手に適量の、約1.5センチ程度を手のひらにのせて
手のひら全体に広げていきます。
 
「クレンジング同様、容器の裏面に
実物大の目安がプリントされているのは嬉しいですね」
 
さて、手のひらにのせた洗顔フォームですが…

「私の場合、この後、利き手の右手が重要な役割をするので
洗顔フォームを広げるのは、左手の手のひらです」


そして、左手の手のひらで器を作るように
少し丸め、少しずつ水を足しながら
空気を抱え込むようなイメージで、
右手で丁寧に泡立ていきます。

しばらくすると…


「ご覧の通りのクリーミーな泡の完成!」

きめ細やかでありながらも…


「手のひらを逆さにしても、落ちない
適度な弾力のある泡です!」

だいたい、目標はレモン!個分ぐらい。

「泡立てネットなどを使わなくても
両手でここまで泡が育ちますよ!」

そして出来た泡をつぶさないようにして
両手でやさしく顔全体にのせた後は
肌の上で泡を転がすようにして洗顔していきます。

「皮脂などが出やすい小鼻の周りなどは、
指の腹で丁寧に洗うといいですね」

そして、最後は、水またはぬるま湯で
十分に洗い流していきます。

私もそうなのですが…

「顎、こめかみ、おでこの髪の生え際部分などは
どうしてもキワの部分って、意識しないと
洗い流す際に、泡が微量に残ってしまいがちな箇所」

特に朝など、忙しい時などはね。
やってしまいがちなのですが…
せっかく効果のある洗顔フォームも
洗い流すのを残しては
肌トラブルの原因になるので、
ここは丁寧にしておかなくてはね。

さて、洗いあがりはどうでしょう?

W洗顔と聞くと、クレンジングの後、さらに洗顔となるので
肌に不要なものは取り除くことができても
潤いまで取り除きすぎてしまわないかと
心配にはなるところ。

「特に今のような冬の季節は」


しかし、洗いあがりは
すでにスキンケアで肌を整えたのでは?
と思うほどの、潤いに満ちた肌のようなのです。

「頬の高い部分が、ツヤっとしてるの、見えますでしょうか?
私も、洗いあがりの肌に、手で触れると、
そのしっとりとした肌の質感に驚いてしまいました」

今までのW洗顔のイメージを覆してしまうほど
しっとりとした洗いあがりです。

これほど、潤いがキープされる洗いあがりですから
もちろん、その後のスキンケアで肌を整える時にも
その効果が発揮されます。

「とにかく、最初になじませるローションなどの
化粧水などの液体が、肌にとてもよくなじんでくれるのですね」

私は化粧水にプラス保湿効果の高いクリームを
主なスキンケアの手順にしていますが
肌の状態によって美容液などをプラスして
肌を整えていますが…

「スキンケアの肌なじみがとても良いので、
朝のスキンケアがスムーズになって
ベースメイクのノリもよく、
普段、パウダーファンデーションを使用している私は
ファンデーションのスポンジの滑りの良さを実感しつつあります」

今回、使用したクレンジングと洗顔フォーム。
どちらもだいたい約80日分ほどの量なので
約2ヶ月と少し、使うことができます。

「寒く、乾燥が気になる今の季節に
しっかりと『洗うケア』ができるこちらの商品。
これからのスキンケアをサポートしてくれる
心強いアイテムであるとともに
約2ヶ月後の自分の肌の変化が楽しみでもあります」

これからも使い続けていきたい、アイテムとなりました。
 
桜花媛(さくらひめ)化粧品ファンサイト参加中

以前に、スキンケアを使用したことがある桜花媛(さくらひめ)化粧品さん。

「日本女性の肌に合う、日本生まれのBBクリームと潤う化粧水」

「乳液でしっかり保湿ができる桜花媛『モイスチャーミルキーコンディショナー』」

「桜花媛『ピュアエッセンシャルコンディショナー(美容液)』で優しく保湿ケア」

「季節の変わり目のゆらぎ肌に、優しく潤いケア『桜花媛ピュアナイトクリーム』」

とにかく、トータルで使ってみて思ったのは…

「乾燥肌にしっかり保湿ケアできるアイテム」

という印象が強かったんです。

そんな桜花媛(さくらひめ)化粧品さんから、2016年の11月に
新しいアイテムが登場したというので、早速、チェックしてみました。

それがこちら。


「プリンセスナイトリペア」

こちらの商品。実は塗って寝るだけという、
洗い流さない保湿パックなんです。

まだまだ寒さも厳しく乾燥が気になる季節ですよね。
そんな時に、こちらのアイテムを
いつものスキンケアの最後にプラスするだけで…

「眠っている間に潤う」

という訳なのです。

私も普段は複数枚入っているジッパー付の包装に入った
シートマスクを使うんですが…
こうした一つの包装に複数枚入っているシートマスクだと
手軽な反面、何度も開閉して手を入れて取り出すので衛生面や
シートマスクに含まれている成分の劣化などを考えると
ちょっと心配になったりします。
さらに美容液成分が、シートマスクに
しっかりとふくませてあるのは良いのですが
液がたれて、衣類に付いたりと、やや扱いが面倒ですよね。

それに比べ、「プリンセスナイトリペア」は
普段のスキンケアの最後に必要な分を手に取って、顔全体にのばすだけ。

「手軽ですよね」


早速、使ってみましょう。

「プリンセスナイトリペア」の容器は衛生的なチューブ型。

「毎回、新鮮な状態で使うことができるのは嬉しいです!」


適量は、さくらん ぼ程の大きさ。

手の甲に取ってみると…

「とろり、やわらかなジェルのテクスチャー」

顔全体にも、するするっと、よくのびてくれます。

「全体にのばしたら終了でございます」

あとは眠るだけですよ。簡単です。

「プリンセスナイトリペア」は
保湿成分をたっぷりと配合されてますから…
とにかく保湿成分にこだわっていますよ。

馬プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸
スクワラン、シアバター、ラベンダー精油

「乾燥肌の私は普段から商品の裏面などに
記載してある成分名をよくチェックしますけど…
これらの成分はまさに、保湿と言えば
必ず上位に登場する成分ですよね」

それらが配合されている訳ですから…
それはもう期待してしまいますよね。

さて、翌朝。

ふと思ったのです。

「あれ?洗い流さないパックって言うけど…
朝の洗顔どうしたらいいんだろう?」

確かに素朴だけども…疑問ですよね。

でも大丈夫。普通にいつも通りの洗顔でOKです。

ま、これだけ保湿成分が入っているパックですから…

「普通の洗顔ぐらいで潤い、逃げたりしませんよ」

ええ、乾燥肌の私でもです。

「洗顔後、顔を拭いても、全然…突っ張りませんでしたから」

ベースメイクのノリも良かったですよ。

ちなみに桜花媛(さくらひめ)化粧品さんのおすすめは
化粧水を含ませたコットンで顔をふき取る「ふき取り洗顔」だそうです。
パックの成分がほどよく肌に残り、
もちもちぷりんとした肌になるとか。

ただ、あれだけの種類の保湿成分が配合されているせいか…

「肌が多少、べたつくのです」

夜のスキンケア後に就寝しようと思うと…
私、比較的、寝相が良い方だけど…これはね…どうかな。
寝相の悪い人…枕や掛け布団のカバーなど
寝具に付いてしまうかも…
 
「気になる人は気になるかな」

翌朝になれば肌になじんでいることもあって…
さほど気になりませんが、確かに通常と比べたら
相当、ぺったりしているので…

「私は洗顔したい派ですね」

でも、洗顔しても潤いキープですから…
 
「この潤いある肌になるのでしたら私はコレにします!」
 
まだまだ空気の乾燥も厳しく、
オフィスでは暖房がフル稼働でさらに乾燥が気になる季節。
こちらのアイテムで、しっかり保湿ケアしたいと思います。
 
 
 

 

 

デオナチュレ/ガミラシークレット、ファンサイト参加中

普段から洗顔には、固形石鹸を愛用している私。
今回、イスラエル北部の小さな村で作られている
「魔法の石鹸」として世界に瞬く間に広まったという石鹸を手にしました。
それがこちら。
 


ガミラシークレットさんの「オリジナルソープ」です。

こちらの石鹸。
イスラエル北部のガリラヤ地方に住むガミラ・ジアーという女性が、
この土地に代々受け継がれる植物の効能を元に、
独学で得た知識を集結し完成させたレシピを
30年以上にわたる試行錯誤を重ね、
そのレシピをベースにようやくできあがった石けんなんです。

さて…なぜ、シークレットかというと…

「一族に伝わるハーブの知識を凝縮させたレシピが、門不出の秘伝だから」

なんでも、ガミラさんが生まれた当時のペキイン村は
医者や薬局もない貧しい村。
なので、植物が病や怪我を治す薬として珍重されて
代々植物の恩恵を受けてきたそう。
そんな中で、ガミラさんのお祖母様とお母様は
植物の知識に長けた人物として知られており、
村の薬局であり医者のような存在だったそうです。

そんなお母様とガミラさんは幼い頃から毎日山に入って
その植物の知識を受け継ぎ、そして20歳くらいから
この植物の知識を何とか後世に残す方法はないものかと考えて
誰もが毎日使う「石けん」という形で残すことにしたのだそうです。

最初は多くの人に試していただくため無料で配られていたそうですが…
家族、村人、友人、そしてそのまた友人へと
その評判が、またたく間に広がったのは
美容クリームのようなスキンケアソープということから。

「洗うほどに『肌を整える』というコンディショニング効果の高さが決め手」

その評判を聞いたイスラエルの記者が
「ガミラおばあちゃんの魔法の石けん」として
紹介したことからイスラエル全土に広がり
今では世界20カ国以上で愛されるブランドへと成長したんですね。


現在でも、その石鹸は、ひとつひとつ、3カ月から半年かけて
丁寧に作り出されているのだとか。

「どうしてそれほどの月日がかかるのか?」

素材選びから各生産の工程を一切妥協せずに
丁寧に手づくりされているから。
むしろ、そうすることで、素材のチカラを最大限に引き出して
結果としてコンディショニング効果の高い石鹸につながっているんですね。

さて、素材のチカラを最大限に引き出すということですが…
それに欠かせないのが様々なハーブ。
直接、石鹸に入れるよりもオリーブオイルに入れることでエキスが抽出し
エッセンシャルオイルとして使う方が、良いハーブなどもあり
植物によっては、2、3週間の時間をかけてエキスの抽出を行ったりと
素材の下準備も、それぞれに手をかけて丁寧に行われているんですね。

植物の使う部分や、石鹸を作る際に、加える順番、
そしてブレンドする際の温度や時間に小さいズレが生じれば
全く違う石鹸が仕上がってしまうのだそう。
なので、こちらの商品のパッケージに記載されている原料を全て揃えて
同じ植物を使って石鹸を作っても、ガミラシークレットと同じ石鹸を作るのは
不可能なのだそうです。

そのひとつにこのブレンドにかける時間。
通常の石鹸だと1時間程度でブレンドを完了してしまうところもあるようですが
ガミラシークレットは、なんと40時間もかけてブレンドするんです。
こうしてじっくりと時間をかけることで、原料である全ての植物のチカラを
最大限に引き出した上で、石鹸として閉じ込めるのですね。

さらに、最終的にペースト状になった石鹸のベースを煮込み、
食塩水を加えることで、純石鹸と、不純物とに分離させることで
下方にと沈んだ不純物を釜の下から流し、再び水を加えて煮詰め
ペースト状にしたところで、再び食塩水を加え、分離させます。
この工程を繰り返して、石鹸の純度を高めていくんです。

純度の高い石鹸は、トレイに注がれ、少し固まったところで切り分け
「gamila」の刻印を手作業でひとつひとつ押した後、30時間かけて乾燥。
季節により異なりますが3カ月から半年の間、乾燥機などを使わずに
自然のままの状態にして乾燥されるそうなんです。
こうして、ゆっくりと乾燥させることは、熟成にもつながり
この間に、植物の成分のチカラがより一層、引き出されるんです。

そして熟成が終わった石鹸たちは、
最後に肌あたりが優しくなるようにひとつ、ひとつ、
丁寧に石鹸の角が削られて、形を整えられて、完成を迎えます。


これほどまでの手間ひまかかった石鹸が
こうして我が家にやってきました。

「ありがたいことです」

大切に使わなくてはね。

早速、泡立てて見ると…


「とても、きめ細かい泡立ちです」

肌に乗せてみると…

「ふんわりと香る、ハーブの優しい香りと、やさしい泡が肌にフィットします」

そして優しく、くるくると、泡で肌を洗って…
最後に、ぬるま湯で洗い流しました。

さすが、植物の美容成分をたっぷりと凝縮された石鹸ですね。

「洗い上がりがしっとり」

とても心地よい洗い上がりです。

朝晩と使い続けてしばらくたちますが…
余分な汚れだけを落としながら、肌のバランスをしっかりと
コンディショニングしてくれるこちらの石鹸を肌で実感しています。


これからもぜひ、使い続けていきたい石鹸です。

チューンメーカーズファンサイト参加中

今回「チューンメーカーズ」さんより、新商品の保湿クリームが登場したとのこと。
普段から、保湿のために、スキンケアの最後にはクリームを使用している私。
気になって、今回、使ってみることにしました。

チューンメーカーズさんと言えば…

以前に「セラミド200」や「原液保湿クリーム」も使用した
私にとってはなじみあるメーカーさん。


その際にもご紹介しましたが…
チューンメーカーズさんは
「自分に合った化粧品を見つけたい」という方々の声から誕生したブランド。
なので、以前にご紹介した商品もそうですが、入ってるのは
なんと、化粧品の原料に使われる成分そのままの「原液」だったりします。
だから、普段使っているスキンケアアイテムにプラスすることができるし
何より、自分の肌の状態に合う原液をチョイスできるんです。

「つまり…肌のお悩みにピンポイントで効く成分を選んで
スキンケアができる訳ですね」

そう、自分の肌に合わせてスキンケアを作り上げる
「チューニングコスメ」ということで
「チューンメーカーズ」という名前が付いてるんです。

そして今回、ご紹介するのが、コチラ。


「原液保湿クリーム」です。
実は、チューンメーカーズさんには「原液保湿クリーム」があり
その商品がパワーアップして2016年の10月にリニューアルしたんですね。

 
これは期待できそうです。
早速、手持ちの化粧水で肌を整えた後に使ってみました。

さて、以前のクリームと比べて、肌の潤いに欠かせない「セラミド」
そしてごわついた肌を和らげる「アルガンオイル」「スクワラン」など
保湿効果の高い原液やオイルを従来に比べ120%増量している
こちらのクリーム。

となると…


「テクスチャーが気になるところ」

あまりにべたついたりすると…ベースメイクが崩れやすかったりしますよね。

それに加えて…

「肌なじみが悪くなったりしないか心配」

ですよね。

でも大丈夫。
 

テクスチャーも、浸透の良さも以前のクリームのまま。

「保湿効果がプラスになったという、嬉しいクリームです」

そして今回のクリームに一番配合されている成分「セラミド」
乾燥肌の私は今までスキンケアアイテムを選ぶ際に
成分チェックの際には必ず目に止めている成分。

このセラミド。人の体に存在する成分なんですが
角質層の水分を保つ重要な役割を果たしているんですよ。
なので、セラミドが不足すると、肌は外からの刺激を受けやすく
肌がダメージを受けて、乾燥肌になったり
ハリ不足になったり、くすみなど、
肌トラブルの原因になったするんです。
だからとても大切な成分なんですよね。

早速、手にとってみると…

「適度なやわらかさを持つ、クリームです」

だいたい、パール粒大の量を手にとって
顔全体になじませていきます。

私はおでこ、鼻先、ほほ、あごのあたりに
適量を分けて、肌になじませてみましたが…

「するするっと、気持ち良くのびてくれます」

そして、自然に肌になじみます。
乾燥が気になる部分にはもう一度重ねづけをするのがオススメです。

「私はおでこと、口もと、目もとあたりですね」

これで潤いがよりキープできるそうです。

私はこのように朝と夜のスキンケアの最後の仕上げに
こちらのクリームを使用しましたが…
しばらくしたある日の朝。
洗顔する時に「あ…」と思いました。

だいたい、この時期、冬の季節って…
どうしても洗顔後、少し突っ張った感じがあるんですが…

「洗顔しても肌が突っ張らない」

そして…

「朝のスキンケア時の化粧水の浸透も良いです」

肌がしっかり潤っているから、化粧水の浸透も良いのでしょうね。
クリームの効果を肌で実感できました。

まだまだ寒さが厳しい季節ですので
これからも使い続けて肌の潤いをキープしていきたいです。

 

 

コーセーのキャンペーンに参加中[PR]

 

朝晩、ぐっと冷え込むようになり…変化するのは…

「肌」

乾燥肌の私と栄場…

「乾燥に拍車がかかる、今日この頃」

潤いを肌に届けなくては…と思い、こちらを見つけました。

 

コーセーさんの、雪肌粋(せっきすい)の化粧水です。

 

今回はコーセーさんより商品をご提供いただきました。ありがとうございます。

 

「コーセーさんと言えば…雪肌精(せっきせい)ですよね」

CMでもよく見かけますね。

そうそう。でも…今回は雪肌粋(せっきすい)。

「とはいえ、雪肌精(せっきせい)とは無縁ではないのですよ」

実は、雪肌粋(せっきすい)
セブンイレブンと雪肌精のコラボブランドなんです。

「つまり…雪肌粋(せっ きすい)は妹になる訳ね」

ざっくり言うと…そういうことになるね。

そんな雪肌粋(せっきすい)さんから
今回新発売になったのがこちらの化粧水。

こちらの化粧水は、「薬用化粧水[医薬部外品]」

 

成分を見てみると…
有効成分グリチルリチン酸誘導体が配合されています。
こちらの成分の特徴といえば
皮膚の炎症を緩和し、皮脂の分泌を抑えるところ。

そしてプラスされるのは保湿成分。
アレルギー抑制や免疫力アップなどで注目されている「薏苡仁(ハトムギ)エキス」
日本では古くより殺菌、抗菌、痛み止め、かゆみ止めと
皮膚の炎症の回復を助けるとしてなじみ深い「枇杷葉エキス」
さらに、「黄山薬エキス」「グリセリン」も配合され…

「夏の 日焼け、冬の雪焼け後のほてりや、肌あれ、乾燥を防いでくれるという
こちらの化粧水の特徴にも、この成分のラインアップを見て納得です!」

 

 

早速、使ってみようと…キャップを開けてみると…

 

 

「品質シールが付いてました」

 

化粧水の鮮度も守ってもらえる…安心できるシールですね。

 

そして…手にとってみましたが

 

「ふんわりと優しい香り」

強い香りが苦手な私でも、大丈夫です。

「リラックスできる、品の良い花束から香ってくるような
そんな穏やかな香りです」

 

適量は、コットンまたは手のひらに500円玉くらいの量。

これを、顔、首すじにパッティングするようになじませていきます。

 

私は最初、手のひらで顔全体になじませました。

乾燥肌の私。今度はコットンでパッティングをしながら

化粧水を丁寧になじませました。

「肌が水分を必要としていたことがよく分かるなぁ」

 

これほど肌になじむ化粧水ですから…

継続して使うことで、キメを整えて、
すべすべとした肌に導いてくれるという効果にも期待ができそう!

「使い続けるのが楽しみです」

何より、お値段もリーズナブル。

毎日使うスキンケアアイテムとして優秀ですよね。

 

これからもぜひ愛用していきたいスキンケアアイテムです。

 

読者限定のアンケートキャンペーンに参加する

 

米肌~MAIHADA~ファンサイト参加中
 

さて、先日より使っております…

コーセープロビジョン 米肌さんの新商品!

 

エイジングケア用クリーム「活潤リフト クリーム』

前回にも紹介しましたが…
米肌さんといえば、お米!

「ライスパワーNo.11」

保湿効果に優れていると言われている
數十種類のアミノ酸、豊富なペプチド・糖類が含まれるこちらの成分。
さらに血行促進に効果があるとして古くから親しまれてきた
「ショウブ根エキス」も配合
他にも、グリコシルトレハロース、グリセリン、乳酸Naと、
保湿に優れた成分が多く含まれています。

さらに、ハリや弾力のある肌に導いてくれる
米ぬかエキスと大豆エキスを納豆菌で発酵させた保湿成分
「米ぬか・大豆発酵液」に…
「発酵ヒアルロン酸」という1グラムでなんと6リットルもの
水分をかかえるチカラがあるとされている保湿成分も配合

その他にも、発酵ポリマーV、加水分解コラーゲン、
水溶性コラーゲン、グリセリンなどをの成分も配合。

だから…

・頬のたるみやハリ不足
・目もとや口もとの小ジワ
・肌の弾力不足
・乾燥
・フェイスインのたるみ

これらが気になる方には断然、オススメなわけです。

「活潤リフト」の名の通り、潤いあふれるハリと弾力を与える
エイジングケアクリームなわけですが…

「私の目元の小じわ予備軍とも言える
乾燥気味な肌を、なんとかしたい!」

ということで、毎日のスキンケア、頑張ってまいりました。

 


こちらのクリームはお手入れの仕上げとして使います。
私の場合は、化粧水で肌を整えてから私は美容液を使った後に
お手入れの仕上げとして使っております。

適量はだいたい、パール粒1個ぐらい。
こちらのクリームを両ほほ、額、あご、そして鼻の箇所においてから、
顔全体にのばしていきます。

 


とてもよくのびてくれる優秀なクリームです♪

ちなみにアイクリームをお使いの方は、
こちらのクリームの後に使ってください。
アイクリームだけはイレギュラーですので注意が必要ですよ!


さて、全体にクリームが行き渡ったら、今度は両手のひらを使って
「上がれ…、上がれ…」と、肌を引き上げるようになじませていきました。

そうそう、最後にハンドプレスするように、
手のひらを使って肌を包み込んであげると
クリームがより浸透しますし、何より、ふっくらとした感触に。

「日に日に、手に触れる感触がしっとり」

嬉しい変化です!

もちろん、朝のスキンケアにもOK!
のびの良いクリームなので、肌もべたつかず
ベースメイクを行う前などにも、
化粧下地のノリが良くなるのでとても使い勝手が良いです!


強い香りが苦手な私としては…

「米肌 活潤リフトクリームは、余計な香りがないのが良い!」

なぜなら、強い香りだと、スキンケアしている時に
香りに酔ってしまうこともあるし、落ち着かないですから。
なので、私にとっては嬉しい無香料です。

何より、こちらのクリームは
余計なものも入っていない…無着色、鉱油物フリー。
安心して使えますね。

これからもぜひ愛用していきたいクリームです。

 

 

集中ハリ体感プレミアムセット

 

コーセープロビジョン 米肌

 

 

米肌~MAIHADA~ファンサイト参加中

 

朝晩、冷え込むようになり…対策を練らねばと思うのは…

「乾燥する肌」

気温差が大きくなるにつれて、私の肌もカッサカサに。

「ファンデーションのノリもすごぶる悪いです」

とにかく水分を逃さす、潤いを与えること第一。

「最近、目元のあたりが気になって…」

シワまでいかないけど…

「ファンデーションが窪みに落ち込みがちなんです」

そして合わせて、気になるのが…

「頬などのハリが少し足りないような…」

ほうれい線にもなりますから…これは今から対策をしなくては!

ということで今回、使ってみたのがこちら。

 

 

コーセープロビジョン 米肌さんの新商品!

エイジングケア用クリーム「活潤リフト クリーム』です。

乾燥する肌質なので、普段から夏でも保湿クリームを
スキンケアの仕上げに使っていますが…
もう、アラフォーですから。

 

「エイジングケアも大切」

ということで早速、使ってみることにしました。

 

 

開けてみるとご覧の通り。

 

指に取ってみると…

「柔らかなテクスチャーですね」

クリームの中でも柔らかい方かと思われます。

 

 

適量はだいたい、パール粒1個ぐらい。
こちらのクリームの登場はお手入れの最後。
私の場合は、化粧水で肌を整えてから私は美容液を使った後かな。
こちらのクリームを両ほほ、額、あご、そして鼻の箇所においてから、
顔全体にのばしていきます。

「柔らかいテクスチャーもあいまって、とてもよくのびてくれます」

ちなみにアイクリームをお使いの方は、こちらのクリームの後に使ってください。
アイクリームだけはイレギュラーです。

さて、全体にクリームが行き渡ったら、今度は両手のひらを使って
肌を引き上げるようになじませていきます。

「上がれ…、上がれ…」

気持ちも大切(笑)

最後にハンドプレスするように、手のひらを使って肌を包み込んであげると
クリームがより浸透しますし、何より、ふっくらとした感触に。

「今日も1日お疲れさまと肌に声をかけてあげたくなるような…
そんなスキンケアの手順ですね」

そう、スキンケアのフィニッシュアイテムですね。
クリームのテクスチャーも柔らかく、よくのびてくれるので
軽いマッサージ気分で両手を使ってケアしています。

もちろん、朝のスキンケアにも最適!

「しっとり仕上がるこちらのクリームですが…べたつかないので
ベースメイクを行う前などにも、化粧下地のノリが良くなるので
とても使い勝手が良いです!」

個人的には…

「余計な香りがないのが良いですね」

そうなんです、こちらのクリームは無香料。
強い香りは苦手な私。

「あまり強い香りだと、スキンケアしている時に
香りに酔ってしまうこともあるのです」

だから無香料大歓迎。

何より、こちらのクリームは
無着色、鉱油物フリー。

「余計なものも入っていませんよ」

安心して使えますね。

さて、米肌さんといえば…そう、お米!

「ライスパワーNo.11ですよ!」

數十種類のアミノ酸、豊富なペプチド・糖類が含まれるこちらの成分。
保湿効果に優れているんですよ。
それに加えて、血行促進に効果があるとして古くから親しまれてきた
「ショウブ根エキス」も配合
他にも、グリコシルトレハロース、グリセリン、乳酸Naと、保湿に優れた成分が多く含まれています。

さらに、ハリや弾力のある肌に導いてくれる
米ぬかエキスと大豆エキスを納豆菌で発酵させた保湿成分
「米ぬか・大豆発酵液」に…
「発酵ヒアルロン酸」という1グラムでなんと6リットルもの
水分をかかえるチカラがあるとされている保湿成分も配合

その他にも、発酵ポリマーV、加水分解コラーゲン、
水溶性コラーゲン、グリセリンなどをの成分も配合。

だから…

・頬のたるみやハリ不足
・目もとや口もとの小ジワ
・肌の弾力不足
・乾燥
・フェイスインのたるみ

これらが気になる方には断然、オススメなわけです。

今回、使ったMAIHADAさんの「活潤リフト クリーム」
「活潤リフト」の名の通り、潤いあふれるハリと弾力を与える
エイジングケアクリームなわけですが…

「私の目元の小じわ予備軍とも言える
乾燥気味な肌を、なんとかしたい!」

切実です。はい、毎日のスキンケア、頑張っていきます。

 

14日間トライアルで使えるセットもあります。

こちらからトライしてみるのも、オススメですよ♪

 

集中ハリ体感プレミアムセット