今日は、サンビレッジ茜でショップオリジナル人工芝スキーMGCシリーズ3台を真面目にレポートします。

マテリアルの違いは、ステンレスの厚み。300は、0.3mm。400、500と板の厚みが増します。

条件は
サンビレッジ茜。人工芝種類アストロ。
気温30°C、散水直後に滑走。バーンは、リフト側。

MGC300STは、ベース板のフレックス同等のしっとりタワミ感!切り換えで板がフラットになっても減速せず楽に脚の操作が出来ます。
個人的には、軽量スキーヤーや脚力が弱い女性の基礎にお勧めします。
{23759614-9208-4FA0-A513-7234B672EB47:01}


MGC400STは、メーカーラインナップで表現するならばワンランク上のフレックスに生まれ変わります。人工芝アストロで使うなら最適のフレックスだと個人的には思います。脚を外側に出す制動系の切り換え、脚を外+前側に出す推進系の切り換え。どちらも対応します。
個人的には、SAJバッジテスト2級や1級を真面目に狙う方、指導者にもピッタリと思います。
{9A541E2E-3B25-46DB-9695-973B93B7B778:01}


MGC500STは、メーカーラインナップで表現するならば最上位モデル。雪上で3シーズン使って劣化した最上位モデルを貼り替えても、新品のフレックスに若返ります。いわゆる硬いフレックスってコト。
この板はMGC400ST同等の制動系から推進系も勿論出来ます。更にその上位、身体の傾けと全身を大きく観せる動きも!!がむしゃらに外脚を踏む方の矯正にも良いと思います。
人工芝スキー・レーサーやプライズを狙うスキーヤー、指導者にお勧めします。
{34A2B7F9-7AE4-4E88-869C-641F4E7CB925:01}


以上、真面目なレポートでした。
問い合わせ先はこちらからお願いします。
http://www.mack-resort.com


オッと、忘れてました。久留米・大砲ラーメン。
スープはご存知、豚骨。呼び戻しという方法で抽出したスープは、濃厚かつキレもあり、飽きません。
お試しあれ!!
{C884849A-9657-45BD-99F1-9641C1E0FEF6:01}




AD

コメント(4)