忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:
2017年7月1週公開 映画


▼開催中のKindleセール


★Amazon Kindle カドフェス電子版2017(〜6月29日)
★Amazon Kindle【50%OFF以上】小説・文芸 フェア(〜7月2日)



▼今週発売の新作ダイジェスト


06月28日発売■CD:「Mellow Waves Amazon限定 缶バッチ付き / CORNELIUS」
06月30日配信■NSw:「ゼルダの伝説 BOTW エキスパンション・パス」
06月30日配信■WiU:「ゼルダの伝説 BOTW エキスパンション・パス」
06月29日発売■NSw:「レゴシティ アンダーカバー」
06月29日発売■3DS:「ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー」
06月29日発売■3DS:「ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー PERFECT EDITION」
06月29日発売■PC:「鋼鉄帝国-STEEL EMPIRE- オリジナルサウンドトラック付き」
06月30日発売■CD+DVD:「源平討魔伝~参拾周年記念音盤~」



▼2017年7月1週公開の新作


06月30日公開■Ticket:「兄に愛されすぎて困ってます」
07月01日公開■Ticket:「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
発売中■Book/Kindle:「忍びの国」

今週は土曜日が7月1日で全国の映画館はサービスデー。
1日公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」や「忍びの国」は
かなりの混雑が予想されるので、初日に鑑賞予定の方は劇場ごとの
座席予約解禁日にあわせて早めの手配をお薦め。
ちなみに、今週は東宝シネマズでシネマズウィークが開催中で、
シネマイレージ会員ならば月曜日から金曜日まで全て1,100円で鑑賞できる。
東宝シネマズの会員は利用しなければ損。

6月30日より公開の「兄に愛されすぎて困ってます」で
ヒロインを務めている土屋太鳳が相変わらず三十路の風格なのだが
ティーン向けの映画でヒロインを演らせることは正解なのだろうか。
「青空エール」では竹内涼真の伯母に見えたし
「PとJK」では亀梨と同い年に見えたし、
「兄に愛されすぎて困ってます」でも千葉雄大よりずっと年上に見える。
彼女の愛嬌は浜口京子と同じタイプなので、
女子レスリングの映画に出すとか、もっと別のフィールドで活かして欲しい。

★Amazon 映画前売券ストア
★Amazon ムビチケストア

*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。




07月01日公開■:「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

ジョニー・デップの人気を一般層にまで押し広げた
大ヒット海洋アドベンチャーの第5弾。
前作「生命の泉」から6年振りの新作が紆余曲折を経て公開。
敵役に名優ハビエル・バルデムを迎え、
ジャック・スパロウの最後の活躍を描いている。
共演はブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ラッシュ。
監督は「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリ。
このところ興行的にも評判的にも失敗続きで人気凋落の印象が強いジョニデ。
ドル箱シリーズを引っ張り出して、目論見通り人気復活となるだろうか。


発売中■Blu-ray:「パイレーツ・オブ・カリビアン 4ムービー・コレクション」




07月01日公開■:「ディストピア パンドラの少女」

英国の作家M・R・ケアリーのベストセラーを実写化したゾンビ映画。
原因不明のパンデミックにより凶暴化した感染者が暴れ回り
瞬く間に荒廃してしまった近未来を舞台に、
ウィルスに感染しながらも高い知性を保ったまま少女と
大人たちの逃避行を描いている。
主演の少女役には新人のセニア・ナニュアが大抜擢。
大人達にはジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ。
監督は「SHERLOCK / シャーロック」のコーム・マッカーシー。

近年制作された英国発のゾンビと言われると
「高慢と偏見とゾンビ」という珍作を思い浮かべてしまうのだが
こちらは一転してシリアス調で大変良さげな雰囲気。観たい。




07月01日公開■:「しあわせな人生の選択」

既に治療から緩和ケアへと移している末期癌の男が
友人や愛犬と過ごす4日間を描いたスペイン発のドラマ。
監督は日本ではほぼ無名のセスク・ゲイ。
出演は「人生スイッチ」のリカルド・ダリン、
「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラなど。
本作は監督の母親の闘病体験をベースにしたもので脚本も兼任した。
「いかにして死ぬか」は近年の映画界では非常の多く取り上げられている。


発売中■DVD:「92歳のパリジェンヌ」

昨年もフランス映画で「92歳のパリジェンヌ」という映画が公開された。
尊厳死を決断した仏元首相の実母と、その娘との最期の日々を綴った物語。
誇り高く死にたいと願う母親を、息子や娘はどう受け止めたのか。


発売中■Blu-ray:「海を飛ぶ夢」
発売中■Blu-ray:「ボルベール 帰郷」
発売中■DVD:「あなたになら言える秘密のこと」
発売中■DVD:「オール・アバウト・マイ・マザー」

私がこの作品を「観たい!」と思ったきっかけは
スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で最多5部門を獲得していること。
同賞では過去に「海を飛ぶ夢」「ボルベール 帰郷」など、
当BLOGでも取り上げたことのある作品が多く受賞しており
いずれも素晴らしいものばかり。
近年はオスカーも小作品に目を向けるようになってきたが
ゴヤ賞はカンヌよりも分かり易く、かつ普遍的なテーマを描いた作品が
多く受賞してきた経緯があるので、本作も外れはないものと期待している。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。