真月のブログ★ヴェーダの叡智

インド占星術、ヨーガ、アーユルヴェーダなどについて思いついたことを書いています。

4月から全10回のインド占星術基礎講座を開催しています。


①神戸教室 阪急西宮北口駅周辺または、JR西宮駅周辺の施設

毎月第2、日曜日の午後1時から4時まで。



②大阪教室 地下鉄鶴見緑地線 西大橋駅 Sarana Yoga Studio

http://saranayoga.jimdo.com/access/

毎月第2水曜日、午後1時から4時まで。 



③茨木教室 阪急総持寺駅 インド総合学校

http://odcjapan.com/access

毎月第1、第3水曜日、午後2時から4時。4月~8月まで。


HP:http://shingetsu3459.wix.com/itirin0910



しいことはこちらまで問い合わせください



shingetsu345★hb.tp1.jp


★を@に変えてください。














テーマ:

今年の5月に東京にお住まいで中国の漢方薬だけでなく、気功などをしている先生に診てもらっていますニコニコ

 

そのおかげで、この夏は例年よりとても楽に過ごすことが出来ました口笛

 

しかし秋から冬にかけては、体調に問題がまた出てきましたガーン

 

ヨーガは少しですがやっていますが、それでは追いつけませんので、今は、気功を教えてくれるところを探しています虫めがね

 

https://www.youtube.com/watch?v=TmMgQeedh0Q

 

先生がやっている気功で、道家龍門気功ですが、見ているととても凄い気の使い方をしています!!

 

今まで鍼灸の治療を続けてきたので、よけいに気の使い方を知りたくなりました拍手

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

週刊誌にも先日亡くなった野村沙知代さんもアガスティアの葉を読んでいたと記事にありました爆  笑

 

http://www.jprime.jp/articles/-/11272

 

私も、全体の章と前世の章、そして今回は仕事の章を読んでもらいました虫めがね

 

とりわけ前世の章は、長年の疑問が解けて、とても納得しましたカギ

 

これも体験と一致するものでないと、自分としては納得がいきませんでしたが、さすがにチェンナイのほうで読んでもらったアガスティアの葉は納得がいきましたお願い

 

こちらは実際にアガスティアの葉を読んでもらうためにチェンナイまで行った記事があります。

https://www.ayurvedalife.jp/agasthiya_nadi.aspx

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、この4月から始まったインド占星術基礎講座も、今日が最後の講座となりましたニコニコ

 

今期は途中から来なくなる方が少なく、とても楽しくやることが出来ましたびっくり

 

今日は大阪教室で、日曜日には西宮教室がありました。

 

しかし私の方は、来期に向けてのテキスト作りでとても大変ですアセアセ

 

来期は、基礎講座だけでなく、ジャイミニ講座と中級講座が始まります注意

 

中級講座のテキストは1から作成しなければいけないのですドクロ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めから、たいそうな題で申し訳ありません照れ

 

実は、だいぶ以前から書こうと思っていたのですが、纏まりがつきませんでしたアセアセ

 

 

古事記は、市販の本が出ていますが、これとは全く違っていますキラキラ

 

古事記の構成は、大きく分けると次の通りになります。

 

1.岩戸に入る以前の物語。

 

2.岩戸内での物語。→伊弉冉尊の物語だけではありません。大国主命の話や、スサノウノ尊の話など。

 

3.岩戸から出てくる時の物語。

 

4.神界での物語。

 

以上のように、4つも物語から構成されています。そしてこれが複雑に絡み合っています虫めがね

 

例えば、スサノウノ尊が泣いていたときの話は、岩戸の中のことがらであり、ここから出て行って天照大神とウケヒをするのは、神界へ登る話です。これは伊弉諾尊が岩戸から出て、禊ぎ払いをして、3貴神(スサノウノ尊、天照大神、月夜見の尊)を生む話と、同じ事が書かれています。これは物語の性質上、こうなっている訳です。また豊玉姫が出産することも同じです。

 

またスサノウノ尊がウケヒに勝ったと言って、神界で乱暴した話は、スサノウノ尊が岩戸に入る前の話で、物語を読んでいくと、ここで区切りがあるのはそういった意味からです。また古事記は、スサノウノ尊とタケハヤスサノウ尊と区別しているのは、こうしたことからです。

 

古事記について書けば、1冊の本になるくらいの量があります注意

 

これ御魂の働き、荒魂、和魂(幸御魂、奇御魂)から説明すると分かりやすいかと思います。お願い

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近は、スピリチュアルな内容が多いですニコニコ

 

これはあくまで個人的なことなのですから気軽に聞いてください口笛

 

 

昔は、『古事記』を自分なりに研究していました本

 

それはホンの布石にしか過ぎませんでしたが、実はこのとき、神様との約束がありましたOK

 

神界を知りたいということを言ったら、「いいよ、応援するから」との答えでしたキラキラ

 

 

ところが、その後、酷い神がかり状態になったことがありましたガーン

 

そのとき神は、最初に法則のことを言ってきましたお願い

 

分かり易く言えば、カルマの法則です。

 

カルマの法則は、誰が作ったのでもなく、神自身がお造りになって、「神が神たらしめる」ものです100点

 

神になるには、先ず反対の方に振らなければなりませんドクロ

 

そしてこの法則で、神になっていくわけですOK

 

これが古事記に物語として書かれていることでもあります!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。