アホみたいに楽しく★100%英会話を身につける方法

=【初心者でも100%英会話を身につけられる方法】
2年間のUSA生活で見いだした、たった500個だけの英単語を使い、
瞬間英作文、ジブリ、海外ドラマで遊びまくるだけの新しい英会話習得法、大公開します!

こんにちは~

今日も、最強サイトellloを使った実践編です。

 

まず、質問、リアクションを意識して聞くのが第1ステップでしたが、

今回は第2ステップ。

 

暇な方は、

王子様と一緒にチャレンジしてみてください。

 

 

ーーー

 

 

 

●次のステップは、、?

 

 

 

魔女質問答えリアクション、この3つを意識しながら聞けるようになったか?」

 

 

王子「はい、1回目聞いたときはほとんど意味もわからなかったんですけど、スクリプトを確認しながら何度も何度も聞くうちに、会話のキャッチボールがよく見えるようになってきました」

 

 

魔女「ウヒョヒョ、、じゃあ次のステップいくよん」

 

 

王子「おおお、まだ続くんですか?」

 

 

魔女「当たり前じゃ!!本当に大事なのはここから。第二ステップはこれ!!」

 

 

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

●スクリプトを見ながら、シャドウイングする。

 

 

 

魔女「ここからは、実際に声に出して読んでいく」

 

 

王子「えええ、、、声に出すんですか、、、!? 聞いてるだけじゃダメ??」

 

 

魔女「アホか!!英語はおまえのその口を使って、おまえが声に出して話すから、話せるようになるんじゃ!!それに声に出すのは、なかなか楽しいぞ

 

 

王子「、、、そっか、わかりました。でも、どうやって音読すればいいですか?」

 

 

魔女「必ず、英語音声を聞きながら音読する。おすすめはシャドウイングじゃ」

 

 

王子「シャドウイングは、耳で聴いて少し遅れて発音していくんですよね?」

 

 

魔女「うん。こんな感じで影のようにくっついて発音する」

 

 

 

 

(シャドウイングの詳しい記事は→こちら

 

 

魔女「音だけ聴いてシャドウイングするのは難しいから、字幕シャドウイング(スクリプトを見ながらシャドウイング)がおすすめ。とにかく耳で聞いた音を自分の口を動かして言ってみることが大事じゃ」

 

 

 

ーーーー

 

 

 

 

●必ずどちらか一人だけを選ぶ。

 

 

 

魔女「そして、重要ポイントはどちらか一人だけを音読するということ」

 

 

王子「2人とも読んだらダメなんですか?」

 

 

魔女「ダメ」

 

 

王子「どうしてですか?」

 

 

魔女「やってみればすぐにわかる。じゃあ前回と同じ音声で、まずは男の人だけをシャドウイングしてみよう」

 

 

王子「えっと、、女の人が話しているときは何もしなくていいんですか?」

 

 

魔女「彼女が何を話しているか、しっかり聞く」

 

 

王子「なるほど」

 

 

魔女「今回も最初の1分間に集中してやってみよう」

 

 

王子「よし!!」

 

 

 

王子様は、男の人の声に集中し、

スクリプトを見ながら、シャドウイングしました。

 

 

 

★音声はここをクリック

 

 

 

(音声を聞きながら、太字部分をシャドウイングしてみよう)

 

 

男: So Antoinette, you’ve been living in Japan for a while now, right?

 

: Yes, that's right.

 

男: Well, can you tell me, do you like to use chopsticks or forks and knives more?

 

: It depends on what I’m eating really. For the most part, I enjoy using chopsticks. They are easy to use. I don’t have to worry about cutting anything. And especially if I’m eating Japanese food, which tends to be chopped in small pieces, small bite-size pieces, chopsticks are perfect.

But when I’m eating Western food or spaghetti, I prefer using Western style utensils.

 

男: Oh okay, that makes sense. What about sleeping, do you like to sleep on like a Western bed or a Japanese futon?

 

: Actually, it depends on the season.

 

男: Why is that?

 

: Well, in summer, I prefer sleeping on a futon. It seems cooler than a bed. But in winter, I love a cozy, plush bed with lots of pillows and quilts or duvets. And yeah, I like to feel cozy.

 

男: That sounds nice. Okay.

 

 

 

 

王子「ああああシャドウイング、難しいですね~。この人、早口すぎじゃないですか?」

 

 

魔女「ウヒョヒョヒョ、、これがネイティブの普通のスピード。難しかったら一時停止しながらでも大丈夫。まあ気楽にやっていこう

 

 

王子「はい」

 

 

魔女「では続けて女の人だけを音読する。質問に答えているつもりでな

 

 

 

王子「ああ、そっか!!両方ともやるんですね!!」

 

 

 

王子様は、次に女の人が話しているパートの

シャドウイングに挑戦しました。

 

 

 

★音声はここをクリック

 

 

 

(音声を聞きながら、太字をシャドウイングしてみよう)

 

 

: So Antoinette, you’ve been living in Japan for a while now, right?

 

女: Yes, that's right.

 

: Well, can you tell me, do you like to use chopsticks or forks and knives more?

 

女: It depends on what I’m eating really. For the most part, I enjoy using chopsticks. They are easy to use. I don’t have to worry about cutting anything. And especially if I’m eating Japanese food, which tends to be chopped in small pieces, small bite-size pieces, chopsticks are perfect. But when I’m eating Western food or spaghetti, I prefer using Western style utensils.

 

: Oh okay, that makes sense. What about sleeping, do you like to sleep on like a Western bed or a Japanese futon?

 

女: Actually, it depends on the season.

 

: Why is that?

 

女: Well, in summer, I prefer sleeping on a futon. It seems cooler than a bed. But in winter, I love a cozy, plush bed with lots of pillows and quilts or duvets. And yeah, I like to feel cozy.

 

: That sounds nice. Okay.

 

 

 

王子「あかん、、、むずすぎる」

 

 

 

魔女「ウヒョヒョ、、、まあ最低3回はやってみることじゃな」

 

 

 

王子「もうすぐジェニファーとデートだし、今日は頑張りますよ!」

 

 

 

さらに3回繰り返して、

王子様は一生懸命シャドウイングしました。

 

 

 

魔女「ウヒョヒョ、、だいぶ良くなってきたやん」

 

 

 

王子「先生、わかってきましたよ!!これ、片一方しか読まないからこそ、実際に会話しているような気分を味わえるんですね!!?、、、、だんだん男の人の質問に答えてる気になってきましたよ

 

 

 

魔女「ウヒョヒョ、、、そのとおり。それこそが”英対話”を使う理由じゃ。客観的に二人の会話を聞くのでなく、おまえがどちらかの人になりきるんじゃ。その場にいる気分になれるまであと100回音読してみて」

 

 

 

 

王子「ラ、ラ、ラスト1回でご勘弁を、、、、」

 

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

シャドウイングができるようになれば楽しいのですが、

最初は、ゆっくり一時停止しながら

リピーティングするというやり方でも大丈夫です。

 

 

今回、気をつけてほしいことは、、、

 

 

●登場人物になりきったつもりで英語を話す。

●話しかける相手をイメージしながら英語を話す。

 

 

臨場感、リアリティ。

 

 

これらを感じることができれば、ゴールはすぐそこです。

次回は、ラストステップ。

おたのしみ~Thank you very much!!

 

 

今回の音声のスクリプトは→こちら

 

 

第7章★英語でひとりごとを言いまくる方法(もくじ)

 

#1. 英語でひとりごとを言いまくる新シリーズ

#2. 英語でひとりごとを話せる、自分インタビュー

#3. 英会話で"Sound"を使ってあいづちを入れる方法

#4. 英会話を制するための3つの力とは?

#5. 英会話を身につけるために"英対話"を聞きまくる

#6. 超おすすめ、英対話の最強サイト"elllo"

#7. ellloの使い方1★話す、聞く、リアクションを意識して聞く

 

 

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。