淡色生活

めがねだかめだかだかわかりかねます。


テーマ:

設計:安藤忠雄建築研究所
敷地面積:3,385平方メートル
建築面積:937平方メートル
延床面積:3,123平方メートル
構造規模:SRC造,地下1階・地上4階
建設費:2,163百万円

{5B9ABB13-BEE3-4CCE-A6F0-E515605188D8}

{B0A39658-FE75-4778-96D7-D0530447B0B3}

{28EB007A-616B-4413-8737-F204615DC052}

松山城周辺の歴史や文化を意識して考えられた建物は、
周囲の自然環境に配慮した外観と
安藤氏がイメージする『坂の上の雲』を表現した空間となっている。

{DF499336-5083-493B-AF58-0EA35AC91A22}

{A14BBA8E-CE97-4DF7-960C-697713AB78E5}

{FFC827DE-07DF-4AB3-8B52-5B0E7C705CD3}

{A5E4E5EA-0606-48E3-97FA-89B09BA8F69D}

「坂の上の雲」は、明治維新を成功させて近代国家として歩み出し、
日露戦争勝利に至るまでの勃興期の明治日本を描く司馬遼太郎の歴史小説。

維新を経て新国家に生まれ変わった日本が、
欧米列強にさかんに学びながら近代国家としての体制を整えてゆき、
日清戦争など幾多の困難を乗り越えて、
ついには日露戦争においてロシア帝国を破るまでを扱う。
旧伊予国(愛媛県)松山出身で日本陸軍における騎兵部隊の創設者である秋山好古、
その実弟で海軍における海戦戦術の創案者である秋山真之、
真之の親友で明治の文学史に大きな足跡を残した俳人正岡子規の3人を主人公に、
彼らの人生を辿りながら物語が進行する。

物語は1968~1972年の産経新聞(夕刊)に計1,296回連載された。
構想期間も含めると10年に及び、司馬遼太郎は40代のほぼすべてを費やした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

{2E7A609B-461A-49D7-8472-8C04FD56C969}

松山城は,各地の松山城と区別するため『伊予松山城』とも呼ばれる。
別名は「金亀城(きんきじょう)」「勝山城」。

{5CB944B5-BD9C-4AD2-969B-CD143D137334}

{FA409900-AB23-4835-B510-BCACF433F21C}

{606C9AFE-A026-42A8-B4D5-B1B4DF5F4BD6}

{B3582822-1785-4081-BAB1-EFA55F1E60B0}

{084622E2-7001-4790-B118-489ECED1795B}

現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、
大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、
城郭遺構が国の史跡に指定されている。

{D2158003-A21F-4070-B6A8-5BA5AC6090E4}

{8EDB7B83-7D5D-464F-81F1-F9C3A6FFCD04}

{20F655E8-6CC5-47C4-9B78-D120196F9DFD}

1933年に大天守を残して焼失した
連立式天守群の小天守以下5棟をはじめとする
22棟が木造で復元されている。

{63C42050-4104-4E7D-A057-24102E2C7415}

{38D6FE23-CC70-4552-A34C-2FF41B53200E}

城郭は小高い山の上に位置し、松山の市街地を一望できる。

{B7AE759B-C560-42D3-A6AF-F39314A74471}

{5BDEDA3B-E6A2-4470-9ACB-FAEE6D56B147}

{B14D613A-10D1-458F-B320-2BDCEC2E24C0}

夜は夜景が美しいスポットとしても知られている。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2002年、初の劇場公開作品となる「ほしのこえ」を発表。
監督・脚本・演出・作画・美術・編集などのほとんどの作業を
新海監督一人で行った約25分のフルデジタルアニメーション作品は世間に衝撃を与えた。
2004年には初の長編作品「雲の向こう、約束の場所」を発表した。
SF作品の中に、溜息が出るような美しい情景と、
登場人物たちがすれ違う切なさを描き、
新海監督のアイデンティティを確立したように思う。



秒速5センチメートル
「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」という
3つの短編で紡がれる、少年少女の儚く切ない物語。
新海監督にとって3作目となる本作では
それ以前の作品に見られるSF的な要素は陰を潜め、
現代の日本が舞台となり、現実に起こりえる出来事だけで構成されている。
人と人との関係やそれぞれの思いが、
時の流れとともに移ろいゆく様を美しい映像で表現し、
公開されると大きな話題となり
単館上映ながらも異例のロングランとなった。



言の葉の庭
万葉集の一篇から始まる『言の葉の庭』は、
古典の題材をモチーフとしながら、
愛に至る以前の孤独「孤悲」という普遍的なテーマを、
現代の東京を舞台に鮮やかに描き出している。
デジタルデバイスの進化や視聴環境の変化なども鑑み、
高精細な絵づくりにこだわり、様々な雨の描写や、匂い立つようなみずみずしい草木、
すべてのシーンでこだわり抜かれた光の表現など、
新海誠の真骨頂であるきわめて美しい映像を存分に味わうことができる。



君の名は。
新海誠の最新作である本作は、
出会うはずのないふたりの男女が
夢の中で“入れ替る”という、不思議な出来事を巡る物語。
美しい映像とエモーショナルな音楽で展開され、
新海誠の魅力が随所に盛り込まれた集大成でありながらも、
新たな要素により、映像・ストーリー・キャラクター・音楽、
どれを取ってもまさにひとつの到達点ともいうべき作品となっている。
結果として国内動員数1900万人を突破し、
世界中でも大ヒットを記録。社会現象にまで拡がった。

{9FFFD96B-9F89-482B-830F-1DF847F451A8}

{F8278388-A044-4EFC-A6AD-D4AB1AD54EB6}

新海監督の作品には、駅、踏切、階段、雨などがしばしば描かれる。
何かが始まる起点としての駅、
人々がすれ違う踏切や階段、
登場人物の気持ちを映し出す雨、
作品の中に描かれるその意味を、本展覧会では紹介している。
また、新海監督が作りたいものとファンが見たいものとの
ギャップに悩まされたというエピソードも紹介され、
作品が生み出されていく過程を知ることができるのも本展覧会の楽しみのひとつだ。




新海誠の名を全国に知らしめた「君の名は。」ももちろん好きだが、
個人的には「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」に描かれている、
SF作品にはないリアルな切なさが好きだ。
特に「言の葉の庭」は新海監督が映像の美しさにこだわっているだけあり、
見ているだけで息を飲むような風景がたまらない。
人物に映り込む光・緑が、現実以上の美しさを演出している。
美術作品のようなアニメーションを是非お勧めしたい。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
安藤忠雄氏は1941年大阪生まれ。
独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。
代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」などがある。
1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、
2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、
2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、
2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、
2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャーレ章、
2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。
イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。
1997年から東京大学教授、2017年現在、名誉教授。


元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という
異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄氏は、
1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートさせた。
以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出してきた。

1990年代以降はその活躍の舞台を世界に広げ、
アジア・ヨーロッパ・アメリカなど各国で、
意欲的な作品を実現させている。
その一方でさらに、建築という枠組みを超えた
環境再生や震災復興といった社会活動にも、
果敢な取り組みを見せている。

本展覧会では、この稀代の建築家が、いかに生きて、いかに創り、
今またどこに向かおうとしているのか―
その壮大な挑戦の軌跡と未来への展望を
「原点/住まい」
「光」
「余白の空間」
「場所を読む」
「あるものを生かしてないものをつくる」
「育てる」
という6つのセクションに分けて紹介している。
{38577B22-D453-4DAF-8C17-BEDFA5B1BF86}

{F627AAB6-E87D-4C0D-80AD-FA535C70C23B}

本展覧会では、光の教会の一部を1/1スケールで展示している。
大阪の光の教会は、施主の希望で十字部分にガラスが嵌められているが、
本展覧会のモックアップはガラスを嵌めず外気に晒されている。
安藤氏が念願が叶った形だ。

しかし、モックアップを見て違和感を覚えた。
確かに造形としては素晴らしいのだが、
大阪の光の教会で触れた神秘的な雰囲気をここでは感じないのだ。
建築とはその一部だけでは成り立たず、
また、使われてこそ建築物として趣きが表出するのではないか、
密閉された空間にこそ特有の空気感は宿るのではないか、
そう感じざるを得なかったというのが正直なところだ。
皮肉にもなるかもしれないが、
安藤氏が語った「建築は施主のもの」という言葉が思い起こされるのであった。

{A1789A25-E90D-4893-99DA-458D192AD2AF}

{A0700CAB-5E26-488C-BC8F-150430484F57}

{871CE41A-36A6-448C-8F1C-DADC88C3C44A}

安藤氏は瀬戸内海の直島でも多くのプロジェクトを手がけている。
直島を訪れたのはもう10年も前のことだ。
当時はまだ存在しなかった建築物はもちろん、
長い期間を経て変わる、
あるいは、長い期間を経ても変わらない建築の姿をまた見に行きたいと感じた。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


{855EA90A-B646-44DC-86A9-E7BA4EA68690}

全高120m(像高100m、台座20m)のブロンズ製大仏立像で、
立像の高さとしては世界3番目、
ブロンズ立像としては世界最大を誇る。
奈良の大仏が手のひらに乗ってしまう程の大きさだ。
大仏の高さ120mは阿弥陀如来の十二の光明に因んでいる。

事業構想は1983年に着手、
1986年に工事着工、1995年に完成した。
建築主は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺。

{8BE84264-0CA4-4334-83D0-0EC3BD257682}

{974255CE-7CB6-49C2-B1A2-8CBD93E76C94}

{99EA055D-56AD-4693-9C34-FD3FD1E14C5F}

{5D54E16F-560C-4352-B131-1D4C72477937}

{0A80DC1B-63BC-42B8-9F76-3E5EF22E0D00}

胎内には写経や展望のほか、
建立完成までのパネル展示コーナー等がある。
台座部分に下層の3フロア、胸部付近に上層の2フロアがあり、
建築基準法上は鉄骨造5階建ての建築物だ。

{6CAA1546-37FE-41F5-99BC-D4EEE783D73D}

{E0B5807C-A8CA-4CB5-BBDB-F2AB80A24F37}

{6D04B2DC-551C-4DD2-AA69-DD866CDF194E}

{DD6A16D4-728F-4A32-A43E-6884D07FA76E}

{5994F3C0-C451-4B1B-B490-10C60DDE01A4}

大仏胸部の地上85mまではエレベーターでのぼる事ができ、
周囲の景色を展望することができる。
ただし、像自体の美観の問題から、
広々とした展望台は設けられておらず、
胸部に設けられたスリット状の小窓から景色を眺める。

{43DBE6F3-6DFF-4F16-BAEF-64B6D5318DD0}

建築にあたっては主に高層ビルで用いられる
カーテンウォール工法が採用された。
まず、大仏全体の重量を支える鉄骨の主架構を組み上げる。
次に、主架構鉄骨から枝を生やすように、
あらかじめ地上で組んだブロックを組み合わせていく。

{6FD75046-1EAB-43A7-9A3C-C97DCE3CAAF3}

{B0FA0AFA-696B-4F66-B1DB-AB7FA75FEAA4}

高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、
さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。
加えて、各ブロックは平均1.5m四方の青銅製の板金を9枚程度並べて溶接し、
下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。

仏像表面の青銅板は葉のように浮いているだけであり、
巨大な質量を支える必要がないため、6mm程度の厚みしかない。
これは、銅板で全体の重量を支える奈良の大仏とは大きく異なる。

像の表面には、これを覆い尽くすための青銅板が
6,000枚以上が用いられている。
そのため、像の表面には正方形のタイル状の継ぎ目を確かめることができる。
これらブロックの継ぎ目部分には隙間があり、
台風や地震、気象変化による板金の伸び縮みに対して
構造上の余裕を持たせる役目を果たしている。

{0338CCDC-2C33-48F8-8F18-667AB9F322AD}

{BFECAE04-3BDE-4997-8C23-7179B1267425}

{ACC602E7-ECCA-485B-B10C-4837DB399FAF}


{54F88A45-C3AB-4AE0-852C-A3B4EDE1F7B9}

{664276C2-3C81-48EA-98FF-95760294D34E}






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。