テーマ:

こんにちは。シルクふぁみりぃスタッフの高村です。

今日は、製品のお洗濯方法について書いていきます。


天然繊維は、化学繊維に比べてデリケートなので、基本的に手洗いをお願いします。

その方が長持ちしますし、より愛着も湧いてきます♪


洗濯機でも、手洗い水流等で洗っていただいても良いですが、やはり劣化は早くなります(絹は特に)。

面倒に感じる時もあるかと思いますが、天然繊維は私たちの気持ちをやさしくしてくれます。

できるだけ長くご愛用していただく為にも、できればやさしく手洗いをしてあげてほしい、というのが作り手の気持ちでございます。


ただ、手洗いは毎日するのが難しい方もいらっしゃるかと思います。

そういった方の中には、数日分ためておいて、時間のある時にまとめて洗ったり、バスタイムの時に洗ったりする方もいらっしゃるようです。


下記は、簡単ですが素材別に洗濯方法を書き上げてみました。

少しでもご参考になれば幸いでございます。



◆絹製品

水に弱いので、洗いもすすぎもぬるま湯が良いです。

アルカリに弱いので、洗剤は中性洗剤か絹・ウール用洗剤を使用してください。

洗う時は、たたんで浸け置き洗いかやさしく押し洗いをお願いします。

すすぐ時もたたんだまま、やさしくすすぎます。

水気は、バスタオル等で挟んでやさしく水気をとります。

日光に弱いので(変色します)、かたちを整えてから陰干しをしてください。

乾いた後も、直接日光や蛍光灯が当たらないように保管します。


洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて手洗い水流や弱水流で、脱水は15秒くらいで十分です。



◆ウール製品

濡れた状態で動かすと縮むので、やさしく・手早く洗います。

水に弱いので、洗いもすすぎもぬるま湯が良いです。

アルカリに弱いので、洗剤は中性洗剤かウール用洗剤を使用してください。

やさしく手早く、押し洗いします。

すすぎも押し洗いの要領ですすぎます。

脱水は、15~30秒くらい。それでも水分が残っていれば、バスタオル等で挟んで水気をとります。

温度変化に弱いので暖かい場所で、かたちを整えてから平干しが望ましいです。


洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて手洗い水流や弱水流で、脱水は15~30秒くらい。それでも水分が残っていれば、バスタオル等で挟んで水気をとります。

※縮みは、手洗いの方が防げると思います。

◆オーガニックコットン・綿・コットンシルク製品

洗濯機で普通に洗っていただけますが、やはり手洗いの方が長持ちします。

水・またはぬるま湯で洗います。

洗剤は漂白剤の入っていないものが良いです。柔軟剤もできれば使わない方が良いです。

日光に当たると変色したり硬くなってしまうことがあるので、かたちを整えてから陰干しをします。


洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて洗ってください。


◆絹コットン製品

ぬるま湯で、中性洗剤か絹・ウール用洗剤で洗ってください。

かたちを整えてから陰干しをします。


洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて手洗い水流や弱水流で洗ってください。


今日は時々ご質問をいただくお洗濯方法について書かせていただきました。

読んでいただき、ありがとうございます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります