初代タイガーマスク

テーマ:
先日、NHKBSで放送された
タイガーマスク伝説


もう三回は見ますた。(*≧∀≦*)(笑)


1975年生まれの僕が
子供の頃に憧れたスーパーヒーロー
タイガーマスク

大人になって改めて
タイガーマスク誕生の裏話
大人の事情みたいな内容
僕にとってとても新鮮で
釘付けで見ましたよね。
(#^.^#)アハハ(笑)



つうか、

現在のダイナマイトキッドが
痛痛しく、タイガーがエールを送るシーンに
泣けた。(T_T)m(。≧Д≦。)m









というわけで
今日はそう!

僕の幼い頃のヒーローだった
初代タイガーマスクと
そのマスクのお話しでございます。\(^-^)/







アニメのタイガーマスクから
現実の世界
新日本プロレスに突如現れた
タイガーマスク(佐山サトル)

空前のプロレスブームを起こしたのは
僕らの世代ならみんな知ってますよね。(*^^*)


かっこよくて華やかで
強くて
むちゃくちゃ憧れたわけです。
(*^▽^)/★*☆♪




昭和当時、
自分の誕生日プレゼント


親から
何がほしい?

と聞かれたら



『タイガーマスクの



マスクが欲しい!!
(*^▽^)/★*☆♪』


と、言って
親を困らせてましたね。(///ω///)♪
結局買ってはもらえなかったんだけどね。ww



仕方なくスーパーで買い物してきた紙袋に

タイガーマスクの絵を描いて
被っては

3つ下の弟を無理やり、
悪役レスラーにして(笑)


プロレスごっこをしては
泣かせてた記憶がありますわ。
(*≧∀≦*)(笑)



そんなパンサー少年も
二代目タイガーマスク三沢光春選手までの
試合は見てたけど

やがてプロレスに興味がなくなり

小学生の高学年になると



『光ゲンジに

どっぷりと
ハマるんです。


(///ω///)♪(///∇///)』


ほんとね、毎日毎日

ローラースケートと
バック転と
歌の踊りの振り付け


練習してましたよね。(*≧∀≦*)(笑)懐かし



まぁそんな光ゲンジの話はおいといて



タイガーマスクに憧れを持っていた
パンサー少年




やがて大人になり



氷室っくのライブが東京ドームであったので
(氷室京介VS21st BOOWYsだったかな?)

東京に来ます。


そして、ふと思い出した


東京ドームの近所に
プロレス専門の店があったんじゃ?




そう!




そこで、遠い昔に憧れた


あの
金色に輝くタイガーマスクのマスクを
発見!!

(*^▽^)/★*☆♪












かっけー!!

O(≧∇≦)Oo




欲しい(^-^o)(o^-^)o』



と、良い歳こいたオッサンの僕は(笑)


鼻息荒くして購入!!\(^o^)/



つうか、少年の頃に欲しかった
タイガーマスク


『夢


叶ったよ!!
(o^O^o)』



みたいな。(*^^*)




そして、まさかそれから数年経って



『タイガーマスクのマスクを






自作したり!


(#^.^#)




僕のために



僕のサイズに合わせて





作ってくれる人が
いるなんて!!


夢にも思いませんでしたね。(#^.^#)





で、
子供の頃に欲しかったタイガーマスクのマスク

とある方が作ってるのを見て
衝撃Σ(-∀-;)を受け


前にも少し書いたけど
100円ショップのフェルト生地と
タオルをホッチキスで
モジョモジョ(ノ´∀`*)💓して
作ったんだよね。
(#^.^#)

自己満だけどさ。(#^.^#)



最初は、失敗だらけで
上手くは作れなくてさ。(*≧∀≦*)


そんな、キルト生地で作ったマスクを
Instagramに載せたら


マスク作り職人さんのRAYさんと
知り合い。

伝説と牙付きを
僕用に作って頂きました!!

(*^▽^)/★*☆♪嬉しすぎるよ。


宝物だから!!
\(^o^)/









ほんと、タイガーマスクのマスクを
見ると童心に戻りますよね!(*^O^*)

うん!



男のロマン💓だ!!

(*^▽^)/★*☆♪(笑)





子供の頃に憧れたヒーローは
大人になった今でもヒーローです。
(*^▽^)/★*☆♪


佐山さんに一度逢ってみたいな。(#^.^#)






以上、今日は初代タイガーマスクの話でした!
\(^o^)/



今夜、三年ぶりに
生まれ故郷高知に
1人で帰ります。(*^.^*)






AD
皆様こんにちは!(*^^*)



ただ今、台風接近中につき
大雨でございます。(*≧∀≦*)
気を付けてくださいね。



その台風の影響で仕事もなく(笑)
暇なのでブログをまた更進したいと思います。



まずはじめに、少し
前回記事G柄時計を作る!!
の本分説明の訂正を・・・

水性スプレーを使って塗装した。
と、書きましたが

すいません(*≧∀≦*)
アクリル性のスプレーでした。





アクリル性スプレーが
ラッカー性より安い!!

ただそれだけの理由で使ったんですけどね。(笑)
仕上げのクリアだけ
水性使ったり
ラッカー使ったり
当たり前だけどラッカーの方が綺麗に仕上がります。



また、これも余談ですが
福島県喜多方市の二瓶さんには
個人的にいつもお世話になってるので

追加で製作し贈ったところ
大変喜んで頂きました。(*^O^*)





二瓶さんのお店にはたくさんの
布袋モデルギターが飾られてる中

布袋寅泰直筆サインの下に飾って頂けてるのがなんか嬉しい。(*≧∀≦*)

二瓶さん、ありがとうございますm(__)m





さてさて
では、本題に入ります!!(*^▽^)/★*☆♪


あのTシャツを作る!?とは、

もうご存知な方がほとんどだと思いますが
こちらをご覧ください。(#^.^#)




はい!
先日、関ジャムに出演した布袋さんの
Tシャツに注目!!ヾ(@゜▽゜@)ノ



そのTシャツがこちら!!



Twitterで、とある方が
布袋さんが着てたTシャツと同じのを
持ってる方がいて写真をアップしてたので

思わずスクリーンショット!!(o⌒∇⌒o)



で、色々情報収集してると


ヨウジヤマモトさんのブランド品と解り
お値段


なんと!!
v(・∀・*)



二万円!!
(*≧∀≦*)(///∇///)
キャー】


僕の1ヶ月分の小遣いなんですけど・・・
д<)(笑)



つうかさ、





ヨウジヤマモトファンの方はごめんなさい。
m(__)m




あれ?



これ、





『モジョモジョ
(*´ー`*)したら
作れるんじゃね?』



と、思って



アウトレットショップで
690円で買ってきたTシャツに


やるだけやっちまえ!!しますた。(笑)




この塗料さえ買ってくれば、
筆を使って誰でも簡単に書けます。











はい!
完成しました!!(*^▽^)/★*☆♪
(笑)





やれば出来るもんですね。(*^O^*)(笑)


皆様、チャレンジしてみませんか?
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


⚠あくまで
コピーなので個人で作って
個人で楽しんでくださいよ。m(__)m



そして、 
単純短気おまけにスケベ(笑)な僕は  

このTシャツを着て嬉しそうに
ギター動画を撮影。(#^.^#)





Instagramに載せたら
現在再生回数 約1,000回(*≧∀≦*)(///ω///)♪

こんなに再生回数行くのなら
もう少し練習してから投稿すりゃ良かったぜ。
♪(/ω\*)ダハッ(笑)




では、また!!(*^^*)



ライブハウス自宅からの

ライブハウス自宅リビング片隅(笑)です。
m(__)m
(G柄マグカップにひびが入ったのでペンたてに再利用)


よし、ブログ書いたから
今から昼寝だ!!(*^▽^)/★*☆♪(笑)


AD
皆様、こんにちは!(*^O^*)




ライブハウス自宅を卒業して以来
ギタリストパンサー450からすっかり




頂いた
日本酒をチビチビ呑みながら(笑)



自宅でモジョモジョ(ノ´∀`*)する
モジョラー!?

いや、



クラフトマン?(* ̄∇ ̄*)



いや、



単なる変態かも!?



やかましいわ!!(* ̄∇ ̄)ノ(笑)



になりつつある
パンサー450でございます。m(__)m(笑)




人って、変わって行くものなんですね・・・・


みたいな。(ノ´∀`*)(笑)アハ




さてさて、先日
Instagram、Twitter限定で
何気なく作って公開した
ギタリズム柄時計が
凄い反響でヾ(@゜▽゜@)ノO(≧∇≦)O




有り難い事にたくさんの人が






欲しい!!(*^O^*)


わたしのも
作って!!(*^^*)


お金出すから!!
(*^▽^)/★*☆♪』




と、言ってくれて




売って良いなら(爆)



ビジネス
チャンス!!
(*^▽^)/★*☆♪

と、言わんばかりに
モジョモジョしまくりますが



そんな事をするわけには行かないので
(*≧∀≦*)




さぁ!皆様!!
良かったら





『自分で



モジョモジョ
(ノ´∀`*)
しませんか?』




と思いついて
そのレシピを
ブログに書いてみようと思ったんです。
(*^.^*)

(小学生夏休みの工作レベルで
そんな大それたアレじゃないけどww)




内容は本文と重複しますが
見てない方がもし
いましたら?
こちらもどうぞ!(^_^)





レシピ公開の前に一言。

なぜこんな時計を自作しようと思ったのか?





今回の布袋寅泰ツアーグッツの時計
なんですが、



お値段




なんと!

『9,000円!!
O(≧∇≦)O




高いわ!!(* ̄∇ ̄)ノ』



逆に言うと、
これが3,500円だったら
きっと自作してなかったと思います。(笑)


で、

一番最初はそのオフィシャルグッツに
似た時計を家に昔からある時計で
モジョモジョ(ノ´∀`*)
して作ったんですが気に入らず
Amazon調べたら・・・・・





なんと!


『909円!!
(*^O^*)』


これを見つけた事により
僕の鼻息が
荒くなり

ヤル気モードスイッチが
全開になったのでございます。
(*^▽^)/★*☆♪(笑)








では、レシピに入りますよ。(*^.^*)



①土台の時計を用意
(オフィシャルの時計は直径が30センチなくて、ちょっと小さいです。

Amazonで買ったのは
30センチ以上あり大きいです。
大きい方が見易いのでお薦めです。)


②ネジを外して本体分解

大小2つの針と秒針をペンチで挟み
引っ張り上げて抜きます。
 
(⚠薄い鉄板なのですぐ曲がってしまうし
抜く方向に力を入れないで
ペンチ事態にギュッと力入れると
針が変形し穴が曲がり
後で入らなくなるので、
慎重に抜いてください。

曲がってしまうと、再度取り付けしたら
針同士が当り回らなくなります。(笑)
はい、僕、そんな失敗しますた。(///ω///)』






③塗装前の養生


サイド、
裏側もきっちりやっておく方が良いです。

(塗装が飛び散り大変な事になるので。
後に出てくる塗料が水性スプレーなら後から消せますがラッカースプレーはダメです

針の付いてたセンターの穴も養生してくださいね。)

④そして、
塗装!!
赤ラインのG柄にするので赤を塗ります。

外枠は黒に
大小2つの針は白に塗装
(秒針だけ無塗装のシルバーのまま)



水性スプレーが安いので
水性を使いましたが

綺麗に輝かす?なら
ラッカースプレーでも良いと思います。

何回か重ね塗りして乾いたら・・・


⑤マスキングテープでG柄を作って行きます。
出来るだけ凹凸のある数のとこを外して
マスキング。




このG柄を
マスキングテープで作って行くのが
一番難しい?かもしれませんね。(*^.^*)

僕は9ミリのマスキングテープしか家になかったので
重ねて11ミリ?くらいにして
太いラインにしてます。

その辺はほんとアバウトです。

で、
ここで一番問題なのは!
⚠ このAmazonの時計の数字版は
盛り上がってて段差があるんです。

つまり、普通にマスキングテープ貼ったら
その段差に隙間が出来て塗装が
間違いなくはみ出します。(TT)(ToT)



なので、段差に合わせて、何枚が重ねて貼ることが大事です。
(そうやっても多少は塗装がはみ出すんですけどね。(ノ´∀`*))


⑥そして、上から黒を塗装します。
(塗料が垂れたようにならないよう
適度な距離を保ちながら
まんべんなく
塗料を吹き付けます)


これも何度か重ね塗して丁寧にやります。

⑦ 乾くのを待ってる間に
本体の枠フレーム(こちらも黒に塗装した後)
を、G柄テープで巻いて行きます。









水スプレーをかけながら貼ります
(何度でも貼り直しがきくから。)

4分割に別けて貼る方が貼り易いです。
余った部分は中に折り込み貼ります。


⑧そして
本体のマスキングテープを剥がします。




⑨次に数字を塗ります。

つまようじの先で
順番に白をチョンチョンと塗り

筆を使い数字を塗ります。




塗料は全て
100円ショップの工作用水性塗料です(笑)


⑩さらに、細かいタッチペイントをしていきます。(塗料のムラやミスの手直し作業)





これもつまようじの先で
モジョモジョ(ノ´∀`*)します。


最後に
⑪クリア塗装
(クリア塗装だけは、綺麗に仕上がるだろ?とラッカースプレーを使いました。



乾いたら


⑫取り外した塗装済の
パーツを組み込んで行きます。




ワンポイントでセンターに

これも予めネットから引っ張てきて
縮小させプリントアウトした
小さな赤いギタリズム柄シールを貼り・・




⑬外枠をハメて
電池入れて動作確認出来れば
完成です!!(*^▽^)/★*☆♪



2日あったら充分出来ますよ。(*^O^*)



オフィシャルグッツの
9,000円する時計も

良いけど、


900円で作る


自作品のギタリズム時計もなかなか
良いもんですよ。(*^^*)



お時間ある方はぜひチャレンジしてみてください!( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


では、また!(^_^)v


【追記】
すいません。訂正箇所があります。

ベースとなってる塗装の缶スプレーは
水性じゃなくて、アクリル性スプレーでした。
(*≧∀≦*)

AD