1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-24 01:01:03

ふらり、メキシコ その5 カリビアンリゾート・カンクンへ

テーマ:メキシコひとり旅

旅行あるある。

 

朝、妙にぱっちりと目が開く。

 

今日は6時に起き、早々にチェックアウトし、朝いちのレストランで優雅にワインなぞを飲みながらメキシコ料理を愉しみ

 

お世話になったホテルの方にお礼を言って、軽やかにカンクンへと旅立つのだ、と予定を思いうかべる。

 

窓からは燦々と陽が差し込み、今日も暑くなりそうだなとぼんやりと思う。

 

えっ。。。

 

なんでこんなに外が明るいんよ! 

 

慌てて時計と見てびっくり、8時15分!! なんと空港に着いてなきゃいけない時間だった! 

 

その後過換気症候群になりながら荷物をまとめ、よし行くぞぉなったら今度はパスポートがない!汗

 

荷物をひっくり返しても見当たらず、20分後に、昨夜の外出時に隠しておいたバック内ポケットがパックリ開いているのを発見・・・・

 

盗まれた? でもそんなガラの悪いホテルじゃないし、けどパスポートがないのは事実。泣きそうになった。

 

警察は面倒だなぁと、ため息を48回ついてから、ともあれフロントに電話したが、盗まれたかもなんて言い出せないから

 

コール中に電話を切って、もう一回スーツケースをひっくり返し、全てのポーチを開けてみたら、なんとあったぜパスポート

 

クスリ入れの中から出てきた! それにしても何故にクスリ入れ・・・・

 

それからはスパイ映画の主人公よろしくジェットコースターのように空港へ。

 

よく思い出しても、アラームをセットしたかも、消してしまったのかも定かでなく、なんでクスリ入れに入れたのかも全く覚えてない。

 

最近は物忘れがひどくて、そのうち自分の名前も忘れちゃうかも知れないが、そんな時は優しく教えてくださいね

 

ジェームスってニヤリ。

 

空港に到着。出発まで45分。自動チェックインでスムーズに事が運びそうなのでひと安心した。

 

さて、メキシコシティ国際空港はさすが都会で、乗り継ぎのダラスと同じチェックインの機械かと

 

カメラに向けて顔写真を撮ろうとしたが、どうも上手く作動しない。

 

変だなーダラスではうまくできたのにって思っていたら、中年男性が笑いを堪えながら近づいてきて

 

「セニョール、ちがうよ、そのプリントのバーコードをこのカメラにあてるんだよ」と教えてくれた!!!!!!!!!!!!!

 

田舎者ぶりを豪快に発揮してしまった自分が可笑しくて、大笑いしてしまうと、男性ももう堪えきれずに大笑い笑

 

この時、係の女性が走ってきてどうしたと訊くので、事の顛末を身振り手振りで伝えると

 

女性もあははと笑い出し、なんだかめっちゃ素敵な旅立ちとなったのでしたOK

 

 

カンクンへは予定通りに到着。降りた瞬間の空気がもう常夏。

 

ホテルゾーンへのタクシーはチケット制で、たくさんあるタクシー会社のカウンターから好きなのを選んで料金を払う。

 

シティのドライバーから「カンクンはタクシーが高いぞー1000ペソするぞー」と教わったけど、実際は680ペソくらいだった。

 

 

ホテルの部屋からの眺めOK



ホテルは半島の先っちょ、 「クリスタル グランド プンタ カンクン」LOVE

元ハイアットの素敵ホテル。けど他の高級ホテルに比べると信じられないほどコスパが高いのです。
 

なにしろカンクンはオールインクルーシブの滞在型のホテルが一般的で、しかもめっちゃ高級だらけだけど

 

予定では現地ツアーにも行くし、夜は夜遊びだし、ホテルは単に泊まるだけになりそうだったので

 

インクルーシブなしのプランで、その分広い部屋に泊まりました。

 

クラブアクセス付きのスイートキラキラ

 

かなり広いリビング

 

トイレもバスルームもクローゼットも二つづつありました。

 

 

一人なら充分すぎる広さのお部屋でした。贅沢過ぎたかもねむふっ。

 

 

 

カリブ海を眺めながらシーフードのタコスとビール。最高ですハート

 

まずはピラミッド登りでパンパンなった足の疲れを解消すべくSPAを探しに街へ出た。

 

カンクンの通りはそこいら中に観光案内&呼び込みの人がいて、何かと声かけられる。

 

その最初の人に「このへんにSPAある~?」と訊いたら、友達のお店を紹介してくれた。

 

でその店で80分コースだったかな、ディープティシューコースで強めに揉んでいただいた。

 

終わったら夕方になってた。

 

さて飲みに行くべぇと繁華街まで繰り出したLOVE

 

カンクンは別名クラブの女王とよばれているらしいから、何しろそのクラブとやらへ行かねばならないGOOD

 

 

意外と真っ暗な通りにATMがふつーにあった。そういえばカンクンの治安に心配はないそうです。

 

 

ここへ歩いて行けるので半島の一番先のホテルを選んだ。

 

 

まず目指すのは「ココボンゴ」というクラブですGOOD

 

 

開店前から長蛇の列、聞きしに勝るクラブっぽい・・・・

 

 

その前にテキーラでも飲むかと三階のカフェへ

 

 

夜風が気持ちいいバーLOVE

 

 

コチニータビビル。豚肉が食べたいとリクエストしたら勧められらた。

 

今調べたら、豚肉をオレンジソースに漬けてバナナの皮で蒸し焼きにしたものだそうです。

 

特に味は記憶にないけど、腹ぺこなのにこれだけかーってそれは良く覚えてる笑

 

これにチャチャローンという豚の皮の唐揚げがついてきましたが、こちらのチャチャローンは何かの花を揚げた

 

モノで作っているのだと、シルビアちゃんが教えてくれた。それがピリ辛でビールの進むことハート

 

しかしだ、ビール二杯とこれで約3000円!! 恐るべしカンクン、物価が跳ね上がってるニヤリ。

 

 

そしていよいよココボンゴへ突入ムキ

 

まずは店の前でうろついている係の人にチケット売ってーと声をかける

 

料金は3つだと説明を受けたが、チラ見したガイド本には一番安い席の値段しか書いてなかった

 

(もしくは読み飛ばしたか)ので、ボラれてるかどうかなんか分からないまま、真ん中の席を買う。

 

95ドルだったかな。VIP席の立ち見だそうだ、シートがあると125ドル、まずは真ん中でOK。

 

店内に入ると腕を見せろというのでまた検札かと思いきや、違うよ握手だよーと笑われたニヤリ。

 

いいから楽しんでいけよーみたいなノリでスタートLOVE

 

 

フリードリンクだからセニョールなんでも注文して~と素敵な兄さんキラキラ

 

 

マルガリータ、じゃんじゃん呑みました笑

 

 

充実のショータイムでも盛り上がGOOD

 

 

もちろん踊りまくるぞダンスタイムニヤリ。

 

動画もどうぞーOK

 

一階はバーもフロアもひどい混みよう。高かったけどVIPにして良かった・・・・

 

 

何しろ盛り上がって、本当に楽しいハート

 

それはそうと噂のあれは来ないけど、どうしたのかな~なんて思ってたら、ついにやって来ました。

 

テキーラガール登場萌萌萌 カメラを向けた途端にキメ顔、今どきの子なんだね四つ葉

 

東京ドームのビール売りの女の子みたいな感じで、場内にテキーラを売りに来る女の子達がいて

 

彼女らのことをテキーラガールと言うそうだけど、動画を撮っていたらいきなりやって来て「テキーラ飲もうよー」ってもうノリノリキラキラ

 

プラスチックのショットグラス一杯100ペソ(約600円)でお誘いだニヤリ。

 

勿論断ることも出来るのだけれど、一人だし話し相手がいた方が断然楽しいに決まってるので、そりゃ呑んじゃいます笑

 

他の客は大抵グループだし、ましてや元々がフリードリンクなので、それほど見込み客がいるわけでもないのだろうけど

 

それでも気に入られたみたいで、ほぼ接客というべきか、カモられたというべきか(笑)何しろかまってくれたので

 

一人旅の旅行者にはありがたいお嬢さん達でした。で、彼女らとテキーラを飲みまくって、さんざん騒いで

 

ショーに出演するダンサーさんまで紹介されて、握手して、ハグして、一緒に酒を飲んで、ショーを見て

 

一緒に踊って、なにしろ楽しかったOK もうココボンゴだけあればいいじゃんカンクン、ってマジで思った笑

 

で、相当呑んだのはいいけれど、今日は様子見だし、ライカを持ってきて酔いつぶれてもいけないので

 

そろそろ帰りまーすとパルマちゃんに玄関まで送ってもらってそのままホテルへ帰った。

 

結局朝2時まで遊んでたむふっ。

 

 

 

 

シティとちがって、なかな上手くスタートしたカンクン初日でしたムキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-04 00:20:50

ふらり、メキシコ その4 テオティワカン遺跡

テーマ:メキシコひとり旅

 

本日の予定は遺跡見学と美術館巡り、そして市場へも行きたいと盛りだくさん。いの一番で朝食をすませ、早速バス停へと向かう。

 

 

ガラガラのレストラン、朝食は数種類から選ぶスタイル。もちろんメキシコ料理をチョイスしましたキラキラ

 

 

名前を書き忘れたけど

 

要はトルティーヤにサルサとチーズをドバッとかけて上に薄切り牛肉の焼いたのをのっけた料理ニヤリ。


早くも明日の朝食が楽しみになるほど美味しかった。メキシコ料理大好き。常にビールが吞みたくなる笑

 

 

 

 

早朝のソカロ。ホテル前でタクシーを待つが全然来ない。。ホテルタクシーは高すぎて乗る気にもならない。

 

 

やっと捕まえたタクシーで街の北部にあるバスターミナルへあひる

 

 

メーターを使えと交渉するも、マイ料金表を手に「定額だから」と一歩も引かない陽気なドライバー・・・・

 

多少高くてももう待てないので渋々OKした。

 

そもそも定価がいくら位なのか分からないからまともに交渉できるはずないニヤリ。

 

 

テオティワカン行きは一番端っこのブース。遺跡の絵が描いてあるので分かりやすいですGOOD

 

可もなく不可もなく的なバスでした。

 

座席突くと係の人がチョコレートを配ってくれたが、後で食べようと隣の席に置いておいたら、すぐさま回収されてしまったガクリ

 

すぐにバッグに入れるべきでしたニヤリ。

 

 

さてバスは出発バス 

 

市街から郊外へ向かうと、にわかに道路がこみだした。高速道路の料金所かな、なんてぼやっとしていると

 

突然、バスが後輪を鳴らすほどの勢いでUターン汗 元来た道を全速で戻り始めた汗

 

この時、僕の中で小さな左門豊作が目を覚まし、どげんしたとですかーッ! なんばしよっとですかーッ!と大声で叫びだしたから

 

まぁ左門落ち着け、と僕は彼を宥めた。そのうち説明があるからわいわい騒ぐなと。

 

すると案の定、後部に座っていた登山者風の女性がサササッと運転手に近づき、何やらスペイン語で話し合ってから

 

また後ろに戻ってきて、今度は英語で誰かに説明しだしたから、きっと彼女は団体客のガイドさんなのだろう。

 

「みなさんこのバスは時間通りに到着することが不可能になりました。でも大丈夫、ピラミッドにはいけます」

 

と、めっちゃ大ざっぱ笑 説明を受けた客達も何も質問をしないから、原因は分からず・・・・

 

ともあれ、到着が大幅に遅れるっぽい。昨日に引き続き今日も遅れかぁーと、左門と二人で肩を落とした。

 

でもさ、ここでじたばたしても仕方ないので、時間は気にせず、念願の遺跡を愉しむことにしたGOOD

 

 

バスを降りて歩いて行くとチケット売り場がある。陽気な姉さんが手を振ってくれたあひる

 

 

入り口付近には数軒の帽子屋さんがあった。

 

 

 

メッチャ暑いので、麦わら帽子を一個買ってみた。

 

 

帽子屋の奥さんキラキラ

 

 

入ってすぐのところ。恐竜だか鳥だかの鳴き声を出す笛を売る人が沢山いて、静寂の中に奇妙な古代感を醸し出していた。

 

 

至近の神殿をパパッと観てから太陽のピラミッドを目指す。

 

 

めっちゃ広い。。

 

 

その前に、博物館に寄ってみる。

 

 

 

 

 

UFOっぽい出土品がたくさんあってなかなかよかったGOOD

アジアの遺跡とはまたひと味違うよね~あひる

 

 

 

 

いよいよ太陽のピラミッドへキラキラ

 

 

階段が急なのでちょいちょい休みながら登る。

 

 

途中で目眩がして、おじさんは日陰で休憩しました汗

 

ジムで身体は鍛えているし、ハーフマラソンも参加してるし、体力に不安はないんだけどなーなんて思ったら

 

うっかり忘れていたけど、メキシコシティって標高が高いんですよね・・・・

 

ひとりだし、体調悪くなったら面倒なので、焦らずゆっくり階段を上りました。

 

見事な一本道

 

 

頂上は絶好の撮影スポットハート みなさん思い思いに記念撮影をしていたキラキラ

 

この人よくこのスタイルで登ってきたなー笑

 

 

このあと、男性の方にシャッターを押してくれますかとお願いしたら、私たちは時間がないのよ!ってこの女性に怒られたw

 

本気の撮影だったのかな~むふっ。

 

 

この後は死者の道を通って月のピラミッドへキラキラ

 

 

月のピラミッドでは、瞑想している人が沢山いたあひる

 

 

死者の道の突き当たりにあるので「気」がぶつかるのかな、なんとなく瞑想がしたくなる雰囲気のある場所でした四つ葉

 

因みに、下の広場の四角い台座(写真男性の右膝のあたり)で拍手をすると、やまびこならぬ遺跡びこがして

 

自分の拍手が反響する、みたいなことを団体観光客さんらが体験していましたよ。
 


1回余計に叩いたニヤリ。

 

 

たっぷり3時間ほど遺跡を堪能して再びシティへバス

 

 

帰り道。まさかこんなところで悪魔に出会えるとは思わなかった。胸の文字の意味はあえて訊かなかったむふっ。

 

 

帰りはほんの一時間ほどでシティに到着。バス停からソカロまでは定額のチケットタクシーを利用。

 

行きのより60ペソも安かった・・・・

 

で、このタクシー、ソカロ付近で大渋滞になったところで

 

ソカロはもう近くだからここから歩いた方がいいよって事になり、途中で下ろされた。

 

巨大なクリスマスツリーが見えたから、あああそこねーっと歩き出したけど、これが結構遠かった。

 

昼ご飯はまだだったし、あー早くビールが飲みたいなと思っていたら、たまたま昨日のタコス屋さんの前!

 

もう即座に入店しました。今日も満員、だた昨日の席だけ空いていたので、片手を揚げてここ座るからアピールのち着席LOVE

 

店先で焼いていた鳥の丸焼きの半分を注文ハート

 

今日もビールを二本飲んで700円くらいだった。お味の方は、期待していたほどでもなかったな、悪くはなかったけどあひる

 

ホテルへ戻りシャワーを浴びて、もう閉館間近だけど一目だけでも壁画が観たいと、ソカロ前の国立宮殿へ向かう。

 

 

 

人混み縫ってどうにか入り口に行ったけど、もう時間だからと入場拒否に・・・・

 

他の観光客も次々と来るけど、問答無用で拒否られていたので、こりゃダメだと諦めた。

 

そんなわけで結局、国宝級の壁画をひとつも観られぬままシティの滞在は終わったのでした。。。

 

非常にもったいないうあーーーん

 

こうなれば、なにかひとつだけでも観てみたいと、なんでも近未来的な図書館があるというので

 

急いで人力車で向かうも、それがまさかの普通の図書館で、よく見れば国立と私立を間違えて来ちゃったらしい・・・・

 

オシャレに見えるけどインドのリイシャーと同じ全くの人力。渋滞なので乗ってみたけど、高かった・・・

 

 

トボトボ歩いて隣のシウダデラ市場でお土産を物色しようとするも、ここも閉店間際でほとんどの店はシャッターを下ろし中という悲劇ガクリ

 

ここ、面白い民芸品やビビットな織物とか、奇妙な置物やら、何かと楽しい市場なのに。。無念じゃ・・・・

 

しーちゃんのお人形だけしっかり買いましたあはは。。。

 

その後はタクシーを探しまくって歩き疲れ、ようやく見つけた流しのタクシーでホテルに帰ったが

 

その危険だと言われている流しのタクシーがちゃんとメータを使ってくれて、ホテルに着いたらビックリするほど安かったので

 

あえて繰り返すけど、本当にビックリした笑

 

今までの乗り物料金っていったいなんだったのよと愕然としました。ガクリ

 

 

 

ホテルで休息後、一日中歩き疲れて足がパンパンだったので、マッサージへ行こうとしらべたら

 

昨日夜回りした、ソナロサにコリアンタウンっぽい一角があり、そこに韓国マッサージが何軒かあるというので

 

ホテルタクシーでソナロサへ向かい、繁華街中を歩くも、そのコリアンタウンが全く見つからず

 

たまたま見つけたキレイめ系マッサージ屋さんに飛び込むも「今日はもう閉店」と断られ、ついに心が折れたガクリ

 

で、NHメキシコシティホテルの前でタクシーに乗り、ドライバーさんに事情を話すと

 

あぁコリアンタウンはだいたい潰れたよと衝撃的な事実を伝えられた笑

 

でもどこかに代わりの店があるでしょーと訊ねると、街のどこかにはあるだろうけどわたしは知らないと言われ

 

とてもいい人なのか、友達にまで電話してくれたけどやっぱり分からないというので、自分は明日からカンクンだから

 

向こうでスパに行くよと答えると、それからはカンクンのお薦めスポットをいくつも教えてくれた。

 

ホテルに到着後、さて夕食だと街へでると、何故だか分からないが、レストランが全て閉まってる。

 

まだ10時だぜ、と歩き続けるも、ホテル周りにある200~300軒のレストランが全部閉まっていた。

 

コンビニもアウトだ。そのときやっと気がついた、今日はなにか特別な休日なんだと。

 

俺はシティに来ていったい何をしているんだと、もう笑い出したくなるほど彷徨っていると

 

突然巨大なクリスマスツリーが光り出し、素敵な音楽にのせながら光のショーが始まったのだった!!


 

なんか素敵なタイミングだったな。みんな幸せそうだったしLOVE

 

この後、シャーターを下ろしかけのマクドナルドを見つけ、まだいけるー?! と訊いたら大丈夫との返事GOOD

 

ただ店のお兄さんどうも英語は話せないらしいから注文はスペイン語になる。

 

テイクアウトの言い方が分からなかったし「ホテルの部屋で食べたいのだけど出来るかな?」と訊くも

 

兄さん曖昧に首を傾げるだけで、なんともはっきりしない。あはは。。。

 

マックといえばここで食べるか持ち帰りか訊くんちゃうの?? とこちらも不思議だったけど

 

大丈夫? 分かる? と訊いても兄さんは曖昧な感じ。。。。

 

で、バーガーが届くと案の定トレーに載せてあるので、ちゃうちゃうちゃうよ兄さん、あれあれとテイクアウト用の紙袋を指さすと

 

やっと明るい顔になってことを進めてくれた。

 

 

マックの写真を撮っていたらめっちゃ笑わってくれた素敵カップルハート

 

 

で、部屋に帰り、無事に夕食。

 

 

ビールは前日に買っておいたハート

 

 

今日もさんざんな日だったけど、明日はホテルの美味しい朝食を食べて

 

優雅にカンクンへ向かおうと、心に決めたシティ最後の夜でしたLOVE

 

 

 

結局何も出来なかったメキシコシティ。壁画と博物館と、近郊の街への小旅行は近い未来に必ず再訪問しようっとキラキラ

 

 

 

と、帰国して2ヶ月くらいしたある日のこと、急にあのマクドナルドの店員さんのことを思い出して、ふと気がついた。

 

僕はあのとき、スペイン語で「わたしはホテルの部屋で食べたいです。それが出来ますか?」と訊いたのだけど

 

前置詞をいれるのをひとつ忘れていたから、たぶんお兄さんにはこんな風に聞こえていたのだと思う。

 

それは「わたしはホテルの部屋を食べたいです。わたしにそれが出来ますか?」って笑

 

そう思うと彼のあの怪訝な顔が蘇ってきて腹を抱えて笑いたくなる。

 

きっと彼は思ったに違いない。

 

「この日本人、いきなり部屋を食べたいって、いったい窓から食うのか、扉から食うのか

 

そんなこと出来るかって笑顔で俺に訊かれても・・・」ってね笑

 

 

 

 

 

次回カンクン・新婚さんに囲まれてツアーに行った編へつづく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-11 15:40:24

ふらり、メキシコ その3 メキシコシティへ

テーマ:メキシコひとり旅

 

グアラフアトからレオン空港飛行機

 

 

エアチケットはメキシコのLLC会社「interjet」社で日本から予約しておきましたフラ

 

バスでシティに向かうことも可能でしたが、昼から5時間となると丸一日つぶれてしまうので

 

時間の少ないウィークリートリッパーとしては遠慮するほかはなかった。ローカルな風景も捨てがたかったけどね。

 

さて早朝30分遅刻したタクシーで空港へ到着。2時間前には来るようにとルール付けしているにもかかわらず

 

カウンターに空港会社のスタッフは誰もいなかったガクリ 

 

で、ようやく手続きが始まると出発が3時間遅れる旨を告げられた。

 

遅延は仕方ないので、朝吞みで待機することにてへ

 

 

ウエボス ランチェロスGOODGOOD

 


朝食はこれを食べなさいと昨晩ポールさんに勧められた料理を早速見つけた。

 

 

 

 

トルティーヤに目玉焼きをのっけて赤と緑のサルサをかけましたって料理ですけど

 

朝からメキシカンって最高じゃんって味でしたキラキラ

 

ただビールを飲んでるヤツなんて誰もいなくて、それもそのはず、実はこの空港が恐ろしいほど寒くって

 

1時間くらいのフライトだからと上着をスーツケースインしてしまった僕はこの時歯が鳴るほど凍えきってしまった。

 

中に入れば暖かい場所があるかなとセキュリティを抜けると、運良くラウンジがあった。

 

受付で話しを聞くとプライオリティパスが必要だとのこと。

 

持ってるもんね~とカバンを探すが、ない。どうやら財布ごとスーツケースに入れてしまったらしい。

 

寒いのはもちろんだけどこれから世界有数の犯罪都市(と噂の)街へ行くというのに

 

全財産&カードを入れっぱなしってヤバくないか!?

 

となり、搭乗カウンターへ逆走して、スーツケースを返してもらい、上着と財布を取り出し

 

再手続き後改めてラウンジでビールを吞んだ。

 

結局飛行機は6時間遅れ汗 結果8時間も空港で足止めを食ってしまった。

 

なんだ、バスの方が早かったじゃん的なオチガクリ

 

 


メキシコシティの空港からホテルへはチケットタクシーで向かったが、今度は暑くて暑くて笑

何しろ評判の悪いシティのタクシーだけど、無事にホテルへ到着した。 けどもう夕方。

シティの観光を二日間予定していたが丸一日つぶれてしまったので、もう明日に賭けるしかないブー



ホテルはGran Hotel Ciudad De Mexicoが

旧市街ソカロに隣接する歴史的なホテル。

どうしてもここに泊まりたかったのでエアチケットと一緒にエクスペディアで早期予約しました。

 

 

 

このホテル、何と天井がステンドグラス萌

 

 

ワインをいただきながらのチェックインハート

 

 

 

レセプションにくれば何時でもこのスパークリングワインが呑めるということでした。実質飲み放題ステキ2


朝食つきエグゼクティブ・スイートが税抜き17,000円と格安でしたおんぷ

 

 

案内されたのは窓からソカロ地区が一望できる「たくさんある中でも最高の部屋のひとつ」だそうだおんぷ

 


が、せっかくの歴史的地区がニューイヤーイベント会場になっちゃってるけど笑

ともかく飯だ、夕飯だ、ということで、ポールさん夫妻お薦めのタコス屋さんへ向かった。

検索すると同名店がわんさかでてきたけど、たぶんここであっていると思うむふっ。

 

 

 

Taqueria Tlaquepaque うん、読めませんむふっ。

 


 住所:Avenida Independencia 4, Cuauhtémoc, Centro, 06000 Ciudad de México, CDMX, メキシコ

店先にも香ばしい匂いが立ちこめてもう我慢できないくらい素敵なお店でした。

店内は地元の人で一杯、こういう雰囲気が大好きハート


超満員GOOD
 
ひとつだけ空いていた席を指さし「オレここ座るから」ゼスチャーで了解を得てサクッと席取り成功
むふっ。

肉焼きおじさんの後ろの席!

 

店内のあちこちがオープンキッチン。いい匂いが充満しすぎ笑

 

 

オープンキッチン見学フラ

 

 

で、ポールさんお薦めのタコス・アル・パストールおんぷ

 

 

 

これのタコスっぽいですGOOD  詳しくはここ ⇒ 人様の記事

 

 

中東のケバブっぽい肉のタコス。サルサを思う存分かけて! これなら何杯でもビールが飲めるおんぷ

 

 

コロナ二本とこのタコスで約750円ハート 素敵だ。メキシコ、素敵だ。

 

 

 

背中で肉焼きおじさんの作ってるのもめっちゃ美味しそう。

 

なんて料理なのと訊いたら、カルニータス・セルドだよって教えてくれたおんぷ

 

豚バラ肉をジュウジュウ鉄板焼きにして、同時に脂の焦げる匂いが立ちこめてくる。

 

この匂いだけで丼二杯の白飯が食べられそうだったピース

 

グアラファトで食べ損ねた鶏の丸焼きもあるし~~ハート

 

 

彼女が焼いてるのも何だか分からないけど美味しそう!

 

 

もう他のレストランは行かなくていいやレベルに気に入ってしまいましたてへ

 

 

酔っ払ってのお散歩はとても楽しい。

 

オシャレな街並みキラキラ

 

 

至る所に警官さんが立っているおかげで安心して歩けました四つ葉

 

ワンちゃんもパトロールGOOD

 

ソカロ前の信号待ちの人々ピース

 

 

現地で暮らしている方のブログで、この地区では一眼レフで撮影するのは危ないので私はいつも小さいカメラで

 

という記事を読みましたが、僕は特別この地区が危ないなんて気配は感じませんでした。

 

まぁ海外なのでひったくりくらいは出るでしょうが

 

そこらの路地に麻薬中毒者がゴロゴロ寝ているわけでもない、始終サイレンが鳴り響いているわけでもなく、悲鳴も聞こえない

 

それどころか、警官が沢山いるのでむしろ安全に思いましたけど。

 

ガイドブックには、流しのタクシーには乗らないように、と書かれていたけど、バルバラさんに言わせれば

 

私たちはそのリブレしか乗らないわよって怪訝そうでした。

 

ポールさんはメーターを使わないヤツがいるから気をつけろって言ってたけど

 

それはどこの国でも一緒だしと確認し合ったくらい、治安に関してはまぁそれほど気にしなくてもいいのじゃないかと感じた。

 

 

特設スケート場は大賑わいフラ

 

夜も10時くらいまで普通に小学生くらいの子供達が歩いていたあひる

 

 

 

 

この後、ソナロサという繁華街まで夜回りに行ったけど

 

そこも警官が沢山立っていて、特に夜の一人歩きが危ない感じはなかった。

 

さすがにカメラを首から下げないし、タクシーも安全な、しかしこっちの方が怪しいかも

 

というくらい高いホテルタクシーでの移動したが。

 

因みに、首から一眼レフをさげてソナロサを夜に歩くと

 

翌朝ばらばら死体になって道路に転がっているってネットで囁かれてたけど・・・・

 

冗談はともかく、女性警官も暇なのか、口笛でこちらを振り向かせて同僚とゲラゲラ笑ってたくらい笑

 

治安に関しては普通に注意するくらいで、夜歩きも愉しみましたおんぷ

 

 

 

 

といわけで、飛行機の遅延のせいで街歩きしか出来なかったメキシコシティ初日でしたガクリ

 

 

 

 

 

 

 

ピラミッド編へ続く。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。