ようこそおいでくださいました!ツギハギ切断劇場管理人のカトショウでございます。
当ブログはトイ紹介だったり落書きを上げたりボカロ聴いたりする雑多なブログです。
リンクフリー、相互リンク歓迎してます。
どうかよろしく。

代表作:サイドウェイズ

テーマ:

今日はもう一つ記事を書いてます。武装神姫です。よろしく。


この記事はジョジョ、西尾維新、刀語、舞城王太郎、九十九十九、ディスコ探偵水曜日を含みます。と言えば周りの人も読んでいただけるかな。お時間いただきます。

さて先日(だいたい三週間くらい前)、清涼院流水の『カーニバル』『カーニバル・デイ』を読み終えました。なんと大学の図書館にあったのです。カーニバルシリーズ
一作目『カーニバル・イヴ』はどうしてかありませんでしたが、あれがほぼ日常回というのは風の噂で聞いているので、とりあえずはいいかな。以下ネタバレあり。ここの読者は興味無いかもだけど、読んで。



知らないひとにざっくりあらすじ;JDC(日本探偵倶楽部)本部ビル、爆発!世紀の「犯罪オリンピック現象」が始まった!一瞬にして次々と破壊される世界各地の名所、正体不明の熱病「アライヴ」、世界中で推理小説級の凶悪犯罪が増加、毎日400万人もの人間が死亡!!!裏で暗躍する巨大秘密結社「RISE」と、組織の擁する巨人「ビリオン・キラー」のトリックとは!?爆発と共に消えた総代・鴉城蒼司。ついに暗殺された超絶メタ探偵・九十九十九。世界中に散らばった名探偵たちは、崩壊しかかったJDCは、人類の絶滅を止められるのか…!?



さて感想ですが。それ以前のJDCシリーズ『コズミック』『ジョーカー』ではまだまだミステリの奇書としての色合いが強かったのに対し、こちらの真相はほぼ完全にSFになってました。さすがにスケール大きすぎて最後自供だったし。いや、人類にそんな能力無いから…

最後の最後、人類崩壊の鍵を握る謎と人物が、萌えキャラ(90年代当時はもちろん現代でも通じるレベル)だったし。恐ろしい。



しかし読めてよかったですよ。かの西尾維新と舞城王太郎がどんだけこの『カーニバル』から影響受けてるか、よくわかりました。

舞城は二作目の『暗闇の中で子供』で名前を出したことから始まり、JDCトリビュートであり舞城ミステリ、舞城文学の傑作『九十九十九』にもしっかりと骨子として生きている。そしてかの最高傑作『ディスコ探偵水曜日』では、根底で語られる世界観が『カーニバル』と全く同一であるという、お前どんだけ影響受けたんだかっわいいなぁという事態に。

西尾維新も、過去作品全体としては影響は薄いものの、かつて清涼院流水の『パーフェクト・ワールド』と共に講談社BOXで12か月連続刊行された『刀語』、あれにかなり影響が見受けられました。だって…あれ…いくら他の現代SFでも使い古された手法とはいえ…四季崎と変体刀、完全にビリオン・キラーのトリックまんまじゃん!

どんだけ一緒に仕事出来たのが嬉しかったのよ!清涼院護剣寺じゃ足りなかった!?いやいやいやいやかっわいいな!

余談ですが、無関係なのに発生した若干の奇跡として『ジョジョ』6部との奇妙な類似があります。どうして取り上げるかって?西尾維新も舞城王太郎もジョジョのノベライズしてるから。それぞれ少しながら影響受けてる、影響受けざるをえない部分が散見されました。ただ、どちらででも取り上げるべきジョジョとカーニバルの共通点が完全にスルーされてたのがちょっと残念。おい。

でも両方の作家(西尾維新と舞城王太郎、清涼院流水と荒木飛呂彦)がこれでより好きになりましたね。吹き荒れるオマージュの嵐、溢れ出す敬愛。最高。彼らが好きでよかった。


AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。