沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:
ジャズ版オキノ・ジャパンの
ツー・トップは、
トランペッター類家心平と
サックスの栗原健。

栗原君は
セントラル

マウンテン・モカ・キリマンジャロ
加入
という経歴の持ち主なので
所謂
ジャズ・シーンで
その名は
まだ浸透していないかもしれない。

しかし!
侮ることなかれ。

彼こそは
上昇気流に乗る男。

今から4年前、
JAZZ COLLECTIVEのライブで
演奏する栗原君を観て
何かが
彼の中で
起こっている事を発見した。

それまでも、
Kyoto Jazz Massive Live Setで
ホーン・セクションに
参加してもらっていたはいたけれど
ジャズマン
というよりも
サックス担当
という感じで起用していたのだ。

ところが
その日のライブでは
JAZZ COLLECTIVEを
乗っ取る位の勢いで吹きまくっていた。

何が
彼にあったのかは知る由はないが、
終演後、
彼は僕に
「ちゃんと
ジャズ
やりたいんですよね」

と言った。

その2年後、
僕は
パナマから
カルロス・ガーネットという
サックス・プレーヤーを
Tokyo Crossover/Jazz Festivalに
出演してもらう為に
日本に招聘した。

ファラオ・サンダースの
"You've Got To Have Freedom"、
ロニー・リストン・スミスの
"Expansions"と並ぶ、
クラブ・ジャズ3大名曲の内の一つ
"Mother Of The Furture"の
作曲者でもある
カルロス・ガーネット。

しかも、
マイルス・デイビス

アート・ブレイキー
との共演でも
知られる伝説的存在。

栗原君は
その
カルロス・ガーネットから
直接
個人レッスン

受けている。


僕の自伝にも書いたけれど、
The Roomで行なわれた
TCJFのアフター・パーティーでの
ジャムセッションの最中に、
遊びに来て頂いたカルロスが
ファンと歓談していたにも関わらず
栗原君が奏でる音をするや否や

「これは
俺が教えた
奏法
じゃないか!」

と立ち上がり

「クリーッ!
クリーッ!!」



叫びながら
人混みを掻き分け
フロアーに飛び込んでいったことが
今も
忘れられない。

現在は
栗原健カルテットという
自己のグループでも
積極的な活動を繰り広げている
彼は、
ひょっとすると
マイルスの
そして、
アート・ブレイキーの、
勿論、
カルロス・ガーネットの
DNAを
継承している!

かもしれないのだ。

Kyoto Jazz Sextetのライブでは
菊地成孔さんと
曲によっては
ツイン・テナーで
吹いてもらう事も考えている。

いずれにせよ、
彼の真価が
今週のビルボード大阪、
そして、
東京ジャズで
問われる事になるだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
須永辰緒さん、
松浦俊夫君、
そして、
僕、
沖野修也。

このクラブ・ジャズ3人衆を
人は
黄金の3人?

呼んでいます。

と言いますか
ある意味
ユニット名ですね。

毎年
Moet & Chandonさんのご協賛により
"浴衣でMoet"
というイベントが行なわれているんですが、
その集いといいますか
会にですね
出席?
する際に
我々は
黄金の3人
として出演している訳です。

しかも僕達

日本の
BLUE NOTEから
アルバムをリリースしている
レーベル・メイトなんです。

そんな僕達が
全員
アルバに起用した
唯一の
ミュージシャンが
ベーシスト、
小泉"P"克人。

須永さんと僕、
松浦君と須永さんが
共有するミュージシャンは
他にもいるんですが、
3人が
揃って
抜擢したのは
彼だけかと。

小泉君と
知り合って
随分時間は経つんですが
最後に
一緒に仕事をしたのが
沖野修也
DJ20周年
記念パーティー@ageHa。

Shuya Okino Live Setなるドリーム・チームを
以下のメンバー

Ds:Jan Kincaid(The Brand New Heavies)
Vo:N'Dea Davenport(The Brand New Heavies)
Vo:Tasita D'Mour
Vo:Monday満ちる
Sax:中村雅人
Sax:菊地成孔
Rap:B-Bandj
Poet:Rob Gallagher

と結成し、

Nover Stop(BNH)
Prince Of Piece(Galliano)
Anger(Mondo Grosso)
Invisible Man(Mondo Grosso)
Sunshine After The Rain(Monday満ちる)

等の
ACID JAZZの名曲を
本人達と一緒に
演奏したんですよね。

その時のベースが
小泉君。

今考えると
凄いメンバーなんですが、
物怖じすることなく
ファンキーなプレイで
ライブを支えてくれました。

そう
彼は決して物怖じしない男。

こんなこと書かれると
困るだろうけど
彼は
おかしいなと思うと
いかなる権威にも立ち向かう
芯の通った人間。

誰もが恐れおののく
有名人であろうが、
無頼派気取りで
恫喝で人を支配しようとする
ロクでなしであろうが
一歩も譲らない
タフ・ガイ。

攻めるし、
読むし、
巻き込むし、
実に
頼もしいベーシストですよ
小泉君は。

ちなみに
ミドルネームの"P"は
P-FUNKのPだそうで・・・。

Kyoto Jazz Sextetは
100%のジャズだけど、
Pなグルーヴで
メンバーを、
そして
オーディエンスを
煽って頂きたい。

星形のベースの持ち込みは困るけれど(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
去年の
Tokyo Crossover/Jazz Festival
直後のことだ。

来日していた
クロアチアのDJ/プロデューサー、
EDDY RAMICHが
REDBULL MUSIC ACADEMYの
スタジオを見学したいと言うので
青山の子供の城で待ち合わせをした。

岡本太郎の彫刻の前で
どの方角からEDDYが来るのかと
キョロキョロしていたら
見慣れた顔が近づいて来た。

「類家君!」



彼は
数々の国内若手ミュージシャンが
凌ぎを削り合った
The Roomの伝説的なセッション・イベント
"Sofa"で知り合い、
Kyoto Jazz Massive Live Setにも
ホーン・セクションに
参加してもらったことのあるミュージシャン。

久しく会ってなかったから、
「何か一緒にやろうね!」
と約束し
彼が去って行くのを
見送った。

おそらく
彼は
僕の発言を
社交辞令

受け取っただろう。

業界の
よくある
挨拶として。

「また今度飯行こうね」

「今度なんか振りますわ」

的な。

でも
いつも
セクションで
酷使wしていた彼に
自由に伸び伸びと
演奏させてあげたいな
と思っていたし、
何年も会っていなかった彼との
再会に
僕は
何か運命的なものを感じていた。

その翌週に
京都の老舗クラブ、
METROで
国際写真祭、
KYOTOGRAPHIEの代表、
仲西さんとルシールさんに
出逢うことになる。

そこで
彼等に
僕と
KYOTOGRAPHIEの
コラボの提案を受け
KYOTO JAZZ SEXTETの
構想を快諾してもらったのだ。

僕は
何の迷いもなく
類家君を
ジャズ版のオキノ・ジャパンに
抜擢することを決めた。

今や
日本ジャズ界の
若手No.1トランペッターとも
評される類家君。

売れっ子で
引っ張りだこだから
他のミュージシャンと
レコーディングの
スケジュールを合わせるのが
とても難しかった。

彼の予定を基準にすると
毎回16時まで
しかリハができないのだ。

ある日彼に
「この後何なん?」

訊いてみた。

何と
菊地成孔さん率いるDCPRG改め、
dCprGのレコーディングに向かうらしい。

そう、
彼は
dCprGのみならず、
菊地成孔ダブ・セプテットの
メンバーでもある。

謂わば、
菊地成孔さんと
沖野修也が
奪い合う
才能の
持ち主
なのである。

来週ののビルボード・ライブ大阪、
東京ジャズでの
ライブでもそのプレイはいつになく
熱く盛り上がるに違いない。

菊地さんもゲストだし、
KYOTO JAZZ SEXTETで
FREDDIE HUBBARDのカバーをするのだ。

もの静かな彼が豹変し、
全身全霊で見せる
気迫溢れる
パフォーマンスを
僕は誰よりも楽しみにしている。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
いよいよ
来週、
KYOTO JAZZ SEXTETの
ビルボードライブ大阪、
そして、
東京ジャズでライブが行なわれます。

告知の追い込みを兼ねて
過去にメンバーを紹介したブログを
若干ヴァージョン・アップして再掲したいと思います。

まずは
この男、
平戸祐介!



quasimodeが活動休止となり
ソロ・アーティストとして動き出した
注目の存在。

タイミングがタイミングだっただけに

「quasimodeから
Kyoto Jazz Sextetへの
移籍が原因?」

なんて噂もファンの間で囁かれてましたが、
そんな事はありません。

ホント、丁度重なったんですよね。
奇遇なもんです。

しかも、
僕がタイトルで使った
移籍は
バンド間の移動を指すのではなく、
平戸君が
ダンス・ミュージックから
ジャズの世界に回帰したのではないか?
という意味を込めています。

言ってみれば
クラブ・ジャズ界
から
ジャズ界への移籍。

だからこそ
Kyoto Jazz Sextetのキー・パーソンなんです。

奇しくも、
僕も本格的ジャズ・アルバムの作成に乗り出した訳で
共に
今までとは異なる方向性にシフトした・・・。

平戸君のソロ・アルバムと
KJSの『MISSION』の発売日まで一緒だったし(苦笑)。

僕が招集するバンドは
Kyoto Jazz Massive、Kyoto Jazz Sextetを問わず
オキノ・ジャパンと自称していますが、
平戸君は司令塔。

メンバーを口説いていった中で
最初に声をかけたのが彼だっだんですよ。

アマチュアの頃から
デモ・テープを貰って、
打ち合わせをしたりしていたから
その存在は知っていたし、
デビュー後のファースト・アルバムの
出版権も僕の会社で管理している。

なのに、
一度も一緒に仕事をする事がなかった
(Remixをお願いしたり
DJ KAWASAKIとの共演はありましたが)。

何故なら、
いつもは
尊敬する天才ピアニスト、
吉澤はじめさんに
お願いする事が多かったから。

でも今回は
彼に賭けてみたかった。

世代を越えて
今まで組んだ事のない彼と
現在に
作るべき
ジャズを
追求して
みたかった。


レコーディングでも
リハーサルでも彼は

何度も何度も仕掛けて来る。
メンバーを、
勿論、
僕を挑発する為に。

来週のビルボード公演も東京ジャズでも
きっと彼は何かをやってくれる筈。

丁度日本にいる
ハービー・ハンコックが
「観に来てくれないかなー」
と言うと
平戸君、焦ってましたがw。

quasimodeのファンも
Kyoto Jazz Massiveのファンも
観た事のないようなステージを
彼と作り上げたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(1)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
今週の日曜日
京都で行なわれた
SEALDs KANSAIが主催したデモに行って来た。

実は
官邸前や関電前のデモに参加していたものの
その規模の縮小や
収束と共にデモというものから足が遠ざかっていた。

しかし、
毎金に国会前で行なわれているSEALDsのデモに
奥田愛基さんからお誘い頂いて
僕は考えを変えることになる。

実際に、SEALDsの若者達が
ラップをしている映像を観て
「あれは音楽家がやるべきことでは・・・」
という思いを抱いていたし、
渋谷駅前で行なったWorld Peace Festivalも
SEALDsのデモに触発された部分が大きかったからだ。

ただ
京都と東京を頻繁に行き来している僕は
全く予定が合わず・・・。

たまたま
8/23は京都にいて
遅れていたラジオの選曲提出があったけれど、
丁度SEALDs KANSAIのデモがあったので
参加することにした。

出発地点の円山音楽堂には間に合わなかったので、
四条木屋町から合流。

ダフト・パンクの「GET LUCKEY」をオケにして
トラックの上で
若い2人のMCがラップ調のコールをしていた。

そのオケのチョイスは今っぽいし
悪くないと思った。

僕を含めてその質や音楽性は・・・
なんて言う人がいるけれど、
あれはあくまでコールで
ラップのスタイルを取り入れたと
思えばよくやっているんじゃないかなぁ。
結構、好感が持てた。

何よりも
あのコールには
ラップが本来持っていた初期衝動があるのだ。

今のラップにそれがないとは思わないけれど、
学生達は本気で"言いたいこと"を口にしている。

しかも、
ラップ調にすることで
安保法案や安倍政権に反対する言葉は
リズムとグルーヴを獲得し、
人の身体の中にこだまを呼び起こし、
唱和のハードルを下げている。

もっと判り易く言おう。
楽しそうなのだ(安保法案を巡る状況は悲観的だけど)。

「戦争法案絶対反対!」
「戦争したがる総理は要らない!」

というメッセージが
メロディーのない
(厳密にはあるのだけれどないように聴こえる)
ラップ調のコールになり
誰もが参加し易くなっている。

そこに
殺伐としたネガティヴな空気はないし、
声を出す気持ち良さを
その若者2人が誘導してくれているかのようだった。

なのに、
僕は
最初
声を出さなかった・・・。

恥ずかしかったからだ。

「国民なめんな!」
とか
「安倍は辞めろ!」

という言い回しは僕にはできない・・・。

実際に
自民党は国民を舐めていると思うし、
安倍さんにはお辞め頂いた方がいいけれど
単純に抵抗があった(理由は割愛します)。

だからと言って
彼らの発言を否定している訳ではない。

心からそう思っているだろうし、
僕が30歳若かったら(現在48歳)
トラックに乗って一緒に叫んでいたかもしれない。

という訳で
初めは黙って行進に紛れた。

でも
その内、
僕は
自分だけが
声を出していないことに気付いた。

勿論、
長い行列の中には
黙ってプラカードを掲げているだけの人もいただろう。

でも
僕の回りは

声を上げている。

おじいさんも
おばあさんも
お父さんも
お母さんも
勿論
若い人達も。

回りが声を上げているから
自分も・・・
と思った訳ではない。

今度は
デモに参加しながら
観察者でいつづける自分が恥ずかしくなった。

観察するなら
列を離れればいい。

実際に
観察する為に
列を何度か離れた。

でも
2度目に合流してからは
行列にいる間は必ず声を上げた。

もう恥ずかしくはなかった。
コールは強要されたものではなかったにも関わらず。

何しに来たのって話ですよ!
多くの人が声を出して練り歩く。
だから
何事だ!って道行く人が振り返る。

一人よりも二人、
二人よりも三人の方がボリュームは大きくなる。
だから僕は
一緒に声を上げた。

それに
街の中で
自分が言うべきことを声に出しているという自覚があった。
それは今、僕が本当にやりたいことだった。

見知らぬ人との一体感もそこにはあるしね。

ラップ調のコールは、
たとえオケが僕の好みでなくても
そのテンポとフロウが
皆をノセてくれる。

僕が好きだったフレーズは

「民主主義って何だ?」
「これだ!」

というコール・アンド・レスポンス。

ただコールを繰り返すのではなく
ちゃんと参加者がレスポンスできていることで
常連の存在を知ったし
参加者の短期間での習得(賛同?)にも感心した。

Tell me what democracy looks like?
This is what democracy looks like!

なんかもちゃんと言えてたもんなぁ。
こんなのが定着してるって、新しい。

そう、選挙に行くことだけが民主主義じゃない。
僕達は議員達を常に監視しなければいけない。
当選者に全権委任した訳ではないからだ。

議会を見学したり中継を見たり、
役所や議員会館に抗議に行くのも立派な民主主義だ。

勿論デモも。

そんなもん効果ない!
なんて意見を言う人もいるがそんなことはない。

確かに
車を運転している人達は迷惑そうな顔をしていたけれど、
河原町におそらく買い物に来た人の中にも
足を止めてデモを眺める人は少なくなかった。
でも
皆が黙って家にいたら
その気持ちは誰の目にも触れることはなかっただろう。
ところが
こうやってデモを行なうことで僕達の気持ちは可視化され、
国のやり方に憤りを感じているという人が
存在するという状態を
世の中に発信できるのだ。

京都だから外国人観光客は
写真を撮っていた。

ラップ調のコールでのデモンストレーションを
古都京都で見るとは思ってなかったんじゃないかな?

それにしても
自分が
河原町通りをデモ行進するとは夢にも思わなかったなぁ。

子供の頃に憧れた都会であり、
先週の火曜には河原町の三条と四条の間にあって
新装オープンしたファッション・ビル、
BALの内覧会でDJをしたばかりだったから・・・。

ちょうどBALに差し掛かった頃に
登壇?して行なわれた学生のスピーチも素晴らしかった。

寺田ともかさんという方(検索してみて下さい)。

安保法案の矛盾をよく勉強しているし、
具体的な戦争回避の方法も提案していたし、
何より主張が明確で
その力強い発声には
日本を絶対に戦争する国にしてはいけないという意思を感じた。

今の若者、
大したもんだと思う。

僕は
常々、
若者には
実績も
経験も
人脈も
お金も何もないから
追いつかれることはない・・・なんてあぐらをかいていたけれど、
SEALDsや
SEALDs KANSAIの若者達の発言や行動を見て
自分が間違っていることに気付いた。

確かに
彼らには何もないのかもしれない。
捨てるものや失うものもない。

でも、
何もない代わりに
勇気がある。

顔を晒し、
人前で声を出し、
意見を言う。

それって
勇気がいることだと思う。

中傷や批判を恐れず、
街の中で大声を上げている。

感心しただけでなく
尊敬すらした・・・。

河原町四条を南下し
デモが佳境に入ると
参加者の声がどんどん大きくなっていった。

ビルの谷間に入って
陽が射さなくなって
沿道の人の数は少なくなったけれど
僕達のテンションは一向に下がらなかった。

MCは声を枯らしながらも
コールを続ける。

彼らは絶対に安保法案を止められると信じている。

僕はそれまで「でも無理だろうな」と思っていたけれど、
止められることを信じている彼らを見て
僕は諦めることを止めた。

諦めていたら永遠に止められない。
止めると信じているからこそ
本当に止まるかもしれないのだ。

政治家の暴走。
戦争への誘導。
無関心と言う名の病状。

"止まる訳ないじゃん"
と冷笑したり、静観してるんじゃなくて
真剣に止めないと
この国はますます危険な方向に進んで行く。

止める方法を考えないと!
止める為にありとあらゆる手段を試みないと!!

羞恥心を捨て、
大いに反省し、
刺激を受けた、
SEALDs KANSAIのデモ。

予定が合えば
次回、或は次々回にも参加してみたいと思う。

合わない時は
自分にできることを試してみよう。

諦めないとか
往生際の悪さって自分の特性だと思っていたのに
危うく
大切な信念を失う所だった・・・。
いいね!した人  |  コメント(4)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇

Amebaで芸能人・有名人ブログを書きませんか?

アメーバブログでは、芸能人・有名人ブログとしての登録をご希望される
著名人の方/事務所様を随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み