沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:
最近、
The Intenetという
Hip Hop/R&B?
(ジャンルはどうでもいい)の
グループのライブを観て
とても元気を貰いました。

CDが売れないとか
配信も頭打ちとか
ストリーミングは印税が少ないと
ネガティヴな話が蔓延する音楽業界で、
招聘先もレコード会社も驚きの
チケット即ソールド・アウト!

3枚目のアルバムでブレイクを果たした
彼等の
若くてエネルギー溢れるステージに
年甲斐もなく興奮してしまいました。

素敵なメロディーと
センシティヴだけどソウルフルな歌声、
そして
やんちゃでファンキーな演奏に僕は大満足。

多幸感に包まれ、
同じ音楽家であることの幸運を噛み締め、
同時に励まされ、
一音楽ファンとして
純粋にライブを楽しんだんです。


元気を貰ったのには別の理由もあって、
ここ一年僕の好きなアーティスト達が
世界中で(そしてここ日本でも)
人気を集めていることで
僕は自分の感性に自信を持ち、
安堵しました。
間違ってなかったと(笑)。

去年
BLUE NOTE JAZZ FESTIVALに
登場した
Hiatus Kaiyote、
BLUE NOTE TOKYOで
3夜連続公演を行なった
Kamasi Wasington、
そして
このThe Internetを
僕は2年前(Kamasiは去年)から
ラジオ番組や新聞で
プッシュして来たんですよね。

本来世間の評判を無視して
自分の信念を貫いて来た僕の
ファイバリット・アーティストが
予想を越える人気を獲得し
嬉しくもあり
友達になる前に騒がれてしまったので
ちょっと残念な気持ちもありましたけど
(Kamasiは仲良くなれたかな)。

勿論、
彼等が
成功することは大歓迎なんですよ。

しかも
その共通項を知っているから
大いに参考になるし
学びを活かさないとなぁと
心底思いました。

え、彼等の共通項は何かって?

それは
曲の良さと
見た目のインパクトと
有名人との関係性。

この3拍子が
重要なんじゃないですか?

曲の良さって
定義は人によって
千差万別なんですが、
一度聴いたら
忘れられないキャッチーさと
レジェンドの楽曲と比較しても
遜色ない普遍性かなぁ。
僕にとっては。

しかも
Hiatus Kiyoteも
Kamasi Wasingtonも
The Internetも
アルバム通して聴けるし、
いい曲が満載。

見た目のインパクトに関しては
もうセンスですね。
スタイリストがいる訳じゃないから
本人達の筋の良さなのかなぁ。

Nai Palm(Hiatus Kaiyote)の
ド派手な衣装は
昔のロック・スターっぽいし、
Kamasiの
アフロと民族衣装の組み合わせは
スピリチュアル・ジャズのレジェンドの
伝統?
Syd The Kid(The Internet)の
女性なのにモヒカンってのも
インパクトがあるし
さりげない
Tシャツ+ミリタリー・ルックも
今っぽいしね。
メンバーの
ストリート感丸出しファッションも良かった。


日本に多いんですが
ミュージシャンやDJの
着ているモノのチョイスが謎・・・。

僕は
クラブで
常に
お客さんと
コミュニケーションしてるから
よく話題に出るんですが、
ファンの方は
とにかく
好きなミュージシャンやDJの服装が
酷くって
がっかりすると仰ってます・・・。

時々ダンス・フロアーを見回すと
DJより踊ってる人の方がお洒落やん!
と思ったりしますしね。

ファンってアーティストの
音楽だけでなく
見てくれにも憧れません?

でも、
曲が良くて
格好良くても
世に出れない・・・という
厳しい現実があります。

ちなみに
Hiatus Kiyoteは
エリカ・バドゥが
ファンだって公言してますし、
グラミーにノミネートされた曲は
Q-Tipが参加してましたよね?

Kamasiにしても
アルバム収録曲は
実は
随分前に
自主制作でリリースされていたけれど
その時は
誰にも注目されてなかったのでは?
やはり、
Flying LotusのBrainfeederから
リリースされたのは
大きかったと思います。
Thundercatや
Dwight Tribleも参加してるし。

The Internetは
Neptunesの
チャド(MV出演?プロデュース?)や
Janell Monae(アルバム参加)との
絡みが話題になったし。
レーベル(アーティスト集団?)
Odd Futureの中でも
ブレイク遅かったもんね
(とは言ってもまだ若いけど)。

つまり、
誰か(認知度の高い人)のレコメンデーションであったり
誰か(上に同じ)の参加が
信用というか
ブランディングになっている。

これらを
単純に公式化して
全てのアーティストに
当てはまるって訳じゃないけれど
少なくとも
今、僕が注目しているアーティスト達は
それをクリアできているんですよね。

っていうか
そもそも
いい曲作るの難しいし
見てくれがイケてるってのも
ハードル高いし
有名人に相手にされるってのも
レアですからね・・・。

ちなみに
3組とも
ライブ・アクトですが、
「やっぱりこれからはライブなのか!」
とは思いません。

彼等が
"有名"になったから
そのコストを
負担してもらえるようになったと思うんです。

無名のアーティストが
ツアーなんてできませんから。
車で
機材とメンバーが
移動する覚悟あれば別ですが。

もう音楽はダメだーと思わずに
いい曲作って
着るモノにも気を使って
人脈も大切にしなきゃなぁと痛感しました。

諦めてしまう前に
もう一回
トライすべきことって沢山あるんですよね。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ソマリアの海賊を更正させた!
いや、それは盛り過ぎ!!
と話題のすしざんまい。

放射能検査を二度しているということで、
僕もたまに利用していたんですが
(震災以降極力すしは食べないようにしています。
接待でどうしてもという時以外は)
今もそれ継続してやられてるのかなぁと思い
サイトからメールで質問してみました。

で、
返事を頂きました。

この度は放射能物質検査についてお問い合わせ頂き有難うございます。
早速ではございますが、2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震と津波の影響に
よって発生した福島原子力発電所の事故に伴い、弊社では食材の安全性について
特に重要課題として全力で取り組んでまいりました。
現在においてもお客様に安心・安全な食材を提供すべく検査を継続しております。

放射能物質の測定につきましては、独自で測定器を購入し、それぞれ独自で測定
を行っております。
機種に関しまして、
① NaI(TI)シンチレーションスペクトロメーチー(ウクライナAKP社製) 
② スペクトルサーベイメータ(アメリカBNC社製)
を用いて綿密な検査を実施しております。
また、これらの数値につきましては公開はしておりません。

との事でした。

安心して下さい!と社長室の方からのメッセージ付きでしたが・・・。

この文読んでそれでも食べるかどうかは
皆さんのご判断にお任せします。

きちんと返事を頂いた姿勢には好感が持てます。
数値は公開してないそうですが。

法定基準値以下ってことですかね?
ゼロベクレルです!って打ち出せばもっと人気出ると思うんですけど・・・。
それ伝えれば良かったかなぁ。
いいね!した人  |  コメント(1)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
大晦日にトイレの前に出来ていた大行列。
僕の前にいた外国人の方に声をかけた。
「今夜来てくれてありがとう。
何処から来たの?僕がオーナーなんですよ」と。

彼と彼の友達はDJらしく、
「The Roomがとても気に入った。
旅行で日本に来てるんだけど、ここでDJがしたい」と言い出した。

スケジュールは埋まってるし、
彼等がどんなプレイするかも判らないしなぁ・・・。
あ、1/14が空いていた。
でも僕、その日京都にいる予定だったんですよね。
7インチでファンクをプレイする?
じゃ、大丈夫か。
15日が銀座だから前乗りするか・・・。
彼等が何者かも判らないまま、
BAR営業で早い時間ならと見知らぬ若者達を
The Roomにブッキングすることにした。
ま、そういう出会いも大切かなと思い・・・。

で、昨日。
DJのVesa The Vice ( Floorphilia/Helsinki,Finland )と
Torb The Roach ( Oslofønk/Oslo,Norway )、
僕とThe Roomの及川の4人でDJをした。
本来この手のイベントなら彼が回すべきなんだけど、
富永陽介がバーに入るという豪華ライン・アップ。

一日前に告知したのに満員御礼、大盛況。
しかもミラクルが起こりまくった。
このVesa君とTorb君ただの旅人かと思いきや、
B-BOY界では知られた存在らしく、
実は遊びに来てくれたダンサーの
ゴー君とツッチーの知り合い。

狭いねーなんて話をしていたら、
京都の国際写真展Kyotographieの設立者、
ルシールさんと仲西さんがご来店。
京都でもなかなか会えないのに!

そして、京都のゲスト・ハウス、
パンとサーカスのオーナー、
ダイちゃんと晋也君も!
ダイちゃんはNY在住で、
今回の来日では
広島でも京都でもニアミスだったのに
東京で!

しかも、京都のカフェバー、
きんせ旅館のオーナー、
こじろうさんとシャナシー夫妻も初ルーム!!
ちなみに奥様のシャナシーさんは
僕のいけばなの先生なんです。

更にはThe Roomの常連にしてカメラマン、
マリア(なんと京都帰り!)が
昔僕をロシアに呼んでくれたマリア
(去年はタキシードやモスデフを
モスクワに招聘したと言ってました)
と一緒にやって来た。

何と、ロシアのマリアは
去年渋谷駅前で行なった
WORLD PEACE FESTIVALに出てくれたAFRAを連れて・・・。

ハイライトは4人のバック・トゥ・バックに
AFRAが飛び入り!
ノー・チャージであのパフォーマンス
見られないですよ。

いやー、自分で言うのもなんですけど、
昨日は東京で
一番面白かったんじゃないかなぁ。
終了時間を1時間以上もオーバーして
盛り上がりました。

クリエイティヴな人が
溜まりまくってましたね。

11月の決算時には会計士に
閉店勧告されるんじゃないか・・・
って冷や冷やしてたんですが、
閉めなくて良かったです。
こういう夜があるから
お店って止められない。

あの時、
僕がVesaに話かけなければ、
この全員集合は
起こらなかったのです。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
皆さん
プロリスナーってご存知ですか?

リスナー=素人って
思われてますよね?

本来、
プロとはお金を貰う人のことを指しますが、
プロの評論家より熱い言葉で音楽を語り、
プロのプロモーターよりも
好きな音楽を世の中に広める力のある
リスナーを
僕はプロリスナーと呼んでいます。

しかも、
彼等はお金を貰うどころか
お金を使っている!!

僕の知っているプロリスナーの方は

・CDは勿論のことグッズも購入
・DJが持っていないアナログ盤もゲット
・サイン会やインストア・イベントにも顔を出す
・都内のみならず、地方で行なわれるイベントやライブに参加
・ブログやコメントで的確で魅力の伝わる文章を綴っている
・アーティスト関連の音源のリンクのアップやまとめなども自主的に取り組む

等(他にも例あるんですが挙げ出すときりないので)
本当に頭が下がる思いです。
熱心なファンであるだけでなく
ご本人が情報を発信し、
ある意味メディアになっているんですよね。
今や誰もがライターになれますし(プロかどうかは別として)
ブロガーにも評論家を越える影響力を持つ人がいたりします。

そして時に彼等は
その情熱が評価されアーティストと友達になることも!

先日、
某プロリスナーの方が、
ブートレグ・アーティストTシャツを勝手に作って
とあるイベントに着て来たんですが、
アーティストに怒られるどころか、
お前どんだけ好きやねん!
と絶賛されてましたからね(笑)。

とにかく
好きなアーティストへの入れ込み方が半端ない。

それでいて控え目で
ちゃんとマナーもわきまえておられる方も多い。

その理由を尋ねると(図々しい追っかけやストカーとは違うので)
「感謝と尊敬です」なんて言って下さる方もいて
音楽業界でいい話を聞かなくなった世知辛いこのご時世に
「そのお言葉そっくりお返しします」
と言いたくなってしまう程です
(常識のある社会人なんですよね)。

このご時世と言えば、
お金がないからと
音源を人からコピーしてもらう
ミュージシャンやDJっていると思うんです。

大変ですよね。
収入も減るし、
出費も控えないと・・・。

でもね、
彼等は
プロリスナーの方の
爪の垢煎じて飲んだ方がいいですよ(怒)。

大体にして
ミュージシャンや
DJのような音楽好き(な筈ですよね?)が
音楽にお金払わなくて、
誰が音楽に払うんですか!!??

音源はコピー或はサンプルをおねだり。
イベントやライブもゲストで無料・・・。

プロリスナーと真逆ですね。

そのくせ
音楽が売れないと嘆いてばかりいる。
だって、
自分もお金払ってないじゃん!
っていう事は
音楽家の作品やライブに
人がお金を払わない
仕組みに加担しているというか
その心情を理解している筈・・・。

ま、自業自得というヤツですね。

プロリスナーの皆さんには
愛がある。

お金を使っているから偉い!
というよりも
愛がある事が
素晴らしいと思うんです。

しかも、
彼等は今
本当の意味で
プロになるチャンスを
手に入れようとしています。

クラウドファンディング等で
作品の制作に
投資家として関わる機会が出来た。

勿論、小額で
特典付き事前購入でしかない
投資サイトも少なくないですが、
リターンのあるファンドなら、
かつて
レコード会社が担っていた役割を
リスナーが
取って変わる可能性も・・・。

もの言う株主ならぬ、
もの言うリスナーに
なったりして(汗)。

勿論、
黙って金出せ!
何てことは言いませんが、
事前に
デモを聴いてもらって
気に入った人に
サポートしてもらえば
いい関係が築けるのではないかと。

今だと曲も聴かせないで
「ニューアルバム作りたいからお金出して」
なんてのも結構ありますからね。

いくらファンの方だからって、
それはちょっと図々しいお願いでしょ。

ちなみに、
音楽に
お金をもっと払え!と
ただ単に言ってる訳じゃないですよ。

DLもしてCDも買ってアナログも買って
地方や海外のイベントも全部来い!
なんて事も言いません。

アーティストが
お金を出してでも欲しい
と思って貰える作品を作る
或は
お金を払っても行く価値があると
思って貰えるライブやパーティーを
企画するのが
大前提。

音楽業界に(クリエーターだけじゃなくて
スタッフも含めて)、
今、
プロリスナー以上に
愛のある人が
どれだけいるのかなと思って・・・。

プロならば、
プロリスナーに
お株を奪われてちゃいけないんじゃないかな。

プロリスナーの存在は
色んなことを
僕に考えさせてくれるんです。
いいね!した人  |  コメント(0)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
JAZZY BOOKS
本日オープンしました!


『JAZZY SPORT 下北沢』店内にて
JAZZに特化した僕の念願の書店で、
2016年1月10日(日)から
31日(日)までの
期間限定のポップ・アップ・ショップ
として営業します。


僕の書籍は勿論のこと、
JAZZに関する評論、
小説、
詩、
評伝、
ジャズマンのポスター、
写真集を取り揃え、
その写真集に収録された作品を使った
レコード・ジャケットも販売します
(もれなく中身が付いてきますw)。

主に60~70年代の書籍が多いので
さしずめ
本のレア・グルーヴ
といった所でしょうか
(その概念は既に存在しますが、
僕のセレクトは
もっと音楽に近いと思います)。

値段が高い!ものもあるので
僕の秘蔵コレクションの展示を
観に行くって感じで
来て頂いてもいいかなぁ。

但し、
古いものばかりではありません。
植草甚一さんは当然置いてますが、
菊地成孔さんや
柳樂光隆さんの著作も。

写真集では
Sepp Werkmeisterの
展覧会カタログ?等。

しかも、
このJAZZY BOOKSは
書籍の表紙のデザインにこだわり
"ジャケ買い"
を推奨する書店でもあります。

JAZZに関する書籍って
膨大な量が存在するんですが、
僕の店では
表紙がイケてる本しか
置いていません。

JAZZ専門のレコ屋があるんだから
JAZZ専門の古本屋があってもいいんちゃう?
という僕の"妄想力"が
またしても炸裂してしまいました。

下北では21日間の開催?ですが、
その後、
川崎、
浜松、
京都、
広島、
鹿児島・・・みたいに
国内を巡回してみたいなぁ
なんて事も考えてるんですよ。

そして、
いつかは
東京、京都、ロンドン、NYに
実店舗をオープン!
できたらなと。

小さな書店で
コーヒーも飲めて
ジャズが流れる・・・。

えっ、
それって
ジャズ喫茶じゃないんですか?

と指摘されても、
「いえ違います。
これは本屋なんです!」
と言い切る。

そこまで
僕の妄想力は働いているのです(笑)。

まずは
そのプロトタイプとしての
下北店。

1月24日(日)には、
JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAに
併設されている
ダンス・スタジオを
JAZZY BOOKS CAFEとして開放
(但し
17時~18時はレッスンの為
クローズ)
します。

コーヒーを飲みながら
本を読んだり眺めたり・・・。

その日は僕も店に顔を出し、
1日店長&DJとして
皆さんを
楽しませたいと思っています。

期間中、
1/14、15、22~26にも可能な限り
店にいる予定です。

ちなみに
Tシャツやトートバッグ、
マグカップなど、
この機会でしか
手に入らないアイテムも販売しますので
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

お待ちしてます!
いいね!した人  |  コメント(1)
沖野修也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み