菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba

菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=News=
フェイスブックに
菊田俊介オフィシャルページが登場!
みなさんの参加をお待ちしています!!

https://www.facebook.com/shunkikuta.music

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




「菊田俊介式ブルースギター!
感情にグッとくるコール&レスポンスの流儀」


ブルースを通じてコール&レスポンスを学ぶDVD

インストラクター: 菊田俊介  
仕様:93分
価格: 2、980円(税込)   
発売日:2014年1月15日発売予定
発売元:ALFA NOTE
http://alfanote.jp/AND029.htm



━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

Shun Kikuta & Legend Of Rockers
『Power In My Arms』(King Records)


【品  番】(CD) KICS-1917 
【POSコード】(CD)003-43219-5CD (2013/6/26)
【価格】 税込¥3,150
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-1917/

━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

BEST OF SHUN’S BLUES (King Records)


【品  番】(CD2枚組) Y  KICP-1647~1648 
【POSコード】(CD)003-43219-5
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1647/

━─━─━─━─━─

テーマ:
中部から関西へのツアーが始まりました!

昼過ぎの新幹線で浜松へ。

{8A905DA3-2032-4103-A4D8-BCAFAF4CA60A:01}

浜松ビスケットタイム。

とっても雰囲気のある素敵なライブバーです!

BTBBとの共演ライブ、そして後半はジャムセッションへ。

楽器メーカーの多い浜松にはクオリティの高いミュージャンがたくさんいますね(*^_^*)

{2183F476-7E5A-49E9-B910-FBF88E6DDCB3:01}

シカゴ時代からずっと小生のブログを読んでくれているファンや、

小生の本やDVDで練習していると言って使い込んだ本を持ってきてくれるギタリストに出会うと嬉しくなるなあ(*^_^*)

こういう出会いを通して自分もたくさんエネルギーをもらっているんですよね。

{F9DFCBEB-EC9D-49B3-9823-FC6BBD51DB8D:01}

心温まるツアー初日でした!

浜松や静岡のみなさん、ありがとうございます!



そして今日は、大阪へ!

夕方はFM COCOLOに出演です!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今週末からいよいよブルースプロジェクトの関西ツアーが始まります!!

初日の4/30(土)は、兵庫県西宮市のSMCカフェランドです!

https://www.facebook.com/SMC-Cafe-Land-LIVE-482418391915691/?fref=ts




西宮にキャパのある凄く良いライブハウスがあるんだと教えられ、オーナーのK氏を紹介していただいたのが、昨年秋のこと。

このブルースプロジェクトのツアーを企画している時に、K氏に相談すると、快く引き受けてくれこのライブが実現することになりました!

西宮でライブをやるのは3年ぶり。

自分は宇都宮だから、同じ宮っこの西宮の皆さんと(笑)、Let the good times ROLL~

来られる皆さんは早めのご予約を!!

楽しみにしています!!!!


■4/30(Sat) 兵庫県西宮市SMC カフェランド
https://www.facebook.com/SMC-Cafe-Land-LIVE-482418391915691/?fref=ts
open18:30 start 19:30
前売り¥4,000 当日¥4,500(ドリンク別)
☆お問い合わせ・ご予約 SMC カフェランド 079-851-5586


★菊田俊介&ブルースプロジェクト

ブルースの本場シカゴをも唸らせたギタリスト菊田俊介を中心に、ロンドン在住でプロデューサーとしても知られるクマ原田(B)、80年代からシーンのトップで活躍してきたMarty Bracey(Dr)、海外での活動経験も豊富なオールマイティ・プレイヤー祖田修(Keys)、自己バンドやソロ活動でも根強い人気を集めているTammy(Vo) で編成されたスペシャルブルースユニットが「菊田俊介&ブルースプロジェクト」です。

菊田俊介&ブルースプロジェクト、フェイスブックページ
https://m.facebook.com/Shunandbluesproject/?ref=bookmarks

【菊田俊介】Gt
http://shunkikuta.com

【クマ原田】B
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=169354609900504&set=a.169337573235541.1073741828.169318279904137&type=1&theater

【Marty Bracey】Dr
http://martybracey.blog17.fc2.com

【祖田 修】Keys
http://osoda.jimdo.com/profile-1/?mobile=1

【Tammy】Vo
http://www.tammyyanen.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2010年から毎年出演している埼玉県蓮田市Studio Jazzでのライブですが、今年は5/29(日)に行われます!!




今年で7回目の出演。まさにホームクラブのような場所で、スタッフの皆さんとの再会も毎年の楽しみです。

そしてこのStudio JazzではShun Kikuta Bandとして出演させていただいていて、この数年、多忙なメンバーが集まるのは、ここだけになっている、とてもスペシャルなライブでもあります!


今回は、自分のオリジナルやオーティス・ラッシュに捧げるブルースのスタンダード曲はじめ、往年のR&Bの名曲、ビートルズ、さらに日光和楽踊りのブルース版"Nikko Waraku Shuffle"など、このメンバーならではのソングリストを用意しています。

今年もStudio Jazzで多くのみなさんに会えるのを楽しみにしていますね!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
数日前に嬉しい本が届いた!

すぐに役立つポップス英会話

http://www.stylenote.co.jp/books/isbn978-4-7998-0149-9.html

{6D462BCF-D2C4-429A-8708-0E1E1D9D2042:01}

読み始めると、引きずられるように先へ先へとページが進んでいき、あっという間に読破してしまった。

ミュージシャン同士の日常会話から、専門的な会話、さらに音楽用語の解説と3部構成で綴られた本書。

下の例題のように、自分がアメリカで友達と交わしていた会話がそのまま飛び出してきて、いろんな情景が思い出されつつ、ニヤっとしたり、そうそうと相槌を打ったり。




これは、実際にアメリカで生活をしたことがあるミュージシャンによる生きた英会話集であり、用語集だ。

さらに、音楽を知らない人にも役に立ついろんな日常会話の表現も参考例に使われていて、英会話の教材としても、実に実践的で学べる内容になっている。


この本は、自分のバークリー音大の先輩で、日本では珍しい音楽芸術博士号を取得しているギタリストであり、グローバル英語専門塾のオーナーでもある上田浩司(かんだひろし)さんと、同じくバークリー音大の先輩で、アル・ジャロウ、パティ・スミス、EXILE TRIBE、SMAP、安室奈美恵など日米メジャーアーティストのサポートやアレンジ、レコーディングなどで幅広く活躍する堀川真理夫さん、そして奥さんでCMの英語ナレーターやテレビ撮影の現場通訳などで活躍する堀川ジーナさんの3人の共著。


プロのミュージシャンであり、仕事で英語に携わっている3人のまさに、生きた音楽英会話集。


このブログの読者は、音楽と英会話に興味を持っている人が多いと思うので、この本は強力にお勧めですよ!!

詳細は下のリンクにてご確認を

http://www.stylenote.co.jp/books/isbn978-4-7998-0149-9.html

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
黒人社会でのプリンス人気は圧倒的だった。

少しモダンな楽曲をこなせるブルースバンドならプリンスの曲を結構カバーしていたし、自分もパープル・レインやSexy MFなんかは何度も演奏したものだ。

面白いもので、エリック・クラプトンの方がよっぽどブルースに根ざして曲を書いたりカバーもしているし、クロスロードのような名アレンジも残しているのに、シカゴでは一度もクラプトンのこれらの楽曲やアレンジでプレーする機会がなかった。

唯一白人ミュージシャンでシカゴのブルースバンドが取り上げていたのはスティヴィー・レイ・ヴォーンだった。

この辺に黒人ミュージシャンたちの、黒人としてのプライド、あるいは黒い音へのこだわりが見えるように思う。

個人的には、プリンスの初期の1999は好きだったし、プリンスと一緒に活動していたモリス・デイとタイムも大好きだった。特にギターのジェシー・ジョンソンのファンクのカッティングは相当聞き込んでコピーもした。


マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンそして今回のプリンスと、ブラックポップスのアイコンたちが若くして世を去ってしまったのは本当に残念。

シカゴでは今頃、プリンスの話題で持ちきりだろうなあ。

合掌






いいね!した人  |  コメント(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。