菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba

菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

フェイスブックに菊田俊介オフィシャルページが登場しました!
みなさんの参加をお待ちしています!!

https://www.facebook.com/shunkikuta.music

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



「菊田俊介式ブルースギター!
感情にグッとくるコール&レスポンスの流儀」


ブルースを通じてコール&レスポンスを学ぶDVD

インストラクター: 菊田俊介  
仕様:93分
価格: 2、980円(税込)   
発売日:2014年1月15日発売予定
発売元:ALFA NOTE
http://alfanote.jp/AND029.htm



━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

Shun Kikuta & Legend Of Rockers
『Power In My Arms』(King Records)


【品  番】(CD) KICS-1917 
【POSコード】(CD)003-43219-5CD (2013/6/26)
【価格】 税込¥3,150
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-1917/

━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

BEST OF SHUN’S BLUES (King Records)


【品  番】(CD2枚組) Y  KICP-1647~1648 
【POSコード】(CD)003-43219-5
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1647/

━─━─━─━─━─
NEW !
テーマ:
先月沖縄で録画したPV”古田佳子 feat. 菊田俊介 - "越名舟歌"がアップされました!

録画の様子は、下にてご笑覧を。

http://ameblo.jp/shunkikuta/entry-12044699853.html

この民謡の名曲をCooさんが現代風にアレンジ&プロデュース。

ぜひ楽しんでくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
朝起きてホテルの部屋のカーテンを開けると、目の前に都庁舎が飛び出してきた!ワオ~


Legends of Bluesのツアー二日目は場所を東京に移して、ブルーノート東京でのライブです。


写真左からフェルトン・クルーズ(ベース)、デレック”ディマー”マーチン(ドラム)、ヘンリー・グレイ(ピアノ)、エディー・ショウ(サックス)

シカゴに住むフェルトンやエディーとは20年以上の付き合いになり、ツアーやレコーディングもしてきました。日本でこうしてまた一緒にプレーできるのはほんと嬉しいですね^^


大先輩のヘンリーやエディーをしっかりサポートする事で、少しはブルースへの恩返しができたかな。


25年来の友達のフェルトンとは、今回が3度目の日本ツアー。アメリカ国内各地はじめ、オーストラリアやニュージランドにもツアーで行きました。
マイルス・デイビスのバンドでやっていた折り紙付きのベースプレイヤーですが、出しゃばる事なく、しっかりボトムでバンドを支える縁の下の力持ち。
彼のようないわゆるポケット・プレイヤーが大切にされるんですね。


自分にとってこれからもずっと記憶に残りそうな貴重なライブになりました。
音で会話することの楽しさ。
ブルースはその共通語なんですよね🎵


ブルーノートのウェブに、写真付きでレビューが出ています。ぜひ楽しんでくださいね!!
http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2015/07/29/legends-of-blues-a-tribute-to-howlin-wolf-featuring-henry-gray-eddie-shaw.html



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
sachi:そっか、結構近場なのに残念だね~。でもいつかきっとチャンスがあるよ^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
青森を早朝に発って、羽田空港から車で苗場スキー場へ。

日本を代表するサマーフェスティバルの一つ、フジロックに出演です!
{BBB892B1-02CB-48EC-9F12-EA1937AB9B6D:01}

ホテルの部屋からの眺め。右奥にはキャンプ場も
{D62DCA7C-1BA2-438D-9ABD-118E8A5935D1:01}

自然に囲まれた会場はナイスです!
{C3DA14E3-337D-47E2-8418-17BB57B50860:01}

鮎川誠さんと嬉しい再会!!
お元気そうで何よりでした。
{61DF8254-44D3-46C1-8E61-3961B69B6A84:01}

シナロケのロック魂が炸裂した熱いステージでしたね~^_^
{5CBEC9E3-2D8E-4E3D-99A9-A0528C8259B3:01}

90歳のヘンリー・グレイと79歳のエディ・ショウをフューチャーしたLegends of Bluesでの出演。

Henry Gray (keys)
Eddie Shaw (sax)
Felton Crews (b)
Derrick Martin (ds)
Shun Kikuta (gt)
Photo by Shoka Okubo
{DFF16075-0DF5-4544-B7DB-02E5C8C35A04:01}

すごい数。ノリノリの60分でした!
{56C78F95-304A-4BFA-9899-F208CE2106B2:01}

ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズ、ジミー・リード、ジミー・ロジャースなど数々の歴史的なブルーマンと共演してきたヘンリー・グレイ。90歳にして、お客を踊らせるピアノのノリとキレは健在!
{45D7743B-75B8-4FF0-8CD5-A0E5748836E4:01}

他のステージもゆっくり見る予定だったけれど、美味しい赤ワインを飲みながら夕食を食べたら、見事沈没。
朝まで熟睡しちゃった^_^

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
今年も青森にやって来ました!

13回目を迎えたJapan Blues Festival。自分は6年続けての出演になります。

午前中は青森市役所を訪れて、副市長さんに面会。

午後は、青森港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号で行われた青森テレビの人気生番組"わっち"に出演。
{363833CA-38BA-4533-B5F8-D64DD5AD3FA3:01}

セットアップが終わったフェスティバル会場。気分が高まってきますね!
{EA3BB11B-A7EA-4D79-A966-75A6955D8C8A:01}

{4DCE72C3-DD7D-4370-9BD5-5AD26D54CA9B:01}

{83756DBB-2DB1-43D3-9E9A-8C0A988AD422:01}

{C4B3F01A-2AAD-4CFD-929D-33BE0E890D2F:01}

{F793C5F3-ED81-4388-BB97-4F69FB849D9B:01}

今年のメインアクトのジミー・バーンズとキャサリン・デイビスをサポートした左からマーティ・ブレイシー、片野篤、リー。
ジミーとキャサリンはバンドの音をとても喜んでくれたうえに、メンバーの呼吸もバッチリ。そこでバンドにしちゃおうとなり、Shun Kikuta Blues Companyと命名!
ライブも定期的にやろうということになりました^_^
{E8492078-0C0E-493F-9D65-2E7A14CE3028:01}

演奏中の写真は後ほどアップしましょう。

今年も多くのバンドが出て、天気も持ちこたえ、盛況のうちに終了しました!

打ち上げもジャムセッションとトークで盛り上がりました!

有山岸で出演された有山じゅんじさんと山岸潤史さん。
{CA7760E2-B392-4851-8E9E-F0F78C4D7FDC:01}

{0AB5A340-E3D2-4C21-892B-87E7452E4628:01}

青森のみなさん、今年もお疲れ様でした!
毎年変わらないアットホームな優しさ溢れるJBFに今年も参加できた事に感謝です!!

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
北九州に来ると楽しみなのが、フミ姉ちゃんの手料理です。
今回は、大好物の野菜たっぷりカレー!最高だあ^_^
ステージに向けてパワーチャージ!
{8B1A034B-2435-4461-B6E6-63387A673490:01}

方やジミーは箸を使って焼きそばに挑戦。なかなかの箸さばき。
日本人だねと言ったらイエーメン、と言ってニャッと。
{0A908D57-9349-4798-999C-8271D3396BC6:01}

お気に入りのマジックサムのTシャツを着てったら、店内にも同じジャケット発見!
{40A6DA72-3747-4AD6-931A-CF1287EAA7AC:01}

今夜の会場、Mr.Lefty'sは、開店までには大入りです。

オーナーのLeftyさんのバンドが最初に出演。気持ちの良いシカゴブルースに自然と引き込まれていきます!
Leftyさん、良いバンドを作り上げたなあ。
ブルース愛に脱帽^_^

リハをほとんどしないで、ステージであの曲やろうか、と思いついた曲を始めるジミー。
曲によってコードを弾くのか、ベースラインに徹するのか、瞬時に決めてはじめるという、なかなかスリリングな展開に。
こういう時に、21年のシカゴでの経験がものを言います。
この夜も何度もイェーとお互いに顔を見合わせる場面ありでした。
{7BFB906B-6496-4311-A47B-FD13538E6574:01}

{1D176312-C7ED-4E17-A1BE-AB2F0D9426CB:01}

昨日は東京へ。
{5DF71957-1AE1-4E86-BEC6-E4F6DD1B1367:01}

予約の時点でルースター・ノースサイドのライブはソールドアウトに。
嬉しいですねニコニコ
{D15025B2-45D7-42E8-A123-CFE82F9824EA:01}

ビアノにLeeちゃんを迎えてのトリオでのライブです!
ベースラインと骨格になるコードはLeeちゃんに任せて、自分は曲と状況に合わせて、コードやフィルインなど必要な音を入れてゆく。黒子に徹してジミーの歌とギターを光らせるよう意識しながらのプレーでした。
曲の美味しいところで、手を休めてジミーの歌に聞き入っても大丈夫という、プレッシャーのない状況はかなり嬉しかったりして笑。
{2C4DF4CB-5341-4FC8-8D85-578E4CEF8D99:01}

ライブ後は、差し入れていただいたこのお酒で乾杯。強力に美味かった~クラッカークラッカー
{4C6A5B47-A069-434E-A584-5117CBA17D0D:01}

ジミーとの地方公演は、どこも大盛況だったのがほんと嬉しいです!!

みなさんありがとうございました^_^

これからいよいよ青森に飛びます。

明日からJapan Blues Festivalです!!

{D8C62E57-84FF-48A7-909C-F1E99E019EAE:01}




Minakoちゃん: ありがとう^_^みなさんに喜んでいただけたみたいです。また次回ね!
山坊主さん: 楽しんでもらえてよかった^_^ありがとう!
jazzfunkloveさん: ほんと、ルックス随分違うなと自分でも思いますよ笑
いいね!した人  |  コメント(2)