菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba

菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=News=
フェイスブックに
菊田俊介オフィシャルページが登場!
みなさんの参加をお待ちしています!!

https://www.facebook.com/shunkikuta.music

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




「菊田俊介式ブルースギター!
感情にグッとくるコール&レスポンスの流儀」


ブルースを通じてコール&レスポンスを学ぶDVD

インストラクター: 菊田俊介  
仕様:93分
価格: 2、980円(税込)   
発売日:2014年1月15日発売予定
発売元:ALFA NOTE
http://alfanote.jp/AND029.htm



━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

Shun Kikuta & Legend Of Rockers
『Power In My Arms』(King Records)


【品  番】(CD) KICS-1917 
【POSコード】(CD)003-43219-5CD (2013/6/26)
【価格】 税込¥3,150
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-1917/

━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

BEST OF SHUN’S BLUES (King Records)


【品  番】(CD2枚組) Y  KICP-1647~1648 
【POSコード】(CD)003-43219-5
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1647/

━─━─━─━─━─
NEW !
テーマ:
数日前のこと、買い物をしに近所のスーパーに行った。

レジで前に並んでいた、自分のおふくろよりも少しだけ若いかな、という年代の女性が、財布をかき回して、

「あらやだわ。1円が無いかしら」

とつぶやいた。

10秒くらいかき回した後で、

「あらあ、やっぱりないみたい」

少し困った様子。

「1円ありますよ」

声をかけて手渡すと、

「まあ、すみません。本当に助かりました。ありがとうございます」

と丁寧にお礼を言われ、笑顔を残してその女性は帰って行った。


レジでお金を払って外に出ると、ちょうどその女性がチャリで目の前を通り過ぎてゆくところだった。

「さっきはありがとうございました。親切な人に出会えて嬉しいです」

そう女性は言って頭を下げると、もう一つ大きな笑顔を残して去って行った。

たかだか1円。

でもその1円が、その日一番素敵な経験をさせてくれた。

親切とまでいかないほんの少しの心遣いが、こんな経験をさせてくれるんだね。

こういうのが日常のいろんなところで起こったらいいよね。

そんなことを思ったブルースマンだった。


AD
いいね!(11)  |  コメント(0)

テーマ:
先週末に行われた東松山市レトロポップ食堂のライブから、

ブルースの名曲"Crosscut Saw"の動画をお届けします!

曲が進むにつれ、アルバート・キングの魂が乗り移ってきたようだ。

偉大なるブルースの師に最敬礼。

楽しんでいただければ嬉しいです。

そして、小生のYou Tubeオフィシャルのチャンネル登録がまだの人はぜひこの機会に!!

引き続きどんどんアップしていきます♫

https://www.youtube.com/channel/UCiY3Yr2nO4fOMSfBm6Olm8g



AD
いいね!(9)  |  コメント(0)

テーマ:
初めての東松山市。

レトロポップ食堂のオーナーで市議会議員でもある高田正人さんによると、東松山は音楽とノーベル賞の街なんだとか。素敵です^^



まさにレトロで昭和な雰囲気が満載の店内。

ライブまでには立ち見も出る大入りで、熱気ムンムン。






片野君、関君とのファンキートリオ。強力なリズムセクションの二人とのプレーは本当楽しい!!





アンコールのSweet Home Chicagoでは、OAのChiken Soupの小林Chikenさんとジャム!


たっくさん盛り上げてもらって、たのし~いライブでした!!

来てくれた皆さんありがとう!!

そしてChikenさん、高田さん、スタッフの皆さんにも心から感謝です!!


AD
いいね!(8)  |  コメント(0)

テーマ:
{2E83600D-8C77-46AA-99AA-7CEFC534F66B:01}

{6858A5B7-C747-4A9A-9723-A830B8C734A9:01}


今週土曜5/21(Sat)は、埼玉県東松山市レトロポップ食堂でShun Kikuta Funky Trioのライブです!

OAにはCHIKEN SOUPの皆さん。

やる度に進化していくFunky Trio。

ぜひ皆さんに見ていただきたいですね!

初のレトロポップ食堂楽しみにしています♫

■5/21(Sat) 埼玉県東松山市レトロポップ食堂
Shun Kikuta Funky Trio Live
OA: CHIKEN SOUP
Open 18:30, Start 19:15
前売:¥2,500+1ドリンク 当日:¥3,000+1ドリンク
いいね!(14)  |  コメント(0)

テーマ:
7月に初来日を果たすシカゴのブルースマン、チャーリー・ラヴ(Charlie Love)

実は彼について、1998年のブルース&ソウルレコーズ誌の小生のコラム「シカゴ・ブルースの歩き方」で取り上げていた。(すっかり忘れていたけど、昔の記事を開いてみたら出てきたので自分でもビックリだ笑。

せっかくの機会なので、その記事を抜粋してみよう。




ギタリスト/シンガーのチャーリー・ラヴは、シカゴの人気ブルース・クラブ<キングストン・マインズ>で毎週月曜と木曜にレギュラー出演している。

同店でのレギュラーも9年目を迎えて、週末に出演しているJWウィリアムズと並んでマインズの顔といってもいいんじゃないかな。

フランスで録音したアルバム『SO HAPPY I COULD CRY』がリリースされ、活動範囲もアメリカだけじゃなく、ヨーロッパにも広がりはじめてきた。

チャーリーの魅力はなんといっても歌だ。太くて深い声で歌われるブルースは力強くも、ナチュラルで小生はあんなふうに歌えたらいいなあ、といつも思ってしまう。

チャーリーは1956年シカゴ生まれというから、ブルースマンとしては新しい世代に入るのだろうけど、「僕の母親はブルース・シンガーで、ダンサーでもあった。親父はハーモニカ・プレーヤーだったよ。小さいころからずっとブルースを聞いて育ったし、ブルースを今でもプレーしている」と本人が言うように、生粋のブルースマンと言ってもいいんじゃないかな。

黒人の多くが影響を受けるゴスペルも、「教会で聞いてはいたけど、クワイアーで歌ったこともないし、ブルースほどの影響はない」そうだ。

ジミー・レクリフというギタリストがよくチャーリーの家に来てはバンドのリハーサルをやっていたのを見て自分もギターを始めるようになる。

「もう25年も前のことだよ。ジミー達が練習をしにウチにやってきて、その休憩の時にギターをさわってみたんだ。そしたらジミーが『そのギターをそこに置け。もし本当に弾きたいのなら俺が教えてやるよ』って、それで僕のギター人生がスタートしたのさ」

ミュージシャンの道をスタートさせたチャーリーがその頃頻繁に通ったのはサウス・サイドの<チェッカーボード・ラウンジ><テレサズ><リーズ・アン・レデット>の3つのブルース・クラブだった。今は亡きレフティ・ディズ、バディー・スコットらにかわいがられ、飛び入りさせてもらい腕をみがいた。

バンドに飛び入りして腕を磨くというのが、シカゴ・ブルース界で活躍するミュージシャン達が必ず通る道で、これによって曲を覚え、アンサンブルとプレーの仕方を学ぶんだね。

と、いう小生も飛び入りを繰り返しながらミュージシャンとのコネを作り、曲を覚えていったものだ。こっちのミュージシャンはデモテープなんて持っていっても聞いてくれないし、一緒に演奏した時の感触が全て。飛び入りを繰り返しながら、腕を認められればバンドにレギュラーメンバーとして抜擢される、という図式だ。

「自分ではじめてバンドを組んだのはもう16年くらい前のことかなあ。当時はチャーリー・ラブ&ジャスティスと言っていたんだ。その後名前がホット・リンクス、そして今のシルキー・スムース・バンドに変わっていたんだけど。当時はサウスのクラブやホーム・パーティーなんかで演奏することが多かったね」

50~60年代には43、47、79、87丁目などサウスサイドの大きな通りには何軒ものクラブが並んで朝まで営業していたそうだけど、70年代も後半にはいるとブルースが下火になり、多くのクラブが店をたたんでしまっていた。

チャーリーはちょうどその頃にブルースを始めた。

「あの頃に比べればブルース・クラブの数はずいぶん増えたよ。特にノースサイド、あるいは地方のほうにどんどんできているね」

最後に将来の目標は?と聞くと「ブルースを生き存えるために力を尽くしたいね。マディやハウリン、ウィーリー・ディクソンなどが残していった足跡を世界に広めていければ、と思う」とのこと。

オーソドックスなシカゴ・ギター・ブルースを今後も続けていってくれることだろう。







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Kuniyamさん:ライブを楽しんでもらえて嬉しいです!!ありがとうございます^^
まるさん:ありがとう~。長年プレーしていると、いろんな局面に出会いますね。それを経てさらに音も熟していくという事かなと思ってます!
Atsuyoshi君:忙しいだろうから、また次の機会にね!!元気で頑張ろうな^^
いいね!(9)  |  コメント(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。