プロMMA (Mixed Martial Arts)ファイター専門のマネージメント/マーケテイング会社SUCKERPUNCH ENTERTAINMENT のマネージング・パートナーですニコニコパンチ!

このブログに書くのは、ほとんどMMA情報ですけど、時々ですが、愛犬や映画やニューヨークのことなども綴りたいと思いますニコちゃん

NEW !
テーマ:



試合までの準備期間が二ヶ月以下なら、減量が間にあわないんで契約体重で計量パスするのは無理といえますけど、二ヶ月以上の準備期間があるのに試合を断る時は、これ、ケースバイケースだと思うんです。

奥さんが出産するとか家族の結婚式のようなファミリー・マターや、宗教上の理由でその週末は何も食べれない、公共の交通機関は利用できない。そういった理由なら問題ないですけど......
契約している選手はいつでも試合のオファーを受けられるように、常に練習しコンディショニングを整えておかないといけない。トップリーグなんだから、トップファイターとの対戦はチャンスだと思ってほしい。そういったフィロソフィーが根幹にあるんで、減量と怪我以外に試合を断る理由というのはそんなにないハズ。UFCとしてはそう考えていると思うんです。
もちろん既にチャンピオンとかスター選手で、試合の度にメディア・ツアーが大変だから少し休みたいというのなら話は別です。
でもプロのファイターならいつ出撃できるよう準備し、巡ってきたチャンスはミスらずに掴み取って欲しい。
UFCにとっても新しいスターの出現は嬉しいことですから、そういった意味でもお互いに利益が一致しませんか?という事でもあると思うんです。

それでは、ここで試合を断るとはどういう事なのか、やっと本題に入りたいと思います。
ダラダラと説明を書くのではなく、ここでは実例をあげていきたいと思います。

2010年にユライヤ・フェイバー選手と対戦した水垣偉弥選手。
これはメディアでも報道されたから知っている方も多いと思いますけど、一回決まっていたこの試合がフェイバー選手の怪我で流れたんですね。その時に、決まっていた日にちで他の選手とやるか?という話になったんですけど、水垣選手が下した決断は、フェイバー選手とやるつもりでいたから、ここは一端流して少し間を置きたい、だったんです。
もちろん水垣選手の意向をそのままマッチメーカーのショーン(・シェルビー)に伝え、色々と話したところ、彼も水垣選手とフェイバー選手との試合を組みたいから、怪我が治るまで待とうという結論に達したので、全く問題はありませんでした。


(1)(2)(3)次へ>>


UFCにおいて「NOと言える日本人」#4>>>





AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。