脳梗塞からの復活(した)奮闘記

脳梗塞になり、リハビリを兼ねて、書き始めてはみたものの、頭が整理できず中断。退院し脳梗塞の振り返りをまたも中断。今、出逢う人々に助けられて、素敵な毎日を送れている事を書いています!


テーマ:

自分で感じた事として、書いています。


数々の経験から・・・。

やっぱり「精神的な事が大切!」と思うのでした。


リハビリも、本人の「やる気」に左右されます。
脳卒中の患者さんは、急性期には頭がボーとしています。


私は、術後の「動け、動け・・・。」という言葉のように短い言葉で説明を受けてきましました。
術後に、ベッド上で使用していた機器も、手順を説明して頂いた後に、OTさんの書いた絵を使っての再度の説明、
もう一度、OTさんの手書きの絵を見ながら、機器を使っての装着方法の練習をしました。

今だから言える事ですが・・・。
何しろ理解力がありませんでした。

脳梗塞になる前のように、物事が理解出来無いのです。

理解力が無いというのを、自分自身が認めて無かったというか・・・。
理解力の低下を、自分自身が理解していなかったのです。

そんな状態ですから、4階から飛び降りようと思ったり、リハビリのスタッフの訪室時にやる気が無かったり、「死ぬ気で、リハビリを・・・。」と思った後にも、精神的な波はありました。

でも、リハビリ病院に転院してから、リハビリの時間数も増え、リハビリしか無いと思うと「やるしか無い❗」と思えたのでした。

やはり「死ぬ気で、リハビリを・・・。」という決心した事は、大きかったです。


自分の勤務する病院に帰って、毎日のように病室に訪室して下さる上司の存在は、本当にありがたかったです。
私が新人の頃から、お世話になっている上司で、私の性格も良くご存じで・・・。

また、別の上司は、一言、二言、声をかけて下さって、様子を見て帰ってしまわれる。

また、別の上司は、「負担になるだろうから・・・。」、同遼の面会を禁止して下さいました。
などなど・・・。

このように振りかえってみると、上司には本当に恵まれていました。
だから、職場復帰をしよう❗と思えたのです。

職場復帰を目標に、リハビリを頑張ってみようと、思えたのです。

この時点では、「利き手麻痺」「失語症」の状態でした。

リハビリ病院に、転院をして・・・。
「職場復帰が目標です❗」と宣言し続けました。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございますおねがい
皆様の幸せな日々を心よりお祈り申し上げます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。