幸せにラーメンを食いたい!

愛車のコラテックSHAPEWAVE3の記事も少しずつ書いています~


テーマ:

こんばんは。gakuでございます。

大阪に行った時に串かつ文化を知ってから、こっちでも昼間から串かつを食べることが多くなりました。

 
ここでんがなはお店が多いので「思い立ったらでんがな」がいつでもどこでもOK。

勿論瓶ビールです。キリンラガーとスーパードライから選べますがここではいつもキリンラガー。

まずどて焼き。

八重勝みたいに鍋の中でグツグツ煮てるのではなさそう。

牛串と生姜は鉄板。

牛串だけお代わりも。

たまに鳥皮ポン酢も。

他にも色々ありますが、あまり頼まないなぁ…

 
八重には行きたいけどそうそう行けないので八重勝飢餓はここで。山田だか田中だかそんな串かつ屋さんもあったので今度行ってみよう。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。gakuでございます。

 
久々に神奈川新町駅で下車。
前は横浜大勝軒でしたが今はどうなんでしょうか。元々はここと横浜駅西口のお店が同じオーナーさんだったようですが、今は横浜駅西口の方は東池袋の直営?のようになってるような…
チャーシューメンマラーメン中盛に辛味(サービス)。
 
よく行くお茶の水と比べると麺は細めで平打ち。他の大勝軒で平打ちってあったかな?湯で加減は硬めでぱっつんとした食感。
 
以前は醤油が前面に出ていたスープでしたが今回は魚介系の出汁がビンビンきいてる!しかし妙に甘い。謎の甘さ。これは何だろ?
 
チャーシューは厚さがもう少し欲しい。コリコリした食感のメンマは旨し!
最初少ないなぁ…と思ったサービスの辛味は小粒でもピリリと辛い辛い!これで十分です。
 
神奈川、仲木戸、神奈川新町は本当にラーメン屋が多い。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。gakuでございます。

 
大阪といえば粉もんです。お好み焼き、たこ焼き、焼きそば、うどん。
 
ですが…僕も3年くらい前までは知らなかった大阪名物。それが串かつ。
 
関東で串かつといえば大きめにカットした豚肉と玉ねぎを串に刺して揚げるやつですが、大阪ではそれこそなんでも刺して揚げてしまうようです。
 
牛豚鶏、エビイカタコししゃも、アスパラしいたけ玉ねぎレンコン、ハムウインナーチーズ生麩…どれも一口かせいぜい2~3口で食べられる小さめのものです。
通天閣でおなじみの新世界。様々な飲食店がありますが特に串かつ屋さんの多いこと。
 
その中でも有名なのが
ジャンジャン横丁にある八重勝と
 
だるまの2つです。
 
両方食べてみましたが、好きなのは八重勝ですね。だるまの方が接客とかの愛想は良いです。一方、八重勝は、うちは串かつを食べて飲んでもらうだけです(とは言ってないけど)という一種ストイックな雰囲気というかなんというか。
 
誤解のないように書いておきますと八重勝が愛想が悪いとかいうことはないです。一番近い表現は淡々とという感じですか。
八重勝のメニュー。1本100円~。名物串かつ(牛)は3本300円。大阪はやはり牛の食文化なんでしょうか。
とりあえずビールと串かつとどて焼き(300円)を注文。スーパードライで喉を潤して…
すぐに出てくるどて焼き。「焼き」といっても焼いてないですけど。
どて焼きはこんな感じで大きい囲いの鍋?の中でたえずグツグツしてます。だから注文すればすぐに出してくれます。左手前にあるキャベツはサービスでついてきます。
これが串かつ。牛のモモかな。脂身がないのでいくらでも食べられます。
この緑色のが生麩。これだけはだるまや他の串かつ屋でも見たことないです。モッチリした食感が好きで必ず頼みます。
ししとうとなす。
多分チーズとレンコン。
ソースは二度づけ厳禁。もし一度つけてソースが足りないと思ったらキャベツですくってかけるという手もあるようです。
 
串かつを何度も付けてると衣が剥離してくるので、店員さんが見計らって時々網ですくっています。
 
で、だるま。こちらは女性のスタッフもいて普通の居酒屋に近い雰囲気。こっちはデザートとかもあったような…
ソースとキャベツが出てくるのは一緒。
スーパードライもたまたま一緒。
だるまの方が衣がきめ細かいですね。だるまはテーブル席もあり数人で来るにはこっちの方がいいかも。
 
あとは…
店の中にフォルクスワーゲンワゴンがあって、その中で実際に飲食できる新世界串や。24時間営業です。
ここは生中と串かつ2、シシャモで500円というセットがお得。もちろんキャベツもついてきます。
 
あとは自分で揚げて食べるお店も。
さすが大阪。遊び心満載です。
 
この新世界はすぐ隣に天王寺動物園もあるし、その向こうにはあべのハルカスもあるので色々楽しめる街です。
 
大阪に行かれた際はタコ焼き、お好み焼きだけではなく串かつもおすすめですよ~
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。gakuでございます。

突然ですが、京都で一番好きなラーメン屋といえば第一旭。

京都駅八条口にあるエルイン京都からだと…

線路を渡ってすぐ。

店内。

メニュー。

調味料。

ラーメンネギ多め(本場の九条ネギがどっさり!)

注文の際に「ネギ多め」といえば無料でネギ多めにしてくれます。

化調と豚スープのシンプルな、そして旨すぎる醤油ラーメン。薄切りのチャーシューは5枚か6枚。麺は中太のストレート。

そして突き出し肉も美味しい。ラーメン用のとは別にバラを厚めに切って盛り付けて、これもネギどっさりで。これをビールと一緒に朝5時から食べるのが京都の朝の幸せ…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。gakuでございます。
 
今回は手術入院の記事です。
 
とはいっても2泊3日なのでさほど大した手術ではないのですが。
いつもは病院までは地下鉄で行くのですが、天気もいいし歩いても1時間ちょっとなので散歩がてらブラブラと。
この日は本当に天気も良く、丹沢や富士山もきれいに見えました。
 
病院についてまず入院手続き。この時に入院保証金5万円を預けます。
 
退院時に清算し、掛かった費用が5万より少なければ戻ってくるし、5万で足りなければ追加で支払います。
ここが部屋。6人部屋でカーテンだけで仕切られています。
 
前回入院した時は隣が昼夜問わず「あ~あ~あ~あ~」「う~う~う~う~」と苦しそうに唸ってる人でとても寝られたものではなかったのですが、今回はそういうこともなく比較的穏やかに過ごせました。
貴重品はここに入れます。まぁ万全ではないですが無いよりはいいかなぁと。
カード式のテレビ。1000円でカードを買って見られます。度数が残ったらあとで清算もできます。
 
まぁ今回は2泊と短いし、普段から殆どテレビを見ない生活なのでテレビは無しにしました。その代わりに、
 
「いかなる時も優雅」
「発砲をやめて下さい」
「北宇治の音を全国に響かせたい」
「お~~~~!」
 
などなど戦車や吹奏楽で時間つぶししてました…
 
初日は点滴もしてないし、怪我をしてるわけでもないのでその気になればブラブラ外を散歩したりも(して良いのかどうかは別として)できなくはないのですが、まぁ3日間くらいは我慢しないといけませんね。
 
その間にも代わる代わる看護師や明日の手術担当の人が来て体温血圧を測ったり薬やアルコールは大丈夫かとか訊かれたり。
 
あと明日の手術の流れを写真付きの紙芝居みたいなもので説明してくれます。手術室の入り口でお名前を確認します、スリッパからサンダルに履き替えてもらいます…などなど。
 
 
 
で、今回の手術です。
 
去年の3月に自転車で転んで右鎖骨を折ってしまいまして(右鎖骨遠位端骨折)、折った場所が場所なのでギプスでは固定ができないので金具で骨を直接つないでしまおう、ということに。
これがその前回の手術後のレントゲン写真です。
 
右の肩を切開してチタン製のプレート、ネジ、ワイヤーで折れた鎖骨を固定。固定している金具の上にある細い0や1の数字みたいのは切開した傷口を縫合するホッチキスのようなものですね。
 
以前は糸?で縫合していたみたいですが、今はこれが主流なんでしょうか?あるいは傷によっても使い分けてるのかな?
 
それで手術してから月一で診察に行ってましたが、8か月ぐらいして先生から「骨もくっついたみたいだし、金具取る?」と訊かれました。
 
3月の手術後は「チタン製だから錆びることはないし、まぁ~あなたが取らなくてもいいっていうなら一生取らなくても大丈夫だけどね~」と言っていたのですが、もし取るなら手術してから2年ぐらいが良いということでした。それ以上経ってしまうと金具のネジ穴が埋まってしまって取れなくなる、というお話。
 
といっても僕も一応仕事があるし、前回の事故後2か月半の長い休みを頂いてたこともありましたが、事情を話したら気持ちよく快く(多分そうだったはず)お休みを頂きました。申し訳ありません…そしてありがとうございます!
 
 
そして。
初日の夕食。
 
魚の切り身が大きくてまずまず。
 
この日の0時まで飲み食いはOKですがそのあとは手術のため絶食(水もダメ)になります。
 
 
 
で2日目の朝。
朝6時過ぎに点滴開始。
 
これから手術して明日の朝まで食事無しで24時間以上点滴が続くわけなんですが、点滴ってすごいですね。中にブドウ糖が入っていて血糖値を上げてるから腹減らないんですよね。お腹もグゥグゥ鳴らないし。すごく不思議な感覚ではあります。
 
で今回は9時と早めの手術開始。
 
昨日紙芝居で教わっていた通りの手順で手術室に入り中では担当の先生のほか5人くらい。手術台に横たわって暖かい布団をかけられておむつみたいなパンツ一丁にされて口に酸素マスクをカポッと嵌められて「ちょっとチクッとしますよ~」と言われて全身麻酔が始まるとすぐに(ものの10数秒で)眠りに落ちて…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気が付けば次の瞬間には病室の天井が。
 
当たり前だけど手術のことは全く覚えてない。前も思ったけど本当にこれ凄い!(子供か)
 
で、前回の手術後は骨折した箇所の痛みと、あと全身麻酔をした影響なのか、ズキズキする痛みと二日酔いの3倍くらいの気持ち悪さが夜中まで続いてあまりにも辛かったので人生初めて座薬を挿入してもらいました…(しかし全然効かなかったような記憶が)
 
今回は切開した傷の痛みが常識の範囲内で痛むくらいで、気持ち悪くなることは全く無く、その点はよかったです。
 
しかし朝の10時過ぎに病室に戻ってからが長かった…
 
点滴はずっとつけっぱなしだし、あと新たに
こんなのも追加されました。
 
手術後の炎症を抑えるんだったか何だったか忘れた…
寝たきりでの血栓防止のために自動的に30秒ごとくらいに足を締め付ける血圧計みたいのを両ふくらはぎに巻き付けられていたために身動きが取れず…
 
仕方なくスマホを見たり、眠くなったら寝て、起きてまたスマホを見たり…
 
そして点滴だけでも尿意は来るので、その度にナースコールをして足の拘束具を外してもらって点滴ぶら下げ器をガラガラ押してトイレに行き、看護師さんには「トイレでお小水の量を計ってあとで教えてくださいね」と言われていたのでその通りにして…ああ面倒くさい。
 
ただ、夜の担当の人に変わったらその看護師さんは「歩くのもしっかりしてるみたいだし足の拘束具はもうつけなくてもいいですね」と外したままにしてくれた。
 
多分夜勤の人が少ないからいちいち呼ばれてトイレのたびに外すのも手間だし他にも一杯仕事抱えてるだろうし、こちらとしてもその方がいいので助かりました。
 
昼間に寝たり起きたりしたので夜中もよく寝られずに朝を迎えて。
38時間ぶりの食事。
 
「おお旨い!」となるかと思いきや、意外に感慨はありませんでした。
 
あとは薬剤師さんにもらった薬を飲んだらおしまい。
 
荷物をまとめて入院費の精算を済ませて(預けておいた5万じゃ足りなかったので追加で払って)10時前には病院を出ました。
 
うう!外は寒い!
 
で昼前には帰宅してとりあえず写真を撮ってみました。下は術後のレントゲン。一本の骨になってます。
 
切開した箇所をホッチキスみたいので止めて傷を守るためにハチの巣みたいな緩衝材を置いてその上から防水用のテープを貼ってあります。
 
早ければ来週初めにはホッチキスの針を抜鈎して再来週からは仕事に戻る予定です。当たり前だけど抜鈎するまではお酒は厳禁です。
 
その代わりにラーメン食べて身体に良いコラーゲンを沢山摂って早くゆっくり治さねば…
 
 
 
それで前回の休みの後は5㌔太ってしまい、会う人会う人が嬉しそうに「太ったねぇ~」「大きくなったねぇ~」と暖かい声を掛けてくれたので今回はちょっとは控えないと…無理だろうけど、控えめに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。