人生时尚のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
応は」
「う、うるさいわねぇ。ほっときなさいよ!」
「まあ、ある意味そんなものかもしれんな」
「ちょっと、エアリー?」
「ははは」メンズ ブレスレット 人気

 エアリアルが軽妙に笑う。その笑顔は晴れやかで、迷いや後悔は既に感じられなかった。実際、そうなのだろう。

「でも、アルフィリースのことを姉さんと呼ぶのも変だしな」
「今までどおりでいいわよ」
「そうするよ」
「盛り上がるのはいいが、そろそろ行こう」

 ニアが全員を促す。それに付いて全員が歩きだす。ふと、アルフィリースがニアの事を気にかける。彼女は一言もカザスの事を話さない。心底心配しているはずなのだが。

「ニア、カザスのことは」
「今は言わなくていい。きっと生きてるさ。あいつがあんなところでくたばるものか」
「でも、心配でしょう?」
「それはもちろんだが、アルフィは知らないだろう? カザスは私の前で色々夢を語ってくれたよ。自分はこの世のあらゆる謎に挑戦してみたいとな。それこそほっとけば一晩中でも語りそうだった。あんな情熱に燃えた人間は、そう簡単には死なんよ。だから、フェンナもきっと生きてるさ」
「そっか。ならもう話さないわ」

 アルフィリースが、ニアとカザスは既に強い信頼関係で結ばれていることを羨ましく思った時、ミランダもまた話に加わって来る。

「まあ何かあれば桔梗から連絡が来るさ。そのように手配しておいたし、万一があればアルネリア教会に頼るように言っておいた。だからあの2人は大丈夫さ」
「ミランダ、恩に着るよ」
「いいってことさ。それより、ラーナのことも聞きたいな」

 ミランダが最後尾を歩くラーナを振り向く。彼女はしずしずと歩き、とても大人しく後ろから付いてきている。そのラーナが、小さな顔を上げる。

「私の事、でしょうか」
「そう、ラーナの事。これから一緒に旅するんだから、色んな事を話しておきたいなと思って」
「例えば」
「なんでフェアの元にいたのか、とか?」ブランド ブレスレット

 ミランダのその質問にややラーナが俯いたので、ミランダはまずいことを聞いたかなと思ってしまう。

「あ、いや。話したくないことは、話さなくていいからな。無理に聞いているわけじゃないんだ。」
「あ、すみません。私、考えるときに俯くのが癖でして。実は私の母親はバンシーなのです」
「バンシー?」

 あまり聞き慣れない言葉に首を傾げる者が多い。ミランダとユーティだけは心当たりがあるようだった。

「バンシーっていうと、確か闇の精霊の眷族だね?」
「はい、そうです。母親はそのバンシーです」
「でもバンシーって、普通は人前に出ないでしょ? 森の中とかで、人知れず小さな集団で暮らすって聞いたことあるけど」

 ユーティの言葉に頷くラーナ。

「普通はそうです。でも母のバンシーの一族は少し変わっていまして、淫魔の血も少し入っているのです」
「淫魔?」
「男を誘惑して、襲っちゃうっていうアレ?」
「お恥ずかしい話ですが」

 ラーナが頬を染める。その仕草に一同が妙にどきっとする。なるほど、納得ができる。まだ少女の様な顔と体型で、黒いローブに身を包んだ格好だというのに、妙に色っぽいと全員が思っていたのだ。ラーナが成人すれば、きっと引く手数多となるだろう。フェアトゥーセが顔を隠したのも、納得の所業だ。

「母の一族は、男女ともに人間を誘惑して一人前と認められます。それが成人の儀式だそうです。ですが、母はバンシーとしてはできそこないだったと自分で言っていました。どうしても男を誘惑する度胸がなくて、道端でさめざめと泣いているところを、父親に慰められて好きになってしま

http://www.vq53.com
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード