サザンの桑田さんの落語

テーマ:

サザンの桑田さんが

NHKの「SONGS]に出演されていました。

サザンはデビュー当時から深夜放送で聞いていて

大好きなので、昨日も期待をして見ていました。

が、桑田さんの落語が狂言回しとなり曲を

紹介していく構成で、これが言っては悪いですが

見ていられませんでした。上手い下手ではなく、

こういう企画自体に全く魅力を感じないというか、

内輪受けの匂いプンプンというか、

時代と乖離しているというか、

センスがあまりよろしくないというか、

曲も演奏もあれほど素晴らしいセンスなのに

ファンサービスのつもりかもしれませんが、

どうもいただけませんでした。

 

サザンはかつて民放で、

同じように様々な企画のあるサザン単独の

音楽番組をやっていたことがありますが、

これも全く同じ印象だったのを

思い出してしまいました。

この番組を見たときも

桑田さんに誰も意見を言えないのか、

まわりのブレーンがセンスの

よくない人たちなのか、

事務所がきちんとマネジメント

できていないのか、

僕は、サザンファンとして

カラオケでもよく歌うのですが、

ちょっと残念な気持ちになったものです。

サザンファンは、みんな熱烈で、

「いいファン」が多く、はっきり

こういうことを指摘する人が

少ないと思うので、

僕が言おうと思います。

 

サザンは音楽を聴かせてください。

 

 

AD

同じテーマ 「雑談」 の記事

トランプ次期アメリカ大統領の誕生も、ヒラリー氏と民主党候補を競ったバーニー・サンダース氏の善戦も、社会の格差に怒る多くの人々の力が大きかったように思います。田中俊英さんは、「アメリカの若者はカクサに怒り、日本の若者はLINEする」と仰っています。日本の若者について詳しく言うと、次のようなことだそうです。それが本日のコレクションです。

 

本日のコレクション

 

下流層は横を見て安心し、自分より下を見てさらに安心し、決して「上」は見ない、というか、

自転車+コンビニ+おにぎり+LINEの世界には「上」は見えない。

 

 

 

AD

「大統領」戦

テーマ:

自国の利益ばかりを訴える

トランプ氏が米国の

次期大統領に選ばれました。

イギリスは自国の権利を

主張してEUを離脱。

西欧諸国では、

極右政党が存在感を増しています。

いまから60年前、経済白書の

「もはや戦後ではない」

という言葉が流行したそうですが、

僕はいまの日本、あるいは世界について

こう思います。

 

「もはや戦前である」

 

 

AD

映像コレクター「怪獣」

テーマ:

東京には、怪獣が現れることがあります。子供のころ熱中したウルトラマンのロケに出くわし、

興奮すると同時に、なんだかがっかりしたのを覚えていますが、この怪獣には、僕の失われた時間がつまっている気がして、ちょっとセンチメンタルでした。

なんであの人が社長に?

テーマ:

東芝や三菱自動車、シャープ、タカタなど、日本企業の失敗は、報道などからみると結局はトップの責任なのだとおもいます。よりによってなんであんな人が社長?というような人事は、僕の身の回りの知人の話からも、いくつもの会社で普通に起こっていることのようです。本日のコレクションとしてご紹介するのは、西郷隆盛の言葉ですが、その意味は、業績をあげた人には給料で応え、人徳のある人には地位を与えろ、ということだそうです。世の中、まったくそうなっていないようです。

 

本日のコレクション

 

功ある者には禄を与えよ、徳ある者には地位を与えよ。