◇掲載誌◇

女性自身 7月1日号

6月17日発売


◇昼の帯ドラマに出演決定!◇

■東海テレビ連続ドラマ
「聖母・聖美物語」
3月31日(月)スタート
毎週月曜日~金曜日ひる1時30分から放送

◇インタビュー記事掲載中

http://tokai-tv.com/seibo/interview/

◇公式サイト
http://tokai-tv.com/seibo/

◇投稿メッセージ
http://tokai-tv.com/seibo/message/
ご意見・ご感想などなどぜひ投稿ください。


◇DVD発売情報◇

「名古屋行き最終列車 ディレクターズ・カット版」DVD発売決定!
●2014年6月11日発売
●各巻1000円+税

↓↓↓以下のサイトで購入・予約できます↓↓↓

◆「名古屋行き最終列車」(2012年度)ディレクターズカット版DVD
 http://www.mei-colle.com/products/detail.php?product_id=7370203
◆「名古屋行き最終列車 season 2」(2014年度)ディレクターズカット版DVD
 http://www.mei-colle.com/products/detail.php?product_id=7370204  

◇2シーズンが閲覧
 http://www.mei-colle.com/products/list.php?category_id=13



◇オフィシャルサイト◇

片岡信和オフィシャルファンクラブ・メルマガ受付中!

映画&ポエムブログ


公式twitter


プロマージュサイト


片岡信和のなりすましにご注意ください。
当社所属者を名乗ったfacebookをはじめとするソーシャル・ネットワーキング・サービスの報告が多数寄せられています。公式サイト、携帯公式サイトにて記載されていないものに関しては、当社所属片岡信和ではありませんので、ご注意いただけますよう、宜しくお願いいたします。

「なりすまし」行為にご注意ください。
株式会社プロマージュ




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-30 14:40:08

[ドラえもん/her/transcendence]

テーマ:ブログ
8月が終わる。7月が昨日のことのように思える。だから久しぶりの更新とも思えないのだ。てへ。

現場など本番を控えた時期よりも、実はそれ以外の方が慌ただしく過ごしてる。
その時に何をしたかが、後で実力になって出てくると言われた。だからバタバタしてる。そう、バタ子ならぬバタ男だ。

3度の飯より映画館派の僕は、お腹を鳴らしながら通う日々でもある。ジャムおじさんに新しい顔作ってもらっとけばよかった。


{61E9FD55-C558-4F95-9426-7EB4F5EB0B8D:01}


{8B01E390-ECC8-4F3C-BC09-C85FBC9C4B9E:01}


人類を脅かす存在が宇宙の生命体とかではなく、人間自身が作り出した人工知能になりつつある。
最近はそんな映画が多いな。形を持たない知能、意識の方が宇宙よりも広く、脅威に感じる。
僕が子供の頃は主にエイリアン系で、ほとんど目をつむりながら観た、というか座ってた記憶が強い笑


[her 世界でひとつの彼女]は、ホアキン・フェニックスの目の芝居に尽きる。人工知能との会話は電話のようで、会話しながら目が流れていく感じはなるほどと思った。
スパイク・ジョーンズの巧みな景色の描写も素敵だ。


[トランセンデンス]は、まさに人工知能の危険性を示唆していて、確実に人類が直面する問題だと思う。
ジョニー・デップ演じる主人公は最後まで愛のために生きたのに、切ないエンディングを迎える。


{12943676-E604-4A07-9FDD-ACA9DD6358B3:01}


[ドラえもん]の最終回を2時間でまとめるなら、のび太との最初の出会いから描くのではなく、すでに一緒に生活している所からスタートした方がもっと感動すると思う。
エンドロールのNGシーンには驚いたけど、今思えば、ドラえもんはずっと終わらないよってメッセージだと気づいて、今さら感激。

秦基博さんが歌う主題歌は、きっとのび太からドラえもんへのメッセージ。
大切な人への普遍的な愛がやけに心にしみる。

ドラえもんみたいな猫型ロボットみたいな時代が、近づいてきていると思うとドキドキする。

あと200年くらいかな、それまでバタバタしてよっと。
AD
片岡 信和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Amebaおすすめキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み