2017年 始まり

テーマ:
明けましておめでとうございます!



2017年になりましたね!



めったに更新しない当ブログが1年で唯一のハイペース更新をする年末年始の後の方の更新ですよっと(笑)



今年の元日は奈良でのんびりと過ごしてました。若い頃は帰省したら地元の友達と寝る間も惜しんで遊んだんですが、年々それもなくなりました。みんな仕事をして家族を持って忙しくなったってのもありますが、自分自身も両親と過ごす時間を大事にしなきゃとも思って自然とそうなってきちゃいましたね。少しばかり寂しい気もしますが、これも大人になったってことだと思います



ちなみに今年は恒例の過酷な山仕事的なものもなく、親父とのんびりと焚き火をして過ごしましたよ。庭の木の枝打ちは危険だし、後でとんでもない筋肉痛になる辛い作業ですが、無きゃ無いでこれまたちょっとばかり寂しい気もしましたけど(笑)。まぁ、たまにはこんなゆっくりとする正月もいいでしょう!ちなみに家はコンビニすら歩いていける距離にない山の中なんですることがないってのもありますが(笑)







焚き火の写真をアップするか迷ったんですが、あまりに地味&なぜかアップロードがうまくいかないのでやめときました。代わりに試しにアップロードしたらすぐにできちゃったアルバムにあった自分の幼少期の写真でも貼っときます(笑)



さて、そんなこんなで、ぼちぼちと2017年について書いていきまーす



まずはパチスロ業界についてですが、昨年から徐々に増えてきた新基準機がますます増えるでしょうね。自分は業界事情にあんまり詳しくないですが、新基準機の設置割合に対する決まりなんかもあるみたいですしね。それでも、絆の設置期限も延びたらしいし、まだまだAT機も現役でしょうし、どうなるんでしょうかね。そもそも、近年は規制はどんなのがいつくるかわかんないのでいきなり全部ひっくり返るかもなんで、どうなるか予想するだけ無駄なんじゃないかとすら思うようになりした。それでも、一つ思うのは、新基準機だからとか純増枚数が少ないからとかいうネガティヴな先入観を持つのは良くないかな、と。勝つって意味では大事なのは機械割と設定配分だし、楽しむって意味ではゲーム性を理解しないと始まりませんからね。この事に限らずですが「どうせ〇〇だから…」っていう考えで、何かと向き合うのは勿体無いと思うんですよ。もちろん、向き合った結果がダメってこともありますけど、それは結果論ですから。とりあえず、向き合ってみないとわかりませんよって話です。まぁ、皆さんの代わりに向き合って、その結果を伝えるのが自分たちの役目なんですけどね



この流れで書きますが、自分は梅屋シンとして今までと引き続き置かれた環境で「勝とう」という意識でパチスロに向き合って、そのプロセスや思考を皆さんにお伝えできれば、と思っています!それは誌面でも動画でもどんな企画でもその意識だけは無くさないようにしないと自分なんて存在意義がなくなっちゃいますからねー。自分が何を求められてなぜメディアに出られているかだけは独りよがりであっても意識し続けるべきだと思うんですよね



この辺はあくまで自分は、であって他のライターさんはどうかわかりませんし、それぞれの伝えるものを受け止めるのは皆さんです。だから、自分のこのスタイルが必要とされなくなったらそれはそれで仕方ないことってのは、ずいぶん昔から思ってますしね。まぁ、今は色んなメディアがありますし、伝える側を受け止める側も多様性に富んでるで色んな人がいて当たり前だし、だから面白いってのもありますしね。あくまでも自分は自分で前向きにやっていきますね



そんな中で自分の抱負的なものは…



例年と変わらず「考えて努力する」ですね(笑)。まぁ、これはもう自分の人生の指針みたいなとこありますから、そんな変わりませんね。昨年の正月には加えて「挑戦する年」ってのも掲げてましたが、今年はむしろ「今あるものを見直す」って感じかなー。気が付かない間に惰性でこなしたりしないようにやるべき事をしっかりすることを意識したいと思っています。もちろん、挑戦すべきときはしなきゃですけど!



パチスロについては上でも書きましたが、置かれた環境を嘆くかずにできることをしっかりやれたらと思ってます。大袈裟な話、機械割が100%超えてる機種がまったくなくなるかホールが全部ベタピンにでもならない限り絶対に1円も勝てないなんてことはないんですから。もちろん、喰えるかどうかって話は別ですけど、自分はもはやガチプロではないですし、ガチプロの人たちは自分のことを参考にしたりはしないでしょうしね(笑)。まぁ、ちょっとはガチプロの人たちにも参考になるくらいの考えや意識だけは伝え続けたいですけどねー



具体的な機種としては、とりあえずまどマギ2とバジ3あたりをメインにしつつ、相変わらずアクロス系のお世話になりそうですね。特に映像や誌面的にはなるべく絆に頼らなくても勝てることを証明していきたいって思いもありますし



ふんわりと抱負的なことはこんな感じかなー。毎年、似たようなことばかり書いてますが、自分はあんまり変わらないんでご容赦くださいな(笑)



あとは具体的なものを…



・スロジャニでの勝率ツモ率アップ(もはや恒例)

・サラリーマンシン太郎での勝率アップと内容の充実(アクロス系ばかりに頼りたくはない…頼っちゃうかもだけど(笑))

・「梅屋シンのパチスロゼミ」の完結(仲間内で時間さえ合わせられれば…)

・媒体はこだわらず番組か企画で新しく長く続くものを始める(ジャーニーや改造計画みたいな長寿言われるものになるくらいのを始めたい)

・55アップのバス、90アップのライギョ(正直、目指すだけでも楽しい)



今年は少なめにしときました!実際どうなるかわかりませんが、足元を見直すことを重視する年にしたいので…



ということで…



皆様!



2017年も…



改造計画、マジスロ、puzzleなどの誌面も、サラリーマンシン太郎などのDVD動画も、スロジャニ、スロCなどのスカパー動画も、必勝本web、ジャンバリ、Vプレスなどネット動画も、アメブロ、twitter、YouTubeなどの個人発信。そして、ワタクシ梅屋シンを…



何卒よろしくお願い致します!





梅屋シン
AD

2016年 終わり

テーマ:
こんにちわ!

ブログだけ見てくださっている方はお久しぶりです。最近は手軽なtwitterばかり更新して、すっかりこっちはご無沙汰になってしまっておりました。正直なところ、もうこっちは更新しないってのも考えましたが、自分の中で恒例となっている年末年始の更新だけはやっぱり長い文章で書きたいので、奈良に帰省する新幹線からぼちぼちと書き始めております

それでは自分なりに何となく2016年を振り返っていきます

もうずっと…というかもしかしたらそれが当たり前なのかもしれませんが、世界情勢は何となくキナ臭いですね。自分は日本という島国で毎日パチスロなんぞ打って平和ボケしていますが、世界の情勢や日本の置かれた立場やらを考えるとそれじゃいかんのかもですね。とはいえ、現状の自分なんぞに出来ることといえば、選挙に行ったり、税金を払ったりするぐらいなんですけどね。それでも、せめて自分で考える事だけはやめないようしつつ、このまま自分が平和ボケしていられる世の中であり続けることを祈るばかりです

パチスロ業界もいろいろありましたね。ちょっとづつ新基準機が増えてきましたが、まだまだホールではAT機がメインといった状況。正直、規制やらなんやらで機種構成が決まるのがゲンナリな人も多いでしょう。もちろん、規制を作るのはお上で台を作るのはメーカーで台を設置して設定を決めるのはホールなんですけど、打ち手はホールや台を選んで何なら打たないっていう選択肢も選べるんですよ。そして、あくまでパチスロは遊技なんで各々のスタイルで好きに向き合っていけばいいんじゃないでしょうか。自分みたいなパチスロをやめるっていう選択肢がないパチスロライターっていう立場的には後ろ向きなことは言うべきじゃないとは思いますけどね。純増枚数やシステムなどの規制で決まったどうしようもない部分を嘆くのではなく、その規制という括りの中で、いかにして勝つか楽しむかを提案するのが仕事ですから。そもそも、パチスロなんて規制がなかったことなんてないし、その中でやれることをやるのが当たり前のモノですしねー。まぁ、どんな規制があっても、だいたいのパチスロって打ったらおもしろいし(笑)


さて、個人的に2016年は良い事も悪い事もあった…プラスマイナスゼロの年って感じでしたね。でも、良い事ってのはまんまプラスで、悪い事ってのは勉強だと思ってそれを成長の糧とすればいつかプラスになるので、実際はプラスしかなかったと思ってます…無理矢理ですけど(笑)。心が折れるほど悪い事はなかったですしねー


最近、思うんですよ。時間というものは本当にすごいスピードで過ぎ去っていくんだな、と。少し前まで若者だったつもりの自分がもう36歳。ぼやぼやしてるとあっという間に老人になって死んじゃいますよ(笑)。だから、一年一年、一日一日を大事に過ごさなきゃなんです。仕事はもちろんですが、大切な人と過ごす時間や趣味などの遊びの時間も大切。逆につまんない事に振り回されたり、悩まされたりしてる時間はもったいないんです。人生は一回しかないんですから、後悔のないように時間を大切にしなくてはいけないと本気で思うようになってきましたね


自分のパチスロ事情的には、立ち回る機種がバジ絆+沖ドキ+アクロスから徐々にまどマギ2+北斗修羅+バジ3+アクロスになってきました。もう自分は完全にガチプロではないのであんまり自信持っては言えませんが、収録みたいに半日程度で結果を出そうと思ったらこれが自然かな、と。ホールが推したい機種やシマから入って、大怪我しない程度で見切って、フォローできる機種に逃げる…やっぱりこれが基本になりますから。何とか結果は出せてますので完全に間違ってるってことはないと思います。それにしても本当にアクロスさんが頑張ってくれてて助かってます。あくまで理論上、シュミレート上とはいえ設定1で機械割100%超えててくれていると、打ちながらの「見」ができますからね。それでいてめちゃくちゃおもしろいんだから、もう最高ですよ!特にバーサスとか毎日打ちたいし!実際、毎日ぐらいの勢いで触ってますが(笑)

そんな中で今年も梅屋シンとしてレギュラーもゲストなどの突発的なものも含めて沢山のお仕事をさせていただきました。パチスロライターとして色んな仕事がありますが、自分のキャラクターを理解してくださってか、他の事ができないからか、実戦のお仕事がほんどだったことは本当にありがたい事です。それに応えるべく、実戦ホールも企画趣旨も様々ですが、できる限り「勝とう」という意思を持って立ち回ったつもりです!自分にはそれしかできませんしね!

2016年に新しく始まった仕事も終わった仕事もありましたが、どれもできる限り考えてできる限り努力して後悔のないようにしてきたつもりです。こんな自分でも必要とされる限りはそれに応えたきゃいかんですからね

もちろん、これからも読んでもらえること観てもらえること使ってもらえることを感謝する気持ちを忘れないで前向きに頑張りますよっと!

さて、まとまりもなくツラツラと2016年を振り返ってみましたが、年の始めのブログであげた「考えて努力する」と「挑戦する」はそこそこはできたんじゃないかなーとは思っています。でも、同時にそこそこじゃなく、もっとやれだろって反省もありますけどね

あとは具体的にあげた抱負はというと…

・スロジャニでの勝率アップ→勝率はわかんないけど内容は悪くなかったかな。目標の100勝も達成できましたし、良しとしてくださいなー

・ガチバカで勝率7割→木村さんには勝ち越せましたが、ガチバカ自体が終わっちゃいましたね…。また木村さんや伊藤さんと何かできたらやりたいですね。あっ!決して木村さんとの仲がどうこうで終わったんじゃないですよ(笑)!色々と事情があったんですよー

・サラリーマンシン太郎で勝ち越し→これはおそらく無理でしたね。4連勝したりといい感じではあったんですが、やっぱり投資と時間にひどい制限がある実戦は難しいですわ。まずはサイコロ運が必要ですな(笑)

・スロCで新しい企画をやって成功させる→これは4人+ゲストの力でやれたと思います。でも、しんどいのが多かったな(笑)

・ネット動画で勝てる勝ち回りをお見せする→これはそこそこやれたかなー。もちろん、情けないところをお見せしたものもありますが、全体的に見ると結果はそこそこ出せましたしね。勝てる立ち回りではないけど「梅屋シンの目がテン」の松ちゃんがゲストの回のハーデスで自分の動画最高枚数&5号機最高枚数も出せましたし!

・パチスロゼミを完成させる→すみません。ちょっと止まってますね。やりたいんですけど、仲間内で作ってるんでなかなかスケジュールが合わなくて…

・50アップのバスと80アップのライギョ→文句なしで達成です!バスもライギョも二本づつ釣りました!特にライギョは一生で一回レベルの素晴らしい魚に出会うことができましたよ。あの魚は本当に涙が出るほど嬉しかったなぁ









・リアル麻雀のレベルアップ→リアル麻雀自体をあんまりできませんでした。でも、ファイトクラブではやっとこさ真龍になれました(すぐ落ちたけど(笑))



・アメブロの更新を増やす→申し訳ありません…回想シリーズは一回だけ書きましたが…



こんな感じですかねー

2016年は具体的な抱負が多すぎたな(笑)。

さてさて、もうすぐ2016年も終わりますね。終わってみれば良い年でしたわ

それでは皆様!

2016年も本当にありがとうございました!

良いお年を!
AD

なんとなく回想みたいなの⑩

テーマ:
皆さん、こんにちわ

最近はTwitterばかりでblogは全然更新していませんでしたが、これだけは続けたかったので、久しぶりに書かせてもらいます

Twitter経由で来てくださった方や初めての方は、まずはこれまでの流れは↓を読んで下さるとうれしいです!

※ちなみにこのシリーズはこれまでもこれからも梅屋の記憶だけを頼りに書いてますので、色々と間違いや矛盾もあるかと思いますが、ご容赦&ご了承ください!コメントでの突っ込みは大歓迎ですよ(笑)

なんとなく回想みたいなの①
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-10639611933.html

なんとなく回想みたいなの②
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-10656394955.html

なんとなく回想みたいなの③
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-10728260839.html

なんとなく回想みたいなの④
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-10965362679.html

なんとなく回想みたいなの⑤
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-11082124239.html

なんとなく回想みたいなの⑥
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-11349851183.html

なんとなく回想みたいなの⑦
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-11526217729.html

なんとなく回想みたいなの⑧
http://ameblo.jp/shinumeya/entry-11780126708.html

なんとなく回想みたいなの⑨
http://s.ameblo.jp/shinumeya/entry-11882621020.html


まぁ、簡単に言うと昔を振り返っていろいろと書いてるだけですが、興味があったら過去の更新も含めて読んでくださいな


さて、前回は大学4回生になった梅屋青年が業界激震の爆裂マシーン「獣王」にどハマりして、ついに夢の万枚を初体験したものの、教授からお叱りをうけたところまででしたね


それからも卒論の研究も教授に怒られない程度にやりつつもホールには顔を出しておりました(ちなみに卒論のテーマは「鮎の左右性について」でした(笑))


獣王では万枚を出した以降は、高設定がほとんどなかった高知では、当然のように負けまくり。途中で自分は「この台は好きって理由で打っていてはダメだ」と気が付いて、ほとんど触らなくなります

この頃から「爆発力があるのにはそれ相当のリスクがある」ということは何となくですが、わかってきていました。ノーマルメインの時代でしたが、裏モノが教えてくれましたので(笑)

ここでガックンチェックや昼以降に回数の付いていることを根拠に打つノーマルタイプメインに戻しました

まぁ、そうなると相変わらずそこまで状況がよかったわけでもないし、腕もイマイチだったので収支も負けはしないといった程度に

ノーマルタイプでは勝っていたけど、新しいAT機が出たらとりあえず触ってましたしね

サラリーマン金太郎の新装で速攻で3万負けて撤退して夜に見に行ったら万枚出てたりしたなぁ(笑)


と、そんなこんなでボチボチなパチスロ生活を送っていたんですが、またここでパチスロ業界的にも梅屋青年的にも歴史を変える機種が登場するのです


それは…


「スーパーリノ」


それ以降、様々な名機を生み出すこととなったサイレントストック機能を搭載した超名機です

簡単に説明しておくとそれまで合法的には不可能だったボーナスの連チャンを可能にしたのが、実際には揃わないリプレイを成立させてボーナスを揃わなくさてるサイレントリプレイタイム。一見すると通常時…というか打ち手から見たら本当に通常時で、そのサイレントリプレイタイムが解除されるとボーナスが揃えられる状態になるって感じかな。それまでにもブラックジャックやハードボイルドみたいな目で見えるリプレイタイムを搭載したストック機はあったけど、サイレントリプレイタイムを利用して表面上はボーナスが意図的に連チャンしているように見えるストック機をはリノが初だったんです

獣王の話のときも書きましたが、自分は裏モノを打っていたし、一般人にしては規制なんかにも詳しかったので、最初はこんなことが可能なのかって衝撃を受けましたよ

けど、システムが明らかになる前にすぐに気が付いたことがあります

それは

「天井があるなら狙って勝てる」

ってこと。裏モノで天井や連チャンゾーンって概念には慣れてましたね

まぁ、仲間内で最初にそれを言い出したのは1学年下で一個上のHって寮の後輩だったんですけどね。このHはまた後で出てきますが、めちゃくちゃパチスロが好きで、仲間内で1番じっくり雑誌…具体的にはスロマガを読んで解析を理解するのも早かったんです


それからそれまで自分が味わったことがないような連勝街道が始まりました

当時のホールにいた打ち手のほとんどに天井や連チャンゾーンという概念もなかったし、雑誌を読んで勉強しようって人も全然いなかったので、それはもうめちゃくちゃ打てる台が落ちていたんですわ

いつホールにいっても落ちてるから「ハイエナ」っていう感覚すらなかったですから

最初は単純にハマっている台を打てば勝てて、その後ストックが残っているかの判別方が発覚してからはボーナスが理論値より出ていない台をストック判別して打つだけでめちゃくちゃ勝てました(キンパル以降のストック満タンで当たり前の機種と違ってストックがすぐ空になるけど、ストックがあるってだけで理論上勝てたんです)。
ついでにいうなら勝てるだけじゃなくリノはかなりおもしろかったんですよ。滑りの熱さは当時のどの機種より上だったかと。第1第2停止でのズキュンは心臓がとまるかと思いましたけど(笑)


そんなこんなでとにかく勝ちました。自分の記憶が確かならリノメインで打っていたその数ヶ月でリノで1日単位でマイナスになったのはたったの1回だけですからね


それまでもぼちぼちだけど勝っていた自分ですが、それまでと違って勝っているとかじゃなく初めて

「稼げる」

という感覚を知りました


まぁ、何度も言っていますが、それを知ったことが自分の人生にとって良かったのか悪かったのか知りませんけど(笑)


実際、急に貧乏学生が簡単に1日数万円稼げるようになっちゃったもんだから、みんなして焼き肉食って飲みに行って、と学生らしからぬ贅沢をしまくっちゃいましたしね…


まぁ、寮にいたメンツなんでみんなそれまでは一般学生よりはひもじい暮らししてましたし、そういうときぐらいはいいかなとも思わなくもないし、自分はその時に作った貯金で上京できましましたしね。とにかく、めちゃくちゃ楽しかったですよ


そんなところで今回はリノと出会ったことで、自分がパチスロで「勝てる」から「稼げる」という感覚を知ったというところまで


次あたりで大学生の話は終わりそうです
。パチスロしかやっていない自分が学生から社会に出るのは、今考えてもドキドキしますけど(笑)

まぁ、いつになるかわかりませんが、また書けたらアップします!

こんなダラダラとした長文を読んでいただきまして感謝です

でわ!
AD