白坂慎太郎 地球人財として輝く帝王学

白坂慎太郎が、地球人財として輝くための帝王学をお伝えしています。


テーマ:

 

読者登録してね

 

白坂です、

 

※最初に大切なお知らせを1点、、、

いよいよ明日の【6月14日(水)20:00】にメルマガ読者さん限定で新プロェクトをついに発表します。ぜひ楽しみにお待ちください。

無料案内の受け取り希望はこちら

 

さて、

 

金運を上げる方法 

 

まず、
いただいたメッセージを1通、、、

>「今回の対応の仕方を観て、今までより更に白坂先生が信用できるお方だと思いました。

今回、白坂先生と出会うことができ、ようやくメンターを見つけることができたと思っています。これほど真剣に熱く心に突き刺さる指導、そして論理的に分かりやすく指導してくれるという、両方を兼ね備えた人は今までの私の人生に出会うことはありませんでした。

ありがとうございます!!」


これほどうれしいメッセージを書いていただけるのですから、今まで真摯(しんし)に取り組み続けて、本当に良かったなと心から感じています。こちらこそ、本当にありがとうございます。

では、

今回は「金運を上げる方法」です。
結論から行きましょう。金運を上げる方法は、


「もしかしたら、こんなに上手い話が本当にあるかも?」という思考を持つ


です。

たとえば、金運グッズというのがあります。
お金が貯まる財布とか、「これを持つとお金持ちになれますよ」というようなものです。なぜ、ああいう金運グッズというのは今だに売られ続けているのでしょうか?簡単です。


金運グッズを買った人の中から、本当にお金持ちになれた人がいるから


もちろん、金運グッズという物自体が、その人をお金持ちにしたわけではありません。財布のおかげでお金持ちになれたわけでもなければ、石のおかげでお金持ちになれたわけでもありません。財布は財布、石は石、物は物、、、それ以上でもそれ以下でもありません。

では、

なぜ金運グッズを買った人の中から、本当にお金持ちになれた人が出てくるのでしょうか?その原因は、グッズという物の方にあるのではなく、買ってみる人の方の思考の方にあります。


「こんなので本当にお金持ちになれるんだったら、買ってみようかな?」


という思考が、その人をお金持ちにするのです。

世の中の99%の人は頭が良いですから、金運グッズというのは買いません。「そんなのでお金持ちになれるはずがない。」と頑なに信じているから、です。

もちろん、財布や石でお金持ちになれるわけではないので、そんなのでお金持ちになれるはずがないというのは論理的には正しいのですが、しかし、思考という面では残念ながらお金持ちになれない思考です。

「そんなのでお金持ちになれるはずがない。」という思考の人は、結局、「お金持ちになるには、真面目に働いて、コツコツお金を溜めるしかない」という思考になりがち。だから、お金を稼ごうとすれば、常識通りにまず仕事に就くことしかことしか考えません。求人情報にしか目が行きません。

「お金持ちになるには、真面目に働いて、コツコツお金を溜めるしかない」という思考だから、その思考が現実化し、真面目に働く方法しか本人が認識できないのです。しかし、


お金とは考え方


真面目に働くのはお金を得るための1つの方法であるのは確かですが、決して全てではありません。世の中には無限とも言えるほど、お金を得る方法があります。だから、真面目に働いてお金を得る方法以外に、


お金が楽にひんぱんにやって来る方法も、実際はたくさん存在しています


金運グッズに対して、「そんなのでお金持ちになれるはずがない」という常識人の人は、たしかに金運グッズに対してはその通りなのですが、しかし、その頭の使い方のままではお金持ちになれません。結局、本人が信じる通りの常識的なお金の稼ぎ方しか認識できないから、です。

逆に、

金運グッズに対して、「そんなのでお金持ちになれるんだったら買ってみようかな?」という人は、金運グッズに対しては間違った判断をしているかもしれませんが、しかし、その頭の使い方だとお金持ちになれます。なぜなら、「もしかしたら、そんな上手い話があるかも?」という思考の人は、


世の中から本当にそんな上手い話を見つけ出してしまうから、です


人間は自分が注意を向けているものしか認識しません。
・赤に注目すると、街中から赤ばかりが目に飛び込んでくるようになり、
・青に注目すると、街中から青ばかりが目に飛び込んでくるようになり、
・黄色に注目すると、街中から黄色ばかりが目に飛び込んでくるようになります

妊婦になると町中に妊婦が増えるという表現がありますが、それは本当に妊婦が増えたのではなく、自分自身が妊婦となったことで、妊婦に強い興味関心が出たから、街中にいる妊婦が認識に上がり始めたわけです。

要するに、人は自分が注意を向けていないことを認識できない一方、注意を向けていると、たとえそれが常識とは違ったとしても、ちゃんと認識できるようになるわけ、です。


お金とは単に「考え方」


「お金とは真面目に働いて、コツコツ溜めるもの」という考え方の人が認識するのは、「真面目に働いて、コツコツ溜める」ための情報だけ、です。

しかし、

「お金とは楽にひんぱんに入ってくるもの」という考え方の人であれば、「お金が楽にひんぱんに入ってくる」ための情報を認識できます。


お金持ちになれるか・どうかは、短期的には運


経営者でも投資家でも、お金持ちになれるか・どうかは、短期的には、実は運です。長期だと実力なのですが、短期だと実は運なのです。実際にお金持ちになることができた経営者をよく調べてみると、ほとんどの人が、

・たまたま、参入した業種が良かったとか、
・たまたま、参入した時期が良かったとか、
・たまたま、売り出した商品がバカ売れしたとか、、、

そういう運のおかげでお金持ちになれている人が、99%。本人の実力で長期的な本物の成功している人は、1%だけ、です。

・たまたま、買っていた土地が数十年後に大幅に値上がりしたとか、
・たまたま、持っていた土地を駐車場に変えたら、不労所得がどんどん入り出したとか、
・たまたま、持っていた建物を店舗用で貸し出したら、どんどん大きなお金が入って来るようになったとか、


「こんな上手い話が本当にあるんだろうか?」を本当に実現できている


投資に関しても全く同じです。
たしかに長期的には実力なのですが、短期的にはハッキリ言って運です。

たとえば、1960年代に銀行にお金を預けていたら金利が9%ついていました。本人が投資の「と」すら勉強していなかったとしても、ただ銀行に預けているだけで、


1.09×1.09×1.09×・・・・の複利で、本人は何もすることなくお金を2.4倍に殖やせていた


本人は本当に何もすることなく、ただお金を預けていただけで、まるで雪だるまを転がすかのように、どんどん・どんどんお金を殖やすことに成功できていたわけです。

同じように、投資のことなんかほとんど勉強していなかったけど、たまたま買った株をそのまま忘れて放っておいたら数年後にビックリするくらい値上がりしていたとか、お金持ちになれた人の99%の人は、ハッキリ言って、運だったのです。

ただ、その偶然でお金持ちになれた人の話は、ほとんど世間に出て来ていないだけ。恐らく、本人たちが自分から外に言わないのでしょう。

「何にもしなくても、お金がどんどん殖えた」とか、「たまたま買ってみた株のおかげでお金持ちになれた」というのは、常識ではありません。

世間体的にも言いづらいのかもしれません。共感されないのでしょう。だから、出てこないだけで、実際にお金持ちになれた人の99%の人は、実は運でお金持ちになれている。

もちろん、経営にしても投資にしても、10年以上の長期だと実力です。運は2度も3度も続かないから、です。しかし、短期だと間違いないく運です。たとえ「お金は真面目に働いてコツコツ溜めるもの」という常識とは全然違ったとしても、


世界の中に、上手い話は本当に実在している


頭のいい常識人は、「そんな上手い話があるはずがない」と0.2秒で却下してそれで完全に終了です。思考は現実化します。本人があるはずがないと頑なに信じているのですから、本人の認識の中には決して存在しません。

しかし、

「そんな上手い話も本当にあるかも?」と思っている人の思考も、やはり現実化します。すなわち、本当に上手い話を見つけ出します。だから、金運を上げる方法は、


「もしかしたら、こんな上手い話が本当にあるかも?」という思考を持つ


です。そうすると、たとえ常識ではなかったとしても、本当に上手い話を認識できるようになります。自分は何もしないでもお金がどんどん殖えていくような話だったり、ただ買って持っていただけで数年後にとんでもないことになっていた話のようなことも認識できるようになります。その結果、


金運によって本当にお金持ちになることができています

金運を上げる方法 

最後お読みくださり、感謝しています。
ありがとうございます。
それでは、また。

白坂慎太郎

 

※最後に大切なお知らせを1点、、、
いよいよ明日の【6月14日(水)20:00】にメルマガ読者さん限定で新プロェクトをついに発表します。ぜひ楽しみにお待ちください。

無料案内の受け取り希望はこちら

 

読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)