7月23日に投稿したなう

テーマ:


ZeppNagoyaの前に何か建ってた
7/23 14:55

今日で2012年6月のZepp NagoyaからLiSAの名古屋は、ほぼ皆勤賞
7/23 15:14

AD

7/23 LiSA 「Hi! FiVE」 at Zepp Nagoya

テーマ:












7/23 LiSA 「LiVE is Smile Always~Hi! FiVE~」 at Zepp Nagoya

Believe in myself(サビのアカペラのみ)
crossing field
ROCK-mode
oath sign
-MC-
ラブリーデイ
say my nameの片想い
Get free
DOCTOR
She
L.Miranic
オレンジサイダー
シルシ
Brave Freak Out
-MC-(ポケモンいえるかな?)
Hi FiVE
コズミックジェットコースター
Psychedelic Drive
Rising Hope
Rally Go Round
-MC-
終わらない冒険
-ENCORE-
halo-halo
ジェットロケット


今日はLiSAの5周年ツアーのライブハウスツアーの2箇所目である名古屋のZepp Nagoya公演を見てきました。

夏休みだけに移動がバスだと少し遅れたけど物販には丁度、良い時間で着いたので良かった。もはや名古屋は観光らしいことしなくても良いくらいだけど、5月からあちこち行ったから久しぶりに思いました。

ライブは、ほぼ時間どおりに始まって、セトリとしてはオルスタらしく変えてきた感じで、とても新鮮に見ることができましたが、終始、もみくちゃだったので熱さで記憶が飛び飛びになりそうでしたw

でも、基本的に押しが強いのは最初やアニタイだけで他はそうでもなかったりしたし、後半は結構、色んな人が疲れてる感じがしましたね。

say my nameの片思いは久しぶりだったけど、オルスタで振り付けとなったら、これが一番ノリやすいなあと思ったり。

DOCTORのギター・ソロで、いくちゃんは隣でLiSAが激しく踊ってるのに平然と弾けるのが凄いなあと思ったり、ゆっくんは、ふと見ると笑顔でドラム叩いてたり、ゆーこうさんは、いくちゃんと共に前に出てくることが多くて、やはりオルスタだと細かい演奏は見づらいけど表情はよく見えるなあと思いました。

あとはサイドラからだけど、スケスケな服装だからLiSAのお腹が前のほうだとよく見えるし、太ももが見えてからは色々と目が行きました←

オレンジサイダーでは浴衣風の羽織物を着て、髪をサイドにポニーテールっぽく結わいていたのが可愛かったです。

MCは、ポケモンの話が多くて、LiSA曰く、ポケモンやったことないけどポケモンの歌は歌えるで、最初期のポケモンいえるかな?を触りで少し歌ってまして、イマクニ?の懐かしいあれを知っていたあたり、やはり同い年だなあとと思いましたw

そして、ポケモンのように世界中の人にLiSAを知ってもらいたいと、今知っておかないとと思ってポケモンの話をしたけど、LiSAとして世界中の人にLiSAを今知っておかないとヤバい存在になりたいというのが本音みたいな説明していて、皆にとって好きなものの中にLiSAの音楽があって、それを胸張って好きと言ってくれたら必要とされていることになって、これからもライブで皆と音楽で遊びたいと言っていました。

あとはポケモンでは、にゅーメンズもやっていて、co-kさんはアカウント登録が失敗、あっきーとゆっくんはポッポばっかりだとか、スタッフのツイートがゲットだぜ!!とポケモンに因んでたことにも触れてて、今日はポケモンの話しかしてないと何回もLiSA自身がツッコんでたのが面白かったw

そして、名古屋はいつも緊張してしまうらしく、覚悟を決めて東京に行ったときや、岐阜にはアーティストが来なくて名古屋まで見に来ることが多かったり、思い出の多い場所で、そこへ帰ってくるのは、やはり他とは違う思いがあるとのこと。

先週までホールをやってきたけど、ホールもホールで熱かったけど、ライブハウスはライブハウスで最初から熱いとのことで、終わる頃にはシャワー浴びたみたいに汗だくになったと言っていました。

アンコールでhalo-haloは、チキンの被り物について、ゆーこーさんがチキンってなんだよと、最初は触れてくれたけど、段々とそうでもなくてと拗ねてる感じから、ポケモンやってないことから、ゆーこーさんになり、ポケモンネタに合わせて、「ポケモン、ゲットだぜ!!」→「愛されたいか」→「ポケモン、ゲットだぜ!!」の流れになり、愛されたいかにしたら微妙な空気になってたり、co-kさんは14本目にして、今日も最高と言ったら、客席がいい日だっと言ってしまい、あれだったり、結構、ぐだぐだでしたw

最後はジェットロケットで、何か、ようやく聴けた感じもあり嬉しい気持ちで聴けましたね。

最後の記念撮影の後のメンバー紹介では、名古屋のチキン→名古屋コーチン→名古屋ゆーコーチンとなった、ゆーこーさんでしたw

こんな感じで最初から最後まで座席有りと比にならないくらいに熱さに満ちたライブは終わりまして、凄い久しぶりに疲れた感じがありましたが、これがLiSAのオルスタだと改めて実感したところで、明日のセミファイナルな大阪も楽しみです。
AD

最近、撮影したバス~2016年7月編~

テーマ:
160711_183522.jpg

160709_123059.jpg

160709_135211.jpg

160709_122734.jpg

160711_101736.jpg

160711_101803.jpg

160711_111241.jpg

160711_111301.jpg

160711_100029.jpg

160711_111453.jpg

160710_132801.jpg

160710_162045.jpg

160716_111510.jpg

160716_140732.jpg

最近、撮影したバスの2016年7月編です。

引っ越しと遠征で多種多様な感じになりました。
広島バス、関鉄パープルバス、ことでんバスが初登場となります。



事業者:関鉄パープルバス
所属:下妻営業所
車番:1744-P
車種:いすゞジャーニー・K
型式:KC-LR333J (ロッドシフト)
年式:1998年式

事業者:広島バス
所属:
車番:
車種:日産ディーゼル製スペースランナー・UA(富士重工7E架装)
型式:KC-UA460HAN
年式:

事業者:広島バス
所属:
車番:223
車種:日産ディーゼル製スペースランナー・RA(西工架装)
型式:PKG-RA273KAN
年式:


事業者:広島バス
所属:
車番:06-881
車種:三菱ふそう製エアロスター(富士重工7E架装)
型式:
年式:1992年式

事業者:中鉄バス
所属:
車番:0157
車種:日産ディーゼル製スペースランナー・RM
型式:KK-RM252G
年式:2001年式
備考:元関東バス

事業者:中鉄バス
所属:
車番:0201
車種:日産ディーゼル製スペースランナー・UA(富士重工製新7E架装)
型式:KL-UA452KAN改
年式:2001年式
備考:元関東バス

事業者:中鉄バス
所属:
車番:9305
車種:曰野ブルーリボン
型式:U-RU3HJAA
年式:1993年式

事業者:中鉄バス
所属:
車番:9208
車種:曰野ブルーリボン
型式:U-HT3KPAA
年式:1992年式

事業者:ことでんバス
所属:
車番:1031
車種:三菱ふそう製エアロミディ
型式:
年式:2015年式

事業者:ことでんバス
所属:
車番:0152
車種:曰野レインボー・HR
型式:KK-HR1JKEE
年式:

事業者:新潟交通
所属:南部営業所
車番:
車種:三菱ふそう製エアロスター-S-(西工架装)
型式:PKG-AA274PAN
年式:

事業者:新潟交通
所属:南部営業所
車番:
車種:日産ディーゼル製スペースランナー・RA(西工架装)
型式:PKG-RA274PAN
年式:

AD








7/17 えんそく THE MAD[E] PARTY~終わらないえんそく~ at TSUTAYA O-EAST

・-SET LIST-
アリス・エクス・マキナ type:Atman
ブルーハーツ
最後のえんそく
茶番
その後のペテン師
ししゃもパワーX
ゴリラの丘
-MC-
えんそくメドレー
(夜泣く!噂の赤ん坊少女~はたらくのりもの王~朱色一号~大銀河戦艦ナガト~君はランボー~アンテナマン~大銀河戦艦ナガト~This is a pen~あれから十年が経った~
超ゴードン
U.F.Oが来るまで
-MC-
君の左手ボクラの右手
狂い時計のネジ巻きマキナ
とってもマッケンロー
-MC-
コドナチャダルド
机上の空論実行部隊
少女戦闘員M、踊る。
ツンドラの暴君
イン・ザ・マリオワールド
狂った世界と時計仕掛けの神様
-ENCORE-
象男ダダ・フィフィ
宇宙大天使土曜日
-ENCORE:2-
アリス・エクス・マキナ type:ABreast


前日のLiSAの新潟から日曜は、えんそくのTSUTAYA O-EASTワンマンを見に行ってきました。

TSUTAYA O-EASTで30番で2列目とか初めてで久しぶりに前の方で見ることができたんだけど、広い会場で前から2列目とかめっちゃ近かった。

そんなわけで始まったのだけど、アリス・エクス・マキナで幕を開けてメドレーもそうだけど、君の左手ボクラの右手以外は、ほぼ全部激しくて楽しい盛り上がる曲ばかりで、タオル曲や扇子曲が無かったり、いつもな曲がありそうでなかったりで、個人的に物足りなさはあったんだけど、終わってみれば動きまくりで楽しかったなあ。

途中のメドレーではメンバーお面を付ける茶番がありつつ、真面目なことを言うときは言いつつも、ネタを披露するような面白いやり取りも見ていて安定感があったし、最後にアリス・エクス・マキナを映像で最初のAを流しては実際のメンバーはBのほうを演奏するという演出があったのは広い会場ならではだなあと。

風船とか特攻もあって、MCではスイッチを押しては特攻のところをJoeさんがぶうに乳首を押すような笑いネタあり、クラオカさんは相変わらずのネコ違いな動きをしたり、ミドはクイズ番組で使うようなスイッチ出したりして、それなりにネタを仕込んではいるんだろうけど、アドリブのように面白く出来るのは凄いと思う。特攻は結構、頻繁に無駄遣いしてたけどww 最初のほうではJoeさんのマイクの調子が悪そうでどうなるかなと思ったけど、よく考えたらミートボール付けた頭だしねw

超ゴードンでは全体が動くようなサークルモッシュで楽しかったし、ムキムキのボディビルダー的な人が出てきた机上の空論実行部隊は振り付けからして完全にバキバキに鍛えられるんじゃないかと思ったし、ダンサー付の狂い時計のネジ巻きマキナは広い会場だからこそ踊れる感じで楽しかったけど、やっぱり振り付けが難しかったなあ。

新曲はモンスターがコンセプトなだけあって、象男ダダ・フィフィは初披露であったけど、ダークでゴシックなへヴィロックでサビでぶうが像みたいなポーズするのが印象的で新曲なのにヘドバンだったり、ノリが良かったのは、えんそくだからでしょう。

広い会場でも音は中々で、弾いてないところはあれど、Joeさんとクラオカさんのツイン・ギターはキリキリとカッチリした音が健在でカッコ良かったし、サポートとはいえタイトに存在感を放つMORIYAMAさんのドラムも迫力ありました。

MCでは、ソールドはしなかったけど、前にやったときよりは入っているし、最初から楽しいと言っていて、あまり、カッコいいことは言わないけど、これからもついてきて下さい。と、10年前からやっていて、まだやってるの?とか、何となく知ってるとか言うような人達もいるけど、えんそくのライブは今が一番楽しいと、いつになく熱くて真面目なことを言う、ぶうがカッコよくて、こういうときは、しっかりしたことを言うんだなと関心し、見直した印象を受けました。

その言葉どおりに最後まで楽しかったし、アンコールの1回目の〆が宇宙大天使土曜日は、BLAZEの無料ワンマンのときも思ったけど、歌詞で表しているのもあるんだろうけど、今のえんそくを象徴させる1曲なんだなあと今回のライブを見て思いました。

結構な曲数をやったわりには早く感じるあたり、昔のNoGoDを思わせてくれたあたり、今のえんそくはライブに勢いがあって何より楽しい。勿論、見るだけでも演奏も歌もしっかりしてるから安心感があるんだけど、それでも一度、乗ってしまえば楽しんだもん勝ちな感じで最後まで汗かけるくらいに楽しめるし、笑顔になれる。

今回のライブを見て、今のえんそくは色んな意味で勢いがあると感じたので、これからがもっと楽しみになりました。

新たな告知として、秋にheidi.、Mix Speaker's Inc.、ジン、シビレバジル、Jin-machineの5バンドそれぞれとツーマンをするツアー、シングルのリリース、それに伴う先行発売とワンマンをサイバーで、それに向けての合宿という名の旅行を開催、2017年1月にリキッドルームでワンマンをやるという沢山の発表があって、今のえんそくはとにかく勢いがあることを象徴するようなスケジュールで下半期も一層に楽しくなるんじゃないかなと思いました。

お会いした方々、参加された方々、お疲れ様でした!!

7/16 LiSA「Hi! FiVE」 at 新潟テルサ

テーマ:





















7/16 LiSA 「LiVE is Smile Always~Hi! FiVE~」 at 新潟テルサ

・-SET LIST-
Believe in myself
ROCK-mode
oath sign
-MC-
ラブリーデイ
エレクトリリカル
Get free
DOCTOR
She
L.Miranic
一番の宝物
シルシ
Little Braver
Brave Freak Out
-MC-
Hi FiVE
コズミックジェットコースター
Psychedelic Drive
Rising Hope
Rally Go Round
-MC-
終わらない冒険
-ENCORE-
-MC-
halo-halo
best day,best way


今日はLiSAの5周年記念ツアーでホールとしてはファイナルになる新潟テルサでのワンマンライブに行ってきました。

久しぶりの新潟でしたが天気もいいかんじに晴れて気温も丁度いい暑さで乗りバスもできて、タレかつ丼だけでなく、細くてもコシがある、へぎそばも食べたし満足。

ライブ会場のテルサは駅から離れた場所で臨時バスが出ないと徒歩ではキツい場所でしたが会場内は傾斜と段差が程好くて見易い場所でしたね。

ライブは最後まで同じセトリを貫いたのだけど、やっぱり今日は今日だけの景色を魅せた感じで、盛り上がりもホールでファイナルならではの迫力がありました。

今日は下手寄りだったのもあり、このツアーを通して、ゆーこうさんのベースラインがよく動くのが分かったし、いくちゃんは思ったよりリード弾いてるし、ラブリーデイ、Get free、Hi FiVE!とLHFの曲は、co-kさんのパートより、いくちゃんのパートのほうが目立っているのが分かるので見ていて面白かったし、いくちゃんは、リトブレでサビのコーラスやってるし、去年の後半から加わったとは思えないくらいに、LiSAのバンドメンバーとして溶け込んだなあと思いました。ゆっくんと呼ばれ始めたゆーやんもhalo-haloのジャッジやMCからキャラが出来上がってきたのもあり、アレンジを加えてくるのもありで、存在感を放つようになったし、軽やかな旋律を奏でる、あっきーもエレクトリリカルやサイドラでショルダーのキーボードで前に出てくるから、にゅーメンズとしてLiSAのバンドの一員になったことを最後まで感じられたし、コズミックジェットコースターのコーラスも綺麗でアコースティックなアレンジの一番の宝物も素敵な世界観を作っていました。

そして、何よりホールツアーのファイナルなのもあったんだろうけど、最初から最後までメンバー全員が前に出てきては、ゆーこうさんとかお立ち台に乗ってはLiSAが不機嫌そうな表情見せたり、co-kさんはラリゴのギター・ソロで メチャクチャやりあうのがお決まりになってたし、見てるだけでも楽しんでるのが伝わるパフォーマンスでした。

LiSAはLiSAで同じようで毎回違う表情魅せては迫力あるパフォーマンスで攻めるところは攻めて聴かせるところは聴かせてくれていて、ちょいちょい喉が危ういようにも思えた部分もあるけれど、終わってみれば、そのへんも気にならなくなるくらいに熱いライブで今日も今日でカッコ良かったです。

MCは、ホールツアーのファイナルで1年ぶりの新潟だけに、お待たせとただいまに始まり、新潟といえばレルヒさんの印象が強くて前回の新潟でレルヒさんの靴下とか買ってったとか、ライブの後にレルヒさんにリプもらったらしいですw そして、LiSA曰く、普段はご飯一杯でおかずをどれだけ食べるかなんだけど新潟ではおかずに対して、ご飯三杯食べたらしく、ライブ前にバナナのところを今日はご飯を食べたとのことで新潟の米が美味しいことをアピールしてました。ファイナルまでホールは途中から新曲も入ったけど同じセトリでやってきたのは5周年だから、この歌を最後まで届けるという意味でやってきたとのこと。

そして、あとは5周年のツアーだけに最近知った人、ライホあたりから入った人は、ほとんど新曲に近い状態だったんじゃないかとか言っては、5舜年だからこそデビューから、それこそガルデモ
とかデビュー前の曲もやりたかったと言って、気づけば例のごとく、ちょいちょい長くなってたりしてました。

あとは、にゅーメンズに関しては、いくちゃんが香川でガラガラ師匠、co-kさんが広島のアイドル、ゆーこうさんは原宿へ買いに行ったTシャツを香川以外で、ずっと同じものを着ていたらしく、ゆーこうさん曰く、覚えてもらう為とのことで、そこでLiSAが、いつも髪型がボブとかチュチュのスカートを着ているとか例えたときに通じてなかったりしたのが面白く、そこからLiSAのスカートがデビューより長くなったけど、まだ足を出せるうちはと出した足がセクシーだったのは言うまでもないw

あとは新曲を披露しては英語教室みたいな発音で告知したり、激しい曲ができるうちに激しいのを作ったというのは今日もお決まりでした。

そして、アンコールのhalo-haloでは、「愛されたいか」はキーボードのあっきーで意外に野太い声で、1回目にエコーが掛かってたのが面白かったw そんな、あっきーは後ろのセットで指が最初はピースになってたことを今日になって気が付いたらしく、気づいてなかったであろうco-kさんは知ってたように返してまして、LiSAがせっかくのセットを拗ねるような口調で説明してたのが可愛かったw

んで、ベスベスは今日も今日で最後だけにLiSAは客席に降りて走ってましたね。

その前も見えるときはあったけど、アンコール終わった後に汗ふくのにTシャツ捲り上げて見えた、お腹は眼福でした←

最後ににゅーメンズが去った後で、LiSAがLiSAのいる、LiSAの音楽がある時代に生きてて良かったって思わせてやるから、ついてこいよ?って言ってて、もう絶対にこの人から離れられないし、離れたくないと思ったので、死ぬまでLiSAについていく決意ができたよね。

そこからスタッフにマイクを預けて楽しいから走るわと言って、最後の最後でLiSAが会場の客席を通路で前方から後方まで綺麗に一周してました。

こんな感じでLiSAのHi! FiVEツアーで新潟にして、ホールツアーのファイナルは覚悟を決めさせてくれる一言を放った印象深いライブになりました。

ここから見られる景色も楽しみなところで、残すZeppの3か所も楽しみです!!

7月16日に投稿したなう

テーマ:

バスタ新宿になってから、他社の遅れで巻き添えになってWILLERも遅れることが多くなったなあ
7/16 0:44

新潟テルサまでバスが臨時で出るのね
7/16 11:56

へぎそばとタレかつ丼を食し中
7/16 12:47

新潟交通のこれ、RAじゃなくてAAだったのね
7/16 13:36

7月15日に投稿したなう

テーマ:


ことでんバスの9mなHR
7/15 6:16

出掛ける前に洗濯して帰ってきて洗濯する面倒臭さw
7/15 20:10

暫くネットカフェでしか更新できないような感じです
7/15 23:35

今は新宿で、これから新潟へ向かう
7/15 23:35