おすすめの技法書
このブログの管理人shinotaro@おいしい素材職人です。

私は今まで人物、猫などを色鉛筆やパステル、
水彩で描いてきました。

ひょんなことから以前に手がけたことのある
web素材イラスを描き始めることになり、
昨年はトルコ料理のお店・サクルエブさんの
ランチメニューイラストを描かせていただきました。



ランチメニュー制作の記事は以下のとおりです。



ランチメニューイラスト完成時の記事です。

ピデランチ、完成しました。


それぞれ単品で見てみたい場合はこちらをどうぞ。

ピデ
トルコのピザはピザとはいいません。ピデという名前で、
まるでボートのような形をしています。
そのピデのランチを描いています。

ピデ(トルコ風ピザ)


お皿の色で悩んでます。



牛すじカレーを描いている途中経過です。

美味しそうに見えるかな?


お肉ゴロゴロはむずかしい。


牛すじカレーのランチメニューイラスト


ちょっと手直し。



トルコの伝統的な料理、ケバブ(串焼きのお肉。
ランチではマトンとか数種類のお肉を重ねて
焼いているものを提供されています)を描いています。

kebab & kebab


ケバブの出来栄え?


ケバブで手こずる。



ランチの付け合わせのサラダを描いている過程です。

サラダボウル。


ランチの単品を配置して完成させる様子を記事にしました。

微調整?


それから、ランチメニューではないんですが、
関連したおすすめ記事もご紹介。


神戸・芦屋にあるサクルエブ
店主のコヌックさんがfacebookに投稿されていた
写真をお借りしてトルコの土地について語った記事が
こちらです。


トルコはまだまだ暑かった?


Ku?adas? ndan sevgiler(クシャダスより愛をこめて)


石畳の街角



トルコにはドンドルマというアイスがあるのですが、
それについてコヌックさんと話していて思いついたことを
書きました。

アイスクリームにまつわるいい(?)話



トルコ料理のランチメニューを描かせていただくにあたり、
実際にランチをいただいてレポしてます。

ピデランチ、いただいてきました。


コヌックさんの友人のモロッコ人男性がコヌックさんのお店で
モロッコ料理を提供していた時期がありまして、その頃に
実際にモロッコ料理をいただいてきたというレポです。

モロッコ料理、いただいてきました。




これからどんどん新しいものを作っていこうと思っております。


Loftwork
pixiv
へも登録しております。


よかったらそちらへもお越しください。


はじめて来てくださった方、よかったらこちらをどうぞ。

はじめて来てくださった方へ




shinotaroに絵を描いてほしいなと思ったあなた。

描くにあたっていただく報酬につきましては、

こちらを参照くださいませ。→絵のご依頼にあたっての目安


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-15 16:01:24

海を渡った小さな絵。

テーマ:絵のお仕事
こんにちは。

とにかく今年は自分でもわけがわからないまま、
ふりまわされて気がつけばもう8月。

いつもなら、「まだ何もしていない」と
愕然としてしまうのですが、今年は
おかげさまで、少しずつだけれど
ちゃんと動いてきたんだなと
感慨深いものを感じています。

しかし・・・!!

あまりにも振り返らずに動き回ったおかげで、
すっかり忘れていたこともあったと
今気づきました!!

ごめんなさい!!!
実は今年はすごいことが起こっていたのです。



私は今まで海外といえば、ハワイと中国しか
行ったことがありません。


ハワイへは織田裕二と握手して
二言三言話をしに行っただけ。

中国にはバブルの時期に社内旅行で
寸前まで友人に「お金もらっても
本当は行きたくない」とぼやきながら
いやいや行っただけ。


そう、大して海外旅行を満喫してきた
経験はないのでした。


去年の後半から、私の周囲では、
NY行きの話が持ち上がっておりました。
それは、友人のshinさんが、NYで
6月に個展を開くことが決まっていたので、
できれば彼一人でなく、友人も現地で
集まって彼の個展を盛り上げ、
祝杯をあげようというプロジェクト。

できれば私も行きたかった。

しかし、昨年から仕事に恵まれなかったのか、
日ごろの行いが悪かったのか、短期間に
複数の職場を転々とする羽目になり、
収入が全く入らずに困る月さえあったため、
私のNY行きは絶望的に不可能なものと
なってしまったのでした。

せめて日本の片隅で彼の個展の成功を
祈っていようと気持ちを切り替えた
私の目にとびこんできたのは、
shinさんのfacebookのタイムライン上の
信じられない文字。

「あなたの絵を一緒に連れて行き、
NYで展示してきます。
希望する人は連絡をください」

希望者は結構おられました。
そして、かなりギリギリのラインで、
shinさんにメッセージを送ったところ、
なんと私の絵も持っていってもらえることに。
shinさんが日本を出発する前日になんとか
絵を送りだし、私の絵だけNYの地に
向かったのでした。


NYのギャラリーで展示されて戻ってきた、
幸運な絵。
それは、以前、こちらで落書きのカテゴリで
発表させていただいたこの絵です。




まさか、このまま送るわけにもいかず、
私なりに、きれいに清書したのがこちらです。



今までなんでできなかったんでしょうね・・・

shinさんは、自分の荷物を少し減らしてまでして
私や友人の絵をNYに持っていき、オーナーさんに
かけあっていただいてギャラリーの一角に展示してくれました。

その瞬間から、私の経歴に、「自作の絵をNYのギャラリーで
展示した経験がある」という項目が増えたのです。

とてもありがたいことです。

近い将来、必ず、外国で個展を自分でも開いていけるよう
心がけて描いていきたいと思う今日この頃です。


そんな粋なはからいをしてくれたshinさんの活躍は
とどまることを知らないようで、9月には枚方市のギャラリー、
10月は甲子園のギャラリーで個展が決まっており、
11月にはロンドンのギャラリーへの出展が予定されています。

彼に追いつけるかどうかはあやしいものですが、私もがんばるぞ。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-08-03 11:38:19

胸にせまる思い

テーマ:日々雑感
こんにちは。

またしても、しばらく更新に時間がかかってしまいました。

最近はおかげさまで、こちらに持ってくる画像が
全くないなんてことはなくなりましたが、それでも
何でもいいというわけにも思えず、それなりにセレクトして
ご紹介しています。

今回は、こんな絵をご紹介。




少し前に、アメリカで銃の乱射により
多くの方の命が奪われた事件がありました。
私が描いたのは、その事件の後、
追悼の意を示す人々を撮影した写真と思われます。
新聞で一目見て、描いてみたくなったのです。

普段なら、絶対に選ばないテーマなんですが。

この世の中、あえて見ようとしなくても、悲惨な出来事、
口にするのもつらいほどの出来事はたくさんあります。
悲しいのも、むごたらしいのも、本当は大嫌い。
だから、せめて私は自分ではそういう楽しくないテーマは
表現しようとはしてきませんでした。

描き続けてきて最近やっと気づいた
自分の好きなテーマは、ロマンティックな恋愛を
連想させるものであったり、ファンタジー、
子どもの世界のほほえましさを表現する場面でしょうか。

大切な人へのその人の思いがひしひしと伝わってきた、
この写真からは決して楽しいテーマではありませんが、
たとえ相手の人がこの世を去っても消え去ることのない
深い愛に触れたような、そんな気がしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17 17:13:33

一発勝負で描きました。

テーマ:落書き
こんばんは。

普段は鉛筆で下書きしてから清書している私ですが、
時にはそのまま下書きなしで描くときもあります。

たまにどうしても鉛筆がなかったりすると、探している時間が
惜しくて、えいやっと描いてしまうパターンですね。

今回ご紹介するのは、珍しくそういう描きかたをしてうまくいった一枚です。




ちょっと笑っているような表情がかわいいでしょ?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。