おすすめの技法書
このブログの管理人shinotaro@おいしい素材職人です。

私は今まで人物、猫などを色鉛筆やパステル、
水彩で描いてきました。

ひょんなことから以前に手がけたことのある
web素材イラスを描き始めることになり、
昨年はトルコ料理のお店・サクルエブさんの
ランチメニューイラストを描かせていただきました。



ランチメニュー制作の記事は以下のとおりです。



ランチメニューイラスト完成時の記事です。

ピデランチ、完成しました。


それぞれ単品で見てみたい場合はこちらをどうぞ。

ピデ
トルコのピザはピザとはいいません。ピデという名前で、
まるでボートのような形をしています。
そのピデのランチを描いています。

ピデ(トルコ風ピザ)


お皿の色で悩んでます。



牛すじカレーを描いている途中経過です。

美味しそうに見えるかな?


お肉ゴロゴロはむずかしい。


牛すじカレーのランチメニューイラスト


ちょっと手直し。



トルコの伝統的な料理、ケバブ(串焼きのお肉。
ランチではマトンとか数種類のお肉を重ねて
焼いているものを提供されています)を描いています。

kebab & kebab


ケバブの出来栄え?


ケバブで手こずる。



ランチの付け合わせのサラダを描いている過程です。

サラダボウル。


ランチの単品を配置して完成させる様子を記事にしました。

微調整?


それから、ランチメニューではないんですが、
関連したおすすめ記事もご紹介。


神戸・芦屋にあるサクルエブ
店主のコヌックさんがfacebookに投稿されていた
写真をお借りしてトルコの土地について語った記事が
こちらです。


トルコはまだまだ暑かった?


Ku?adas? ndan sevgiler(クシャダスより愛をこめて)


石畳の街角



トルコにはドンドルマというアイスがあるのですが、
それについてコヌックさんと話していて思いついたことを
書きました。

アイスクリームにまつわるいい(?)話



トルコ料理のランチメニューを描かせていただくにあたり、
実際にランチをいただいてレポしてます。

ピデランチ、いただいてきました。


コヌックさんの友人のモロッコ人男性がコヌックさんのお店で
モロッコ料理を提供していた時期がありまして、その頃に
実際にモロッコ料理をいただいてきたというレポです。

モロッコ料理、いただいてきました。




これからどんどん新しいものを作っていこうと思っております。


Loftwork
pixiv
へも登録しております。


よかったらそちらへもお越しください。


はじめて来てくださった方、よかったらこちらをどうぞ。

はじめて来てくださった方へ




shinotaroに絵を描いてほしいなと思ったあなた。

描くにあたっていただく報酬につきましては、

こちらを参照くださいませ。→絵のご依頼にあたっての目安


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-31 00:19:53

思いがけない贈り物

テーマ:今後の目標

こんばんは。

 

今年も今日で終わり。

新年を迎えるにあたり、家でいろいろな用事に

追われている方も多いのではないでしょうか。

 

私は、昨日は自宅で母親の手伝いとして貢献する

義務を放棄して、日中は外でのんびりと

今後のことを考える時間を持つことを

自分に許可しました。

あまり体調の良くないのをおしてまで

お正月の準備をしている母親に対する

裏切り行為と思われるかもしれません。

しかし、自宅にとどまったところで、母親が

私のする事なす事に満足できた試しはなく、

私は私でのべつまくなく私の不出来なところを

あげつらう母親に耐えかねて大声で反論して

しまうでしょうから、お互いにとってこれが

一番いい過ごし方だと思えます。

さすがに、おおみそかと正月三ヶ日は自宅にいる

予定にしてますので、きっと目立ってもめることもないでしょう。

 

さて、なぜ忙しい年末を外で過ごすのかという

言い訳はこの辺にして、今回の本論に

入りたいと思います。

 

私は、今年はとりわけいろんな贈り物をいただいてきました。

多くは無形のものですが、それについては多すぎて、

一つずつ語るのはとても難しいです。

その中で決して平穏無事とは言えなかった今年にいただいた、

形のある思いがけない贈り物について今回お話してみようと思います。

 

その贈り物は、こちら。

 

 

写真で一見しただけではよくわからないですが、この鞄の中には

油絵を描くのに必要な道具が一式入っています。

いや、正確にお伝えすると、イーゼル以外ですね。

これをいただいた私は自分が望んで行動を起こしさえすれば

いつでも油絵を描く事が出来るようになってしまったのです。

もう一つ重ねて衝撃の事実をお伝えするなら、私はこれらの

道具一式を手に入れたいとさえ考えていませんでした。

望みさえしなかったのに、まるで天から降ってきたかのように

与えられてしまった、そんな感じなのです。

 

これを私にくれたのは、現在、私がおつきあいしている人です。

かねてより私が絵を描くことを知っていた彼が、仕事でお客様から

譲っていただいたときに私のことを思い出し、

「これ、あげるよ」と言ってくれたのです。

 

品物は新品ではないですが、一式揃っているということは、

大事に保存されていたから揃っているのです。

人の手を介してこれが私のもとに届けられたということで、

私は「これからもっと真剣に絵に向き合いなさい。

しっかり取り組んでいくのですよ」と、神様といってもいい存在が

私にメッセージを送ってきたのだと感じています。

 

身の引き締まる思いです。

 

新しく決まった仕事は週五日の勤務ですし、今後は

さらに時間の使い方を工夫していかないと。

私も来年には50代に突入します。

時間の切り売りは無限にできるわけではないのです。

私には私なりの生きていく理由があります。

現実と折り合いをつけながらでも更にたくさん

自分の思いを絵に託して表現していこうと思います。

 

ブログの更新はできるだけ心がけていこうと思いますが、

どうなることやら。

こんなゆるゆるの私に今年一年おつきあいくださり、

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします・・・

 

(もしかして、年内にあともう一回くらいブログ更新

するかもしれませんが、更新できなかった場合を考えて、

書いています)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-28 13:52:04

最近体験した、すごいこと。 (その2)

テーマ:ブログ

こんにちは。

実は、この記事、11月に書いたものの、自分の勢いに自分が引いてしまって、

寝かしていたら、12月末になってしまいました。

あらためて読んでみて、そんなに変だとも思わなかったので、今更ですが、

更新しておこうと思います。

 

*************************************************************

 

前回お披露目した、過去の作品・・・

いかがでしょうか?

たぶん、好き嫌いはっきり意見の分かれる作品だとは思います。

それにしても、も一つ驚いたのは、前回の記事、いいね!してくださった方、

結構いらっしゃって。

そのこと自体びっくりです。

 

さて、私に衝撃を与えたコメントの発言者のありゅりゅさん、

このお方は万華鏡作家さんです。

万華鏡というと、皆さんは、筒を振るたびに中身がサラサラ音を立てて

幾何学模様を構成する、あの玩具を思い浮かべられることでしょう。

ですが、ありゅりゅさんの作る万華鏡は、サラサラいいません。

なぜか。

ありゅりゅさんの作る万華鏡にはオイルが投入されているので、中に入った

パーツがゆっくりゆっくりオイルに流されて形になるのです。

多少、流動的な形のため左右非対称となることも多々あります。

けれど、その万華鏡の中の景色は見る人を包み込むようなつ

やわらかさがあり、アメリカではこのオイルの万華鏡が

セラピー療法の一つとして取り入れられていると

ありゅりゅさんから教えてもらいました。

 

そして、そのオイルの万華鏡を作っているありゅりゅさんは

ご自身が万華鏡に癒された経験から、メンタル面で苦しさを抱えた

方々の一人でも多くの人にこの万華鏡の世界を体験してもらいたいと

考えていて、最近、ワークショップを開催されるようになりました。

私が出会ったのも、彼女のワークショップの一つだったのですが。

 

なぜか、私の作品を気に入ってくださったありゅりゅさん。

さて、私が似顔絵を描かせていただいているさなか、

イメージとして浮かんだ色をつぶやいているのをきいて

驚いておられました。

似顔絵が完成して「今日、みてもらおうと思って

持ってきた万華鏡があるんです・・・」と

取り出されたその万華鏡をのぞいてみたら、

なんと・・・

私が似顔絵を描くのに使った色が使われていたのです!

 

私はスピリチュアルな能力が高い人間ではありません。

過去に「予知能力がありますね」、とハワイのヒーラーさんに

前世を見ていただいたときに言われたことはありますが、

それさえも、たまに発動する程度のもの。

発動するタイミングはおそらく、私自身から生じるのではなく、

相手の方の側から発生しているのを受け取って伝えているのではないかなと

私は思っています。

 

そして、その後、ありゅりゅさんとお茶していろいろおしゃべりしておりますと、

話題はまた、私の描いたあの強烈な絵のことになりました。

 

「あの絵って、例えば腕をはさんだままドアを閉められて、

腕をそのままちぎられるかドアをぶち破るかしかないと

なったときに腕がちぎれてでもその場を離れる!ぐらいの

勢いがあるね。見る人の意見なんてどうでもいい、みたいな」と

ありゅりゅさんに言われました。

 

まさしく当時はそんなことを考えており、絵は発表したいけど

そういう自分の思いはどうなんだろうと悩んで、あまり積極的に

「これが自分の作品です」と前面に出してこれなかったのです。

私はそれを恥じていましたが、ありゅりゅさんは、そういう私の作風が

どうやら気に入ってくれているようなので、本当に人それぞれなのだなぁと

思いました。

 

イメージしたことを形にしてみたくて実際に試していると、

思ったとおりにいかないことがほとんどで、それゆえ

「私の創作なんて何の意味もないんだからやめたほうがいいのに」と

思ってきたこれまでが瞬時に心をよぎりました。

 

出来てもできなくても、私の発信する内容を気にかけてくれる人がいる。

それは本当にありがたいことです。

幼い頃からずっと「どうして他の人のできることができないの?」とか、

「そんなことできたって、何の意味もないでしょう?」、と繰り返し言われてきた私。

いまだにその声はしつこく私に語りかけてきます。

けれども、年を重ね、いろんな人に出会い、「それでもいいんだよ」と

言っていただく機会が増えて、少しずつその声に耳を貸さなくてもいいんだと

思えるようになってきました。

今回、さらに強いエールをもらった気がします。

 

これからもまた、思いを形にしていこうと思いました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-23 11:42:36

最近体験した、すごいこと。 (その1)

テーマ:過去の作品

こんにちは、皆さん。

 

昨日は着重ねして外出したら汗をかくほど暑かったのですが、

今日の大阪は同じくらい着こんで出て、ちょうどいい感じ。

ちょっと寒いですよね~。

現在の私は、ヌード展に出品する絵を完成させて、しばし

心身ともに緩めているところです。

せっかくだから、こんな時期だけでもブログの更新に

力を入れてみようかと。

 

今回は、過去の作品で、自分でも印象深い一枚について

語ってみようと思います。

 

このブログの過去の記事にたぶん埋もれている作品なのですが、

先日、この絵をふと思い出してfacebookのほうにUPしてみました。

 

別に、何も意図してませんでした。

ただ、我ながらえらいもの描いてたんだな~と、しみじみ思ったので

自分の振り返りとして取り出してみたのです。

 

そうしたら、結構反応する友人が。

 

あら~、やっちまったかな?

・・・とちらりと思ったのですが、まぁ自分のページだし、許してもらおうと

そのままにしておいて、コメントがつけば返答し、いつものように

思いつくまま走り書きしたものなどをUPしてました。

 

しばらくして、友人の一人・ありゅりゅさんのコメントに

私は目が釘付けになりました。

 

”例の血しぶきの作品みたいなのや、こんな風に

何にも媚びない作品(今の作風も媚びたりしてないよ!)
誰かの評価なんて必要としない作品をたくさん眠らせてたの?
また、見つけたら、アップしてね♪(o^-^o)”

 

衝撃的でした。

なんでばれたんだろう?

 

”誰かの評価なんて必要としない作品”・・・

そういうものしか描けないのが悪い癖だと

私はずっと思ってたのです。

どうして、他の人のようにいろんな人を

喜ばせることのできる絵を描けないのか、と

自分を責めてました。

 

でも、その友人にしてみれば、それはむしろ

私自身の持ち味で、個性だと思われているようなのです。

 

自分のなりたい姿が自分の本来のスタイルとかけ離れていたからこそ

今まで描くことから離れられないのが苦しかったのですが、

友人からのこの一言は、自分にとって自分を肯定していい許可を

もらったみたいで、ずいぶんと気持ちが軽くなる魔法の言葉となりました。

 

そして彼女は、似顔絵描きのイベントにも足を運んでくれて、私にさらなる

不思議を体験させてくれました。

 

そのお話は、次回お話しますね。

 

最新の会心作を出品しますヌード展の詳細は以下のとおりです。

 

ALL THE NUDE 展
~人体美を絵画・写真・立体をとおして表現~

期間:2016年11月29日(火)~12月3日(土)
   午後12時から7時 最終日 午後5時まで

開催場所:SoHo art Gallery
     大阪市天王寺区生玉町9-18
    (TEL)06-4394-7456

 

私自身は12/1に在廊予定しております。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひこちらへもお越し下さい。

お待ちしております。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。