おすすめの技法書
このブログの管理人shinotaro@おいしい素材職人です。

私は今まで人物、猫などを色鉛筆やパステル、
水彩で描いてきました。

ひょんなことから以前に手がけたことのある
web素材イラスを描き始めることになり、
昨年はトルコ料理のお店・サクルエブさんの
ランチメニューイラストを描かせていただきました。



ランチメニュー制作の記事は以下のとおりです。



ランチメニューイラスト完成時の記事です。

ピデランチ、完成しました。


それぞれ単品で見てみたい場合はこちらをどうぞ。

ピデ
トルコのピザはピザとはいいません。ピデという名前で、
まるでボートのような形をしています。
そのピデのランチを描いています。

ピデ(トルコ風ピザ)


お皿の色で悩んでます。



牛すじカレーを描いている途中経過です。

美味しそうに見えるかな?


お肉ゴロゴロはむずかしい。


牛すじカレーのランチメニューイラスト


ちょっと手直し。



トルコの伝統的な料理、ケバブ(串焼きのお肉。
ランチではマトンとか数種類のお肉を重ねて
焼いているものを提供されています)を描いています。

kebab & kebab


ケバブの出来栄え?


ケバブで手こずる。



ランチの付け合わせのサラダを描いている過程です。

サラダボウル。


ランチの単品を配置して完成させる様子を記事にしました。

微調整?


それから、ランチメニューではないんですが、
関連したおすすめ記事もご紹介。


神戸・芦屋にあるサクルエブ
店主のコヌックさんがfacebookに投稿されていた
写真をお借りしてトルコの土地について語った記事が
こちらです。


トルコはまだまだ暑かった?


Ku?adas? ndan sevgiler(クシャダスより愛をこめて)


石畳の街角



トルコにはドンドルマというアイスがあるのですが、
それについてコヌックさんと話していて思いついたことを
書きました。

アイスクリームにまつわるいい(?)話



トルコ料理のランチメニューを描かせていただくにあたり、
実際にランチをいただいてレポしてます。

ピデランチ、いただいてきました。


コヌックさんの友人のモロッコ人男性がコヌックさんのお店で
モロッコ料理を提供していた時期がありまして、その頃に
実際にモロッコ料理をいただいてきたというレポです。

モロッコ料理、いただいてきました。




これからどんどん新しいものを作っていこうと思っております。


Loftwork
pixiv
へも登録しております。


よかったらそちらへもお越しください。


はじめて来てくださった方、よかったらこちらをどうぞ。

はじめて来てくださった方へ




shinotaroに絵を描いてほしいなと思ったあなた。

描くにあたっていただく報酬につきましては、

こちらを参照くださいませ。→絵のご依頼にあたっての目安


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-23 11:42:36

最近体験した、すごいこと。 (その1)

テーマ:過去の作品

こんにちは、皆さん。

 

昨日は着重ねして外出したら汗をかくほど暑かったのですが、

今日の大阪は同じくらい着こんで出て、ちょうどいい感じ。

ちょっと寒いですよね~。

現在の私は、ヌード展に出品する絵を完成させて、しばし

心身ともに緩めているところです。

せっかくだから、こんな時期だけでもブログの更新に

力を入れてみようかと。

 

今回は、過去の作品で、自分でも印象深い一枚について

語ってみようと思います。

 

このブログの過去の記事にたぶん埋もれている作品なのですが、

先日、この絵をふと思い出してfacebookのほうにUPしてみました。

 

別に、何も意図してませんでした。

ただ、我ながらえらいもの描いてたんだな~と、しみじみ思ったので

自分の振り返りとして取り出してみたのです。

 

そうしたら、結構反応する友人が。

 

あら~、やっちまったかな?

・・・とちらりと思ったのですが、まぁ自分のページだし、許してもらおうと

そのままにしておいて、コメントがつけば返答し、いつものように

思いつくまま走り書きしたものなどをUPしてました。

 

しばらくして、友人の一人・ありゅりゅさんのコメントに

私は目が釘付けになりました。

 

”例の血しぶきの作品みたいなのや、こんな風に

何にも媚びない作品(今の作風も媚びたりしてないよ!)
誰かの評価なんて必要としない作品をたくさん眠らせてたの?
また、見つけたら、アップしてね♪(o^-^o)”

 

衝撃的でした。

なんでばれたんだろう?

 

”誰かの評価なんて必要としない作品”・・・

そういうものしか描けないのが悪い癖だと

私はずっと思ってたのです。

どうして、他の人のようにいろんな人を

喜ばせることのできる絵を描けないのか、と

自分を責めてました。

 

でも、その友人にしてみれば、それはむしろ

私自身の持ち味で、個性だと思われているようなのです。

 

自分のなりたい姿が自分の本来のスタイルとかけ離れていたからこそ

今まで描くことから離れられないのが苦しかったのですが、

友人からのこの一言は、自分にとって自分を肯定していい許可を

もらったみたいで、ずいぶんと気持ちが軽くなる魔法の言葉となりました。

 

そして彼女は、似顔絵描きのイベントにも足を運んでくれて、私にさらなる

不思議を体験させてくれました。

 

そのお話は、次回お話しますね。

 

最新の会心作を出品しますヌード展の詳細は以下のとおりです。

 

ALL THE NUDE 展
~人体美を絵画・写真・立体をとおして表現~

期間:2016年11月29日(火)~12月3日(土)
   午後12時から7時 最終日 午後5時まで

開催場所:SoHo art Gallery
     大阪市天王寺区生玉町9-18
    (TEL)06-4394-7456

 

私自身は12/1に在廊予定しております。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひこちらへもお越し下さい。

お待ちしております。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-22 18:46:52

ヌードな告白と作品の完成。

テーマ:ブログ

11月も3分の2を過ぎました・・・

ごきげんいかがですか?

私は怒涛のごとく流れ込んできていた雑務をなんとかクリアして、

やっと一息つけるかな、という感じです。

 

11月末から始まるヌード展に出品する絵がやっと完成いたしました。

 

実はこの作品、男性の裸を描く!ということ以外、

あまりたいした構想もなく描きはじめた絵でした。

(行き当たりばったりです、すみません)

人物だけさっと描いてみて、「なんか、足りないなぁ・・・」と、

少し考えて、青い色を足すことに決めて、構図は決まったものの

実際に描く!と肚をくくったのが、11月の第一週あたり。

搬入日からそこまでを逆算していって完成の予定は先週末。

で、体調不良でダウンしたため描く作業を分割して今朝仕上げました。

それが、こちら。

 

完成した作品を見て、若干驚いています。

自分でも、自分が描いたとは信じられない作風になりました。

作品を見ていて気がついたのは、今までずっと

自分のことを否定してたんだってこと。

日本人である自分の外見が気に入ってなくて、西洋の画家のような洗練された

作風で描きたくて、でも描けなくて・・・

ずっと頭の中で作品を組み立てては放置を繰り返してきました。

 

どうして今回、ここまでたどり着けたのかというと、出来がよくてもよくなくても

形にするということを一定期間続けてこれたからだと思います。

とはいえ、最近はいちいちブログでお披露目するのも何か気後れしてましたので

もっぱらfacebookで走り書きしたものをいろんな人に見てもらってました。

中には自分ではイケてないと思うものでも友人からいいね!をつけてもらって

下書きから作品に昇格させたものもあります。

いろんな人の目にさらすのって、やってみるのはこわかったですが、

やってみてよかったです。

 

描いていて自分でも自分の絵の特徴を以前より冷静に見れるようにもなりました。

憧れは、ノーマン・ロックウェル。

でも、何も考えずに描いた自分の絵は当然、そうならない。

基本、墨汁と紙。描く線は変則的で太くなったり細くなったり、

かすれたりという部分はあるけれど、とてもシンプル。

誰に教わったというのでもなく気がついたら定着していた、私のスタイル。

見るからに、”Japanese”

もう、きっと、DNAにしっかりと刻み込まれたものなんでしょうね。

 

そんなふうに考えてみると、今まで抵抗してきたことが

とてもばかばかしくなりました。

肩の力を抜いてもう一度見直すと

「我ながらいいじゃないか」と思いました。

もしかすると、どこかで誰かこの絵を気に入ってくれる人が

いるんじゃないかと思いました。

 

今回の会心の作であるこの絵を出品しますヌード展の詳細は以下のとおりです。

 

ALL THE NUDE 展
~人体美を絵画・写真・立体をとおして表現~

期間:2016年11月29日(火)~12月3日(土)
   午後12時から7時 最終日 午後5時まで

開催場所:SoHo art Gallery
     大阪市天王寺区生玉町9-18
    (TEL)06-4394-7456

 

私自身は12/1に在廊予定しております。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひこちらへもお越し下さい。

お待ちしております。

 


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-14 22:04:35

アニマルコミュニケーション無料モニター

テーマ:スピリチュアル関連

こんにちは。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私の周りでは風邪からくる咳に悩まされている人が複数います。

季節の変わり目ということもあり、免疫機能が衰えて

疲れの出やすい時期です。

どうか疲れたなと思ったらやすむようにして下さいね。

 

最近の私はブログよりもfacebookの投稿のほうが多くなっておりまして、

お友達もおかげさまでたくさん増えました。

リアルでお会いしてお友達になっていただいた方も

中にはいらっしゃいますが、facebookで記事を拝見して

私のほうから「お友達になってください」と

申請させていただいて了承いただいた方も多数。

最初のうちはメッセージをお送りして申請しておりましたが

最近ではリクエストのみの申請で失礼している場合も多々あります・・・

リクエストを了承いただいているお友達の皆さん、こんな失礼な私を

受け入れてくださってどうもありがとうございます。

 

さて、今回はちょっと絵のことを離れて、うちのアンズのことを。

 

 

facebookのことをお話いしたのには意味がありまして、

最近お友達になってくださった方のお一人で無料で

アニマルコミュニケーションモニターを募集されていた、

日置 千枝子さんにお願いしてリーディングしていただいた

我が家のアンズのことだからです。

 

そもそも私は猫を飼いたいと思い、アンズを引き取ったことは

私自身が願ってしたことなので解明したい疑問などないのですが、

いやおうなく連れてこられたアンズはいったい私のことを

どう思ってるのだろう・・・

それを確かめてみたかったのです。

 

以前にも一度他の方にみてもらったことがありましたが、

私が思っている以上にアンズは私のことをとても気遣って

くれているようでありましたし、また、私自身感じるかぎりでも

彼女はとても情愛の深い猫のようで、私が具合が悪いときには

添い寝してくれたり、毎晩、眠るときには必ず私の枕元か、

あるいは私の掛け布団の上で丸くなって眠るのです。

留守にしていれば、さみしいのか四六時中鳴いている、と

家族からもよくきかされます。

 

千枝子さんからは「断片的ですけれど」と前置きされて

教えていただいたのが、以下の内容です。

 

 

<アンズが私のもとに来た理由>

 

・前にサヨナラした時に「また会おうね」って言ったから。

うまれかわっても一緒にいていいって思った

 

・お姉ちゃんはがんばりすぎるから、私は見張ってるんだよ。

たまには私と遊ぼうよって見てるの。

 

・こわいことがあったときに(痛い思いをした?)、

何かをしてくれた、痛いところを治してくれて、

それからずっと一緒にいる。

 

・痛い思いをしたことでとてもこわい思いをしたことを

今も憶えている。

 

・お姉ちゃんの気持ちが痛くないか見張ってる。

痛くなったら慰めてあげる。

 

・リーダーをサポートするサポーター。

イメージとしてライオン。

 

アンズは甘ったれで、放置してると怒って

かみつく凶暴な猫なんですけど、

彼女は彼女なりに一生懸命私を

思ってくれているんだなとじいんとしました。

大事にしてやらなくちゃ。

 

・・・と、リーディングしていただいて、結果を伺った頃には

そう思ってたんです。

ええ、本気でそう思ってたんです、間違いなく。

 

しかし、またしても忙しさにかまけてかまえなくなってきていて

アンズの顔がけわしくなってきています。

最近の私は、朝、着替えるときに足の裏をガブリとかみつかれ、

「うがぁっ!!」と叫んでは家族に笑われております。

 

あまりの痛さに、たまに本気でアンズの頭をはたいてやりたくなる

今日この頃なのでした。

 

日置 千枝子さんは、現在、オラクルカード インナーチャイルドカードリーディングクライアントさん募集をされています。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。