大人からはじめるHAPPYバレエ!

片足のプロダンサー、オオマエ隊長(大前光市)が教える
あなたの中に眠る可能性を引き出すバレエの魔法。

ダンスに命をかけていた二十三歳の雨の夜、
天王寺動物園の脇で泥酔運転の車に
ひかれて片足を失いました。

プロになるのを断念しようと思いました。

絶望のふちで「これからどうしようか?」
とも思いましたが、

「片足でもダンサーになろう」
というコアな気持ちを信じて
ここまできました。

踊ることは楽しい!

でも、どうやったら片足のないこの身体でも
また踊れるようになるのか?

それを精一杯考えてきました。


続きはこちら。。


 


テーマ:
オオマエ隊長です


先日は東京集団レッスンでした。

写真はとりわすれました(笑)

が、

楽しい時間でした!
\(^o^)/


最近レッスンに来てくださる
みなさんにお伝えしている


「進んでいける引き上げ
のイメージ」


それをここでも紹介しておきます。


想像してみてください。


そんなに頑張ってないのに
進む泳ぎ方

と、

一生懸命頑張っているのに
あまり進まない泳ぎ方

というのがあります。


よく跳ねて、よく転がる
張りのあるボール

と、

固すぎ、もしくは空気が抜けて
あまり跳ねず、転がらないボール

というのがあります。


じつは動いている身体も
これと同じなんです。


引き上げは、

「身体全体を移動させるときに
   有効な使い方」

です。


身体全体で移動するときに
体がバランスよく
まとまっていると、

移動のロスや負担を少なく
することができて

スムーズにその方向に
動いていけます。


そ、の、と、き、に、


頑張って部分的に力を
入れすぎてしまうと、

体はまとまりません。

ブレーキになります。

泳ぎでいうと、進まなくなります。

ボールでいうと、固いボール
になり

跳ねなくなります。





まとまりのある体
というのは、

全身が軽いです。

張っている、伸びている感じ。


筋トレしている時みたいな
使い方で、

「この部分の筋肉を
 すごく使おうー」

では引き上げは上手くいきません。

(筋トレやトレーニングは
 別時間でしておく)


かといって筋力がない身体でも
「ぼて~」としてしまい、

まとまらない。






どちらも、

「スムーズな身体の移動を
 止めてしまう使い方」

だからです。


転がるボールでゴールに向かって
進みましょう!






もちろんダンスというのは、

引き上げを使わない表現
も沢山あります。

引き上げを使った動きが
全てではない。

しかし、

引き上げを使うからこそ
美しくできる動きがあるので

それに関しては、

使えるようになった
ほうがいい!!


というわけで、

そういうスキルも
はやく身に付く

私のマンツーマンレッスンも
是非受けてみてください(笑)

~~((o(^∇^)o))

shinka0927@gmail.com
(オオマエ隊長)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。