@in's Hobby Room

(アインズ ホビー ルーム)
気ままにガンプラ作ったり玩具をレビューしたりするブログ。



機動武闘伝GガンダムBlu-ray Box化決定!!!!


テーマ:

HJの付録ではない。
ガンプラ HG ガンダムアスタロト 改修塗装完成

HG ガンダムアスタロト

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ外伝、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 月鋼」より、ガンダムアスタロトになります。
発売されたばかりの商品ですが、早速製作しました。
合わせ目消しやヒケ処理などの基本工作のほか、タガネを使用した彫り直しやメタルパーツやハニカムメッシュを使ったディテールアップを行っています。


工作内容

■基本

・アルティメットニッパーを使用したパーツカット。

・デザインナイフ、棒ヤスリなどを使ったゲート跡処理。

・ヒケ・パーティングライン処理。

・400~1200番ペーパーを使用した表面処理。

・パーツ洗浄後、サーフェイサー吹き付け。

■頭部
・アンテナのシャープ化。
■胴体
・メタルパーツ使用。
・リード線使用。


■腕部
・メタルパーツ使用。
・ハニカムメッシュ使用。
・次元ビルドナックル使用。


■脚部
・フロントスカート分割。
・メタルパーツ使用。
・ハニカムメッシュ使用。
■武装
・ガンマズルにメタルパーツ使用。
・ナイフのシャープ化。

400~1000番によるペーパーがけのあと、サフ吹き。


■塗装(G=ガイアノーツ、C=クレオス)
白:グランプリホワイト(C)
青:コバルトブルー(G)
赤1:ハーマンレッド(C)
赤2:メタリックレッド(C)
銀:シルバー(C)
グレー1:ジャーマングレー(C)
グレー2:メカサフヘヴィ(G)+ブラック少量(G)
フレーム:スターブライトアイアン(G)
武装:ガンメタル(G)
墨入れ:ブラック

水転写デカール使用後、つや消しコート→各メタルパーツ取り付けにて仕上げ。


以下、ポーズ集。



塗装こそしちゃってますが、色分けも目を見張るものがあります。
アゴはもちろん、頬のグレーや耳の赤い部分も色分けされています。RGばりの精度ですね・・・



サブナックルユニットは左右どちらにも取り付けできるようパーツの変更が可能なつくりになっていました。
2個買いすれば両腕へのサブナックルの取り付け、またはその逆も可能というわけです。この辺も親切な設計になっていますね。指が可動できるよう改造すればさらに良くなると思います。




ちなみにこちらは最近ウワサになっている、あの100円ショップ・ダイソーから出ている「アルティメットコンテナ」。
サイズとカラーがいくつかあり、小さいほうが100円、大きいほうが200円という商品です。


今回使っているのは100円の小さなほう。
元は収納グッズとされているようですが、ひとたびメカを置けばこの通り!超コスパ高い格納庫として使用することができます。(無塗装)
もちろん塗装を施したり、ウェーブなどから市販されている拡張パーツを使うことでより雰囲気を高めることができるでしょう。




ジャンク的な印象を持つ機体だったので、露出したリード線を付け足して雰囲気アップ。


こちらが本製品最大の目玉である「デモリッションナイフ」。
刀身が折りたたみ可能で、フォアグリップにより両手持ちさせることが可能。



ナイフという名前ではありますが相手を切断させるというよりは殴り叩くような見た目ですw


この手の大剣を見るとついホビージャパン付録のカスタムキットを連想してしまいます(笑)






以上、ガンダムアスタロトでした!
プロポーション、可動良し、武装・ギミック豊富でプレイバリュー高し。これで定価1000円、量販店ならそれ以下という恐るべきコスパを誇る商品でした。
正直最初はうーん・・・と思っていたキットですが、いじればいじるほどに味の出てくるスルメキットでした(笑)

外伝シリーズも今後続々と登場していく予定だそうですので、そちらの動向も楽しみになってきました。


AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マリオォォォォン!!
ガンプラ RE1/100 イフリート改 改修塗装完成


RE1/100 イフリート改
かつてセガサターンで発売されたゲームソフト「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」より、ライバルであるジオンの騎士ことニムバス・シュターゼンが駆るイフリート改が待望のキット化。

せっかくのキット化とあって早速、かつ新居初のガンプラとして製作しました(笑)
動力パイプ類の真鍮製への置き換えとメタルパーツを使用したディテールアップが主な工作になります。
ハンドパーツは極め手(丸)を使用、全指可動します。また、キットのままだと関節が少々緩く感じたので各関節のポリキャップ部は渋めに調整してあります。



工作内容
■頭部
・動力パイプを真鍮製に変更。

■胴体
・動力パイプを真鍮製に変更。
・メタルパーツ、メタルバーニア使用。


■腕部
・肩のスパイクをシャープ化。
・メタルパーツ使用。



■脚部
・フロントスカート分割。
・メタルパーツ、メタルバーニア使用。

■武装
・ヒートサーベルグリップの合わせ目消し。


■塗装(C=クレオス、G=ガイア)
青:インディブルー(C)+レッド少量(C)
オレンジ:オレンジ(C)+黄橙色(C)+ブラウン少量(C)
白:ホワイト(G)
黄:黄橙色(C)
グレー1:メカサフヘヴィ(G)
グレー2:ジャーマングレー(C)+ブラック(C)
サーベル:蛍光オレンジ(C)
モノアイ:クリアーレッド(C)

墨入れ:タミヤエナメルブラック

水転写式デカール使用後、つや消しコート。各メタルパーツを取り付けて仕上げ。


素組みとの比較。
キットでは色分けもよくされており、部分塗装だけでも十分映える作りになっています。




これまで意外なほどキット化されなかった本機体。念願叶って登場したのは良いのですが正直そこはHGUCで出してほしかったw
ブルーデスティニーの方は全機HGUC化しているので・・・



コクピット視点で見るあの恐怖。


「罪深き者たちよ、裁かれるがいい!」






「EXAMの素晴らしさを理解しない愚か者め!貴様にマリオンは渡さん!」


引っ越し後初のプラモ製作となりましたが一新した作業部屋の効果は抜群、快適に作業できました(笑)


以上、イフリート改でした!
念願のキット化を果たした本機体、抜群にカッコよくできています!ディテール・可動など申し分なし。部分塗装と墨入れ・つや消しの簡単フィニッシュだけでも格段に良くなります。特に肩アーマー裏は塗っておくと良いかも。
しかしやはりHGUCで出てほしかったのが正直なところ。 こうなるとREかMGでブルーデスティニーが出るのを待つしかないか。

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かねてより作業を進めてまいりました、引越しがついに完了しました!

ゆうにまる一月かけての家具家電の用意と荷物の大移動、業者を使わずに知人たちの協力のもと無事に完了、ほぼ設置が終了しました。
なかなか入居にいたらず半ば別荘状態となっていた新居での生活がようやくスタートします(笑)


ついに作業部屋も確保。
これまで学習机の上で模型作業→塗装→撮影→PC(TVゲームも)とモードチェンジしながらこなしてきましたが、新しくL字型デスクを購入しスペースが広くなったことで撮影専用スペースも完備し、スムーズに作業が行えるように!・・・なったハズw
塗装ブースはとりあえず適当なダンボールで代用していくか・・・(机の角の部分を使う予定)

今回を経てよくわかったのは「オタの引越しは大変」ということでした(爆)
いや、これでも全部持ってくるには至らなかったんですが; あとは塗装における住人トラブルさえ避ければ大丈夫でしょう(笑)


そしてそんな中で嬉しいニュースが。


レッドファイトガンダムファイト、レディーーゴーーッ!!でおなじみの、
「機動武闘伝Gガンダム」がついにBlu-ray Box化!!

機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第壱巻
機動武闘伝Gガンダム 石破天驚 Blu-ray Box 第弐巻  


それぞれ壱巻が9月、弐巻が11月発売となり、新規オーディオコメンタリーやドラマCD、映像特典として放送前特番が収録される模様。
も、もしやマイケル富岡氏と内山君が出てたアレか!!?

シリーズが続々とブルーレイボックス化していく中で、ついに大本命がきました。こりゃ予約しない理由がない!!

さらにこちらも開始。



ムービー・マスターピースDIECAST シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ アイアンマン・マーク46
いよいよ一週間後に公開される、「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」より、キャプテンと対立することになったトニー・スタークの纏う新アーマー、マーク46がMMSダイキャストにて登場。全身のライトアップギミックやエフェクトパーツ、トニーのヘッドパーツも付属する模様。
しかし発売予定が1年後(笑)


ムービー・マスターピース シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ キャプテン・アメリカ
キャプテンの方も予約中。

映画、とても楽しみです!
AD
いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに集結!
バンダイ 魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts 仮面ライダーファム レビュー


「魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts 仮面ライダーファム」

劇場版「仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」およびTVスペシャルに登場した女性ライダー、ファムがS.H.Figuarts化。龍騎に登場する13ライダーズのオオトリとなりました。
ちなみにファムに変身する霧島美穂を演じたのは加藤夏希嬢。

商品が発送されたのは'14年の11月と、随分ほったらかしてしまいましたw


女性型らしく小柄で線の細い造形となっています。プロポーション良し。


可動。
マントにも軸が設けられており、自由に表情をつけることが可能です。


付属品。
このほかに専用台座もあります。(後述)


「ブランバイザー」は腰の鞘に収めることができるほか、剣先を交換して手に持たせることも可能。


もちろんバイザーを展開させてカードを挿入することができます。


ガードベント「ウイングシールド」、ソードベント「ウイングスラッシャー」も付属。


ファムウイングは2タイプ選択可能。


専用台座。ファムウイング中央のアタッチメントにアームを取り付ける仕組み。

以下、ポーズ集。


「変身!」




なかなか良いお尻。



「私は勝たなくちゃいけないんだよ!どんなに汚い手を使ったって勝たなくちゃいけないんだ!!」




ファイナルベント


龍騎との比較。


宿敵・王蛇との対決。


そして・・・これでついに神埼士朗によって選ばれた13人のライダーたちが集結!!


足掛け3年。いやぁ、ここまで長かったなぁ・・・(しみじみ。


以上、ファムでした!
正直、本体の出来がどうのより、シリーズ開始から3年をかけてようやく13ライダーが集まった喜びの方が大きい(笑)

プロポーションもギミックもよく出来ていただけに、契約モンスターのブランウイングが付属しなかったのは惜しい。
というか残されたミラーモンスターたちは果たして出るのでしょうか? 確かに今頃になってドラグランザーやダークレイダーが受注開始にはなりましたが・・・

や。でももう私は十分です(笑)

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

束の間の安らぎも振り切って
バンダイ 魂ウェブ商店限定 ROBOT魂ゴッドガンダムオプションセット レビュー


「魂ウェブ商店限定 ROBOT魂ゴッドガンダム オプションセット」

ROBOT魂ゴッドガンダム用の拡張パーツセットが魂ウェブ商店限定アイテムとして登場しました。
今頃のレビューとなりますがご容赦ください(笑)

商品内容はこちら。


まずは腕組み用パーツ。
胸部のパーツと両腕を取り外し、専用のものに組み替えます。


ゴッド本体のものと腕組み用の胸部パーツですが成形の都合か色分けが異なっています。目立たない部分ではあるのでまぁ許容範囲でしょうか?


肩部マシンキャノンの展開状態も付属。
パーツをまるごと交換します。


打撃攻撃を思わせるエフェクトパーツも付属。ジョイントパーツにより様々な取り付け方を選ぶことができます。
単独使用の場合はこちら。


三つ又に分かれたジョイントパーツや、魂STAGE用のアームパーツも付属。
これを使い、複数のエフェクトを使用することが可能です。


ヒートエンド用手首。
ゴッドガンダム本体に付属している平手がゴッドフィンガーカラーになったのみですが、グワシッと掴ませるポージングが可能になります。


本商品の目玉であるコーナーポスト型台座。


後期オープニングでおなじみのコーナーポスト(ビームロープ発生器)がついについに立体化。
各ディテールを再現、アンテナ(?)部分は回転させることが可能。
さらに本体上部に魂STAGEのアームを取り付けることができ、ゴッドガンダム本体を乗せたときの安定性を向上させます。


以下、ポーズ集。



専用パーツを使用することでよりキッチリと腕組みホポーズが決まるようになりました。ゴッドというと腕組みも印象深いですしね。


「ガンダァァァァァァァムッ!!!!」
パチンッ
っと召還時のポージングもバッチリ。


ガイナっぽく。




デェェェェェェェェェェン デレッテッテッテー♪
束の間の安ら~ぎも振り切って~♪


というわけでコーナーポスト台座と組み合わせて後期OPのイントロシーンを再現可能に!






と、いっても実はここに立っているのはほんの一瞬で、直後にビルの上に移動してたりしますが。
さすがにビル型台座は難しかったか(笑) しかしようやくこのシーンを再現できる日が来るとは、感激であります。



「やはりバルカンじゃ歯が立たないかッ!」
相手役にゼウスガンダムやゼブラガンダムが欲しい・・・


「ヒィィィィィィィィィトッ、エンドッッッ!!!!」




「爆ぁぁぁぁぁく熱っ!!!!」
っと、突撃するシーンにも使えます。


組み換えでこのように使用することができます。


足技なんかにも。


しかし打撃というよりはカラーリングも相まってエネルギー弾のような形状に見え、取り付けの際の保持力もやや弱く、なんとも使いにくいエフェクトとなってしまっています。
せめてリボルテック北斗とか、オラオラエフェクトのような形状であればもっと雰囲気も出たのでしょうが・・・ 惜しい。


以上、ゴッドガンダムオプションセットでした!

打撃エフェクトについてはやや不満が残ってしまいましたが、腕組みやマシンキャノンパーツの補完は良い措置だったと思います。
加えてコーナーポスト型台座のインパクトも十分、長年夢見たOPの再現できるようになったのは大きな喜びであります。
ドモンの顔が浮かんだヘッドパーツはいつか補完されるのでしょうか・・・(笑)

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。