@in's Hobby Room

(アインズ ホビー ルーム)
気ままにガンプラ作ったり玩具をレビューしたりするブログ。



機動武闘伝GガンダムBlu-ray Box発売中!!!!


テーマ:

現在溜まってる玩具たち(笑)

 

 

今年も豊作ですなあ~~

 

さてフォールアウト(r

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

どうもお久しぶりです。

 

つい先月の中旬くらいですかね、今ごろになってフォールアウト4なるゲームをうっかり買ったばっかりに熱中しすぎて更新がこんな感じです(笑) だって止めどころがわからないんだもの!w

 

一応プラモ作ったりオモチャ買ったりはしてるんですけどね、いやぁまた溜まってきたなぁ・・・

ひとまず無事です生きてます。

 

あ、年明けに結婚式やります。そちらの準備もなかなか大変。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイクロリピーター、埋め込み完了だ。
バンダイ S.H.Figuarts アイアンマン・マーク42 レビュー

 

S.H.Figuarts アイアンマン・マーク42

 

「アイアンマン3」のメイン登場スーツ、マーク42です。
ふと過去の記事を漁っていたら実はレビューしていなかったことに驚き(苦)、今ここにアップいたします。 ちょうど最近再販もかかったので良い機会だったかもしれません(笑)

 

造形・可動は以前レビューしたマーク43とまったく同じで、カラーリングのみの違いとなります。
 

ゴールドも1色ではなく塗り分けられているのが確認できますね。

 

付属品。

 

ギミックも然り。

 

さらに初回購入特典として社長のソファーが付属していました。
プラ製で、クッションは好きな位置に置くことができます。

 


マーク43と比較。
劇中設定ではただの色違いではなく、42の完成形が43となっています。なので装着ミスも

なし。


以下、ポーズ集。

「・・・決まったね。」

 

 

「何それ!家でも着ることにしたの?」
「まあね。」

ソファーを使用することでペッパーの帰宅をお迎えしたワンシーンを再現可能です。

約1/12サイズのフィギュアであればほかのものもソファーに座らせることが出来ます。

 

 

 

以上、マーク42でした!
ほぼほぼ毎回同じような仕上がりなので特筆することもないのですが(汗)、初回特典だったソファは良いオプションでしたね。
って再販版には付かないんですが・・・;

 

そして今月にはついにこれを装着するトニー・スタークが発売となります!これに合わせての再販だったわけですね。
トニーも「アイアンマン3」版の姿とのことで、より一緒に並べたくなります。

 

そしてアインさんは気づきます。SHFアイアンパトリオットのレビューもしていなかったと(笑)
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さあ、お前の罪を数えろ!
バンダイ S.H.Figuarts仮面ライダーWサイクロンジョーカー(真骨彫製法) レビュー

 

S.H.Figuarts 仮面ライダーWサイクロンジョーカー(真骨彫製法)

 

「仮面ライダーW」より、主人公である左翔太郎とその相棒・フィリップが変身する二人で一人の仮面ライダー、ダブルがS.H.Figuarts真骨彫製法となってシリーズに再登場。
以前行われた魂フィーチャーズにて試作が展示されていましたが、待望のリリースとなりました。

 

 

アクターの骨格から読み取り、デジタル・アナログ双方の技術を以って完全新規造形。プロポーションも抜群です。

 

 

旧版では数多くの物議を醸した頭部アンテナの角度もきちんと修正。
良く見ると複眼のディテールもしっかり「W」の形になっていることがわかります。サイクロン側の塗装はもちろん、ジョーカー側もマット仕上げになっていて質感もしっかり出せています。
マフラーも迫力の造形に。

 

 

さらにサイクロン側の関節部分もちゃんと緑色のパーツが使われております。メタリックはやや抑え気味な印象。
変身ベルト・ダブルドライバーも細部まで作りこまれています。あのギミックも再現(後述)。
足裏のパターンももちろん再現されています。

 

可動。
極小のジョイントパーツにより肩パッドも自然な流れで動かせるように。
腹部には引き出し機構を採用。大きく屈むことができます。太もも付け根にはディケイドなどでも採用されているボールジョイントが内臓されています。
膝を曲げた時のシワの広がり方を変えているのが芸コマです。

 

付属品。

 

ちなみに同時発売の「魂EFFECT ACT:WIND」。

 

 

ダブルドライバーにはサイクロンメモリ、ジョーカーメモリをそれぞれ抜き差しが可能。バックル部の開閉ギミックも差し替え無しで再現、側面のマキシマムスロットにももちろんメモリを装填できます。
ただし、何せこの小サイズパーツなのでやや外れやすく、紛失に要注意です。
メモリを持たせるための手首もあります。

 

大型のマフラーに交換することもでき、OP映像のワンシーンを再現可能です。

 

旧版との比較。
ただ置くだけでもその進化のほどが伺えます。旧版のレビューも見返してみると結構いい感じに誉めてましたね(笑) 今見ればこの通りですが、なんだかんだで関節がヘタれるくらい遊んだ、愛着のある一品でした。

 

 

以下、ポーズ集。

サイクロン!ジョーカー!
「変身!」

 

同時発売の魂エフェクト:ウインド(2種)と組み合わせれば変身シーンなどの演出が可能です。

 

「さぁ、お前の罪を数えろ!」

 

指さしてるだけなのになぜこんなカッコイイのか。

 

ヴォラッ! ヴォレイ!

 

 

翔太郎特有の癖である、手首をクイっと回す仕草が好きです。

 

「俺はダブル。街の涙を拭う、2色のハンカチさ。」

 


旧版の時はバリエーションのほとんどを買っていた記憶が・・・w 個人的にはそこからオーズまでがピークだったなぁ(汗)

 

ハードボイルダーとご一緒に。
 

やや厳しい部分がありますが、一応乗せること自体は可能でした。

 

劇場作品「AtoZ」での超かっこいいシーン。
今回の撮影にあたって見返していましたがやはり何度見ても良い・・・

 

自作の背景シート使用。

 

 

ジョーカー!マキシマムドライブ!

 

「ジョーカーエクストリーム!!」
さすがに真っ二つに裂けるギミックまでは再現されませんので(汗)、それっぽい感じで。

 

「来たなあ、ダブル!」
「お前は!確か・・・ディケイド!!」

MOVIE大戦2010より。

 

「ディケイド。切り札、持ってるよね?」

「オールライダー対大ショッカー」からの付き合い(?)である二人。ここから夏映画恒例の次作ライダー登場イベントがはじまりましたね。

 

以上、ダブル真骨彫製法でした!
ダブルでさえSHFシリーズとしては初期のアイテムだったのかと思うとやや眩暈がしますが(笑)、プロポーション・可動・ギミック全てを生まれ変わらせたその姿はやはり感動さえ覚えます。
元デザインの関係上、響鬼のように関節も比較的目立ちにくいため、より本物度が高く感じますね。


このサイズにして変身ベルトのギミック再現とは恐れ入りました。
別売のエフェクトとも相性は抜群(というかほぼ専用?w)で、フィギュア的な演出をより楽しむことができます。
まだ試してはいませんが、野外撮影などするとより臨場感が出るのではないでしょうか。


さらに魂ウェブ商店限定アイテムとして、これまた新規造形で生まれ変わった、Wの専用マシン・ハードボイルダーが受注中。当時買い逃した方も、これを期にぜひご予約されてはいかがでしょう。

う~む、他フォームも出られるとキリがないが、仮面ライダージョーカーは欲しくなってしまうな・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2期もすげぇよ。

ガンプラ HGガンダムバルバトスルプス 改修塗装完成

 

「A New Blood」

 

今月より放送開始した「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期より、主人公三日月・オーガスの駆る新たなバルバトスの姿、ルプスがHGキットで登場しました。

 

今回は早速そのキットを製作。私としてはかなり珍しい、固定ポーズのジオラマ(ヴィネット?)風の仕上がりにしてみました。

作品タイトルは第2期1話のサブタイから。

 

ソードメイスを振りかぶり敵機に突撃するポージングで。

第1期1話のバルバトス登場シーンのオマージュです。

 

本体の改修箇所としては太ももが上がるように右太もものアーマーの上部をカット。さらに膝も曲がりきるようにふくらはぎの部分をカットしております。

左肩アーマーも独立させ、接着。

 

泥臭い戦闘シーンが魅力の作品だけに、作中イメージを崩さぬよう、全身に軽くダメージ加工と、ウェザリング塗装も施しています。

 

巻き上がった土煙は100均で入手した手芸用の綿を使用。タミヤの透明ソフトプラ棒に両面テープを巻いて固定し、水で溶いた木工ボンドを霧吹きで当てています。

 

煙でほとんど隠れてしまっていますが(苦)、台座部分も作っています。火星(クリュセ地区)のロケーションをイメージ。

ホームセンターで入手した木製ブロックの上に、これまた100均の紙粘土で大まかな土台を作り、石膏でできた岩を砕いて盛り付け、さらにシーナリープラスターを全体に塗りつけました。

念のため水溶きボンドを最後に吹き付けています。

 

カラーレシピ(C=クレオス、G=ガイアノーツ)

※下地にサフ→ジャーマングレー(G)を吹き付けた、いわゆる「黒立ち上げ」を行っています。

白:ウォームホワイト(G)

青:インディブルー(C)

赤:ハーマンレッド(C)

黄:ビビッドオレンジ(G)

緑:GXメタルグリーン(C)

グレー:ジャーマングレー(G)

フレーム:スターブライトアイアン(G)

墨入れ:タミヤエナメルブラック

 

つや消しコート後、エナメル塗料(ブラウン、ブラック)によるウォッシング、ブラウンやシルバーによるドライブラシでウェザリング表現。

 

さらに月刊モデルグラフィックスの付録となっているデカールを使用。

あのデカール、各勢力のマーキングや家紋、オリジナルデザインのものも多数入っていて、鉄血MS作るにはかなり良い素材となっているのでとてもオススメです。

 

もっとこう、煙の中から突き出てくるイメージにしたかったのですがなかなか表現が難しいですね;

 

2期も変わらず鈍器で敵殴り殺すマンしてほしいところ。

・・・それよりも戦闘シーンが果たして本当に増えるのかが不安ですが(笑)

 

 

・・・さらに。

「ガンダムバルバトスグルーム」

 

私の奥さんもガンプラ作りに挑戦。組み立て自体は過去に数体あるものの、塗装まで行ったのは人生初とのこと。せっかくなのでここにご紹介。

HGガンダムバルバトス第1形態ベース。

 

本人曰く「ケーキ入刀の新郎」をイメージしたそうで、白のタキシード姿に、取り入れると幸せになれるというサムシングブルー、さらにシルバーをポイントに入れたそうです。

なおグルームとは「新郎」のこと。

 

・・・なんともプレッシャーのかかる(笑)

 

付属の太刀にリボンと花でデコレート。よく見ると左手にはストーンで結婚指輪が取り付けられています。

 

自身初のエアブラシ塗装。(さすがに濃度調節は私のほうで行いました;)

「ボタンを押して引いて小刻みに回せ!」とだけ教えましたが大きな失敗も無く順調に進めることができていましたね。

 

しかしこのスグ後にマスクを外しておりました。マニキュアなどで匂いにはなれていたようです。それはそれで危険なんですが;

 

改めて見てもなんとも不思議な光景で失礼ながら笑ってしまう。(ちなみに私はこの横で今回のルプスを製作しておりましたw)

 

カラーレシピ

白:クールホワイト(G)→Mr.クリスタルカラーサファイアブルー(C)

青:スカイブルー(C)+ホワイト(C)+サファイアブルー(C)

シルバー:シルバー

墨入れ:タミヤエナメルブルー+ホワイト

 

初のエアブラシ塗装にしては1日で仕上がってしまいました。正直私のより先に完成するとは思いませなんだ。一部成形色が浮いておりますが初めてにしては綺麗に塗れているんじゃないかなーと。

「ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ」を体現したような斬新なアイデアですな。

いや、ノロケですよ。ええ。

 

以上、ルプス&グルームでした!

ルプスのキット自体もとても出来が良く、ほとんど手を加えないでも塗装次第ではかなり良く仕上がります。価格も最初のバルバトスと据え置きというのが驚き。まさに企業努力というヤツでしょうか。

 

この後もオプションセットと組み合わせた作品を別途製作予定です。

 

そして今回の2作品ですが現在、ボークス秋葉原ホビー天国で開催中の「鉄血のホビ天コンペ」に夫婦揃って参加しております。(誘ったら意外と作ってくれたんだよな)

こちらの店舗へは結構前にガンプラ王選手権にて参加した以来となりますね~。もはや懐かしいw

 

まだまだ始まったばかりで締め切りも12月初めまでとのことで本格的に作品展示が増えだすのは来月からだろうとのことです。

秋葉原にお立ち寄りの際はぜひご覧になっていってくださいな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。