@in's Hobby Room

(アインズ ホビー ルーム)
気ままにガンプラ作ったり玩具をレビューしたりするブログ。



機動武闘伝GガンダムBlu-ray Box化決定!!!!


テーマ:

俺は戦闘のプロだぜ↑ぇ~?

スーパーロボット超合金 グレートマジンガー ~鉄(くろがね)仕上げ~ レビュー

 

スーパーロボット超合金 グレートマジンガー ~鉄(くろがね)仕上げ~

 

マジンガーZ終了直後から始まった続編「グレートマジンガー」より、主人公・剣鉄也の駆る勇者グレートマジンガーがSR超合金、愛蔵版仕様の鉄(くろがね)仕上げとして再び製品化。

 

え、そりゃ買うでしょ(笑)

 

マジンガーZ同様、鋼鉄の質感を再現するためのつや消し処理やメッキ+クリアー塗装による特殊な表現が施されています。

 

角のように伸びた頭部やV字型に繋がった胸部パーツ、羽根を思わせる脚部の装飾が特徴的なグレートマジンガー。

これだけの変化でも「マジンガーとは一味違う」と思わせるデザインですね。

もちろんダイキャスト使用。

 

可動。

ほとんどはマジンガーZに準拠するものです。やはり胴体には引き出し機構、膝にはクリック式関節を採用。ダイキャストにより安定感も抜群です。

 

付属品。

通常版に入っていたというサンダーブレークエフェクトは省略されてしまいました;

 

「ブレーンコンドル」は取り外しが可能なので、ドッキングシーケンスを再現可能。

 

魂STAGE用アダプタパーツはいつもの場所に装着、マジンガーブレードつき。

「クロスオーバージョイント」も搭載。胸部の放熱板も取り外しできます。

 

腕部を差し替えて「アトミックパンチ」「ドリルプレッシャーパンチ」を選択可能。

ドリルプレッシャーパンチの方は可動が制限されています。

 

「スクランブルダッシュ」装着状態。

 

背中だけでなく、ふくらはぎの部分に取り付ける補助翼のようなパーツもあり。

 

別売のマジンガーZと合わせて使用できる握手パーツが付属。

 

マジンガーZとの比較。

グレートの方が小顔なのが確認できます。

 

以下、ポーズ集。

 

「ファイヤー・オーン!」

 

「マジンガーZ」最終話において、戦闘獣の攻撃で大破・戦闘不能になったマジンガーZの元へ突如現れ、圧倒的な強さをもって戦闘獣たちを蹴散らすという鮮烈のデビューを果たし、そのまま後番組としてスタートしました。

 

「俺は少々荒っぽいぜ!」

戦闘のプロは少々荒っぽいのだ!

 

 

「グレートブーメラン!」

放熱板をブーメランにするという狂気の発想。

 

「スクランブル・ダッシュ!」

 

 

「アトミック・パンチ!」

 

「ドリルプレッシャー・パンチッ!!」

 

 

「マジンガーブレードッ!」

 

Zから拝借すれば二刀流にもできます。

 

 

「ブレストバーン!!」

 

「くらえ!サンダー・ブレーク!!」

 

グレートマジンガーの代名詞・サンダーブレーク!鉄仕上げ版においてエフェクトが省略されてしまったのが残念であります。

 

「兜甲児・・・お前を殺す・・・」

「な、何言ってんだ?ヒイロの物真似でもしてんのかよ!?」

またまたα外伝より(笑) 鉄也が主人公のように感じるストーリーでもありましたね。

 

わだかまりを超え、真のダブルマジンガーのそろい踏み。

 

「ダブルマジンガーブレードッ!!」

 

 

 

「甲児君、慣れてないなんて言うなよ!」

「わかったぜ、鉄也さん!」

「「くらえ!ダブルバーニングファイヤー!!」」

 

そして付属パーツを使い、ダブルマジンガーの熱い絆を表す握手。

 

ちなみにマジンカイザーとの比較。

 

そしてクロスオーバージョイントによる組み換え。

しかしよく見ると背中のジョイントの太さがグレートのみ細めになっていて他のパーツを取り付けできなくなっていました。

逆にグレートのスクランブルダッシュパーツを他に取り付けることは可能。

 

甲児君!慣れてないなんていうなよ(r

 

以上、グレートマジンガー鉄仕上げでした!

特殊な塗装表現による鋼鉄の質感を、大空の勇者にも見事施されこれまた特別感・高級感のある仕上がりとなっています。

 

エフェクトが付属しないのが残念ではあります・・・;

しかしやはりダブルマジンガーの揃い踏みは嬉しくなってしまいますね。

相変わらずα外伝イベントばっかりでアレですが・・・(笑)

 

さてここまで来るとマジンガーシリーズ第3作にあたるグレンダイザーの鉄仕上げ化にも期待してしまいますね・・・??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

絶叫するマン。

バンダイ スーパーロボット超合金 ジェネシックガオガイガー レビュー

 

スーパーロボット超合金  ジェネシックガオガイガー

 

OVA作品「勇者王ガオガイガーFINAL」終盤において、エヴォリュダー・凱の駆るガイガー(ギャレオン)が本来のガオーマシンとジェネシック・ファイナルフュージョンすることにより誕生したジェネシックガオガイガーがSR超合金化。

 

これまたリリースされたのは少し前になり、店頭で見かけることもほぼなくなってきている中、まさかの隣駅のオモチャ屋で発見(笑)

新品未開封・初回特典付き定価のままとか買うしかないでしょう・・・? 地方のオモチャ屋恐るべし。

 

全身が刺々しく大型のアイテムとなっています。

 

ボリュームのあるマッシブな体型に加え、あの複雑な造形を見事再現。塗りわけも細かくできています。メタリック塗装も映えますね。

肩・脚部などにダイキャスト使用。重みも十分です。

 

可動。

非常に良く考え込まれた関節構造となっており、小分けにして紹介。

頭部は首を引き出して左右に向けることが可能で、髪の毛状のパーツも3分割されておりそれぞれボールジョイントにより可動。

 

胸部ギャレオンの口が開閉可能なほか、「ヘル&ヘブン」ポーズ再現のためにたてがみが可動、腕の干渉を防いでくれます。ギャレオン部分ごと上部へ持ち上げることも可能。

腰も引き出し式になっており、体をうねらせる事が出来ます。もうちょっと回転できれば嬉しかったところ。

 

腕部。

肩の基部が引き出し可能、肩アーマー(ブロウクンガオー、プロテクトガオー)部が単独で可動軸を備えており、さらに前面のパネルが展開。これにより「いかり肩のまま腕を前に突き出す」アクションが可能に。

肘はもちろん二重可動+ロールジョイント。 本商品の可動のキモが胸部~腕部にあると思います。

 

脚部。

股関節は引き出し式、膝のクリックはないようでした。両足側面のツメ部分はスライド可動することで設置性を上げることが可能。各ツメも軸可動。

 

背部ガジェットフェザー。

プラ製により自重で倒れる心配なし。基部が前後に可動、尻尾のガジェットガオーはひとつひとつがボールジョイントにより可動。

さらにガジェットフェザーは差し替えなしで展開。

目のようなディティールが露出します。展開後はロックすることが可能。 翼をスライドし広げることもできます。

ガジェットツール部は節ごとで取り外し、各ツール使用状態を再現可能。

 

付属品。

予備のアンテナパーツつき。

 

さらに初回特典の「ヘル&ヘブン発動アーム」。

・・・初回特典どころか本体が再販してませんがな(笑)

 

魂STAGE用アダプタパーツは股関節部に装着。本体がそこそこ重いので大丈夫か?という構造ではあります(汗)

「ブロウクンマグナム」も再現可能。従来のように腕ごと発射するのでなく手首の内部部分から分離・発射という少々変わったギミックとなっています。

ドリルニーは交換用パーツにより「設定用」「ディティール用」と分けることができます。

ちなみに本商品には「クロスオーバージョイント」は搭載されておりません。

 

ウィルナイフ。手首に取り付けます。

左腕パーツを交換してプロテクトシェード発動を再現。

 

「ボルティングドライバー」。左手首に装着します。

先端のパーツを交換し各形態を再現。

 

初回特典パーツは前腕ごと交換します。可動はそのまま。

グラデーションにより発光状態がうまく表現されています。

 

そして「ヘル&ヘブン」用の手を組んだパーツももちろん付属。

前述した、たてがみや腕の可動機構によりバッチリ決まります。

 

 

以下、ポーズ集。

「ガオッ!ガイッ!!ガァァァァァァァァァアアアアアア!!!!」

それは、最強の破壊神・・・

 

それは、勇気の究極なる姿・・・我々がたどり着いた、大いなる遺産・・・

 

その名は、勇者王・・・ジェネシック・・・ガオガイガー!!

 

最強形態でもあり、実はこれがガオガイガー本来の姿でもあります。TVシリーズでおなじみハンマーを振り下ろすあのガオガイガーはギャレオンの中に残されていたジェネシックマシンのデータを元に地球製マシンで復元・製作されたもの。

 

「見せてやる・・・本当の勇気の力を!」

「ジェネシックガオガイガーの力は・・・無限を超えた、絶対勝利の力なんだああああ!!」

 

 

「俺は貴様らを破壊する!!」

このシーンのための指差し手首も付属。

 

「ウィル・ナイフ!!」

 

 

「うおおおおおおおお・・・!!」

 

「ブロォォォォクンッ!マグナァァァァムッ!!」

 

 

「プロテクト・シェェェェェェェドッ!!」

 

「ボルティング・ドライバァァァァァァ!!!!」

 

 

「これを使うしかない・・・!」

 

 

「ヘル!&!ヘブン!」

 

 

「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ・・・はあああああっ!!」

 

「ウィータァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアッ!!!!!!!!!!」

TVシリーズも大概でしたが「FINAL」における檜山氏の血管がブチ切れそうな絶叫ぶりには清清しささえ感じます。

 

肩と胸部の関節機構のおかげでヘル&ヘブンのポーズもこの通り。必殺技ポーズがカッコ良く決まるのは嬉しいですね。


 

オー○ラエクスキューションのように、組んだ両手を上へ掲げることもできます。

 

マジンカイザー真ゲッターとご一緒に。

見よこの大迫力!

 

そのほかにもいろいろと。

いよいよ「第3次α」のメンツが揃ってまいりましたな・・・

 

以上、ジェネシックガオガイガーでした!

まさかの近所で発見に思わず購入してしまいました(笑) 

最強形態とあって、いかついボディに重厚感のある塗装表現・加えて金属の重みも加わり、これだけでも迫力十分なのですが、考えられた可動機構によりアクション性も抜群。

 

このデザインをよくここまで動かすな・・・と思わされます。たしかにほかのものと比べるとやや制限される部分も出てはきますが、見た目のわりには十分すぎるほどだと思えます。

 

さらに充実した付属品、初回特典による必殺技シーケンスの再現度の高さも◎。

見た目よし、重みよし、動かして良しと、まさにアクションフィギュアの良いところが詰まっているような内容でした。

 

ゴルディオンクラッシャーは・・・無理だろうなぁw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

過激な方。

バンダイ スーパーロボット超合金 真ゲッター1OVA版 レビュー

 

スーパーロボット超合金 真ゲッター1OVA版

 

TVゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズでもお馴染み、漫画・OVA作品も製作された「真ゲッターロボ」がスーパーロボット超合金シリーズに登場。

こちらはOVA版のデザインとなっています。

 

マッシブな体系と突き出た両肩のデザインが特徴的。頭部は細かく塗り分けられており、瞳のプリントもバッチリ再現されています。

胸部・脚部にはクリアー素材を使用、内部ディテールも確認できます。

ダイキャストは主に脚部に使用。

 

可動。

首・肩に引き出し機構を採用。さらに肩は2段階の引き出しが可能。上腕にはボールジョイント使用。前腕はロール可動により自由に向きを変えることができます。

 

腰部・股関節・足首にも引き出し機構を採用。

これにより大きく屈ませることが可能。膝にはクリック機構を採用し、ガチガチガチ・・・とヘタれることなく動かすことができます。

・・・が、代わりに股関節が緩みやすいようです;

 

付属品。

 

魂STAGE用のアダプタパーツはやはりお尻に装着。腹部パーツは交換してゲッタービーム発射状態を再現可能。

身の丈以上もある大型武器「ゲッターサイト」はプラ製。その他、「クロスオーバージョイント」も搭載。

 

以下、ポーズ集。

初出は「ゲッターロボ號」という漫画作品。その後スパロボシリーズに登場し、アンソロジーコミックに掲載、その後OVAがリリースされるという特殊なメディア展開がされた機体であります。

 

ゲッターといえばトマホーク!な印象ですがそこはバンダイ得意のオプションセット商法で補完されたようです(笑)しかもプレバン限定・;

仕方ない、探すか・・・

 

「ゲッタービーーーーームッ!!」

 

「貴様にも味あわせてやる、ゲッターの恐ろしさをな!」

OVA版とはなってますが構わずゲーム版として遊びます。神谷明の方ね。

 

「ストナァァァァァァサァァァンシャァァァァァァイン!!!!」

 

マジンガーZマジンカイザーとの比較。

大型の部類に入るので、マジンガーZとの身長差がかなりあります。

 

「フハハハ!兜甲児!その命、もらったぞ!」

「な、何っ!? 何でてめえがそれに乗ってんだ!?」

 

「どうだ!?ゲッターを敵にした気分は!!」

α外伝「奪われた真・ゲッターロボ」より。まさかのバット将軍。プレイした人は誰もが驚いたことでしょう・・・

こうなるとゲッタードラゴンとの対決もさせたいですね~。

 

「真・ゲッター・・・味方にすりゃ頼もしいが、敵に回すとこれほど恐ろしい奴はいねぇ・・・」

「だがな!この兜甲児と正義の魔神・マジンカイザーが・・・真・ゲッターロボを止めてみせる!!」

 

「究極のマジンガーか…この真・ゲッターで再び地中へ封印してやる!」

「リョウ達が乗ってんならともかく、てめえなんざが乗ったゲッターロボに負けてたまるか!!」

 

エンディングムービー、イージス作戦成功のシーンより。

相変わらずのα外伝大好きマンでした。

 

「クロスオーバージョイント」を使って組み換え遊び。

マジンカイザーのパーツが便利すぎる・・・

 

マジンガーZにも装着。案外サマになるw

 

カイザースクランダーだけ装着したのが一番しっくりきますね。

色味や禍々しい形状が実にマッチします。

 

以上、真ゲッターでした!

ボリュームのある造形に細部の塗り分けやダイキャストの重みがこれまた満足感の高い内容でした。ゲッターサイトの迫力も十分。

 

ただ股関節のヘタりやすさが少々残念。少し手を加えれば改善できる程度ではありますが。

それにしてもマジンカイザーとの並びたちは大迫力です。マジンカイザー&真ゲッター用のオプションパーツを探すとします(笑)

 

ゲッタードラゴンもぜひリリースしてほしいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
相変わらずのかませ。
バンダイ 魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts ベジータ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人Ver. レビュー

「魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts ベジータ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人Ver.」

「ドラゴンボールZ 復活のF」より、ウイスの元で修行したベジータが新たに覚醒した姿、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(SSGSS)となってS.H.Figuartsに登場。
復活のF、およびDB超において一新したコスチュームとなっています。

ボディも新規造形となり、ややスリムになりました。黒を基調とした戦闘ジャケットはウイスのサインも再現。
見本写真にはなかった目線を正面に向けて口を結んだ顔パーツもちゃんとありました。
青くなった髪の毛はグロス塗装となっています。
可動範囲は超サイヤ人ベジータと同様のためそちらを参照してください。

付属品。

表情集。

以下、ポーズ集。

その長すぎるネーミングゆえ、DB超においては「超サイヤ人ブルー」という名称に変わったようですw




「くそったれ・・・」といった表情が実に似合います。


「ファイナルフラーーーーーッシュ!!」


ノーマル頭部取り付け。
それにしても腕組み用パーツがないのはなんともムズがゆいですね・・・


超サイヤ人ベジータとの比較。
体格も細身になっていることが伺えます。


それぞれの頭部を付け替え。
現在放送中のDB超・悟空ブラック編では結局前の戦闘ジャケットに戻していましたね。


悟空と。



ゴールデンフリーザと。

「もう決めちまったんだよ・・・完全に貴様を消し去ってやるってな・・・!」
「ぎ・・・!ベジータのくせに、生意気な口を・・・!」


以上、ベジータでした!新規造形の割には相変わらずの関節構造、なにより腕組みパーツがないのがなんとも不満の残る内容でした。見本写真の時点で不自然すぎる腕組みポーズ写真だったのが気になっていましたが結局そのままの仕様で発売となってしまいました・・・

ベジータのお決まりのポーズですのでここが再現できないのはやはり痛いかな、と。結局いつものかゆい所に手が届かないDBアーツになっちゃったかなぁという印象です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうすぐブルーレイ出るし・・・;
MARVEL原宿ポップアップストア イベントレポート


「MARVEL原宿ポップアップストア」

去る4月29日~5月15日の間、「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」公開を記念して、原宿にあるホットトイズフラッグシップストア・トイサピエンスの隣で開催されたポップアップストア。
特別展示や開催記念限定品の販売が行われたイベントになります。

まぁ~~~~~今更なレポートでございます(笑)


まず入り口にお目見えしたのはキャップ&アイアンマンマーク46の等身大立像!
キャップのシールド裏なんかはわりと豪快な塗りになっていましたw アイアンマンのツヤツヤ感が良いですね。



アベンジャーズ~シビルウォーに関するムービー・マスターピースシリーズの展示。過去作はもちろん発売予定の新作も。


この記事を書いたころにはもう発売している(汗)、MMSダイキャストのアイアンマン・マーク45。エイジ・オブ・ウルトロンに登場したアーマーですね。
これまでのスーツに比べ、特にマスク部のクロームメッキのようなギラギラとした質感が特徴的です。


こちらは現状9月発売予定となっているMMSキャプテン・アメリカ(CW仕様)。



AOU仕様(左)との比較。
ほとんど間違い探しレベルですが・・・w



AOUから比べ、肩のボリュームが増し、さらにまた逞しい体つきとなりました。展示ではわかりませんでしたが口元のパーツを差し替えて歯を食いしばった表情にできるようです。



こちらもCW仕様のブラック・ウィドウ。
セミロングの巻き髪ヘアーとなっただけではなく、再び顔を新規造形し、より本人の雰囲気に近づいたように見えます。


さらに会場では「シビル・ウォー」本編にて実際に使用されたコスチュームの展示まで!



こちらはスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフの普段着。脚長ッ!細ッ!



ブラック・ウィドウの戦闘コスチューム。これまた脚長し。



トニー・スタークのスーツ。腕時計型リパルサー装置でバッキーと揉めあった時の。
サングラスも劇中のもの。


バッキーの隠居(?)時の服。



ホークアイの戦闘コスチューム。片腕だけ肌が露出する特徴的な作りです。


そしてお待ちかね、キャップのコスチューム!




こんな機会でもなければ見れないので細部までじっくりと。


会場限定販売だったMMSダイキャストアイアンマン・マーク3『ブルー・ステルス版』。





おなじく限定販売だったMMSスカーレット・ウィッチ(ニュー・アベンジャーズ版)。


エイジ・オブ・ウルトロンのラストシーンで纏っていたコスチュームですね。




最後は各著名人との誰得コラボ。
いつも思うんですが、せめて演じた本人クリス・エヴァンス氏や吹き替えを担当した中村悠一氏に頼んだ方がいいんじゃないですかねぇ・・・(打診はしてるのかな)
正直置かれても反応に困るだけですね。。。


結局ノーマルが一番ってわけです。

以上、原宿ポップアップストア今頃レポートでした!
一番の注目は本物のコスチュームでしたね。キャップのスーツはもちろんなんですが、女性陣のものにも驚きました。こんなにスタイル良いのか!って(笑)
ブルーレイも今月中旬に発売が迫っており、MMSキャップも今月あたり国内入荷との噂が・・・?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。