@in's Hobby Room

(アインズ ホビー ルーム)
気ままにガンプラ作ったり玩具をレビューしたりするブログ。


テーマ:

どうして俺を知っている!?
ガンプラ MG ガンダムダブルエックス 改修塗装完成




MG ガンダムダブルエックス

「機動新世紀ガンダムX」後半主役機のガンダムダブルエックスがマスターグレードで登場。

・・・といっても昨年発売されて、パチ組みしたまま放置しっぱなしだったので、空いた時間を使いながら完成させました。
本体はほぼストレート組みのまま、メタルバルカンやメタルバーニアでデコレートした程度です。

今回はランナー塗装じゃありませんよ(笑)

■工作内容
・ゲートカット
・表面処理(400~1000版ペーパー使用)
・メタルパーツ埋め込み。


■塗装(C=クレオス、G=ガイア)
白:ピュアホワイト(G)
黒:ミッドナイトブルー(G)
赤:ハーマンレッド(C)
金1:スターブライトゴールド(G)
金2:スターブライトブラス(G)
関節1:ガンメタル(G)
関節2:フレームメタリック2(G)

墨入れ後、つや消しコートを行い、各部メタルパーツを取り付けて仕上げ。


以下、ポーズ集。


リフレクターは偏向シートとクリアーパーツの組み合わせにより美しい輝きを放ちます。





以上、MGDXでした!

ガンダムXに続いて嬉しいMG化となったダブルエックス。
仕上げに随分かかってしまいましたが(苦)、さすがMGとあって特に改修せずとも抜群の出来栄えを誇りますね。

結局背中やリアスカートの意味深なジョイントは進展なくそのままということでしょうか・・・?
MGディバイダーもリリースされる気配ないですしね~;

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30年待ったのだ!
ガンプラ HGUCバーザム 塗装完成




HGUC バーザム

「機動戦士Zガンダム」終盤に登場し、ただでさえ数少ない出番と、名有りのエースパイロットなども搭乗したことがないことから、マイナーMSとして位置付けられるも、その独特の雰囲気からネットをはじめ一部でカルト的人気を誇っていたティターンズの量産MS・バーザムがついについにHGUCでリリース。
いわゆる旧キット化もされていなかったので、まさしく初のガンプラ化となりました。

先週末は有史以来、もっともバーザムという商品が売れたことでしょう(笑)
今回も一部ランナー塗装でサクっと仕上げ。


■塗装レシピ(ガイアのみ)
金:スターブライトゴールド(G)
関節など:フレームメタリック2(G)

墨入れ後、つや消し仕上げ。


以下、ポーズ集。




膝立ちも可能。


素組みの写真を撮り忘れてしまったのですが、色分けもほぼ完璧を言ってよく、細かい箇所のシールを貼る程度でした。
モノアイもクリアー製。


そのためこの間作ったゼータガンダムよりも凝った内容に思えてしまいますw





腕部からビームサーベルを取り出すギミックを再現可能。





以上、バーザムでした!

30年のときを経てついにキット化してしまったバーザム。
その出来栄えは想像を超えるほどのクォリティでした。


ただ、股関節のジョイントが白化しやすく強度にやや不安があるかな、という感じです。
色分け・プロポーションや可動性は文句なし。

さて、なんでもボークス秋葉原ホビー天国さんにて、このHGUCバーザム発売を記念した「オレザムコンテスト」なる狂ったイベントを行うそうな・・・
受付が6月3日からだそうで、誘われてしまった手前出さざるを得ない・・・(笑)
改造プランがぼんやり浮かんできたのでこれとは別に完成させます~。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たまにはこういうのも作ります。
コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット 塗装完成


フレームアームズ・ガール スティレット

コトブキヤオリジナルプラキットシリーズ、「フレームアームズ」から派生した美少女プラキットシリーズ「フレームアームズ・ガール(FAG)」より、スティレットが登場。
現在TVアニメも放送中。
発売した当時組み立てるだけ組み立てて放置してたのを塗装しました。


■塗装レシピ(C=クレオス、G=ガイアノーツ)

青:アイスコバルトブルー(G)
白:クールホワイト(G)
黒:GXメタルブラック(C)
銀1:ステンレスシルバー(G)
銀2:フレームメタリック2(G)
金:スターブライトブラス(G)

各部塗装後、肌色を除く全体にクリスタルカラー・サファイアブルー(C)を使用。
※顔や肌パーツは成形色のまま。


各顔パーツはすでに目が印刷済み。精度も高く、十分なクォリティです。
コピックで髪にシャドーを、パステルを使って頬紅を足しています。


以下、ポーズ集。



以上、スティレットでした!

元の機体も好きなデザインだけに、FAG化してもカッコ可愛くできており、素組みでも十分なクォリティを持ちます。
印刷・塗装済みの顔パーツの精度も抜群ですが、付属デカールによりさらに表情のバリエーションも出せるのが嬉しいポイント。

FAGに続けとばかりに各メーカーもいろいろ似たようなのを出していますが(笑)、種類やクォリティではやはりこちらに軍配があがりますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

趣味は大事だろ?
バンダイ 魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts ホール・オブ・アーマー レビュー


「魂ウェブ商店限定 S.H.Figuarts ホール・オブ・アーマー」

「アイアンマン2」以降、トニー・スターク邸にある各アイアンマンスーツ用の格納庫、「ホールオブアーマー」がSHFで登場。
「アイアンマン3」におけるトニーの作業室を再現させるため7つ購入しました。


各ディテールを再現。


連結用のジョイントが2つ付属。


劇中のように複数並べて連結させることが可能。


上下に重ねることも一応可能。


単4電池×3を用いた電飾ギミックつき。



では早速、先日紹介したマーク6を乗せてみました。

ライトアップ。

 




各スーツを格納。まだSHF化されてないスーツはリボルテックで代用。
・・・そういえばマーク4だけはリボでも持っていなかった・・・;




ウォーマシンコレクションなんてのもできます。


そして、7つ連結!
さらにSHFトニー、および台座も組み合わせることで「アイアンマン3」での作業部屋を再現可能!
やはりいつもの撮影スペースでは乗せきれなかったので今回は移動w


マーク4の分は適当なスーツで埋めておくとして・・・いやはや壮観、感激であります。
さすがにホットトイズでこれをやるには場所もお金も足りませんからね^^;

「皆さん、分娩室にようこそ。」

 


スターク邸爆破。


サイズの近い他のフィギュアを乗せてみました。


以上、ホールオブアーマーでした!

ただの格納庫なので電飾以外のギミックはさしてありませんが、なんといっても劇中でのズラリと並んだアイアンマンスーツたちを再現できるようになったのは感激ですね。
とはいえ内容を考えると少々割高かな~と思います。

現在2次受注中。1度に7つは無理だ・・・!という方は今回をお見逃しなく。さらにマーク2のスーツも受注開始しております。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと創造主たち殺ってくるわ。
タカラトミー トイザらスオリジナル オプティマスプライム(TLK) レビュー


「トイザらスオリジナル オプティマスプライム(TLK)」

「トランスフォーマー 最後の騎士王」から、ボイジャークラスのオプティマスプライムが登場。
こちらは「トイザらス」オンラインショップ、または全国のトイザらス店舗限定の商品となっており、「TLK-○○」のナンバーは振られておりませんが、便宜上はTLKシリーズのフォーマット。


まずビークルモード。


「ダークサイドムーン」までの四角いフォルムから、丸みを帯びてよりパワフルな形状に変わっています。
バンパーやタンク部分はシルバー塗装されており、正面からの見栄えも良し。
ファイアーパターンやオートボットマークも再現されています。


付属品。


ソードは車体下部、シールドは荷台の部分に装着可能。

トランスフォーム!



こちらがロボットモード。


やはり「ロストエイジ」においてガラリと雰囲気が変わっております。
劇中と比べるとかなり太めな印象を受けるプロポーション。


目の部分が厚ぼったく塗られておりますが、造形自体はかなり細かく再現されています。メタリックブルーやシルバーでの塗装も実にカッコイイです。質は良いのですが設定と塗りわけが異なる箇所が多いです。
背中はどうしてもガワっぽさが残ってしまいますね。前輪~後輪ともに脚部を成すので下半身のボリュームがあります。


可動。
上腕や腰、モモは回転するものの、手首や足首が固定、膝も90°まで曲がらないので、ややアクション性に乏しいです。


テメノスソードは手に持たせるだけでなく、背中にもマウント可能。シールドは前腕のジョイントへ。
腰のジョイントに市販の台座を取り付け可能。


さらに只今キャンペーンも開催されており、TF商品2000円以上買うとこちらの「シルバーテメノスソード」がもらえます。

 


メッキを使用し、塗装も豪華な仕様になっています。


サイズはリーダークラス用ですが、本商品にももちろん持たせることが可能。

ちなみにMBオプにはジョイントの径が合わず持たせることができませんでした。見たところサイズもあれには小さめ。


ダークサイドムーンのボイジャーオプ(メックテックトレーラー版)との比較。
サイズもやや大きくなり、造形はもちろん青の色味もかなり鮮やかになっているのがよくわかります。

以下、ポーズ集。




シルバーテメノスソードを装備。
商品付属のソードとは段違いの出来です。


リーダークラス用といいつつ、このボイオプとの相性も抜群。
むしろこのくらいハッタリがあった方が迫力ありますね。



メックテックウェポンを持たせることもできます。





TLKビーと。



PVではこの2人が激しいバトルを繰り広げる様子が見られましたが、果たしてどうなってしまうのか。


キャンペーン品のテメノスソードをビーに持たせることも可能。


以上、TLKオプティマスでした!

今回も出ましたザラス限定品。トランスフォーマーというと必ずザラスがどこかで関わりますからね(笑)

ボリュームや造形もかなり良く、単純な見た目はとても良い方なのですが、塗装やアクション面において難ありという感じ。
そういう意味では非常に惜しい商品という印象です。

ただ景品のシルバーテメノスソードとの相性が良いので、静かに佇むようなポージングで飾っておくならオススメです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。