@in's Hobby Room

(アインズ ホビー ルーム)
気ままにガンプラ作ったり玩具をレビューしたりするブログ。



機動武闘伝GガンダムBlu-ray Box化決定!!!!


テーマ:

てめーあっちへ行きやがれっ!
バンダイ スーパーロボット超合金 マジンガーZ ~鉄(くろがね)仕上げ~ レビュー


スーパーロボット超合金 マジンガーZ ~鉄(くろがね)仕上げ~

スーパーロボットアニメの金字塔、「マジンガーZ」より、主人公・兜甲児の駆る元祖スーパーロボット、マジンガーZ!
SR超合金の第1弾としても発売され、人気を博したマジンガーZが鋼鉄の質感をより高め、高級感を演出した特別な表面処理・塗装を施した「鉄(くろがね)仕上げ」となって再び登場。

・・・といっても発売されたのは昨年。(現在は「アイアンカッターEDITION」が発売中。
最近なんとなく興味が出てきたのでショップ巡りの後、自分への誕生日プレゼントで購入w なんとなく持っておきたくなってしまうマジンガー、レビューです。





スーパーロボット超合金の名の通り、ボディの一部にはダイキャストが使用され、手にした時に小気味の良い重みを感じます。


黒い部分は梨地+つや消し仕上げ、シルバー部分はメッキの上にクリアーカラーを重ねるといった手法で「スーパーロボット」らしい金属感のある重厚さや高級感を演出した仕上がりに。
手ごろなサイズながらそれ以上特別感のある一品になっています。


可動。
胴や股関節は引き出し式。腕部は二重関節+ロール可動により自在に向きを調節可能。 膝はカチカチカチ・・・というクリック式によりヘタりの出ないようしっかりと動かせることが可能で、脚部にダイキャストも使用しているため安定感も抜群です。


付属品。
通常版に付いていた強化型ロケットパンチが付属しない代わりにジェットスクランダーがセットされています。


ホバーパイルダーは脱着可能、変形はオミットされています。 別売の魂STAGEなどに対応したジョイントパーツはお尻に装着。
「クロスオーバージョイント」搭載により対応している他のSR超合金シリーズとの組み換え遊びが可能。腕と背中のジョイントがそれです。
さらにマジンガーブレードも付属。


ジェットスクランダー装着状態。


ジェットスクランダー本体も質感の違いを表すための塗装が施されています。翼も成形色そのままではなく塗装再現。
ちなみにオールプラ製。


左右の翼を付け替え、基部をスライドさせることもできます。

以下、ポーズ集。


「パイルダー・オーーン!!」


「マジンガー・ゼーーーット!!」




さすがに初代のアニメ本編は見たことありませんで(汗)、スパロボ知識くらいしかないのですが・・・^^; 石丸博也氏の方ね。








こ↑れ→で↑も→くらえー!


「ロケットパーーンチ!!」



マジンガーの代名詞!
後年のロボットアニメでもリスペクトされ続けるシンプルかつインパクトのある必殺技ですね。


「ブレスト・ファイヤーーッ!!」
そしてもうひとつ、マジンガーの決め手といえばこれ!劇中でもトドメに使用したのは最多を誇るという必殺武器。


「スクランダー・クローーース!!」


スリー!ツー!ワン!ゼロー! デケデケデケデケ・・・ ハッシャーー!!
空とぶマジンガーZ!


ロボットアニメの王道パワーアップ。「でかい翼」!!
羽根をつければ飛べる!!という単純かつシンプルな発想に捉えられがちですが、放送当時としては適当なジェット噴射や謎の推力で空を飛ぶロボットアニメや特撮作品などが多かった中、翼をドッキングさせ飛行させるのは斬新なスタイルだったといいます。
スポンサー(オモチャ)的にも人気だったとか(笑)


「スクランダー・カット!!」






「マジンパワー!」


SR超合金はマイトガイン以来の購入となりました。
せっかくなのでツーショットを。 ・・・そしてマイトガインが初のスパロボシリーズ参戦とか!めでたいめでたい。


マジンガーの設定身長は18mと、意外にも(?)ファーストガンダムなどのMSと同じだったりします。身長については諸説ありますがグレートマジンガー時代以降は大きくなってるとの説も。
せっかくなのでロボ魂ガンダムと。


こうなってくるとスーパーロボット大戦ですね^^


もうちょっとそれっぽく・・・インパクトの面々で。


以上、マジンガーZ・鉄仕上げでした!
実は持っていなかったマジンガーでしたが、手ごろなサイズに高いアクション性、超合金らしい重みとそのままでも満足度の高い内容でした。マジンガーの本体自体は6年前にリリースされた第1弾のものがそのまま流用されていますが、それだけ完成度が高かったということでしょう。

そこへ今回の「鉄(くろがね)仕上げ」による質感の向上と高級感の演出。 「カッコイイ・・・」の一言に尽きます。 このサイズからは想像しえない渋カッコイイ愛蔵版的なクォリティとなっています。
9月にはグレートマジンガーも鉄仕上げとなってリリース予定。もちろん予約しました(笑)

しかしSR超合金といえば手ごろなサイズに手ごろな価格設定というのが当初の魅力でしたが、最近はめっきり価格の高騰が響いていますね・・・このマジンガーZも通常版から鉄仕上げとなって丸2倍という価格に・・・;(その分スクランダーの付属や仕上げなどの差別化はありますが)
原材料の高騰を言い訳にむやみに価格アップさせず当初のような入手のしやすさをまた目指してほしいところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚して早2ヶ月。本当あっという間だし今年もあと4ヶ月という言葉に驚愕しかない。
バンダイ 食玩 ハイパーディテールギア仮面ライダー レビュー


HYPER DETAIL GEAR KAMEN RIDER

今回は珍しく食玩になります。
いや、たまたまお菓子買いに行ったカ○ミで見つけてしまったのでつい・・・ 第1弾ラインナップは5種類発売しており、このほかにロストドライバー(仮面ライダーエターナル仕様)も出ているようですがそれだけ品切れしていました;
簡単にですがレビュー。

ちなみに分類上は食玩、タブレットケース(フリスク的な)になるようです。なのでおいしいミント味のタブレット入り(笑)

まずは仮面ライダークウガより「アークル」。



細部の塗装、リント文字がくっきりと造形されています。バックル部分のみでベルト全体の造形ではないようです。
特に光ったり回ったりなどのギミックはなし。


それほど大きくはなく、サイズの参考としてはこんな感じ。
ご覧のように台座に固定ではなく、単体にすることもできます・・・というか台座にはホントに「置くだけ」です(笑)


裏蓋がスライドし、ここにタブレットを収納できます。ストラップ用穴もあり。


同じくクウガより「ライジングアークル」。



といってもパッケージやカラーリング的にアルティメット仕様ですね。


仮面ライダー電王より「デンオウベルト」。



DXベルト同様、バックル中央部はメッキを使用し質感の違いや、上部の「DEN-O SYSTEM」の文字を再現。
こちらも特にギミックはなく、ライダーパスの付属はなし。


そして仮面ライダーWより「ダブルドライバー」。



他のベルト以上に細かいディテールをしっかり造形、左右のメモリも再現。


劇中同様、メモリ装填部を可動させ、アクションを再現させることができます。ただしメモリだけを引き抜くことはできないようです。


せっかくなのでフィギュアーツと一緒にディスプレイ。


真骨彫アルティメットは2次発送までお預けなのでライジングマイティと。


俺、参上!


最後は真骨彫が楽しみなダブルと。


雑誌で見て気になってはいましたがまさかの発見でつい衝動買い・・・w タブレットケースとして使うことはないでしょうが(笑)、このようにディスプレイに一役買うにはなかなか良いアイテムだと思います。第2弾が楽しみ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
誰だ君は?
バンダイ S.H.Figuarts アントマン(シビル・ウォー) レビュー

S.H.フィギュアーツ アントマン(シビル・ウォー)

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」においてキャップ陣営として参加したアントマンがSHFに登場。
単独映画時に叶わなかったSHF化ですが、シビル・ウォー仕様としてめでたく商品化。

パッケージはスリムタイプ。

ガスマスクのような見た目の頭部形状が特徴的。 さすがに奥のスコットの目までは再現されていません。
そして驚くことに両手にある縮小/巨大化するためのスイッチの造形が省略されています。アレってかなり重要な部分なんじゃ・・・(汗)
渡された資料に載ってなかったとかそういうことでしょうか。

可動。
いつものって感じです。

付属品。
かなりアッサリしています。手裏剣(?)は付きませんでした。

体を縮小させた状態のアントマンフィギュアも付属。

約1.5cmのある意味実寸大(笑)こんなのが体にひっついたり潜ったりしてきて攻撃してくるのだからたまらないw 紛失注意です。



いろいろ比較。


キャップとの比較。
さすがにキャップよりは人間らしい体格になっています。それだけキャップが奇怪なプロポーションをしていると;


以下、ポーズ集。


アントマンは走ってるイメージが強いです。

「あなたのような者が私ともあろう者と話してくださるなんて・・・」
緊張したのかおかしな敬語になるスコット癒し。


「なんだ、この声は・・・!?」
「アンタの良心の声だよ!久々に聞いたろ!」



戦うお父さんコンビ。

「落ちるなよ」
「大丈夫!!」



「俺に任せて!」
「おい、なんだよ!!?」


「博士からは"給水車だ"って聞いてたんだけど・・・」
「・・・。」


「ふはははははー!!」
下から撮るとジャイアントマン感が多少は出るかも?この時の変なテンションのスコットに吹く。

以上、アントマンでした!
マスク系キャラだから出しやすかったのか、早くにSHF化となってくれました。

手裏剣(?)が付かなかったのもそうですが、何より縮小スイッチの省略は残念でした。このクォリティで出てくれたこと自体が喜ばしいと取るべきか・・・。縮小状態フィギュアはあるんですが(笑)
キャップ陣営はまだ二人しか出ていませんが果たしてどうなる残りのメンバー・・・w

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あっという間に8月も半ばを迎えようとしていますな・・・ 今月1日で○9歳を迎えました、アインです。
ガンプラも作ってはいるのですが、前ほどがっつり手を加えることもなく、ランナーのままエアブラシ塗装してパチっと仕上げる簡単仕上げが多くなっていますw
せっかくなので今月出たキットたちをさらっと上げてみます。


ビルドファイターズトライの特番に出るというギャン子の新たな機体「ギャンスロット」。
HGUCリヴァイブのギャンがベースとなってます。R・ギャギャといいコレといい、ギャン子のセンス良すぎやしませんかね。


クレオスのシルバー、GXメタルブルー、メタルレッド、ガイアノーツのスターブライトゴールド、スターブライトアイアンを使用。
前述の通りランナー状態のまま塗装し、改造など一切せずに仕上げてます。騎士系デザインにはメタリックが映えますね。


昨日発売となった「HGUCリヴァイブ 百式」。
Mk-Ⅱ、キュベレイのリヴァイブ化と来て念願のリニューアルとなった百式。 武器とバインダー以外にはほとんど合わせ目が出ない作りになっていて感心。しかしバックパックの動力パイプが胴体と繋がっておらず、「???」という感じに(笑) バックパックでしか循環してねーじゃねーか!


カラーはガイアノーツのスターブライトブラス、スターブライトアイアンを使用。特にスターブライトブラスは表面処理や下地塗装をせずともこの発色。
なかなかいいモノを見つけました。
アンダーゲート採用なのでゲート跡もほぼ目立たず。絶対メッキ版出すやろ・・・メガバズーカランチャー付きでw


百式というと「エゥーゴVSティターンズ」での背面撃ちが何故か印象深い。
さて、ここまで来るとゼータガンダムのリヴァイブ化も期待しちゃいますよねぇ。


そしてこの夏の目玉アイテム「RG シナンジュ」。
ユニコーンガンダムを差し置いてRG化となりました。キットでは赤の部分がグロスインジェクションとなっていますがこれはつや消ししています。フレームがまさかのRGMk-Ⅱの流用で驚く。


驚くべきは袖をはじめとした機体各所のエングレービングがすべてパーツ分けされている点。しかもメッキ。
控えめに言ってもバンダイ頭おかしい(誉)としか・・・ ただしグロスインジェクション含め、塗装派にはやっかいすぎる内容ですね。というか塗装なんかさせねぇというバンダイの意思を感じます(笑)


最近はめっきりRG特有のモールドもなくなってきていますね。
その代わりオリジナルギミックでスラスター各所が展開します。


赤はつや消し、バーニアなどにスターブライトゴールド、フレームにスターブライトアイアンを吹いています。確かにもうこんなんで十分な気がしてきた・・・w

しかし出来栄えは良いのですが、久々にポロリ地獄を味わいました。膝やつま先が顕著で、シールドなんか保持できたものではない(笑) 腰の構造も貧弱で、重みですぐやられてしまいます。その上自立も困難・・・; お供に瞬間接着剤が必要です。
けっして「動かして遊ぶ」キットではないことがよくわかりました。「いろんなポージングのできるディスプレイ専用モデル」というべきかw

ちなみにプレミアムバンダイではバズーカをはjめとしたシナンジュオプションセットが受注中の模様。
それにしてもシナンジュ出しちゃうと当然ユニコーンも・・・となってしまいますが、果たしてどうなる(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハイ生きてます!!

いやー、先月頑張った分今月はかなりワリ食ってますね(笑) このところ仕事やスパロボOGやらですっかり怠ってしまいました; 
ぼちぼち再開していこうと思いますー

それでは。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。