1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-19

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

テーマ: ├本を読む
新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

takako@OLが副業です。

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべては、写真がいっぱいあり、他の本と一線を画しています。

最優先したのは品質だ。クライミングギアはひとつでも壊れたら人が死にかねないし、自分たちが一番の顧客であることを考えると、死ぬのは我々の可能性が大きいのである。

人々がなぜパタゴニアの製品を購入するのかは、この一言に尽きるなぁ~と。

スポーツから学んだこともある。限界を超えてはならない、という点だ。ぎりぎりまで行くのはかまわない。そもそも、そういう崖っぷちの瞬間を求めているのだから。だが、限界を超えてはならない。自分に正直でもあらねばならない。自分の能力と限界を知り、そのなかで生きねばならない。同じことがビジネスにも言える。会社が身の丈を超えるものに手を出そうとするのが早ければ早いほど、「すべてを手にしよう」とするのが早ければ早いほど、死ぬのも早くなる。禅の考え方を取り入れるべきときだろう。

最近、ほどほどにしすぎて、何も進展がない・・・。

我々は、昔から、製品を実際に使っている人々が実際になにかをしている写真を使ってきたわけだが、いまは、これがアウトドア業界のカタログや雑誌で一般的となっている。

今の時代の先取り!

ともかく、命令で好きに動かせる人を雇おうと我々は思っていない。上官に「突撃!」と言われたらなにも考えずに塹壕から飛び出す歩兵のような人はいらないのだ。指示待ち人間もいらない。欲しいのは、おかしいと思ったら声を上げる人材だ。

こういう会社に勤めたい。

責任ある暮らしをするには、まず、「汚したのは私です。だから私がきれいにします」と考えるのがなんといっても一番である。

確かに。とはいっても、なかなか難しいのも事実。

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

2017年-78冊目
新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて
イヴォン・シュイナード
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。