歌姫狩衛戦・歌戦&迎歌の章

テーマ:

 

初の特別猟団部屋だッ…!

 

 

今は元の猟団部屋に戻ってますが、これはメンテ前のお話―

水曜までに更新したかったのですが、間に合わず…。

うーん、いつものことですな。

 

 

 

歌姫狩衛戦戦歌の章で、団員さんが大きく活躍されてましてね。

獲得エリア数が日に日に増えて、かなりビックリ!

皆さんほんとお疲れさまでした!

 

私は大して貢献できてないのですが、一応ちまちまと進めておりました。

 

 

ケオアルボルも1回は倒したり。

 

もう1回は瞬殺されて終わってしまいました。

ケオとはまだあまり戦ったことがないので、わからないことも多いですが…。

 

結構昔に、ケオのことを間違えてケアルとか言ってしまったことがありましてね。

その時「回復しそう」って返しが。

うん、確かにそうですね……FFやんって話ですわ。

 

 

 

歌迎の章で特別猟団部屋に入った時は、「うわぁ…っ!」と思いましたよ。

ブロガーさんのスクショで見ていたあの部屋を、自分も歩き回ることができるなんて…!

 

 

ここでは猟団料理もできてしまうのですねー。

 

団員さんに調理方法を教えてもらい作ってみたのですが…料理ってとても便利ですね!

スキル発動がこんなにも助かるなんて…。

いつかいつもの猟団部屋でも旨い料理たくさん作るぞ…!

 

 

 

さて、もうちょい部屋の奥へ進むと―

 

 

歌姫が湖の上に。

 

これって湖でいいのかな…。

皆さんが言ってた通り、どうやってあそこまで行ったのか不思議です。

 

 

歌姫を呼んでみるが特に反応なく。

こっちに来る気配もない。

 

 

1人より2人で呼んだらどうだッ…!

 

って試すが、やはり来ない。

うーむ…。

 

 

美味い酒でも酌み交わそうぜッ!

 

と、呼んでもやはり来ない。

よほどその場から離れたくないらしい。

それか水に入るのが嫌なのか…。

 

 

こういう時、紳士なら水をジャブジャブかき分けて進み…

そして濡れないように歌姫を抱きかかえて戻ってくるんだろうな。

ただし、水位が腰までに限るって話ですが。

 

 

 

そうそう、この偉そうな椅子の右側に、酒と肉らしきものがありますね。

他の方も言ってましたが、チキンっぽく見える…。

 

 

私としては―

 

 

ケンタッキーの五穀味鶏ローストレッグを思い出します。

 

 

クリスマスメニューで、去年か一昨年かに食べたことありまして。

まぁ人とのサイズの比率で言えば、ここまでじゃないですがそれなりに大きいです。

 

このチキン、誰が用意してくれたんですかねー。

しかしこの時期食べ物が傷みやすいので、冷蔵庫に入れとかなアカンよ!

 

 

猟団部屋に団員さんが集結したこともあったり。

 

2人の方はレイトウマグロを背負っておられます。

強化していく時のver.違いなんですねー。

眺めてると魚が食べたくなります。

 

もう1人の方は公式狩猟大会のアレを背負っておられますね。

団員さん同士、楽しまれているのが印象的でしたよ。

私も後日またいつもの大会のまとめを書くとします。

 

 

 

そうそう、団員さんと別の日に素材集めに行ったりもしまして―

 

 

アカムの連戦を手伝ってもらったりしました。

 

私これ苦手で…動きゆっくりめだけど、体力ごっそり持っていかれたりとか。

でも団員さんはアカム戦は特に苦に感じられないようで…マジですか!

 

 

報酬UPも重なり、素材はたくさん集まりまして―

 

 

アカムト剣珠GX3を2個精錬できました!

 

防具強化で連打して進められることは滅多になかったのですが…。

今回はあっという間に2個仕上がり、嬉しさいっぱいです。

 

 

協力して下さった団員さん、ありがとうございます!

おかげさまで、あともう少しでシミュしたのが完成しそうです。

 

 

団員さんの素材集めもお手伝いに行ったり。

皆それぞれ違うガンランスを担いでます。

 

しかし受注の際「自分もガンスやってみますー」と言いながらランス装備だったり。

団員さんにツッコミを受けて、ぎゃー!と急いで着替えに行きました。

団長、しっかりして下さい…。

 

 

 

さて、祭が終了しましたが、入魂ではシクレ回してましたよ。

サブでガンキンのシクレを回してたら―

 

 

乙ってる間にクリア。

 

 

この時、団員さんが倒してくれてるからですよー。

ほんとサブでも頑張って…!

 

 

 

祭の結果も大会と一緒に載せますね。

まとめに時間かかりますが…お待ちください!

それではまた!