シモデ先生のまあじゃんうんちく version2

題名の通り、マージャンに関するうんちく話を、自分なりの観点で紹介しています。最近はあまり書いていませんが(笑)。


マージャン強くなりたい、という人にはあまり役に立たない話ばかりかも(笑)。


テーマ:

時は、西暦2000年くらい。

 

関東に引っ越してから、悪戦苦闘続きだった、しもで青年。

 

名古屋在住だった頃にはほとんど出来なかった、

選手同士の交流の機会が、もの凄く増えました。

 

所属している団体の選手はもちろんですが、

いろんなタイトル戦に参加しては、

他の団体の選手との知り合いを増やしていきました。

 

その当時は、成績は振るわなかったにもかかわらず、

「試験問題が難しい、『あの』麻将連合に合格した選手」

という感じで、相手側がリスペクトしてくれたのでしょうね。

 

そして、今思えば、

私自身も、自分のマージャンの実力を棚に上げて、

試験の成績だけで自信を持ってしまって、

相手を過小評価する言動があったような気がします。

 

幸い、私が交流した方々は、懐の深い方ばかりだったので、

そういう意味でも幸運でしたね。

 

 

 

いろんな対局に参加したり、

タイトル戦やリーグ戦を観戦したり、

図々しくも(笑)、団体問わず打ち上げに参加したり。

 

麻雀の実力はなかなか上昇しませんでしたが、

知り合いの選手はどんどん増えていきました。

 

 

 

2000年代の頃は、ホントにいろんな打ち上げについていったものです。

「打ち上げといえば、しもで」

と呼ばれたのも、その頃ですね(笑)。

 

対局会場では聞きづらい事でも、

酒の力と、打ち上げの雰囲気の力を借りれば、

いろんな話が聞けるものです。

 

あと、トッププロも気さくな方が多いんですよ。

「トッププロと飲むのは恐れ多い」

とか思っている人は、もったいないと思うのです。

トッププロ側も、若い選手といろいろ話をしたり、

聞いたりしたいものなのです。

 

初めてタイトル戦の決勝戦に残った時も、

打ち上げにたくさん参加したおかげで、

過度の緊張がなかったと思いますし。

 

いつからか、

「トッププロと若手」

「自分の団体と他の団体」

「競技選手と愛好家」

の架け橋みたいな存在になれれば、

と思うようになりましたね。

 

最近は、歳のせいもあって、

体力にも気を使わなくてはいけなくなってきたので、

打ち上げのペースは控えめになりました。

だからこそ、若いうちにいろんな打ち上げに参加しておいて良かったなぁ、

と、改めて思う次第です。

 

 

 

今日の話は、ひとまずここまで。

 

私の人つきあいは、「浅く広く」です。

麻雀を通じて、いろんな人と交流したいと思っています。

 

ちなみに昨日も飲んできました(笑)。

夕方まで仕事して、

研究会仲間がゲストだった麻雀店に遊びに行って、

その流れで打ち上げまでお付き合い。

 

タイトル獲得経験ありのAリーガー、

他団体の新人選手や中堅選手、

ネット麻雀のトッププレイヤー

など、メンツも幅広いもの。

 

話をしていたら、共通の知人が多くてビックリしましたね~。

麻雀やってると、いろんな人とつながるものなんだなぁ、

と、改めて驚きました。

これだから、打ち上げはやめられないなぁ(笑)。

 

こういう楽しい時間のために、麻雀やってるのかもしれませんね(笑)。

 

ではまた~。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

名古屋から上京して、しばらく経ったしもで青年。

 

当時の競技マージャンの方はどうだったのでしょうか。

 

 

 

一言で言うと、「悪戦苦闘」でした。

 

実は、名古屋在住時代の2年目の秋、

μカップin仙台で初めて決勝戦に進出したんですよね。

 

しかし、それ以降は散々な結果ばかり。

μカップや他の対局では、出るたび出るたび予選落ち。

 

ランキング戦では、下から5番目前後をウロウロ。

ちなみに当時は、30人くらいが参加しており、

認定プロも出場していました。

 

田舎育ちで独学でやってきた私と比べると、

他の選手との明らかな実力差を感じましたね~。

 

 

 

まぁ、実力差を感じたからには、

何もしないわけにはいきませんよね。

 

しかも、スタート地点がかなり後ろ。

「みんなと同じような事をやっても、一生追いつかない」

と思ったわけです。

 

もちろん、普通の勉強も最低限はしたつもりですけどね。

 

 

 

色んな団体が集まるタイトル戦に参加した際には、

他の団体の所属選手と極力交流するようにしたり。

 

団体問わず、対局後の打ち上げに積極的に参加したり。

 

そういった繋がりのおかげで、いろんな研究会に声をかけてもらったり。

 

あ、自分の団体の活動とか交流もそれなりにやってましたよ、多分(笑)。

 

 

当時の私はまだ20代。

今は負けてばかりでも、

「一日でも早く追いつかなくては」

とは、思っていました。

 

 

とはいうものの、今思えば、

まだまだ努力や工夫が足りなかったと思います。

やはり、元来の自分に対する甘さがあったのでしょうね。

若手選手の皆さんは、私のようにならないでくださいね(笑)。

 

 

 

今回の話は、ひとまずここまで。

 

今回の記事でもチラッと触れた、

「他団体選手との交流」、「打ち上げ」、「研究会」。

 

これらについては、

またそのうち話したいですね。

 

ではまた~。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

オクトパス倶楽部の藤沢店には、結局1年半ほど勤務して、

本厚木店に異動となりました。

 

 

当時の本厚木店は、基本的にフリー営業が12時から24時まで。

フリーのお客さんよりも、貸卓のお客さんの方が多かったですね。

 

それには理由がありまして。

本厚木店のすぐ近くに、スライムという麻雀店がありました。

あ、スライムは今もありますよ。

スライムとの価格破壊合戦の結果、

学生セットがたくさん集まるようになったわけです。

 

 

 

そんな本厚木店でしたが、

ここに来ていたお客さん、学生アルバイトの中には、

今も競技麻雀界で活躍している人が何人かいました。

 

 

新井啓文さん。

当時は、青山学院大学に通っていました。

オクトパス倶楽部に来ていた頃は、ヤンチャだったんですけどね~。

 

その後、最高位戦に入会。

下積みやいろんな経験を経て、最高位を獲得。

今は、マージャン教室の名物講師としても活躍中。

すっかり人気者になりました。

 

今のような「愛されキャラ」になるとは、

当時は想像つきませんでしたね~(笑)。

 

 

内田慶さん。

お客さんで来ていた大学生でしたが、

その後、オクトパス倶楽部でアルバイトするようになりました。

 

私がオクトパス倶楽部を辞めてから1年半後、

別の職場で再会しました。

 

その後、麻将連合に入会。

様々な経験を経て、晴れて認定プロになりました。

現在は、本厚木で健康マージャンサロンを経営しています。

 

彼に関しては、昔も今も愛されるキャラクターでしたね~。

これからも、いろんな人に可愛がられることでしょう。

 

 

他には、意外な人が常連だったらしく。

 

当時の彼は、普段はセットで打つことが多かったので、

正直なところ、印象に残っていなかったんですよね。

 

それから約13年後。

彼と話す機会がありました。

「オクトパスで打ってた時、しもでさんにマナー注意されたんですよ~」

マジかっ。

「捨てた牌を引っ込めようとしたら、『ダメだよ』って言われたんすよ」

そりゃ、言いますわな(笑)。

 

そんな彼も、3年前にプロ協会をデビュー。

そしてすぐに、雀竜位を獲得。

その後もいろんな対局で活躍するなど、

決勝戦における条件戦の戦い方には、定評があります。

 

それにしてもねぇ。

まさか、斎藤俊さんが、オクトパス倶楽部に来てたとはなぁ(笑)。

ちなみに、前述の内田さんと同じ高校の出身。

斎藤さんは4年後輩だそうな。

 

 

まったく、どこで誰と会っているか、わからないものですねぇ。

 

 

 

今回の話は、ひとまずここまで。

そういえば、久々の更新でした。

2週間空いてしまいましたね。

申し訳ありませんでした。

 

次回は、当時の選手としての活動について、話そうと思います。

更新直前に気が変わるかもしれませんが(笑)。

 

ではまた~。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
オクトパス倶楽部には、いろんな人がいましたね。


私が働き始めた頃の常連だった、明村諭さん。
当時は大学に入りたてで、毎日のように、
いや、毎日打ちに来ていましたね~。

後年、何かの酒の席で、
「オイラが藤沢にいた頃、明村くんは毎日来てて、
月に300半荘くらい打ってたからね~」
と話していたら、当の本人が、
「いや、しもでさん、400ですよ(笑)」
ですって。

まぁ、その後、
茅ヶ崎の麻雀店でアルバイトを始めたそうな。

そのうち、それだけでは飽き足らず、
麻将連合の試験を受けて、合格。

しばらくして、八翔位戦を2連覇。
そして、今や認定プロ。
プロリーグの最高峰でもある「μリーグ」で活躍中。
次世代のエース候補にまでなったわけです。

現在は、関東各地でマージャン教室の講師を務めています。

経歴は私と似ているのに、ずいぶん差がついたなぁ(笑)。
いや、笑いごとではないので、私も頑張ります。はい。



藤沢店で働いて、しばらくした頃、
私よりも少し若い、小太りの新規さんがやってきました。

そのうち、常連になって、
楽しそうにモロひっかけリーチばかりしてましたね~。

ここまでは、よくいる「ちょっとオモロイお客さん」なのですが、
木村プロと忍田プロの麻雀に惚れたようで、
その流れで、麻将連合の大会に毎回のように、
参加するようになりました。

その後、μカップで2回優勝。
全国の麻将連合ファンの間で、
「熱心な強豪選手」として名が知られる存在になりました。

その後、ネット麻雀「天鳳」にもハマり、
サンマ九段になりました。
麻将連合だけでなく、天鳳サンマ勢にも、
「beesono」の名が知れ渡る事になるとはね。
ちなみに、ハンドルネームはローマ字読みで。

本名は、薗辺達哉さん。
薗部でも園辺でもありませんから、気を付けてくださいね。



意外な(?)ところでは、
現在プロ協会に所属している、横田知裕さん。

プロにあまり興味が無さそうにしていたように見えたので、
協会に入ったと聞いた時は、驚きましたね~。

採譜の丁寧さにも定評があり、
協会屈指の採譜職人とも呼ばれているとか。



私に勤務時期とは被っていませんが、
坂本大志さん(最高位戦)は、
オクトパス倶楽部がフリー麻雀デビューの店だったとか。

友添敏之さん(最高位戦)にも聞いたら、
関東在住の頃、オクトパス倶楽部によく行ってたそうな。


年齢制限(30歳以下)があっただけに、
若者のフリーデビューにはピッタリのお店だったのでしょうね。




今回の話は、ひとまずここまで。

競技麻雀の関係者だけでなく、
常連の方々も面白い人、個性的な人がたくさんいましたね~。

麻雀続けていれば、時々ではありますが、
元常連や元スタッフとの久々の再会があったり。

いやはや、麻雀の縁というのは、面白いなぁ、
と改めて感じました。


「まだ紹介されてないっ」
っていう人も何人かいると思います。

たくさんいるので、1回では紹介しきれないのです(笑)。

残りの人は、もう少しお待ちを。


ではまた~。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1999年の初夏。
「オクトパス倶楽部」の藤沢店に勤務する事となりました。

当時の大まかな条件は、こんな感じ。

12時間勤務で、週休1日。
ただし、2年間勤務すると、週休2日。
対局日は月1日のみ公休扱い。
100ゲーム以上打つと、ささやかなゲーム代バック。
店内の食事、寮費は無料。

これでも当時は、麻雀店勤務の条件としては、
まぁまぁ良いほうだったと思います。
いやはや、時代を感じますね(笑)。

まぁ、何よりも、
とにかく名古屋から出て行きたかった気持ちが強かったので、
それだけで充分満足でした。




私が働き始めた頃のオクトパス倶楽部に勤務していた競技選手は…。


総合責任者の木村和幸プロ。
木村プロについては、前回述べた通りですね。


専属プロとして、忍田幸夫プロも、
当時は週2~4日勤務していました。
ニコニコしながら、点棒を稼ぎまくっていました。
あ、これは今も変わらんか(笑)。


この2人がお店の看板みたいな存在でしたが、
とにかく鬼みたいに強かったですね。




本厚木店の店長だったのが、岩田文夫さん。
当時は麻将連合のツアー選手でもありました。

一時期は、麻雀劇画の原作をやっていた事もありました。
「麻雀探偵ジュン」で検索してみてくださいね。



私より少し後に入ってきた、渡辺穂高さん。
短期間ではありましたが、
麻将連合のツアー選手として、競技活動をしていました。

選手活動をやめた後、しばらくは競技マージャンから遠ざかっていましたが、
最近になって、μカップなどに参加してくれるようになりました。

選手時代も実力はありましたが、今の方が断然強く感じます。
木村プロの麻雀を一番受け継いでいるのではないでしょうか。


私と入れ違いを含めると、他にも何人かいました。
まぁ、ここでは私が出会った人を優先させたいので、あしからず。




今回の話は、ひとまずここまで。

今回は、主に藤沢店のスタッフを紹介しました。

「オレの出番はまだか~」
と思っている人も、まだまだいる事でしょう。

でも、オクトパス倶楽部には、
実力抜群な人、個性の強い人が結構いたんですから。
まぁ、もう少し待ってくださいな。

その中には、後に競技選手になった人も沢山います。
麻将連合のゴールド会員になった人もいたなぁ。

というわけで、他の方々は、次回以降に回しましょう。

ではまた~。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。