ベトナムハノイ食べ歩き旅5

テーマ:

 

ひーチーンすっかり忘れて旅の締めくくりを放置しておりました。

 

あんなに暑かったハノイが恋しいくらい・・・

さてさて、一気に写真を放出しますよーダッシュ

 

 

自分用のお土産を探しに、市場の裏へ。

かわいい雑貨店とはかけ離れた雰囲気のエリアへ。

 

狭い路地。卸問屋街のようなエリアです。

 

目当ては、瓶。

どでかい瓶2つ、まけてもらいました¥

 

問屋街はキッチン用品とかカゴとか、探すとお宝がたくさん。

物好きな人にはおススメです。

 

 

お昼は定食屋で指さし注文滝汗

英語がわかるお客さんが注文手伝ってくれました(笑)

おかずが食べたい人と麺が食べたい人で

意見が分かれたので両方ある定食屋。

 

鶏じゃが、揚げ魚、たまご、かな?

カニ汁麺

 

わさわさした狭い店内でローカル感100%

 

 

 

 

夕飯なに食べようかな~と歩いてる途中で

んっっポーン

と目についた、コレ。

 

ビールの空き缶から、突き出すトリの脚ビックリマークしかも黒ビックリマーク

 

こんな感じで蒸されてる・・・煙

 

ひとつ頂きます。

じゃーんチーン 安らかお眠りになってます。

 

何か分からなかったけど、ま、おつまみ的な感じで美味しかったです。

他のお客さんはオプションで麺を入れて食べているようでした。

 

 

最後の晩餐に選んだのは、封印していた貝屋さん。

やっぱり貝はあたったら辛いからね、最終日まで我慢していました。

 

ピリ辛たれにつけながらビールのおともに。

 

貝の種類もいっぱいあって調理法も指定できるっぽい。

 

蟹料理と貝料理のお店でした。

ひと皿の盛りが大量で蟹まで手が回らなかったのが無念!!

 

 

 

 

3度目のベトナム旅行。

まだまだ食べ足りないので、いずれ再訪したいと思います。

夏の路上飯でお腹を壊さない自分を褒めたいですデレデレ

 

みなさんも、ぜひ美味しいベトナムのご飯食べに行ってください音譜

 

 

 

おわり

 

AD

ベトナム食いだおれ旅行4

テーマ:

 

ブラブラ歩くのも辛い暑さの中、写真を撮る気力もなく・・・

おのずと食べ物の写真ばかりにニヤニヤ

 

前回のハノイ旅行で気に入った定食屋さん、再訪。

何種類もあるおかずの中から何皿でもチョイスできるシステム。

おかず見て指さし注文できるので観光客にも人気です、『NewDay』

 

いすも高いねw

モツと漬物炒め、たけのこ炒め、卵焼き、えびUMAくん

 

ほんとはもっと色々食べたいけど、2人だとなかなか品数頼めず残念。

 

3度目のベトナムは、珍しいもの、日本で食べられないもの、

を目指してきたのに・・・あんがい普通の食事をしてしまった。

 

 

 

夜はハノイで流行ってるらしい路上焼き肉ニヒヒ

 

ガード下の歩道に連なる路上焼き肉屋。遅くまでにぎわってる!

 

 

なんでもマーガリンたっぷりのせで焼くのがハノイ流らしい。

・・・けど、コテコテすぎるよマーガリンチーンno thank you

 

 

 

 

5日間の旅行で、いったいどんだけ食べるんだ!?

と皆さんお思いかもしれませんが、あともう少しだけお付き合いください手

 

 

 

 

もうちょっとだけ、続く。

 

AD

ベトナム食いだおれ旅行3

テーマ:

 

ベトナムにもどりまして・・・ウインク

 

夜ごはんの後でもゆっくりコーヒーやお酒が飲める

おしゃれカフェ『CÔNG CÀPHÊ コン・カフェ』

市内に何店舗も展開していますが、店員さんも英語話せるし

メニューもなかなかの品ぞろえで滞在中何度も行ってしまいました。

 

ま、相変わらず歩道席ですけど・・・笑 ほとんど交差点

 

 

 

夜ご飯はハノイに行ったら絶対食べたい、ハノイ名物・Bun Chaブンチャー。

オバマ大統領がハノイ滞在中も食べてましたね。

 

直火焼きのつくね的な肉団子と焼き肉がたっぷりの

甘酸っぱい汁に米麺をつけながら食べます。

もちろんモリモリの野菜とハーブも一緒に浸しながらウインク

 

見切れてるけど、つけ汁の中に「なます」もたっぷり。

 

2階もあるレストラン。テーブルも椅子も高い!

 

こちらは人気店『ダックキム』ですが、隣もブンチャーの店。

人気店から客をぶん捕ろうと巧みに客を誘導しているので(笑)

気をつけないと隣の店に入っちゃいますニヤニヤ

 

うちのJ爺さんに似てる!

 

 

昼間、めちゃくちゃ暑いので

夜になると人がわらわら出てきて外が賑わいます。

遅くまで飲んで食べて、地元の人は夜ほんと元気。

 

 

夜だけ開いてる、チェー屋さんで夜スイーツも食べました。

メニューがベトナム語のみで分からなかったので

一番デラックスなのを頼んだら・・・・

 

なんと、予想外のドリアン・チェーでしたポーン

 

もったりした黄色のがドリアンです。

 

 

コップに入って別添えで出てくる氷と混ぜながら食べます。

いちおお腹に配慮して、氷は心もち少なめに混ぜながら食べた(笑)

ドリアンチェー、美味しかったですデレデレ

 

 

 

 

まだつづく、ベトナム旅。

 

 

 

 

 

AD

秋田の夏

テーマ:

 

ベトナム食べ歩きを1回お休みして

夏の東北おでかけをすこし・・・大曲花火大会いきました。

 

秋田県大曲の花火大会はただの花火大会ではありません!!

由緒ある「全国花火競技大会」、いわば花火師日本一決定戦。

日本三大花火大会のひとつで、最も権威ある競技大会です。

全国から75万人の人出!でも納得!

 

 

テーマと音楽に合わせた花火が次々と打ち上げられます。

昼の部・夜の部あわせて17時頃から21時半頃までポーン

 

まこもちゃんはお留守番してもらって、まこも母一人で会場入りしました。

とにかく人出が多いので単独行動が一番身軽でおススメです。

一人なら桟敷席チケット買わなくても座るとこ見つかるしね。

 

 

本当に素晴らしい花火大会で・・・これ見たら・・・今後

他のとこに花火見に行く気にならんかもしれん真顔

 

と言うことで、秋田の花火、最高です。

花火からさかのぼってお盆のころにも秋田いきました。

国の重要無形民俗文化財に指定されている西馬音内盆踊り。

編み笠や彦三頭巾で顔を隠した踊りが幽玄で、かがり火の中で幻想的。

 

生のお囃子がえんえんと鳴り続けて、唄い手が秋田弁のあれやこれや唄います。

この生の唄が、また良い。よくよく聞いてると歌詞がおもしろいです。

 

 

私の中の盆踊りの概念をくつがえす、

なんというか日本の原風景を見るような素晴らしい盆踊りでした。

 

男性の踊り手さんは迫力もある

 

 

 

 

まこもちゃんはスリングに入って

「こりゃなんじゃろな??」と鑑賞しておりましたー。

 

 

秋田の夏。

とてもよかったですデレデレ

 

 

 

 

 

 

ベトナム食いだおれ旅行2

テーマ:

朝ごはんに前から食べたかった蒸し春巻

 

お姉さんがクレープの要領でひらひらの皮を製作中

 

何とも言えないプニプニ食感の皮に

ひき肉・揚げたオニオンなどの具が巻いてあります。

甘酸っぱいタレにつけて食しますが、軽い口あたり照れ

 

まこも母はガイドブック情報も活用しますが、

基本アンテナがビビッと来た店に入って食事することも多々。

こちらの蒸し春巻きのお店、朝から行列だったので入ってみたら

やっぱりとっても美味しいお店でしたOKちなみにちゃんとレストラン。

(路上じゃなくて屋内というイミ・笑)

 

汁麺もあるよ。まこも父は麺で朝食。

 

 

 

 

滝のように汗を流しながら街をフラフラ。

 

 

ベトナム式コーヒーは底にコンデスミルクがたっぷり。

よく混ぜていただきます。

 

こう暑いとベトナムコーヒーがしみじみ美味しい。

普段は甘いコーヒーは苦手ですが、暑さで消耗した体にはgood。

濃く抽出したコーヒーと甘いコンデスミルクの組み合わせが定番です。

 

 

 

ハノイ大聖堂すぐ横のカフェ『LA PLACE』

とっても古いフレンチヴィラを改装したおしゃれカフェでした。

ハノイはフランス占領地時代の西洋様式の建造物が多く残っていて

多くがレストランやカフェに改装されておっしゃれ~デレデレ

 

特にレトロなタイル使いがかわいい。

 

 

 

 

 

まだまだ続くよ、食いだおれ旅。

ベトナム食いだおれ旅行1

テーマ:

 

そういえば、暑いさなかにベトナム・ハノイに行っておりました。

ベトナムと言えば『食』が唯一の目的だったりするまこも母です。

 

とりあえず、やっぱり食べちゃうフォー

 

 

食べ歩きのためだけに街をうろつくには過酷な暑さ。

湿度が・・・80%以上ゲロー

暑さが得意なまこも母はまだ良いですが、まこも父はギブアップ寸前。

 

暑いからチェー

 

旅行会社から「お腹壊すので氷の入ったチェーは食べないように」と言われたけど、

こんなに暑いのに冷たいものを食べないなんて・・・できません。

フルーツとかゼリーとかタピオカとか、ごちゃまんと入ったチェー。

まこも父は警戒して食べず。

 

甘くて冷たくてうまーい音譜

 

ハノイの地元飯は風呂椅子の高さによってローカル度が決まる感じ。

こちらのチェー屋さんは店舗もあるし椅子も高い方ですね。

 

 

お腹を空かすために街歩き。

買うものあんまりないけど(笑)

    

 

ようこそハノイへ

 

 

食べ物ばっかり、まだまだ続くよ~デレデレ

 

 

 

 

 

五所川原立佞武多

テーマ:


各地の夏祭りもそろそろ終盤でしょうか。


青森の祭りといえば一般的に『ねぶた』を連想しますが、

青森ねぶた・弘前ねぷた・五所川原立佞武多

とそれぞれ趣のちがう青森三大ねぶた・ねぷた祭りがあります。


私の好みは立佞武多。

20mを超える山車が町内を練り歩く様は圧巻です。



祭りの前の腹ごしらえ・・・



自分たちだけ食べてるむかっ byまこも


お祭りだから浴衣?




祭りの喧騒に慣れているまこもちゃんは余裕の鑑賞。





五所川原立佞武多、おススメの祭りです。





せっかく青森まで行ったけれど、

都合により祭り以外はほとんど何もする時間なかった・・・

海の駅で巨大タコとか魚とか買い込んで、

青森旅は早々におわり。




有名犬わさおと音譜




またいつか青森!







Happy Birthday!

テーマ:

バースデーがーる星



我が家にやってきた日がまこもちゃんの『誕生日』誕生日


つつがなくお誕生日を迎えられて、母はうれしい限りです。




バースデーハンバーグ、トマト添え



なにコレ!?!?


我が家の事情であれこれ我慢することの多い一年でしたが、

拗ねることなくお利口にしてくれたまこもちゃんです。


裏の公園でのお散歩仲間がいっぱい増えて、

ワン友さん達と元気に女子会を楽しんでいます。





そんな一気食いはムリよ・・・ byハハ


今年も元気にのびのび過ごしてくださいね。

おたんじょうび、おめでとう誕生


 
浴衣のプレゼント・・・ごちゃごちゃ





誕生日の翌日はおすもうさん見に行きました。



白鵬さん!日馬富士さんもいたよ。



横綱土俵入り。


大きかった!




オーストリア・ウィーン Ⅲ

テーマ:



街中の無数の小道をあてもなく歩く。

と、すてきな商店街に迷い込みました。


ウィーンの中心部は本当に治安が良く、

知らない小道でも安心して散策できました。



ウィーンといえば、忘れてはいけないザッハトルテチョコレートケーキ

カフェ文化とスイーツが繁栄したウィーンでも、

これを食べずに帰れないチョコケーキの王様です。


老舗中の老舗、ホテル・ザッハーのザッハトルテ(ミニ)




完全に観光スポットではないけど・・・

でっかいリサイクルショップも要チェックです。






オーストリア産の古いプレート2枚お買い上げ。

2枚で1.5ユーロ。





地下鉄で一斉に行く手をふさがれて切符チェックです。

普段は改札も特になく乗り降りノーチェックですが、

抜き打ちで切符検査官が現れるので要注意。





最終日は小道に現れた雰囲気抜群の地下の居酒屋へ。

知らずに入ったけど、後で調べたら・・・

『その歴史は1683年までさかのぼります』!!

貴族エスターハージー家の地下室だったワインセラーレストラン。


エスターハージーケラー



スモークレバーのソーセージをつまみに・・・旅の締めくくり


街なかは夜でも安心な雰囲気。




ウィーン、とっても良い街でした。

またぜひ再訪したいと思います。


今回はスイーツに重点をおいた旅になったので

次回はレストランめぐりでれすとらん






お土産の焼き物ワンコ。




おわり

オーストリア・ウィーン旅 Ⅱ

テーマ:

1880年創業の老舗カフェ・シュペール



近所にあったら毎日通いたくなるような落ち着いたカフェ。

家庭的な素朴なケーキと感じの良いウェイトレスのおばさま方。

つい隣に座った女の子とおしゃべりに興じてしまいました。



ケーキを食べて街歩き。

どこを歩いても歴史を感じる建物に囲まれたウィーン。

2000年の歴史を誇る旧市街・ウィーン歴史地区は

世界文化遺産に登録されています。



馬車にのって街巡りをするのも人気鹿毛

ぐるぐる歩いてまたカフェ休憩。

知らずに入ったらめちゃくちゃ有名店でした。





創業当時から手を加えない内装が味。


カフェで休憩するたびにケーキやコーヒーを食してたら

夕飯時にはお腹いっぱいに・・・




ホテルの部屋でゆっくり晩御飯ごはん。


つづく