shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

31日放映。根強い将棋人気。加えて、今世界から、とりわけ中国で将棋人気が高まっているという。今見直される将棋の今、を伝える。この10年間で国内の将棋大会に出場する子どもたちの数は10倍に。そして5月に行われた女流予選に中国の天才将棋少女が出場するなど、将棋の今が熱い様子。中国での人気は、授業に将棋を取り入れる小学校が約70校あるほど。理由は、取った相手の駒も使える将棋の複雑なルール。思考力が高まり学力向上につながるとか。さらに、勝負前のあいさつや、勝負後の「負けました」に日本人の礼儀正しさや見習うべき精神性を見いだす様子。江戸時代に生まれ400年の歴史を持つという将棋。最近はゲーム業界も将棋の根強い人気に可能性を探っているとのこと。なかなかすごい将棋の今の話題でした。この番組は、道徳内容項目4-(9)「優れた伝統の継承と新しい文化の創造」に活用できるのではないか、と視聴を終えました。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月13日放映のこの番組 、小学校の先生の謎にせまる、という内容でしたが、職業学習という視点からも、なかなかの内容でした。先生という仕事の大変さ・素晴らしさが伝わるのも、先生方にとってありがたいのでは。進路学習にどうか、とこの番組のワークシート です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。今輝いている人の素顔に迫るドキュメンタリー、この回はグラミー賞ピアニスト・上原ひろみさん32歳。昨年は年間で世界の100都市を訪れ150公演をこなしたという上原さん。朝起きて、ここはどこだったっけ?という日もあるとか。その移動を全部自分でこなしているというからエネルギッシュな方。番組は、震災後に帰国し、休養をすべて緊急公演にあてたという日本での日々、その後のイタリア・オーケストラとの共演、ロシア公演などの様子、1か月に密着しておりました。ピアノの腕前はスゴいの一語。加えて、「誰かが幸せになっている顔、それを見て自分が幸せになる」など、その人柄にも打たれる50分でした。道徳の素材としても大いに可能性を感じる内容でした。

・番組評価~☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。感動のアンビリバボー、「日川高校バスケ部 奇跡の3分半」、とくれば、おお、あの大感動のお話!、と期待しての視聴となりました。TV朝日2月27日放映、紳助・徳光の一枚の写真 の1エピソード。「最初で最後のシュート 3分半にかけた少年の夢」、山梨県立日川高校バスケット部、田中正幸君の物語。TV朝日で十分に感動のエピソードでしたが、さすが感動のアンビリバボー、チームメートの証言等交え、さらに感動の再現ドキュメンタリーとなっておりました。こちらも道徳の授業に格好の映像でした。

・番組評価~☆☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「将来のこと」に関してのお話です。


A新聞 5月21日 読者の「声」 より
------------------------------------------------------
  未来は見えぬから輝いている   高校生 (大分県 15歳)

 星野道夫「アラスカとの出会い」を読む前は1冊の本が誰かの人生を変えてしまうなんてあるのだろうかと思っていましたが、今、人生は変えられることを知りました。でも、感動とともに、なぜか悲しみのような切なさのような気持ちも残りました。
 その時、私はこの気持ちが何なのか分かりませんでした。しかし後でじっくり考えて、この気持ちの正体が分かりました。それは、自分が生まれてから死ぬまで、会うことのない人たち、立つことのない場所、見ることのない物、を思う気持ちでした。
 同時代を生きているのに会うこともない人がたくさんいます。行ってみたい場所もたくさんありますが、実際に行けるかは分かりません。
 でもこれから私はどんな人に出会うのだろう、どんな場所に立つのだろう。そう考えるとこれからの人生が輝いて見えます。自分の人生は自分で決めていいんだ、自分の好きな方向に行っていいんだ、と思いました。私は自分の未来が楽しみです。
-------------------------------------------------------
わからないこと、見えないことに対する不安。
でも、見方を変えれば、大きな可能性に満ち満ちている、ということ。
そんな高校生のつぶやきでした。
自分の未来が楽しみ、という思いを
中学生のみなさんにも持って欲しいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年4月5日放映のこの番組 、このたびの震災被災者支援でも話題になった助産師ボクサー・富樫直美さんを紹介する回でした。大変であろう2つの仕事の両立。中学生のみなさんに、学習と部活等の両立への励みになれば、とワークシートを作成 しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。小学校高学年・中学校向けの道徳番組。顔に大きなアザがあるために、子どものころから差別されいじめられていた男性の思いと現在の姿を伝える。現在は38歳の中谷さん。顔の右半分にある大きな赤いあざは血管腫という生まれつきのもの。このために中谷さんは幼稚園のころから差別され、いじめられてきた。そのことで中谷さんは親を恨み、自殺も考えたという。そんな中谷さんの転機となったのは、顔に同じようなあざを持ち「顔面漂流記」という本を出版した石井政之さんとの出会い。石井さんは「ユニークフェイス」というNPOを立ち上げ、顔にあざを持つ人たちなどの活動を支援し、講演会活動を行っている。石井さんの活動に加わることで積極的な生き方をしている中谷さんの姿が印象的でした。差別やいじめを考える上でぜひとも活用すべき映像でした。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12日放映。芸能人が「もう一つの人生」に本気で挑むNHK転職ドキュメント。今回の挑戦者は安田大サーカスのクロちゃんこと、黒川明人さん34歳。挑戦したのは、保育士。デビュー前は短大で社会福祉を学び、保育士も志していたというクロちゃん。民間保育園を運営する業界最大手に入社し、向かったのは横浜市にあるアスク港南中央保育園、というところ。特別扱いは一切しない、という体験入社一週間にカメラが密着、ただ子どもと遊ぶだけではいけない、と園長先生にキビしくご指導されておりました。指摘されたのは、子どもをふくめた全体を見渡す視野と行動力。中学校の職場体験でも保育園・幼稚園におじゃまする生徒は多いはず。クロちゃんの挑戦を参考に、職場体験に臨んでほしい、そんなことを思わせる内容でした。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。今回紹介する仕事は、百貨店バイヤー。カメラが密着したのは、大阪市阿倍野区にある百貨店(近鉄百貨店でした)勤務7年、バイヤーになって2年という吉田和代さん、28歳という方。商品の仕入れから売り場作り、時には接客までするという吉田さんの担当するのは、男性肌着・紳士用品。女性にもかかわらず、男物パンツとにらめっこ。メーカー展示会に足しげく通い、仕入れ商品を研究、売り場作りまで上司に提案し、売り上げ目標を申告。バイヤーの前は販売員だったという吉田さん。バイヤーになって自分で商品を仕入れ売り場を作れるというやりがいのありそうなお仕事でしたが、売り上げ目標が大きなプレッシャー。ゴールデンウィークフェアで大々的にステテコ売り場を展開、目標売り上げを達成し、涙する姿が印象的でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

25日放映。あるテーマに対して高校生の疑問をRankingにし、その答えをResearchする、という番組。今回のテーマは、高校生が尊敬している人ランキング。全国の高校生にリサーチしたというランキング結果は・・・10位ジャンヌダルク 9位織田信長 8位マザーテレサ 7位坂本龍馬 6位先輩 5位友人 4位先生 3位父 2位母、そして1位は何と・・・特になし、でした。それぞれ尊敬する理由は何か。父母が高校生のころ尊敬していた人は?なども興味深く視聴できました。なぜ尊敬する人がいないのか。目標が見つかるときに尊敬する人が現れるのであり、まだ目標のない、自分探しの高校生が多いのでは、といった分析もなるほど、と思わせるものでした。やはり自分の目標となるような尊敬できる人がいて欲しいもの。そういったことから道徳にも活用できる映像では、と思います。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。