社労士&行政書士試験ダブル独学合格者の勉強法と記憶術

社会保険労務士に6ヶ月、行政書士に3か月で独学連続合格したノウハウを元に、資格試験に使える勉強法と記憶術をお伝え致します。







テーマ:
前回、士業と探偵の関係について書きました。

弁護士事務所と協力関係にある探偵事務所・興信所も多いというネタでしたね。

このブログ読者は行政書士と社労士受験生が多いですが、司法書士受験生、士業開業者にも読んで頂いているようです。

私もダブルライセンスを活かして士業事務所に勤めていたことがあります。今から10年ほど前ですが。

社労士&行政書士事務所で働いていたのですが、税理士事務所が母体だったので顧客数も多く、横の繋がりもありました。

そのため司法書士事務所や弁護士事務所にも頻繁に行っていたんですよね。

最近は債務整理を手掛けている弁護士さん、司法書士さんが多いように思います。

任意整理、個人再生、特定調停、自己破産、過払い金請求と債務整理は種類があるようですが、全国的に展開している弁護士事務所もあると聞きます。

私の周囲にも債務整理(任意整理と過払い金請求)をした方がいるのですが、やはり専門家に頼んで良かったと言っていました。

弁護士や認定司法書士に依頼することで、手続きがスムーズに進むケースがありますね。

どの事務所に依頼するかも大切なようですが、少なくとも自分一人で悩み続けるよりも借金問題の解決に繋がりやすいです。

現在弁護士や司法書士を目指している受験生の中には、「開業後に債務整理を手掛けたい」と考えている方も多いと思います。

過払い金請求のブームは落ち着いていますが、借金問題に苦しんでいる人は多いですからね。

銀行やクレジットカード、消費者金融が存在する限り、債務整理業務はなくならないのではないでしょうか。

参考サイト:借金地獄
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
探偵事務所の公式サイトを見ていると、弁護士と提携していることが多いですね。

逆に弁護士事務所のサイトに、探偵や興信所との協力関係が記載されていることもあります。

離婚を有利に進めるために、まずは尾行調査で浮気の証拠を掴んでから交渉という流れが多いのでしょうか。

行政書士や社労士とは関わりが少ないかもしれませんが、提携してビジネスチャンスを広げるという意味では参考になると思います。

離婚問題を仕事にしている行政書士もいますし、弁護士法との兼ね合いもありますが、色々と考えて動くことで、開業しても事務所経営を軌道に乗せられるでしょうね。

士業も個人事業ですから、利益を追求する必要があります。

石の上にも三年という意識でのんびり開業している方もいますし、決して営業第一主義の世界ではありませんが、それでも開業したからには売上、利益を出さなければ廃業してしまうんですよね。

その辺りのバランスを上手に取りながら進めていく必要があるでしょう。

そのような観点から、士業と提携していたり、士業に近い業種を研究することで新たな発見があると思います。

その一つが探偵なんですよね。

探偵の世界はあまり知られていませんが、相続人が見つからないと悩んでいる方が依頼したり、浮気問題で悩んでいる方が相談したり、士業の仕事と間接的に触れている業界かなと思います。

家出調査や人探しは士業と無縁かもしれませんが、不倫調査を初め、仕事内容を知ることで新たな着眼点に繋がるかもしれません。

私も探偵の仕事について色々調べてみましたが、非常に奥深い世界と感じました。全国展開している探偵社があったり、地元密着の興信所があったり様々ですね。

異業種の研究は発見も多いなと改めて感じています。

参考サイト:浮気調査 探偵
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は元々SEO(検索エンジン上位表示対策)で勝負している会社で働いていました。

その経験を元に、開業行政書士や社労士にネット集客のアドバイスを行っていたこともあります。

行政書士の中には、会社設立や内容証明、相続や遺言のホームページを作れば、自然に仕事は入ってくると信じている方がいます。

10年前はそれでも良かったかもしれません。

しかし今は時代が違います。

特に行政書士は集客や営業が得意な方が多く、真正面からぶつかっては、なかなか仕事を取れないんですよね。

行政書士として成功したい、事務所経営を軌道に乗せたいと考えている方は多いですが、実際は廃業者も多いのです。

そして廃業者は、「行政書士は食えない資格」と捨て台詞を吐いて辞めていきます。その後、司法書士や税理士を目指して勉強を始めるというのが一般的なパターンですね。

しかし中には、行政書士一本で成功している方もいるのです。

廃業者と成功者は、何が違うのでしょうか?

まずは業務選びですね。会社設立のようなメジャーな業務よりも、ニッチなジャンルに絞ってサイト展開していることが多いと思います。

次にサイト作成のスキルが高いです。サイトを作ることに抵抗がないはずです。

少なくとも、パソコンを使うことに抵抗を感じていませんね。

今はホームページビルダーも進化していて、士業サイトでも通用するテンプレートがあったりします。

もしあなたが行政書士で開業しているなら、最初はそのようなテンプレート・ツールを使いながら、ニッチなジャンルに絞ってサイトを作ってみて下さい。

行政書士はまだまだ可能性が高い資格ですよ。

行政書士年収アップ成功法【ニッチな仕事の取り方】
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
行政書士も社労士も、他の資格試験にも全て共通していますが、合格するには合格点を取る必要があります。

逆に言うと、合格点さえ取れば、その資格には合格します。

私が行政書士&社労士受験生だった頃には気づきませんでしたが、これほどシンプルな戦いはないですね。

実際は周囲の受験生と戦っているのかもしれませんが、おそらく実感はないと思います。

それよりも、次の模試で合格圏内に入れるかどうか、答練はどうか、そして本試験で実力を発揮できるかが大切です。

自分自身との戦いなんですよね。

しかし士業で独立開業後はどうかと言いますと、たとえばヤフーやグーグルなどの検索エンジン経由で集客するなら、ライバルサイトより上位表示する必要があります。

ターゲットを考えて、キーワードを設定し、サイト作成してSEOをかけ、そのキーワード(たとえば株式会社設立など)で検索された時に、ライバルサイトより上に表示させる必要があるわけです。

そうしなければ、なかなか自分のサイトにユーザーは訪れてくれませんし、ニッチキーワードでロングテールを拾うにしても、その細かなキーワードで上位表示しているからユーザーが訪れるわけです。

専門用語が多くなって申し訳ありませんが、士業で開業していて、ネット集客を行っている方は分かると思います。

資格受験生は参考までに聞いて下さいね。

私は数年前に独立起業してから、常に戦っていました。戦って、戦って、少し勝ってはすぐ負けて(笑)、結果的に色々なものを失いました。

それは、負けたから失ったのではありません。

ライバルより上に行きたい、勝ちたい、負けたくない、そのような意識が常にあったため、失ったのです。

敵愾心を強く持っている人間に対しては、同じく敵愾心が強い者が集まります。

「お前にだけは負けたくない」、そう考えている人間が集まるということです。

最初は普通に交流していても、「俺の方が上だし」という意識が心の底にあれば、それが相手に伝わり、相手もまた、「いやいや、俺の方が上でしょ」というマインドで接してくるわけですね。

そのようにして失った人間関係が幾つもあります。

今から振り返ると理解できますが、当時は良く分かっていませんでした。そして思ったのです。

資格試験の戦いは、なんて楽なんだろうと。

楽という言葉が不適切なら、なんてシンプルなんだろうと思いました。

資格学習を続けると、時に逃げたくなるし、絶望を感じることもあるでしょう。何度覚えても忘れてしまう、同じ箇所で間違える、模試の点数が伸びない、このままだと合格できるかどうか不安…。

資格スクールで働いていた頃、毎日のように受験生の相談にのっていましたが、ある種、幸せな戦いなんですよね。

だって、自分自身と戦えるわけですから。

しかし開業後は違います。その資格で収入を得たいと思うなら、ライバルと戦う必要があるのです。

士業はもちろん、他のビジネスも同じです。戦って勝たなくてはならない。その繰り返しで私の周囲から人がいなくなり、そして数年間、私は地に這いつくばっていました。

今はようやく行動力を取り戻していますが、絶望より深い底に沈み込み、何もせず、視線を流していました。

欲望と執着を否定して、仏教やヨガに傾倒していたこともあります。1日の大半を瞑想に使い、ひたすら目を閉じていた時期もあります。

それでも、何も解決しなかった。

行動力が復活した理由は単純です。

戦いを受け入れたからです。少なくともビジネス上の戦いは、ライバルとの切磋琢磨により質が向上します。

直販型のビジネスでなくとも、ユーザーに選んでもらうために向上するのは同じです。その対象がサイトやメルマガというだけで。

それと同時に、資格試験の戦いを思いました。昨日の己に勝ち続ければ、合格の可能性が高くなります。シンプルで美しい勝負ですね。

行政書士合格後、開業しても収入を得られずに廃業する方が多いです。そのような方は、資格受験生時代の延長で、独立開業を捉えているのかもしれません。

双方には、圧倒的な違いがあります。

そう、己との戦いか、他者との戦いか。言い換えれば、自分に勝つか、他人に勝つか、ということです。

周囲との戦いにおいては、孤独を受け入れる限り、倒れることはありません。孤独に悩んで方向性を見失い、己まで見失った結果、前に進めなくなるのです。

しかし立ち止まっていても、何も解決しないんですよね。

瞑想しても、現実は変わりません。現実を変えるなら、行動を繰り返す以外にないのです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。