学習力より学問力

テーマ:

芳村思風一語一会 vol.2889
学習力より学問力
これからに時代大切なことは、「問う力」
「何かおかしい・・・」という現実への異和感を大切にして、
自らに問い続けること
☆☆☆☆☆☆
「問い」があるから「答え」が出てくる。
大切なのは「問い」続けること。

☆☆☆☆☆☆
答えを持つことは大切なことです。
答えがなければ前に進めません。
答えに縛られ、問いがないとき、成長は止まります。
大切なことは、「問う力」「問い続ける力」です。

「感性」が問い、「理性」で答える。

感性と理性のバランスではありません。
感性と理性の協力関係をつくることです。

答えに縛られると、違う答えを排除しようとする。対立が生まれる。説得しようとする。
問いや問題は、与えられるものではありません。自らが感じ取るものです。

感性が問題を感じなければ、理性は働きません。

常に答えを持ちながら、「これでいいのか?」と問い続けることが大切なのです。

「人生の3つの問い」を問い続けること。
「いかに在(あ)るべきか」
「いかに為(な)すべきか」
「いかに成(な)るべきか」

人間として、男(女)として、父親(母親)として、経営者として・・・
と言葉を置き換えて自分自身に問い続けること。

ことばを換えるとわかりやすい。
「私は、将来どんな人間になりたいか」
「私は、将来どんなことをしたいか」
「私は、将来どんな生活をしたいか」

一度答えを持つとなかなかそこから抜けられない。自分の考え方・答えが一番だと思ってしまう。
自分に自信があればあるほど抜けられない。

人の意見のいい所がわかっていても受け入れられないもことある。

自分の芯・自分の考えをしっかりと持つことは大切。
しかしそれも完璧ではないことを自覚する。
自分の芯・信念をしっかり持ったうえで、他人の考え・意見のいいところを取り込みながら、
自分の考えを固定せずに、進化発展させていく。

「感性論哲学も完璧ではありません。

まだまだ進化発展の途中です。」
(芳村思風)











やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・






※新しい「日めくりカレンダー」を製作中です
7月ごろ発売予定です


「芳村思風 語録」
(@1,000)

「原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・4月24日(月)徳島
18:30~20:40 阿波観光ホテル
参加費:2,000円

・4月26日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

※6月8日(木)博多講演会
18:30~20:30 
Hクリオコート博多
前売:2,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD

問題には、答えが必ずある

テーマ:

芳村思風一語一会 vol.2888
問題には、答えが必ずある。
乗り越えられないものは何もない。
乗り越えるための答えは、生まれながらにして潜在能力として命の中にある。
繰り返し、繰り返し挑戦したとき、潜在能力が目を覚ます。
問題と答えは、セットになっている。
考えているだけでは、問題は解決しない。
肉体を使って行動すること。
理性を使って考え抜いて、さらに行動すること。

☆☆☆☆☆☆
命の痛みを伴った苦しみ・悩みの体験が、自らの命を成長させ、磨き上げ、人間として本物の強さをつくる。
☆☆☆☆☆☆
問題から逃げていると、場所や状況や登場人物を変えて同じような問題が次々と起こってきます。
今あるものを壊さなければ、そこに新しいものは作れません。

持っている物を手放すことは辛くて苦しいことです。
しかし手放さなければ、新しいものは、持てません。

命の痛みから逃げないこと。苦しみから逃げないこと。
逃げずに立ち向かっていけば、必ず乗り越えられる。

10年前、何を悩んでいたか、どんな問題があったか。

今でも同じ問題で悩んでいるか。
問題が人間を成長させてくれるのです。
命の痛みの経験が、本物の人間として成長させてくれるものです。

『人生の扉は、観音開きの手動ドア。両手で、手前に開けなければいけない。』
自動ドアではないから、いつまで待っていても開かない。
自分で開けなければ、開かない。
内側にしか取っ手はついていない。
外からは開けることが出来ない。
自分で開けなければ、他人は開けてくれない。
両手に荷物を持っていると、扉は開けない。
扉を開けるためには、まず両手に持ったものを捨てなければいけない。

捨てるためには、勇気もいるし、痛みも伴う。
持っていたものを捨てた時、新しい人生の扉が開く。
両手に持っているものとは、今までの成功体験やこれまでに得てきた知識やノウハウ。

乗り越えられないのは、
今までのやり方、
今の能力、
今の知識
ではということ。

扉を開くと、人生のステージが変わる。
ステージが変わると、出会いが変わる。

それまでの出会いが悪いということではなく、それまでの世界と違った世界の人たちとの出会うことができる。
その出会いによって、新しい自分がつくられていくのです。

命には、苦しめば苦しむほど、「なんとかしたい」という気持ちが湧いてきます。
苦しんで得たものは、実力として蓄えられていくのです。
この苦しみが、人間としての深さをつくるのです。




やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・






※新しい「日めくりカレンダー」を製作中です
7月ごろ発売予定です


「芳村思風 語録」
(@1,000)



「原理原則集」
(@1,000円)


●芳村思風先生の勉強会
・4月24日(月)徳島
18:30~20:40 阿波観光ホテル
参加費:2,000円

・4月26日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

※6月8日(木)博多講演会
18:30~20:30 
Hクリオコート博多
前売:2,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
 

AD

芳村思風一語一会 vol.2887
決断とは捨てる勇気
☆☆☆☆☆☆
決断に懸ける!覚悟を決める!!
☆☆☆☆☆☆
決断とは、いろいろある選択肢の中から、ひとつを選び出し、これだと決める。
そして、他のすべての選択肢を断ち切って捨てること。

決めるだけでは、問題が出てきたとき、やっぱり道を間違えた、あっちを取ればよかったとなる。

何度やってもうまくいかない、一所懸命に繰り返しやってみてもどうにもならない。
この仕事は、自分には合わないのだろうか、もっといい仕事があるのではないだろうかと悩んで、
他に道を求めることは、逃げることである。
逃げていては、いつまでたっても求めるものは得られません。

好きで選んだ仕事なのに、何度やってもうまくいかない、
もうどうにもならないときが、潜在能力を目覚めさせるチャンス。

このとき、もう一度「ほんとうにこの仕事がやりたいのか、好きで選んだ道ではないのか。あきらめるのか。」
と自分に問いかける。
そしてその時にある一番難しい道を選び、「今までのやってきた倍の仕事をやってみよう。
それで乗り越えられなかったらあきらめる!」と覚悟を決める。

この覚悟ができたとき潜在能力が目を覚ますのです。
不撓不屈の意志は、理性からはでてこない。
不撓不屈の意志は、理屈を越えたものです。

退路を断つ決断ができると、不撓不屈の意志がまわりにも伝わり、感動を呼び、誰かが助けてくれる。
キッカケをくれる。ヒントをくれるのです。

理屈ではないから、理屈では考えられない奇跡が起きるのです。

自分ができることを信念を持ってやり抜く決断と覚悟が大切なのです。
覚悟を決めた人は、強いのです。

長所だけでなく、短所も欠点もすべて活かす。




やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・






※新しい「日めくりカレンダー」を製作中です
7月ごろ発売予定です


「芳村思風 語録」
(@1,000)

「原理原則集」
(@1,000円)

●芳村思風先生の勉強会
・4月24日(月)徳島
18:30~20:40 阿波観光ホテル
参加費:2,000円

・4月26日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

※6月8日(木)博多講演会
18:30~20:30 
Hクリオコート博多
前売:2,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD