ta


芳村思風一語一会 vol.2555
「芳村思風 語録」の言葉の紹介です。。
☆☆☆☆☆
対立を乗り越える 矛盾を生きる 宇宙とつながる
☆☆☆☆☆


誰もが様々な対立で苦しんでいます。
対立は、「違い」を意識することにより発生します。
考え方や価値観が違うと一緒に仕事ができない。
感じ方や性格の違いが離婚の原因となっています。

宗教や民族の違いで戦争をして殺しあっています。

人間の命の奥底から湧いてくる欲求は「できることなら皆と仲良くしたい」「信じあって生きたい」という心情です。

命を創造したのは、母なる宇宙の摂理の力です。
すべての存在は、宇宙の創造力によって創り出されたものです。
宇宙は、プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーという相反するものが協力して働き秩序を形成しています。
陰には陽、表には裏、善には悪、男には女、みんな互いに対立する原理でありながら、協力して生命力や健康を保っています。
これが宇宙の創造力によって創られている存在世界の摂理です。

母なれば自分が生んだ子どもたちが「皆仲良く力を合わせて信じあって生きて欲しい」と願うはずです。
命の底から湧き上がる「できることなら、皆と仲良く生きていきたい」
という欲求は、まさに命を生んだ母なる宇宙の人間への願いであり思いです。

私たちは、宇宙から与えられた命を生きています。
この母なる宇宙の期待に応える生き方、

それが宇宙とつながる生き方なのです。


対立する相手の存在を否定せず、存在を受け入れて生きる力を養わなければ宇宙の摂理に反することになります。

どうすれば対立する相手の存在を受け入れ、ともに生きていく力を持つことができるのか。

同じ考え方の人とばかり一緒にいたのでは、楽しいけれど成長しないということを自覚することです。
人間が成長するためには、自分にないものを持っている人と関わって学ぶことです。
対立する相手は、自分の欠けたところを補うために、

必然的に出てくる存在なのです。


お互いが相手から学んで成長しようとすることによって、
「違いながらも共に生きる」という、
個性の時代を生きる新しい「愛の力」理性を超えた
「矛盾を生きる」人間力が生まれるのです。


やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・


※「芳村思風 語録」(@1,000円)


296


※「感性論哲学 原理原則集」(@1,000円)

原則1




●芳村思風先生の勉強会
・5月25日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

・6月1日(水)福井思風塾
18:30~21:00 アオッサ
参加費:4,000円

・6月4日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所



AD

感動が自分を救う!

テーマ:


感性論哲学を実践にどう活かすか


わかりやすく具定例で書かれています


1,404円

鬼木豊 著





感動が自分を救う!仕事も人生も動かす
―人生のどんでん返しは、いつからでもできる!
一発逆転の法則!感性内観法
AD


kk

芳村思風一語一会 vol.2554
「芳村思風 語録」の言葉の紹介です。。


☆☆☆☆☆
心が欲しいと心をあげる
☆☆☆☆☆

今、多くの人が「理屈じゃない、心が欲しい」と叫んでいます。

いじめの問題、DV・虐待から考えられない理由による殺人などの事件も多発しています。
人間は誰でも生まれてから死ぬまで「愛されたい」という気持ちを持ち続けています。

近代では「人間の本質は理性である」と考え理屈をいう力を成長させてきました。
現代は「人間の本質は、感性だ」という時代です。

人々は理性を満たす理屈だけでは満足しなくなり、理屈以上に心を求め、心を満たすものを求め始めています。
これまでずっと理性を成長させ、合理性を追求し、理屈を言って論理で人を説得し、理屈で正しいことを追求してきました。

家庭では、夫婦も理屈を言って言い争い、親子も理屈で対応して、心をあげていないのです。
学校でも職場でも理屈が主であり、理屈が優先しています。
自分の正しさを主張し、対立をつくっています。

「心が欲しい」とは何が欲しいのか
「心をあげる」とは何をあげるのかをわかっていません。

「人生は、意志と愛のドラマ」です。

人間の人生は、意志と愛のからみ合いで成り立っています。
意志とは、やり抜く心であり、愛とは、人間と人間を結び付ける力であり、矛盾を生きる力です。

人間には意志があるから「認めて欲しい」「わかって欲しい」「ほめて欲しい」と思っています。

人間には愛があるから「好きになって欲しい」「信じて欲しい」「待って欲しい」という思いを持ち続けています。

誰もが「認めて欲しい」「愛してほしい」と叫んでいるのに、
誰も自分が思っているようには認めてくれないし、愛してくれない。
人間は皆満たされない心を抱えています。

「心が欲しい」とは、「認めて欲しい、わかって欲しい、ほめて欲しい」という気持ちです。

だから「心をあげる」とは、「愛をあげること」、「与える愛」です。
「認めて、わかって、ほめてあげる」こと。
「好きになって、信じて、待ってあげる」ことなのです。

「心が欲しいという叫びに応じて心をあげるという愛の実力を磨くことで、人間の心は、つながっていくのです。




やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・


※「芳村思風 語録」(@1,000円)


296



※「感性論哲学 原理原則集」(@1,000円)
原則1


●芳村思風先生の勉強会
・5月25日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

・6月1日(水)福井思風塾
18:30~21:00 アオッサ
参加費:4,000円

・6月4日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所




AD