年代別教育論

年代別教育論 (編集:山本英夫氏)
東京思風塾での講演録です


1冊 1000円+送料


(講演録です。
「愛の子育て1~3」とは、講演の内容同じですが、編集方法が違います)


A.0~3歳


1.赤ちゃんの心に、本当に安心して生きていくという安心感と信頼感をしみこませる。

2.生きることの原点である信じる力を傷つけずに維持する。

3.スキンシップを通じて子供に充分な信頼感と安心感、愛を感じさせる。


4.子供の心を満たしきる。


B.3~6歳まで(第一反抗期)

1.反抗させる。反抗させながら、その力を利用して教育する。


2.行動力と自制心(倫理観・善悪正邪の区分の基礎)を創ることを目的に教育する。


3.やりたいということを途中でやめさせず、とことんやらせる。命から湧いてくる欲求が行動力を作る。


4.物事を最後までやりとげるエネルギーを大切にする。


5.遊びの中で、自由にさせて創意工夫をすることを体感させ、常識にしばられないようにさせる。


6.絵本を読んであげる


7. 人に迷惑をかけたときだけは、たたいたり、なぐったりすることで「痛い」という感覚を体験させる。


8.この体の痛みは、大人になって人に迷惑をかけたとき、心が痛むようになる。


C.6~10歳まで(善悪正邪の区別)


1.子供が主体的に人間的判断をするための土台となる大人の持っている常識としての善悪正邪の区別をしっかり教え込む。


2.自信を持って生きる力をつくるために、学問的に正しい知識を教え込む。


3.学ぶ喜び、やった~!できた~!という喜びと感動を与え体験させる。


4.子供に質問して、教えてもらって、子供をほめる。


D.10~13歳まで(過渡期)


1.親は、先生を批判したりけなさず、先生を誉めて好きにさせる。


2. 何か質問されてもすぐに答えず、一緒に調べたり、どのようにすれば答えが出るか、その方法を教え一緒に考える。


3.10歳過ぎたらたたいたり、殴ったりしてはいけない。スパルタ教育・体罰はやめる。


4.天分を見つける努力をする。



E.13~15歳まで(第二反抗期)


1.この時期に必要なことは、主体性と責任感の二つを作ること。


2.人格に目覚める頃だから、子供の人格を認めて接することが大切。



F.15~20歳まで(自分で自分を教育する)


1.「自分で自分を教育することを教える。
目的を持たせることが大切。
将来どんな人間になりたいか」
「将来どんな仕事がしたいのか」
「将来どんな生活がしたいのか」
を問い、考えさせる。


G.20~30歳まで


1.30歳までの人間には、大宇宙の偉大な進化の力が働いている。

2.「個性を磨きだす」
「常識で考えるのではなく、常識を考える」
「自分に与えられた使命を自覚する」
ことによって創造力を湧き出させる。



AD


人生は

芳村思風一語一会 vol.2613
☆☆☆☆☆
人生は、意志と愛のドラマ
☆☆☆☆☆

人生の目的とはなにか、人生の究極の目的とはなにか。
人生の目的を考えるには、生命の目的から考える必要があります。
「生命の目的」とは、「自己保存と種族保存」です。

この自己保存と種族保存というものが、人間という命から表現されるとどうなるのか。
生命の目的である自己保存と種族保存とは、欲求として湧いてくるものです。

「自己保存の欲求」が、人間の命から湧いてくると「意志」になる。
意志とは、物事をやり遂げる力、自己実現の力。
自己実現とは、仕事において成功するということ。

「種族保存の欲求」が、人間という命からでてくると、「愛」になる。
「愛」とは、人間と人間を結びつける力、人間関係の力。

意志は、自己実現の力で、愛は、人間関係の力です。
愛の究極の目的は、すばらしい人間関係をたくさん作っていくこと。
ここに人生の究極の目的がある。

人生の目的は、意志を実現することと、愛を実現することであり、
仕事において成功し、すばらしい人間関係をたくさんつくることが人生の究極の課題になるのです。

人生は、意志と愛のドラマなのです。

「芳村思風 語録」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・


「芳村思風 語録」(@1,000円)


ほn




「感性論哲学 原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・8月6日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

・8月10日(水)大阪思風塾
18:30~20:30 心斎橋
参加費:5,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

AD

興亡の論理

テーマ:

感性論哲学的歴史観10の原則

(感性論哲学 興亡の論理)



1.歴史は風土と民族と国家と思想を変えながら進んでいく。



















10.時代欲求や時代感情(時代感性)が歴史の方向性を決定する。

 


9.不安を解消し安心を実現する事を目的に歴史が創られる。
8.時代を興す原理は、また時代を滅ぼす原理でもある。
7.世界歴史を動かす力が2つある。それは因果律と自由律である。
6.人類は人類としての潜在能力を実現しきった時に衰退する。
5.一度歴史的使命を果たし終え、潜在的能力を出し切ったものは、2度と歴史の主役にはなり得ない。
4.一度完成された形式に到達したものは、保守化して時代に取り残され衰退する。
3.すべての存在は、存在する事への必然性を実現しきった時、完成され衰退していく。
2.すべての存在は、存在する事への必然性を持って存在している。



AD