芳村思風一語一会 vol.2748
大切なことは、行動すること。
考えても答えはでない。考えても問題は解決しない。
☆☆☆☆☆☆
やるか、やらないか!
できるか、できないかではない
☆☆☆☆☆☆
どちらにしようと迷うということは、どっちを選んでも大きな差はないということ。
大切なことは、行動すること。
「できるか、できないか」ではなく、「やるか、やらないか」。

人間であることは、「感性と理性と肉体」を持っているということ。
動物と人間の違い。動物には理性がない。
感性だけで、人の迷惑を考えず、やりたいことをするのは、野獣と同じ。
人間には、理性がある。感性から湧いてきた欲求や欲望を、
理性を使って人間らしいものにする。
理性と感性の関係は、バランスではなく、感性から湧いてきたことを
理性を使っていかに人の役に立つものにできるかを考える協力関係を作ること。

神さまと人間の違い。神さまには肉体がない。
人間には、肉体がある。
感性から湧いてきた夢や理想を、理性を使い、
どのようにしたら社会の役に立てるか、
他人に迷惑をかけずに実現できるかを考え、行動する。
大切なことは、行動すること。

いくら考えていても、夢や理想は実現しない。
どんなに悩んでも問題は解決しない。
「できるか、できないか」と考えているときは、決断できない。
できない理由の方が、わかりやすい。やる前から不安になる。

「どうしてもやりたいことかどうか」を、自分自身に問いかける。
「どうしてもやりたい」と思えなければ、他の事を捨てることはできない。
他の事を捨てるとは、家族を犠牲にすることではない。
家族や他人に迷惑をかけるのであれば、ただのわがままになる。

「もっといいことがあるのではないか」という思いを捨てること。
二つの道で、どちらに行くか迷ったときは、ひらめく方をとにかくやってみる。
どっちが面白そうか、どっちが楽しそうか直感で決める。

できるか、できないかではない。
なんとしてもやりたいことかどうか
あとは、やるか、やらないかだけ






やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)


「原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・12月6日(火)四日市思風塾
19:00~21:00
参加費:5,000円

・12月14日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00
参加費:2,000円

・12月18日(日)滋賀思風塾
16:20~ ロイヤルオーク


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD

好きか嫌いか

テーマ:

芳村思風一語一会 vol.2747
☆☆☆☆☆☆
「好きかどうか」「楽しいかどうか」の感性の判断基準。
☆☆☆☆☆☆☆
理性で考えると、「正しいか間違いか」「損か得か」
「儲かるか儲からないか」「善か悪か」で判断してしまう。
理性的な判断基準ばかりでは、偏りができる。
理性ではなく、肉体と感性を使うこと。理性的な判断だけでは

「好きか嫌いか」「いい感じか悪いか感じか」「楽しいかどうか」「快か不快か」
の感性の持つ判断基準・能力を使うことも大切なのです。
その上で、創造力を使うこと。
心地よくないものも受け入れて、心地よいものに変えていく力が創造力なのです。

頭で理解していても、実行できないことが多くある。損か得かで動いていることが多い。
儲かるか儲からないかで決めている。利益は大切。利益がなければ続かない。
物やお金を追求していくと限りがない。
「もっと、もっと」になってしまう。

自分の好きなことをやりながら生きること。
人生を楽しむこと。

そんなことが簡単に出来るなら、誰も悩むことはない。
これだというものが見つかっても、「ほんとうにこれでいいのか」と悩み続ける。
何のために生まれてきたのか。お金も大事だけど、それよりも大切なこと。
会社のためではなく、自分のために生きること。
自分のために生きて、人の役に立てるように生きること。
自分のために生きて、会社や社会の役に立つにはどうすればいいかを理性を使って考える。

感性の判断基準、
「好きか嫌いか」
「楽しいか楽しくないか」
「快か不快か」




やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)



「原理原則集」
(@1,000円)


●芳村思風先生の勉強会
・12月3日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

・12月6日(火)四日市思風塾
19:00~21:00
参加費:5,000円

・12月14日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00
参加費:2,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
http://shihoo.p-kit.com/
 

AD

 

芳村思風一語一会  vol.2746
☆☆☆☆☆☆
いつも目に愛の光を!
☆☆☆☆☆☆
人を感じさせるのは、言葉ではありません。
一番大切なものは、目つき・表情・態度です。
言葉では、どんないいことを言っても、目つき・表情・態度がその言葉に沿ったものになっていないと、人は感じません。
心が目つき・表情・態度に出るからです。

自分の愛は、決して相手が望んでいるような愛の形になっていないという自覚があると、
相手を思う気持ちが目つき・表情・態度に現れ、相手は自分の愛をより深く感じとってくれます。

どんなに愛し合っている夫婦でも、相手は自分が思うようには愛してくれないという愛の限界を知ることが大切なのです。
「これだけ愛しているのに」と思っても、それは相手の望んでいる愛の形と完全に一致することありません。
押し付けの愛は、押し付けがましい目つき・表情・態度となり、埋めることのできない溝となるのです。

誰もが、もっと愛して欲しい、もっとわかって欲しいという願いを持っています。

誰もが、満たされない心を持って生きているのです。
お互いのその心情がわかれば、相手を思う気持ちが目つき・表情・態度ににじみ出てくるのです。

「目は口ほどにものを言う」ではなく、口以上に本心を語ってくれます。
態度も表情も口以上に伝えてくれます。全身が語るのです。

自分の心は、目つき・表情・態度に出るのです。
いつも目に愛の光を!




やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)



「原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・12月3日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

・12月6日(火)四日市思風塾
19:00~21:00
参加費:5,000円

・12月14日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00
参加費:2,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所


 

AD