学習力ではなく、学問力。

テーマ:

芳村思風一語一会  vol.2793
学習力ではなく、学問力。
先人が作ったことを習って学ぶではない、これからの時代は、自ら問いを持って、学ぶ力が大切。
☆☆☆☆☆☆
「問い」があるから「答え」が出てくる。
大切なのは「問い」続けること。
☆☆☆☆☆☆
答えを持つことは大切なことです。答えがなければ前に進めません。
答えに縛られ、問いがないとき、成長は止まります。
大切なことは、「問う力」「問い続ける力」です。

「感性」が問い、「理性」で答える。

感性と理性のバランスではありません。
感性と理性の協力関係をつくることです。

答えに縛られると、違う答えを排除しようとする。
対立が生まれる。説得しようとする。
問いや問題は、与えられるものではありません。
自らが感じ取るものです。

感性が問題を感じなければ、理性は働きません。

常に答えを持ちながら、「これでいいのか?」と問い続けることが大切なのです。

一度答えを持つとなかなかそこから抜けられない。自分の考え方・答えが一番だと思ってしまう。
自分に自信があればあるほど抜けられない。

人の意見のいい所がわかっていても受け入れられないもことある。

自分の芯・自分の考えをしっかりと持つことは大切。
しかしそれも完璧ではないことを自覚する。
自分の芯・信念をしっかり持ったうえで、他人の考え・意見のいいところを取り込みながら、
自分の考えを固定せずに、進化発展させていく。
やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※このメルマガは、何度も同じ言葉を紹介しています。
同じ言葉でも状況によって響いてくることが変わります。



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)

「原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・1月25日(水) 名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円


・2月4日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD

芳村思風一語一会 vol.2792
☆☆☆☆☆
逃げたらあかん!
人生は、七転び八起きではなく、七転八倒の心構えで
倒れて転んで、のた打ち回って、開き直れ!
だいじょうぶ なんとかなる!
あれだけ頑張ったんだから!!
☆☆☆☆☆

この言葉は、芳村思風先生が、自分自身にいつも問いかける言葉だそうです。
他人に対しての言葉ではありません。
7回失敗して、8回目は、何とかなるかも・・・、ではなく、
8回目もぶっ倒れる覚悟ができているかどうか。

何度ぶっ倒れても、あきらめない覚悟ができているかどうか。
あきらめない限り失敗ではない。あきらめない限り失敗は、経験になる。

「のた打ち回って生きていくことに人生の醍醐味がある」

と思えたときもうそれ以上落ちようがない。
あとは這い上がっていくしかない。

 

この覚悟ができたとき、眠っていた潜在能力が目覚める。
限界への挑戦をし続けることで、潜在している天分を見つけ、引き出される。
そして自らの命の痛みを伴った体験・経験の積み重ねは、
人間性の厚み・深さ・大きさを作り、本物の人間をつくるのです。

自分が自分であることから逃げてはいけない。生きることから逃げてはいけない。
逃げていいのは、命に危険が迫ったとき。逃げなければいけないときもある。

ポイントは、「最高の道を選んだのだ。そこに出てくる問題は、
どんな問題でも乗り越えられる」という信念を持つこと。

それが、自分が選んだ道ならば、
「逃げたらあかん!」が、自分自身との合言葉です。
だいじょうぶ!なんとかなる!あれだけがんばったんだから!





やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※このメルマガは、何度も同じ言葉を紹介しています。
同じ言葉でも状況によって響いてくることが変わります。



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)


「原理原則集」
(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会
・1月25日(水) 名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円


・2月4日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD

芳村思風一語一会 vol.2791
☆☆☆☆☆
「誰も私のことをわかってくれない」
「誰も愛してくれない」
と、思っていませんか
でもそれは
「自分が思っているようには・・・」
ということではありませんか
☆☆☆☆☆

人間の本質は理性ではなく「心」です。

どんな人間でも自分の心を満たしてくれるものを求めています。
人は、誰もがみんな
「認めてもらいたい」「わかってもらいたい」「ほめてもらいたい」
「愛されたい」と思っています。
「心が欲しい」のです。

自分が思うのと全く同じようには、他人は愛してくれません。わかってくれません。
誰も「自分が思っているようには
認めてくれないし、わかってくれないし、
ほめてくれないし、愛してくれません。

誰もが皆、満たされない、孤独な気持ちを持っているのです。
自分だけが辛いのではありません。

よく見られたい、ほめられたいと、いつも人からの評価を気にしていませんか?
他人の評価ではなく自分自身が、まず自分を認めることから、すべては始まります。
自分の心をわかってくれたと思えたとき、素晴らしい人間関係が作られていくのです。



【人には優しく
自分には
もっと優しく】


やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※このメルマガは、何度も同じ言葉を紹介しています。
同じ言葉でも状況によって響いてくることが変わります。



■感性論哲学をより多くの人に広げ、
感性論哲学を知ることでより幸せな人生をおくるきっかけになればと願っています
思風会は、感性論哲学を広げるための活動をしています。



「芳村思風 語録」
(@1,000)

「原理原則集」
(@1,000円)

●芳村思風先生の勉強会
・1月25日(水) 名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円


・2月4日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 

AD