今日は、アカシックリーディング個人セッション(福岡開催)の2日目でした。

私は、自分自身のいくつかの転生において、アストロロジー(占星術)を使用していました。もっとも古いものはバビロニアの転生です。ノストラダムスが生きていた時代にも、アストロロジーを使用していました。こういったさまざまな転生の記憶により、いまでもアカシックリーディングをしているとき、ホロスコープが浮かんだり、それにまつわる解釈がインスピレーションで降りてきたりします。

クライアントさんをリーディングする場合、葛藤があるとかないとか、そういった概念よりも、ホロスコープ(天体配置図)を調べて、「オポジション」とか「スクエア」とかそういったものを見ていった方が、そのクライアントさんの置かれている状況がより明確に示されると思うのです。

また、クライアントさんのホロスコープを見て、配置されているひとつひとつの星を充分に活かしているかどうかが、今世の「運命の輪」がまわるかどうか決まると思います。

ホロスコープというのは、アカシックレコードそのものであり、人生の設計図なのです。



----------------------------------

【中島志保のセミナー&個人セッションのお知らせ】

アカシックリーディング個人セッション(7月・東京)

アカシックリーディング個人セッション(7月・福岡)


アカシックリーディング個人セッション(8月・東京)

アカシックリーディング個人セッション(8月・福岡)

AD

今日は、アカシックリーディング個人セッション(福岡開催)の1日目でした。

最初にお越しいただいたクライアントさんは、着物や和装小物など日本の伝統工芸をお仕事にされている方でした。そして、次にお越しいただいたクライアントさんは、絵を描くことや、機織り機で織物を作ることを教えていらっしゃる方でした。

セッションが終わり、『今日のクライアントさんはお二人とも芸術家の方だったな~』と思いました。そしてそのあと、ライターのTさんと夕食に行きました。

食事をしていると、Tさんが私に、「私、今度、福岡の伝統工芸作家を取り上げて原稿を書くという仕事がきたのだけど、誰かいい作家さんいるかな…?」と質問してきました。

それから私は、Tさんと一緒に、「博多人形」とか「博多織」とか、福岡の伝統工芸についてスマホで調べたりしながら、「こんな工芸作家さんが福岡にいる~」とか「こんなお店が博多にある~」とか、長い時間、福岡の伝統工芸について語り合いました。

アカシックリーディングのクライアントさんだけではなく、夜のお食事会でも工芸作品の話で盛り上がりましたので、今日は芸術を仕事にしている人をを引き寄せる日だったんだな~と思いました。

絵画や工芸品を創作している人って素敵だな~と思います。色や形の美しいものは、言葉よりもダイレクトに、人の心に癒しを与えたり、豊かな気持ちにしたりすることができますね☆

明日もアカシックリーディング個人セッションを行います。とても楽しみです♪


伝統工芸

AD

6月より、アカシックリーディング個人セッションを受けて下さった方々に、アンケートを実施しています。アンケートの内容を当ブログでご紹介することについて承諾をいただいた方のシェアをいたします。

ノートと筆記用具

--------------------------------

セッションの感想 No.001 M.N様

(1)セッションをご予約されてから、実際に受ける日までの変化についてお書き下さい。

セッションを予約したあと、いまの仕事が10月までと決まりました。そして、次の仕事はこれをするかもと迷いながら、次の仕事も決まりつつありました。

(2)セッションを受けたあとの変化についてお書き下さい。

自分が感じていたことや迷っていたことは、すべて信頼しても大丈夫と、自分自身の感覚を信頼できるようになりました。これからは、自分が楽しい!!と感じることを仕事につなげていきたいと思いました。

(3)その他、何かお気づきの点がありましたら自由にお書き下さい。

今まで自分が気になっていたことや記憶に残っていたことは、魂が転生の中で経験したことにつながっていると思いました。また、日々の忙しさの中で心の奥に埋もれてしまっていたことが引き出されたと感じました。ありがとうございます。aloha & mahalo!!

----------------------------

M.N様へ

この度はアカシックリーディング個人セッションの感想をいただきまして誠にありがとうございます。

M.N様は、ご自分の魂が本当にやりたいことを、今世の豊かさにつなげていく能力をお持ちです。これからは、ご自分の感性を充分に活かしたお仕事を展開し、人生を楽しんで下さいね。

中島志保

AD

6月23日、イギリスにおいて、EU(欧州連合)離脱是非を問う国民投票が実施され、開票の結果、残留支持が48パーセント、離脱支持が52パーセントで、離脱支持側の僅差での勝利となりました。背景にはEU政策に対する不信や移民流入問題があるとされます。

この「イギリスのEU離脱」について、マルセイユタロットで1枚引きをしました。すると、愚者の逆位置が出ました。

イギリスのEU離脱について、愚者の逆位置から見えてくるキーワードは、次のようなものです。


●甘い政策決定

●行き当たりばったり

●思いつきの政策

●当てがはずれる

●無責任の判断

●無謀な行動

●組織からはみ出す

●資金がなくなる

●朝令暮改(ちょうれいぼかい)=朝に命令を出して夕方それを変えること。法令が出てもすぐあとから改められて、あてにならないこと


などなど。

マルセイユタロットも十分、アカシックリーディングのツールとして使えるなーと思う今日この頃です(*^^*)

今日は、アカシックリーディング個人セッション(東京開催)の4日目でした。汐留にありますコンラッド東京のラウンジでリーディングを行いました。こちらのラウンジでは、大きな窓から浜離宮恩賜庭園や東京湾が一望できます。


最初のセッションの中で、お金に関する質問がありました。そこで私は、宇宙銀行の口座を開設するということについて、少し時間をかけて話しました。すると、セッションが終わった直後に、私の携帯電話が鳴り、先月の下旬に私が意図した新しいビジネスについて、ある大手企業の社長さんから「全面的にバックアップしたい」という話が舞い込んできました。

宇宙銀行の口座開設の話をクライアントさんに向けて話していたのに、その直後に、私の方の現実化が起こりました(*^^*)

私は、「声」に出したことが、かならず「現実化」します。

宇宙銀行の口座を開設する方法はとても簡単です。次の3つがポイントです。


(1)自分が主体となる夢を持つこと。

(2)それを現実化することを明確に意図すること。

(3)自分の内部に葛藤がないこと。


この3つが揃っていれば、あとは、現実化したいことを自分の「声」にのせるだけで必ず「現実化」します。

とっても簡単!

アカシックリーディングの個人セッションが終わったあと、夕方の飛行機で福岡に戻りました。


飛行機の窓から見えた東京の様子です。白いものは東京ドームです。このあと雲が多くなり、富士山は見えませんでした。

明後日から、福岡で、アカシックリーディングの個人セッションを行います。こちらも楽しみです(*^^*)

今日は、アカシックリーディング個人セッション(東京開催)の3日目でした。

ところで、私は最近、面白いことをしています。

時空のある一点から別の離れた一点へと直結するトンネルのようなものがあって、そのトンネルを使って意識的に時空移動をしています。

例えば、アナログ時計を見たときに、16時50分をさしていたとして、17時00分までの5分間のあいだに、別の時空に行って、3時間くらい過ごして、17時00分という時空に戻ってくるということをするのです。もちろんその時は、肉体を置いて、意識だけで移動しています。





意識的に時空を移動して、この物質次元に戻ってきたとき、私たち人間というものが、幻想による因果関係に縛られているということに気づきます。

本来、魂というのは、何の制約もなく、完全に自由な存在です。しかし、この地球という物質次元においては、蜘蛛の巣のように細かく張り巡らされた「幻想の網」によって身動きが取れないくらい束縛されているのです。

時空移動ができるようになれば、私たちは、本当は「時間」にも束縛されていないということがわかります。


----------------------------------

【中島志保のセミナー&個人セッションのお知らせ】

アカシックリーディング個人セッション(6月・東京 ※満席になりました

アカシックリーディング個人セッション(6月・福岡) ※満席になりました

アカシックリーディング個人セッション(7月・東京)

アカシックリーディング個人セッション(7月・福岡)

今日は、アカシックリーディング個人セッション(東京開催)の2日目でした。

私がアカシックリーディングの個人セッションを行うとき、アカシックリーディングを初めて受ける方と、アカシックリーディングを以前に受けたことがある方は、アカシックレコードに入るときに、違うものが見えます。

クライアントさんのアカシックレコードの中に、すでにもう他のアカシックリーダーが入っていた場合、その痕跡があります。また、「誰が入ったのか」がわかることも多いです。

それから、私のアカシックリーディングを2回目に受ける方の場合にも、同じように、その痕跡があります。1回目に入ったのも私であった場合は、その痕跡と合わせて、そのときにリーディングした情報が画像や言葉であらわれます。

ですから、前回のリーディングが何年も前であっても、その続きをリーディングするような形になります。

もしその情報が記憶として残る場合は、脳の中でさまざまな歪曲が起きると思います。しかし、記憶ではなく、ふたたびクライアントさんの情報にアクセスしたという形であれば、アカシックレコードの情報が歪曲されることなく鮮明に見える形になります。

まるで、音楽のレコードと同じように、アカシックレコードにもがつけられるのです。音楽のレコードを発明した人は、アカシックレコードを3次元に物質化したのではないかと思います。

アカシックレコードを読むというのは本当に面白いなと思います。明日のセッションも楽しみです(*^^*)


今日は、福岡空港をお昼に出発する飛行機で東京に来ました。

そして夜は、2名様のアカシックリーディング個人セッションを行いました。

リーディングをしていると、まるでシャワーを浴びているかのように、情報がザーッと降りてきます。そして、1つの情報がたくさんの情報につながっていきます。ですから、アカシックというのは、まさに図書館です。


アカシックレコード

実際、アカシックレコードというのは、インターネットのようなしくみになっています。ですから、調べたいものがあるとき、インターネットで検索をかけるように、アカシックレコードに質問を投げかけていきます。

明日の個人セッションも楽しみです(*^^*)

禅の考えに「莫妄想」(まくもうぞう)と言葉があります。「妄想(もうぞう)する莫(なか)れ!」という意味です。

禅の言葉だけあり、その意味するものはとても深いと感じます。

人の意識は、無数のベールで覆われているように思われます。自分の生きている世界や考えていることが、リアルなものに思えても、すべて妄想なのです。

たまねぎの皮をむくように、妄想のベールを1枚1枚はがしても、またさらに妄想のベールが現われてきます。

目覚めるためには、ベールを1枚1枚、ひたすらはがし続けなければなりません。そして、最終的にたどり着く先は「無」であり、「無限」の世界だと思います。


香港滞在4日目

テーマ:

香港に来て4日目になります。

香港の6月~7月は、1年を通してもっとも雨が多い季節です。でも幸いなことに、今回の香港滞在では、4日間とも快晴でした。雨が降ってもいいのですが、写真を撮ることを考えると、晴天が映えますよね。

今日、バスで金鐘(Gam Zung)のあたりを通っているときに、黄金のビルが見えましたので、写真を撮ってみました。


香港のビル


お昼過ぎに、福岡に戻るために、香港国際空港に行きました。

香港国際空港は、広々として快適な空港です。


香港国際空港

香港国際空港を離陸してすぐに、とても面白い島を見つけました。島の中に海?があります。


香港の島