幸せ

テーマ:
ベートーヴェン作曲、交響曲第九番。

日本では年末の風物詩でもあり、言わずと知れた名曲で、僕が音楽を始めてから今まで一番多くの演奏に出演している作品でもあります。

実に100回を超える過去の出演の中で、何度も身震いするような興奮と音楽の素晴らしさを教えてくれた第九。

今日、その中でも1、2を争う最高の体験をしました。

サイモン・ラトル指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団来日公演。

サントリーホール・ベートーヴェンプログラムの最終日である今日、最後の交響曲である第九の演奏に、新国立劇場合唱団の一員として出演しました。


世界最高の管弦楽団とも謳われるベルリンフィルの音色は柔らかく力強く、それを導くマエストロの作り出す音楽に引き込まれずにはいられませんでした。

おそらく出演者だけではなく、会場にいた全ての人が音楽を超えた何かで繋がりました。

演奏終了と共に沸き起こった地鳴りのような歓声とスタンディングオベーションに、全身の鳥肌がおさまりませんでした。


これが音楽であり、人間の感情の根底にある一番素直な部分で繋がれたような気がしました。

素晴らしいマエストロとオーケストラだから生み出せた空間なのも事実なのですが、それ以上に「音楽ってこういうものだよ」という最もシンプルなことを思い出すような感動の時間でした。

ごめんなさい。
言葉では上手く伝えられないです。
でも、上手く伝えられない湧き上がってくるこの気持ちこそが大事な気もします。


やはり僕は音楽が好きです。

全ての技術の鍛錬は、この原点に立ち返るために身につけるもののような気がします。

そんな空間をこれからまた何度も味わえるように、多くの皆様と共有できるように、今日の興奮を胸に頑張りたいと思います。



ブログ更新出来ていなかった上に唐突な記事ですみません。

また改めて諸々アップします。

おやすみなさい(^-^)


プログラム。
{B8CC5942-7FF1-469A-92FF-5A34CA43B7A6}

マエストロ、サイモン・ラトル氏。
{FD3D80F4-32E7-4EB2-823F-191EB07E0E6B}

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団。
{79BA5AF0-7040-4B56-8183-D0CDC95134D7}

大学1年からお世話になっている楽譜。
様々なマエストロからのアドバイスがぎっしり書き込まれた宝物です。
{F3347B67-1CD6-4616-A1CD-DE9E9D483687}



AD
連日被災地のニュースを見て胸が痛みます。

僕の直接の関係者には最悪の被害は及んでいないということでしたが、友人の実家や親類の皆様の中には家が倒壊したり車で生活している方もいるということでした。

直接ご支援できなくてもどかしいです。

どうかお気持ちを強くもって、この大変な時期を乗り切ってください。



✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

【男声フォレスタクラシックガラコンサート、開催延期のお知らせ】

我々男声フォレスタは、毎年夏季にクラシックガラコンサートを企画・開催して参りましたが、今年は開催を見送らせて頂くことをお知らせ致します。

今年の夏は、例年使用してきた大田区民ホール・アプリコが改修工事の為使用できません。
別ホールや時期をずらしての開催も検討しましたが、我々フォレスタとしての活動や、マエストロならびにオーケストラとの兼ね合いも考慮し延期させていただくことを決定致しました。
時期はおそらく来年の夏になるかと思います。
開催が決定しましたら、チラシやメンバーのブログ、ホームページ等でお知らせ致します。

今年のクラシックガラコンサートを楽しみにしてくださっていた皆様にお詫び申し上げます。
次回開催が5回の節目となるこのコンサートを、より良い形でお届けしたいというメンバーの意思を御理解いただけましたら幸いです。

榛葉

AD