毎日が ただ通り過ぎてゆく

                 本音でばかりは渡っていけない現実に

                 しょうがないと言い聞かせながら

                 心に積もってゆくばかりの

                 感情を持て余し

                 内面が崩壊しいてゆく

                 もう少し言葉にしてみよう

                 自分を楽にできるのは

                    自分しかいない

                   誰のためでもない

                   自分のための

                   第一歩をふみ出す勇気を

                   今持とう        

AD

ひとり

テーマ:



                   どういうわけか いつもここに戻ってきてしまう

                   「けっきょくは一人なんだ」という

                   乾ききった感情へ


                   一応はわかっている

                   一人じゃ生きられないことも

                   人とのつながりも

                   その大切さも


                   けれども

                   内なる想いは私だけのもの

                   どんなに語ったって

                   心は軽くなりやしない

                   

                   分ち合ったところで

                   現実は何も変わらない

                   

                   一人歩んでいくしかない


                   その現実に

                   時々押しつぶされそうになる









                   

                   

AD

  心

テーマ:


                 自分の心が あまりに小さくて

                 遠くの人には優しくできて

                 近くの人には余裕がない

                 そんなのだめだと

                 こんなんじゃいけないと

                 わかっているのにできない

                 心の裏と表 

                 薄汚れた偽善の心

                 どろどろとした心の奥底

                 今日も折り合いがつかない



                 

                

AD

 水中

テーマ:



                息苦しいのは 空気が足りないせい?

                どうやったら楽になれるの?

                私はパクパク口を空けているだけの魚

                狭い水槽の中で一生を終える

                それしか知らなければよかった

                外の世界なんて知らなければよかった

                ただガラス越しに向こうを見つめるばかり





  透明

テーマ:

    

                  坂をあがり切ったその瞬間

                  眼前に広がるのは

                  哀しいほどの青空

                  このまま飛んで行ってしまいたい

                  このまま空に溶け込んで

                  何者でもない透明になりたい

                  






                     自分のために忙しいなら

                     それは幸せ

                     誰かのために忙しいのも

                     たぶん幸せ

                     

                     誰かのせいにして時間がないのは

                     自分のせい

                     笑顔の裏の偽善は

                     底が知れている

                     うわべの輝きには

                     限界がある


                     それでも 

                     偽善の上でやっと立っている者も

                     たくさんいる


                     そして日々は流れ

                     流され

                     何になる?





                    

                     


    m

                    嫉妬の裏の憧れが

                    悔しくて情けなくて

                   

                    自分らしさを見失い

                   

                    そしてまた嫉妬する

                   

                    小さく醜い自分に

                    目をそらすことが


                    一番苦しい





                   

                   

      

・・・・・・

テーマ:


                    m




                  まだ あなたのこと 忘れていないみたい

                  ほら あなたと同じ髪型の 見知らぬ人に

                  瞳も心も 釘付け

                

                  ほら あなたに似た横顔の 見知らぬ人に

                  時が止まっている

                

                  あなたに似た存在感の人に

                  涙が出そうになる

                

                  馬鹿みたいだね カッコ悪いね

                

                  色褪せる間もないまま

                  失った恋は

                  時と共にかえって美しく色鮮やかに

                  忘れるどころか

                  強く激しく押し迫ってくる

          

                  どんなに逃げても

                  決して振りほどけやしない


 

                

                

                



  ・・・・・

テーマ:


               hasu
   

                   何がしたいのか

                   何が好きなのか

                   どうしたいのか

                   それが見えないことが

                   空しく 哀しい

                   自分を信じ

                   今この時を

                   今までの時を

                   必死に生きてきた

                   それは確かなはずなのに

                   何かが見えていない

                   目をそらしている

                   そうささやく声がする

                   足りないのは勇気?根気?閃き?

                   夢見ることは容易い

                   誰かのせいにするのはもっと簡単

                   楽に生きるのも簡単

                   でも 心に嘘はつきたくない

                  




 ・・・・・・

テーマ:

                 f



                           心華やぎ ふわふわと

                           笑顔ふんわり ふわふわと

                           美しく儚い時は ゆるゆると

                           ふり返る間もなく 流れ行く