Oceans! ファミリー 〜ささやかな幸せ〜

Oceans! ファミリー版?
タイトルを変更して引き続き『ささやかな幸せ』を綴ります


テーマ:

バディ、もう少しで帰ってきます^^

バディのいない家は静かで、ホッとする反面、大きな存在の不在をガッツリ感じます。

 

19日(日)、訓練士協会の競技会に出陳しました♪

 

 

今回はいつものペアではなく新しいハンドラーのお姉さんと。

スクールの訓練士さんです^^

初めてのペアでもバッチリです^^b

 

バディ、久しぶりの競技会でめちゃめちゃ楽しんだのだろうな〜♪

おかげさまで第3席、いただきました!!

特訓の成果もバッチリです^^v

 

もうすぐ1ヶ月間の合宿も終了して帰宅します。

 

 

かーちゃん!!来てくれたですか!!

なバディくん^^

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 

▼わたしの2017年の恋愛運は・・・

 

 
現在よりも過去の方が鮮やかに見えるのは、現在が色あせているから。
なんちゃってー。
過去の思い出ねぇ。
確かにね浸ることあるよ。
小学生の低学年の頃に体育館に向かう途中の渡り廊下で(クラス単位で学年移動だった)みんな整列して歩いていたのに後ろから人をかき分けて私のところに来た子がいたっけ。
「今日、一緒に帰ろう♪放課後、そこの花壇のところで待ってて!」
そう言ってニッコリ笑った男の子。
返事をする間もなく消えてしまったから、悪いかなと思って花壇のところに行ったんだ。
それからずっとずっとずーっとその子とは何かとつながっていた。
中学も同じだったし、高校は別でも下北沢に行くと大抵いた。
ずっとずっとずーっと、突然現れては突然消えて行く。
ずーっとずっとず〜〜〜〜っと、大人になっても。
「オレと結婚したら親戚づきあい、大変だぞ〜^^」とニッコリ笑ったこともあった。
私がパパと結婚して娘が2歳くらいの頃だったか、一度訪ねて来たことがあった。
相変わらず屈託のない笑顔が印象的だった。
彼とはそれを最後に会うことがなくなった。
風のように訪れて、風のように去って行く。
そんな彼はもう二度と私の前には現れることがない。
数年前の1月の下旬に彼は下田の海で帰らぬ人となった。
彼の事故も葬儀も私には知る術がなかった。
第一、彼の最期を知ったのは亡くなって10ヶ月もあとだった。
パパが「下田に行きますか?」と言った。
海に向かって別れを告げたらいいと。
私はあまりのショックに心が折れて、海など見たくもないと思った。
どの海が彼を飲み込んだのか、グーグルマップで見るのが精一杯だった。
波に飲まれて叩きつけられて頸髄損傷でも受傷したのではないだろうか。
首の骨を折ったら手も足も動かない。
誰も気づかなければそのままになるしかない。
浜に打ち上げられた彼の亡骸を思うと、そんなことが起きたのではないかと想像する。
未だに下田の海には行けない。
未だに彼の死を受け入れられない。
こうしていると風のようにまた現れるような気がして。
でもメールももう来ない。
何も来ない。
時々ふと彼のことを思い出す。
過去のことに浸ることが私には確かにある。
体調崩れたのは彼の最期を知ってからずっとなんだなぁ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
このところバディの昼夜逆転現象で寝不足です。
昨日は夜中からお目目ぱっちり「あそぼ♪」モード。
外に出たがり、仕方なく玄関前のデッキに出しました。
それまでピーピー鳴いて家の中を徘徊していたのですが、ピタッと止まって…。
その後、ピーピーが聞こえるまで外で過ごさせ、ピーピーで再び家に。
家に入れたらご機嫌で「訓練する?」みたいな。
ものすごく嬉しそうな顔してピタッと私の前にお座りしたり、左横にバッチリくっついて私を見上げたり。
あちゃー。
仕方なくケージに係留してケージの前に置いたバディベッドで寝るように仕向けて、それからだいぶ経ってから大人しくなって寝てくれました。
時刻は3時半を回ってました💦
5時半に起きてお弁当作るってのに…。
私は2時間後に起きてお弁当作りを始めたのですが、バディは爆睡。
そりゃそうだよね。
でも寝かせないように起こしながらお弁当作り。
どこかで起きてないと夜寝られないもんねぇ。
まだ頭がボケているわけではないから、これはスクールに預託訓練で出すしかないかなと悩みに悩んで決断。
スクールのお迎えが来たとき、ちょうど担当の訓練士さんだったので相談して、今日から合宿生活に突入ということにしました。
他の犬たちとの「共同生活」でもあるので、群れの動物である犬ですから刺激を受けて生活も整うのではないかと思います。
家の中ではハウスは嫌で(自分から入って寝るのですが、ドアを閉められるとダメみたいで、この頃は出せ!と暴れて、先日、とうとうケージを壊して脱出><)、でもお迎えの車のバリケンにはちゃんと入って大人しくしていられる状況。
今のうちに刺激を与えるのはいいことだと判断しました。
日中にたくさん運動させても、結果としていっぱい遊んだ日の夜は余計に暴れる君になるようなのです。
スクールから帰って来た日は比較的暴れる君にならないので、やっぱり家だと甘えもたくさん出るのかもしれません。
バディの兄弟犬も調べてみるとかなり白い毛がいっぱいで、シニアらしい風貌。
前の交配で生まれた2歳年上の異父兄弟犬は10歳なのにすごくヨボヨボ。
母犬も白くなるのが早かったので長寿血統ではないのかもしれません。
10歳と言ったら盲導犬の引退年齢ですが、使役犬の10歳はまだまだ若いですよ。
今のバディみたいな感じでしょうか。
そう考えるとかなり老け体質かも。
そもそも大型犬の10歳は平均寿命とも言われている歳で、それ以降は神様からの贈り物という感じ。
そろそろ認知症の傾向が出て来てもおかしくないのかも???
それにしては訓練は今まで通りよくできているので、やはり今のうちに訓練再開して気合入れないとダメだなと思います。
来月から訓練再開と思っていたけれど、さすがに昼夜逆転が激しいので今日から預託訓練に突入することにしました。
たくさんのシェパードたちの気迫に圧倒されながら「群れ」の感覚を取り戻して生活を正てもらえればと思います。
あぁ、先代Dexterが旅立ってからバディはたまに夜こんな風になっていたなぁ。
だから認知症じゃないんでしょうね。
群れの刺激とかそういう部分が欠けて張り合う相手もいなくてだらけてリズムが崩れるのかもしれませんね。
かと言って、ショードッグの血が騒ぐバディは自分が一番じゃないと嫌なんですよね。
先代を優先して可愛がると割り込んで来て押しのけて自分を可愛がってもらおうとしてましたから。
そんなわけで1頭で行くしかないなと、次の犬は諦めたのでした(盲導犬協会に引退犬の希望を出していたんですがやめたんですよ)。
複雑な犬心です。
あとで1ヶ月分のバディのフードをスクールに届けに行って来ます。
睡眠時間2時間では厳しいけれど、おかーさん、頑張ります٩( 'ω' )و
バディも頑張ってくるんだよーーーーっ!!
 
 
昼夜逆転・ひとりで寝るのはイヤ以外はいい子ちゃんなんだけどな…。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。