映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ

自分の人生は自分で楽しくするべし


テーマ:
イスラム国での事件について、ご遺族の方には心からのお悔やみを申し上げます。そして両名の過酷な状況下における、貴い行動に敬意を表します。苦労が今後に生かされますように願います。

この件について、問題と思われることを
①毅然とした国家づくり。
本当の根源的な問題は共産党さんが訴えているような稚拙な論点ではなく、日本自身が国家として未成熟であるということ。戦後の左翼的平和論も限界である。自衛隊を出動させ対抗できる国家になっていれば、イスラムとの良好な関係にある日本にこんなことは起きなかったということ。一刻も早く最低限の国家になるべきです。自分の力で国民の生命と財産を護れることですよ。決して共産党や民主党等の腫脹する、テロに配慮して正しいことを主張できないような国は目指すべきではない。

②イスラム国の発生原因
そもそも世界大戦後の混乱期に石油の利権を得るためにヨーロッパの国が中東に侵略し勝手に国境を決めて殖民地にし、平和で調和したイスラムの人々を苦しめたためである。人間として扱われなっかった事に根強く反発心が残っていて、その一部の過激な人々が本来の社会を取り戻そうとしてることがイスラム国である。イスラム国と言う過激な行動集団はいつしか消滅するかもしれませんが、過去の非人道的な仕打ちに対しての恨み心は消えないということです。ここにも日本の重要な使命があると思うのです。

③テロが起きる原因
非人道的な欧米のイスラム圏への仕打ちに対して反抗しているが、欧米は原爆や最新兵器で抑え込み、正当にイスラム的な主張ができないでいるのです。
置き換えてみてください、アメリカや中国が軍事的に日本を侵略し奴隷のように日本人が扱われ、反抗すると圧倒的な軍事力で抑え込まれる。空爆で何百人を殺され、テロによって数人を殺すと非人道的とされる。
力がある方が正義になる考え方です。
実はこの事態を未然に防ごうとして戦ったのが大東和戦争であったのです。
これは白人優位主義への問題提起であり、有色人種への差別問題への反抗なのです。
テロ自体、絶対に許されるものではないのはもちろんですが、その状態に追い込んでいる白人社会の問題こそ改善を求められているのです。出なければ、テロという形でしか抵抗出来ない彼らの行動は止められません。
これも主導し直していくことは日本にしか出来ないと思います。

④精神的、経済的に発展した世界に通用する有色人種の使命は自国の利益だけを考えてはならない。
今後日本がますます発展し良き影響力を付けて、白人社会にもそしてイスラム社会に変革のきっかけを与えるべきなのです。
今回のお二人の行動が個人の責任を超え、日本に危機をもたらしたことは残念でなりません。軽率な追随するような人が出ませんように願います。野党によるテロに加担する無責任な批判が小さくなり、毅然とした最低限の国家に日本がなりますように。一日も早く世界中が調和した平和が訪れることを祈ります。その使命は主導的には日本にあることも自覚し、覚悟しなければならないでしょう。然とした最低限の国家に日本がなりますように。一日も早く世界中が調和した平和が訪れることを祈ります。その使命は主導的には日本にあることも自覚し、覚悟しなければならないでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

首相の靖国参拝は一国の首相として当たり前の行為です。


【A級戦犯はすでに存在しない】

サンフランシスコ講話条約11条において付加されている内容で、日本政府が発議して、裁判に関連した過半数の国が同意すれば判決を変えられる、との内容があります。


当然日本は、不当なサンフランシスコ講話条約について、1955年に衆議院本会議で「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」がなされ、関連国の同意を得て、国際的にも「正式な手順」によって1956年にA級戦犯は全員釈放(7名は処刑)され、正式にA級戦犯とされた方々の名誉は回復されています。したがって正式にはA級戦犯はすでに存在しません。



【正しい歴史を伝えよう】
心ない隣国の不当な「戦争犯罪者の祀られている靖国への参拝は認めない」とする申し入れ、世界の警察としての使命を放棄しようとしているアメリカ発言
に対しても、政府は正しい歴史を説明して行く必要があります。また、不当な隣国の申し入れこそが正しいとしているかのようなマスコミに対しては、日本の国民として、その考え方を改めていただかなくてはならない。


これは、間違って逮捕された人の無罪が証明されても、なお犯罪人として扱っているようなものです。はっきり、間違いです。

大東亜戦争という、その戦争に対してはどの国も反省をしなくてはいけない点もあると思いますが、しかし、自国の誇りを捨てていいことにはつながらないということです。

正しく歴史を振り返り、前進しなくてはならないのです。


【日本人は誇りを取り戻そう】
隣国の問題ではなく、自国民こそ正しい歴史観と日本の誇りを取戻すべきだし、さらには、今後の世界を発展させリードしていく責任と使命が日本にはあることを自覚すべきだと思います。


世界中には、日本の武士道からの、騎士道からと言ってもいいかもしれない支援を待っている国が多いのです。


冷静に世界を見てみてください、素晴らしい国は多いと思いますが、日本人がこの日本を誇りに思えることは多くあるはずです。


もうそろそろ、未来に向けて、

日本の役割を果たすために力を合わせませんか。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰です。


ぼちぼち、復活し・・・

ないかも知れないし、

するかも知れない。


長年自分の信念にしていたことが、一つの文章になっている。

昔の人も同じようなことを悩み、苦しみ、そして支えを見つけて前進していたのかなぁ、なんて。


人の言(ことば)は須(すべか)らず容(うけい)れこれを択(えら)ぶべし。

拒む可(べか)らず、

又、惑う可らず。


他人の言葉というものは、必ず学ぶべきものがあるので謙虚に全てを受容れてそれが何を意味するのかを考え、考えて、その上で自分の責任と判断で選んでいかなくてはならない。決して拒むことをしてはいけない。それはせっかくの学びのチャンスや、自分と違う価値観を身に付けるチャンスを失うことになるもの。でも、それは自分の責任で選ぶものであり、それがいかなる悪しき結果であっても他人を責めたりして、自分以外に原因を求めてはならない。あくまでも自分というものをしっかりと持ち迷ったりしてはいけないものである。他人の言葉は、あくまで参考であり主体的に生きる事を忘れてはいけない。ということであると理解した。



人生、今までに、何度この考えに救われてきたか分らない。

自分は、どうしても弱いので、人の事がを受容れて人のせいにしたり、環境のせいにしたりしてしまう。

どんなことも最後は自分の責任で生きなくてはならないという指針をえたことで、心が揺れることが少なくなり。自分なりに真っ直ぐ生きて来られたような気がする。


人は、一言で救われて道を拓き、

一言で奈落へと堕ちるもの。


人の言葉を、どう受容れるのかは人生の幸福に重要なことであると思う。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

半世紀目になる今月を振り返り、


残りの半世紀をいかに生きるかを考える。


月の中頃まで、それまでは平凡な日々が続いた。


誕生日には、あまりに悲しいひとり飯。


こんなに寂しい誕生日は人生2番目くらいか、

でも、そこから開き直り

もしかして、今月って節目じゃん。


じゃあ挑戦しようということで、

思いつくことは挑戦してみようと思った。

恥ずかしくて人に言えない小さな挑戦。

そんなの挑戦って言わないんじゃない、って言われそうなものから・・・


たとえば、

数年、体力をつけるためにランニングをしてきたが、

一月に40kmから50kmがやっとで、最高でも月に60kmだった。

50歳になったら、無理はせずのんびり走ろうと思っていた、


が、誕生日から、何を考えたかペースを上げていた。

15日で100kmを走りきった。


月間120kmとなり、約3ヶ月分を達成。最後の1週間は75kmをこなした。


絶対ひと月に60km以上は走れないと思っていたのに、

何が変わったのか、それは生活リズムを変えたことが大きい。


朝方にした。6時前後には起きてストレッチを布団のなかでまったりと20分ほど、その後走る。


膝が悪い私は、サポーターをして走っています。

10年ほど前に膝が腫れ上がり、病院に行ったときは、足に負担のかかる運動は今後しないでくださいと言われた。

だましだましのランニングになっている。


昨日は足にまめができ、今日はそのまめがつぶれて、靴下は5センチほど、血で真っ赤になっていた。


やけっぱちになっていて、

誕生日からの一ヶ月を目標にして限界まで走ってみることに決めた。

あと半月の戦いに挑む。


今年になって、やたら緑色がマイブームの私のシューズは、

もちろんグリーン!


映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ

読んでくれて、ありがとう

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ

そう朝顔


職場の前に植えたグリーンカーテンに花がつき始めた


そろそろ夏本番に近づいてくる



映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ 朝顔の一種みたい


映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ これはナスね




映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ これはゴーヤ


ナスはパスタに、


ゴーヤも浅漬けにして冷製パスタにしようと企み中

もっぱら花を見ても、食い気な私・・・



今日もありがとね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の物作りの原点は


GORO'Sにある。


GOROさんのカバンに出会わなければ、美大に行くこともなく

物作りをすることもなく、その喜びも感じなかったかも知れない。


物作りの喜びを、今の自分の人生から除くと、かすしか残らないと思うほど。


GOROさんはカバン作りを通してアメリカンインディアンと交流をはじめ、

アクセサリーを作りはじめる。


日本のインディアンアクセサリーの原点はGORO'Sにあると思っている。


人生50年の節目に、再度巡り会う造形の美しさ・・・


つい購入したインディアンジュエリー


これはズニ族のBernadetteBooneという作家の作品

上品で丁寧で可愛いね・・・


真心を込めて作っているのが、手に取った瞬間に伝わってくる。


インディアンジュエリーは偽物が多いが、こういった本物を身につけて頂きたい。


そこにはまったく違うパワーが宿っている。


だって、伝統を受け継いでプライドを持って丁寧に作っている作品と、

このデザインは売れそうだから、いかに安くそれっぽく作ろうかとしたものでは、


全く違う。本物は一生ものだ、人生の良きパートナーになることだろう。


ターコイズとオニキスと珊瑚などを丁寧にカットし組み合わせてシルバーの台に組み込んでいる。手作りの丁寧さと優しさが手に持つと伝わってくる・・・



映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ


ズニ族(ZUNI)とは、ニューメキシコ州西部に住む部族です。
ターコイズ(トルコ石)、オニキス、サンゴなどを使ったアクセサリー。

シルバーの土台にそれらを幾何学的にはめ込み模様を描くインレイ技法を用いることが多い。

繊細でかわいらしく作品が多い。


今日も来てくれてありがと!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ
この日の夕景は山の端がなんと綺麗。

写真じゃ、よく分らないけど。

空気が澄んでいたのでしょうね。


宇都宮に来てもらいしかないな!


運転していて、「ここだっ」と思ったところで駐車してパチリでした。


いつもありがとう

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信号待ちの一瞬でパチリ。


昨日の夕方は、空気が澄んでいたような気がする。

山の端が、くっきりと、そして、段階的なグラデーションになっていて、

見事な景色でした・・・


私には、

なんか、新しい始まりのような、


小さな事にとらわれていないで、

下を向いていないで、

上を向いて、未来に向けて、

生きなさい・・・・

って言われてる感じ、ね・・・





映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、映画を観て外に出たら、この夕焼けだ・・・


映画の感動か、茜色が目にしみたのかは分らないが・・・


いや、ホコリが目に入っただけかも・・・


連れがいたのですが、放っていて夕景を愉しむ・・・


iPhoneの限界を感じつつも、

逆にカメラを持ってなくてもこれだけ撮れる

実力がある。


ほんとうは、もっと美しいのにと思いつつ・・・



映画とMUSICとスポーツ、ときどきアロマ

もっと透明感があるんだけどなぁ


カメラを送ってもらうおうと真剣に考える。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。