8月末日 曇り。

テーマ:

いよいよ、8月終わりですね。今日一日を貯まった宿題の消化に費やした人も多いかな?


明日から9月です。あっというまに1年ってすぎちゃいます。


20越えたら早いんだよ~、なんて言われてもピンとこなかったけど

今は実感します。一日一日は緩やかでも、振り返るとあっというま。



いよいよ30代を目前にした今


これからどうやって生きていくか、とても悩んだりします。



一緒に苦労するのも楽しいじゃないなんて、簡単に言えたならとっくに結婚とか

しちゃってたんだろうなあ、なんて思ったり。



まあ、独身貴族って今じゃ古い言葉なんでしょうけど、それもまたいいかななんて思います



そんなこんなで、自分自身の道をしっかり見据えて行かなければなあ、なんて


どんよりした曇り空を見ながら考えていたり。



どんなに長く振り続ける雨も、いつか上がるように


人生、悪い事ばかりじゃないはず。


そう信じて、一歩一歩進んで行こうと思います。





さて、なんとなく投げやり気味ですが、メイポネタ



まともなドロップもlv上げもなし。


最近、コブラスティアがほしいので、神殿で狩りしたりしてますが

いつの間にかバルログ巡りとママシュめぐりに変わっていたり。


なんだか、バルもママンも、書だけはくれます。ろくなもんじゃないけど(ぁ


黄色アイゼンが、破格で売っていたので購入してみたり。


DEXは2だったけど、戦士や弩でも使いまわし出来るのがとても魅力的。ママンがたまたま

落としてくれた、60%のジャンプ書が成功してDEX+3に。あと6枚貼り付けたいね。


10M切ってたから、思わず衝動買いしたけど、なんか妙に満足。未UGだったしね。


この間日シュリをドロップしたって、書きましたが

投げて見ると、やっぱ日シュリはなんだか手裏剣極めたぞ。って感じでイイ。


見た目的には、雷のほうがすきだけど。グサグサ刺さってる感じで(´ー`)┌フッ


耳飾もDEX+2で後4回UG残ってる中途半端品。のろいの書しかないってのがちょっとね・・。

元がMハートで、これずっとほしくてやっと手に入れたものだったから、闇るのはきつい。


ビートルは、今のところ+45の奴で落ち着いてるけど、お金に余裕が出来たら50オーバーを

目指して行きたいな。もしくは、コブラスティアで。なんだか綺麗だよね。コブラの色使い

DEXオプションってところが玉にキズだけど。


軍手は攻撃+9 これも10オーバーを目指していこう。


マントは、桃が手に入ったら素早さで補強。アイゼンと一緒で魔以外のキャラで使いまわし。


なんてね。脳内妄想かなり入ってるけどね。



でも、しばらくまたメイポは入れなくなるかもしれないので、確定したらまた報告します。


 

おしまい








AD

小さなことから

テーマ:

世界各地で今も続く内乱や、紛争、そして貧困によって多くの人命が失われ

続けています。


日本は、豊かな国で、そして平和で。


もったいないっていう言葉を今の人たちはどれだけ使うでしょう?



たくさんのものが豊かにあって、平和な時の中で


失われていくものは、少なくないんじゃないかなと、思います。


最近ニュースなど見ていると、思考を理解できない犯罪を多々目にします


幼児虐待、無差別殺人、衝動的殺人


人が人の命を奪う。それも、短絡的な衝動に駆られて。



今、日本の中でも大きく、何かが壊れていっているような気がします。



自分を大事に出来ない、そういう人が多いように感じるのは気のせいでしょうか。


自分を大事に出来ないから、人も大事に出来ない。

それは、ある意味自然なのかもしれませんが。



無関心、無気力、今世間ではNEETとか言われてる人たちも居ますが



時代の移り変わりというのでしょうか。ほんの数十年前までは、日本人は働きすぎ


なんて、言われるくらいだったはずなのに、今は逆に働くことを拒否する人が増えている


自分達が、努力して掴み取らなければ何も無かった時代と


今の、何もかもがありふれている時代。ほんのわずかな時間の流れの中で


人の価値観が狂うのは、とても簡単なんだなと考えさせられます。



今も、世界のどこかで食べるものも無く、命を落としていく子供達



新しく生まれ来る命にとって、可能性は平等なはずなのに

ほんの少し、環境が違ってしまったというだけで、その可能性は摘み取られてしまう

そんな悲しい出来事は現実に起きています。


些細な事、小さなことでいいんです


食べ物を粗末にしない、とかね。自分が今出来ること。


この世に生まれて、生きていて、いいことも悪いこともあるけれど


生きているということは幸せなことなんだなと、ほんの少し考えてみるのも悪くないです。



自分の考えや、生き方ではなく、命あることそのものを大事に思えたとき


目の前にある、命も大切に思えるはず。



そして、いつかその輪が大きく広がって、本当に世界が平和になっていくことを

願います。


AD

沙皇龍かく語りき

テーマ:

年々嫌でもひとつ増えていくもの。


歳ですよね・・


メイプルを楽しんでいる時間などは、よく中学生や、最近じゃ小学生の子供達と接したりして

つい、昨日のことのように、自分がその年頃だった頃のことを思い出せるのに


しっかり、歳とってるよなあ、って思うこともホントに多くなってきました。


たとえば、その1


この間、ぼーっとしてて、地面に落ちてた結構大きな石ころ踏んじゃって

思いっきりこけたんですね。背中を強打したんですが、まあその時はたいして気にもせず

別に変わったこともなかったんですが・・・


3日ほどして、不意に背中に激痛、というか息すると激痛


なんだこれは、ひょっとしてトンでもない病気ではなかろうか?などと本気で不安になった私^^;


まあ、何のことはない、時間差で出てきただけなんですね、こけた時の衝撃がw


これと同じ現象かどうかはわかりませんが、身体を酷使した時に

今までは、筋肉痛なんて次の日に出ていたものなんですけど、これもまた時間差で

何日かして、急に来るんですよね・・・。困ったものです。


たとえば その2


多くの人が経験があるかと思いますが、ふと何かをしようと思い立って立ち上がって

何をしようとしていたか、忘れる


ここまでは、よくあるんです。で大抵、同じ行動を1からやり直すと思い出したりしますが


最近、忘れること自体多くなってることに加えて、思い出せないw


結局、まあいいか、なんてそのまま放置して


後であわてたりね^^;



たとえば その3


これ、一番危険だと自分でも思うんですが、


私はタバコを吸うんですけど、たまに自分が今タバコ吸い終わった火を消したのかな・・?


つまり、今吸い終わったはずだけど、タバコすってたっけ?状態になることがあります。


吸ってなかったなら、安全なんですが、吸ってた場合、いつ火を消したか思い出せないのが

とても危険。一歩間違えば放火です。



肉体の衰えも感じますけど、それ以上に脳の老化って、意識してないと早く来たりするらしく。


どうしよう・・・



大人のDSトレーニング買っちゃおうかな・・・


でも、任●堂DS そのためだけに買うのは嫌だな・・


まあいいか、計算ドリルでもやろう・・・




ヽ( ´ー)ノ フッ


若さとはそれだけで、かけがえの無い財産

コラーゲンいくら注射してしわが取れても、中身までは若返りませんよ奥さん(^ー^* )フフ♪



私の好きなもの。久々

テーマ:

以前、ロビン・ウィリアムスが好きだという話を書いたのですが


他にももちろん好きな俳優さんとか、女優さんとかいます。


最近、あんまり映画見てないんで、いつもどおりネタはちょっと古い映画の話になりますが

まあ、好きなものは好きということで^^;


ジョー・ブラックをよろしく。っていう映画がありました。ブラッドピッド主演の。


みていない人は、是非この機会に(どんな機会だとかいわない)一度見て見るといいかと・・。


わーって泣く映画じゃなく、気づけば涙が一滴。そういう映画です。


内容に興味を持った、まだみていない人は、問答無用で見てください(ぁ

おちゃめなブラピのピーナッツバターは、きっとあなたの心をとりこにすることでしょうw


さて、ハリウッド産の、クール&ゴージャス&ワイルドな映画もいいんですが


実は私かなり、香港映画好きです。


メイプルのキャラ名沙皇龍も、自己紹介欄にあるように、ブルース・リー(李小龍)の中国読みで

リー・シャオロンから、頂きました。好きですから。ホワッチャオオオァアアァアア・・・


まあ、ブルースリーもハリウッドじゃないかという、突っ込みはさておき


子供の頃、香港映画の虜になった原因が、知ってる方も多いと思いますが


キョンシーシリーズですね。霊幻道士と、幽幻道士が、有名ですか。


テンテンとか、チビ黒とか居たほうが幽幻道士、

かっこいいちょび髭の道士と、間抜けな弟子のお話が、霊幻道士


私は、霊幻道士の道士役のラム・チェンイン(林正英)さんがとても好きなので、霊幻道士派。


残念ながら、ラムさんは、40幾つかの若さで、この世を去ってしまいました。

凄く残念です。心からご冥福をお祈りいたします・・・::


さて、キョンシーがきっかけで、香港映画の魅力に取り付かれた私なんですが


香港映画って、好き嫌い凄くわかれますよね。


セリフがわざとらしい、演技がわざとらしいとか。

まあ、さらに突っ込むと、カンフー映画の格闘シーンとかで、たかがパンチであんな音でねーよ

とか、まあ色々突っ込みどころ満載なのも、ある意味香港映画に欠かせない魅力のひとつですw


これが、合わない人は香港映画見ることすらいやだというほど嫌いですよね。

まあ、これは偏見かもしれないけど、たまたま私の知ってる人にははっきり分かれてる人が

多かったというだけなのかもしれませんw


さて、突っ込みどころも去ることながら、注目すべきは

人間の運動能力の可能性を感じさせてくれる、香港映画特有のアクション性の高さ。


まあ、某鉄腕なんたらの企画でジャッキーチェンはちょっと走ったら息切れするとか、まあ

これも色々突っ込みどころは満載ですが、とりあえず忘れてください(ぁ


ワイヤーアクションとかね。昔から使われてますけど、最近ますます

ファンタジックな映像になってきましたね。


最近といっても、もう結構経つけど、英雄HEROとか、グリーンデスティニーとか。


昔は少林寺とかでも、なぜか空飛んだりしてましたけどねw


最近映像技術の進歩で、昔の中国独特の衣装や、街の雰囲気とかが合わさって

それもまた、凄く幻想的で、私なんかはもう、魅了されちゃってどうしようもないんですが^^;


香港映画の何が一番凄いかって、パワーですよね。

あの、力いっぱいセリフしゃべってたり、演技する姿が、無意識に見てるほうまで

力入っちゃうほど、真剣なんですね。で、なんかこう、最後まで見ると

爽快感があるというかw


ああ、ちなみに私はアクション映画しか見ませんけどね。香港映画好きでも・・・w

偏ってるだけじゃないかとかなんとか・・。

あ、後中国ホラー・・が一番好きかな。

ちょっと文章グダグダになってきたのでこの辺で終わりにしたいと思います^^:





映画ってホントーにいいものですねえ・・


それでは、サヨナラサヨナラサヨナラ




劇終


ホォオワッチャアアアォオオァアアアアアアァアアァ・・・・・











故郷

テーマ:

今年も、生まれ育った故郷へ帰省といっても、帰る家はもうないけれど


夏になると、島へ戻って海へ行きたくなります。


幸い、メイポを最近島の幼馴染がプレイしているので、あちらの状況を聞いたり

昔話に花を咲かせたりしてますが


私の生まれ育った徳之島というところは、鹿児島県大島郡に属しています。


大島というのは、奄美大島。こちらのほうは結構名前を知ってる方多いかな?


南西諸島と呼ばれるこの辺り一帯で、奄美大島のすぐ南に位置するのが徳之島です。


詳しい島の概要が知りたいという方は、徳之島で検索されると色々出てきます^^



さて、夏も終わりですね、やはり南の島出身の私は夏がとても好きです


島では、大抵お盆を過ぎると海にクラゲが出るので泳ぎに行ったりはしなくなるのですが

その頃になると、なんだか毎日どこか淋しい感じがしたものです。

それは、今も同じですけどね。海へはもう何年も行ってないけど。


大阪は、母親の生まれ故郷なので、言葉の壁とかそういうものを感じたことはないですが


何せ海へいけない。というか何時間もかけて行く気がしない^^;


高校の頃は、原付きで学校通ってましたが、学校帰りにそのまま海へ行って

トランクス一枚で、仲間たちと泳いで、疲れたら帰る。みたいな感じですかね


都会の子供達は、遊ぶところも色々あって、うらやましいものです


海行くか、ちらほら出来始めていたカラオケボックス行くくらいしか、遊ぶところも無かったし。


ゲーセンもない、映画館も無い、ボーリングもビリヤードも無い・・・


よく、こっちの人に田舎の話をすると、


あー、いいところなんだろうねー。海とか綺麗で、凄く住みやすいんだろうねえ^^


なんていわれます。


私は、大阪に住んで8年になりますが、やはり島の生活が好きです。


24時間営業のコンビにがつい最近出来た。と幼馴染に聞きましたが^^


多分まあ、3日で飽きるでしょうね、こっちの人が行くと。


1日で観光名所なんて回りきれちゃうし。



故郷としてみると、なんと魅力的なところだろうってあらためて思います。


綺麗だねーって言われる、自然の風景などは、私にとってはごくごく当たり前の風景で


大きなビルと、敷き詰められたアスファルトに囲まれた大阪の景色は


どこか慣れることができません。


山や海、夕焼けや、時に猛威を振るう台風などでさえ


そこにあって、ごく自然なもの。自分の家の自分だけの空間でくつろぐように


島に入った瞬間に感じる、安心感といいますか。



では、少しだけ、私の故郷をご紹介します^^


南国といえば、ハイビスカスですか^^


最近メイポのアバタで、頭に挿してる人多いですね。

蜜が美味しいんですよね。口の中にありがいっぱいになる事もあるけど^^;


 海の向こうに見えるのは奄美大島


だいたい、鹿児島~沖縄間を走るフェリーで、徳之島、奄美大島間は2時間ほど。



私が住んでいた町、亀徳(カメトク)の風景、港町です。島には二つの港と

ひとつの空港がありますが、メインで使われるのはこちらかな。



そして、南国といえば海、もぐると、そこは青一色の世界。


これも私にとっては、ごくごく自然な馴染みある風景なんです。これじゃなきゃ海じゃない


砂浜で海水浴なんて、出来ません^^



ハワイやグアムが良いと言うけれど、私は自分の生まれた故郷が

こんな綺麗な景色があたりまえにある所でよかった、幸せモノです。


といっても、島を離れてみるまで、気づかないものなんですけどね。都会に憧れた頃は


タダの田舎にしか見えなかった。


この画像はぜひクリックしてご覧ください


徳之島の南、犬田布岬にある、戦艦大和の慰霊碑です。


そして、ちょっと見えにくいかもしれませんが、画面下側に二つ並んだイカリは

大和のイカリだそうです。


戦後60年、巷では、憲法9条改正か改悪か、なんて論議が飛び交っています。


しかし、一番重要なことは、人と人が争い、傷つけあい、一度しかないその人生を

時間を、簡単に奪われてしまう戦争、戦争はもう二度と起こしてはいけない。


何度も同じあやまちを繰り返すのが、歴史かもしれませんが


いつも犠牲になるのは、その日を必死に生きている人たち。


時代が流れ、記憶が薄れて行こうとも、残された傷跡に目をそむけることなく


本当の意味での、平和というものがどういうものなのか、考えて欲しいと思います。



いつかまた、田舎へ戻ることが、私のささやかな夢


できることなら、変わらずにあり続けて欲しいと願います。









今も心に

テーマ:

今までの人生の中で、私は本当に大切な人を3人亡くした。


一人は将来を約束した、心から愛した人


一人は、本当の友情の意味を伝えることが出来ず、自らの命を絶ってしまった友人


そして、いつも暖かく見守ってくれた、母



若かった私は、人を思う気持ちの尊さをまだ知らず、変に気取っているところがあった


相手の思うままに、何も言わないことも優しさ、という風に思っては


結局、面倒なことから目をそむけようとしている自分が居た。



一度失くした時間も、大事なものも、どれほど悔やんでみても


2度と戻ることは無い。


できることなら、同じあやまちを繰り返したくは無いと思う。


あの時、なぜもっと多くの言葉をかけて上げられなかったのだろう?


あの時、自分がこうしていれば・・・


そんな後悔をしながら生きるのは、とても辛い。



今も、私の中には19という大人でもなく子供でもない、そんな年齢のまま

ずっと歳を取ることがない、愛した人の面影が残っています。


たとえば、同じ時間を共に過ごし、その中で別れを選ぶことになっていたのなら

それは、仕方の無い事だったと、そう割り切れたかもしれない。



後3年、お互い同じ気持ちで居られたら、結婚しような。なんて

半分冗談のような、それでも半分はしっかり本気で、約束したことを

今でも忘れることが出来ずに居ます。


何もしてあげることが出来なかった自分の無力さ。

最後に別れたあの日に、もう一度戻ることは、もう二度と出来ないのに。

それでも、ふと気づけば、戻れたなら、かけてあげたい言葉を捜している自分が居る。


そして

自分がやりたいことも見失ったまま、仕事も転々としている頃に出会った友人

彼は、私よりもずっと年上で、それでもどこか幼さを残した笑顔がとても魅力的で

当時20位だった私たちの同世代の仲間たちの中では、一番穏やかで

落ち着いた人だった。


いつからか、そんな彼がおかしくなってしまったのは

誰のせいでもなく、ただ不運が重なってしまった結果・・・


同じ職場の仲間達から連絡を受けた時には、すでにどうしようも無い状態になっていて


私にできることは、ただお金という形で力を貸してあげることしかないと

そうすることが、一番の思いやりだなんて、簡単に考えている自分が居た


たとえ、忌み嫌われても、辛い思いをさせることになったとしても


あの時、もっと厳しく、本当に相手を思いやった言葉を、行動をしていれば


彼は自ら命を絶つような結果を選ぶことは無かったかもしれない。


本当に相手を思いやる気持ちというのは、いったい何なんだろう?


通夜の場に駆けつけた私は、彼の家族から白い目で見られ、暴言を浴びせられながら


自分の無力さを、また痛感させられることになった。



私の家は、私が生まれてすぐに両親が離婚していたので、

高校を出て、私が就職するまで、ずっと母親と二人暮しだった。


私の母は、高齢出産で私を産んだので、私が高校を出る頃にはすでに還暦

60歳になっていた。


高校を出て、社会へでて、毎日の仕事と生活に理由をつけて


いつの間にか母のことを後回しにしていた。


もし、あの頃へ戻れたなら、そのわずか数年後に他界してしまう事を知っていたなら


もっと、親孝行をしてあげたかった。





いつも、大事なものほど、失って初めてその大切さを思い知らされる


わかっているはずなのに、いつの間にかおざなりになってしまうのはなぜだろう



私は人に対して厳しいかもしれない、

人に対する思い、自分が大事に思えば思うほど、口をつく言葉が厳しいものに

なっていたりする。


人の事に一生懸命になってもしょうがないじゃないか。なんて

思わないわけじゃないけど、どうしても、ただ気楽に付き合うことが出来ない。


たった一つの言葉が足りない事が原因で、大切なものを失うくらいなら


私はたとえそれで疎まれたとしても、一人になってしまうとしても


言葉にせずには居られない。



もしも、道を見失い、迷っている人が居て、手を差し伸べないなんてことは

出来ないから。


悩みも、苦しみも消えて、今度は逆に私の事を疎ましく思うようになって


そして、離れて行く道を選んだとしても


それでも私はかまわない。


自虐的というわけでもなく、あきらめているというわけでもなく


おそらく私はこれからも、こういう生き方と考え方は変えられないだろうと思う。



またひとつ夏が過ぎ

テーマ:

一年が経つのはあっという間で、気がつけば26度目の夏が終わろうとしている。


夏休みの少年達に、同じ頃の自分を重ねては、懐かしさに浸るようになってしまった。



あれは、高校3年の最後の夏休み


いつもの仲間たちと、島の小さな小さな漁港で、いつものように朝から泳いで・・・


疲れて休憩していると、近くに住む人が声をかけてきてくれた。


おう、おまえら暇なら船乗るか?なんて、南国の人はとても気さくなのである。



てっきり、その辺に止めてある、漁に出るための小さな漁船かと思ったら


そうではなく、港の片隅に止めてあった、中型だけど立派なクルーザーがその人の船だった


もちろん、島育ちの私たちは、そんなこじゃれたクルーザーなんて乗ったことはなく

喜び勇んで、乗せてもらうことにした。


いつも、潜って楽しんでいた、南国の海は


表面を走るクルーザーの上から見ると、はるか底まで透き通った青に染まり

底に漂って見えるさんご礁までも、今でもはっきり記憶に残るほどに、とても美しかった。




クルーザーに乗っている間、不思議とみんなが無言だったのは

おそらく、最後の夏休みの思い出をそれぞれの形で、記憶に刻み付けていたためだろう。



そして、夕暮れ時


いつものように、じゃあまたな!と、別れるけれど、心のどこかに

なんともいえない淋しさがあったような気がする。


ふと、誰からともなく

また、いつかここで一緒に泳げたらいいな。

おう、そうだな。

お前ら歳とって泳げなくなってるんじゃないか? 

そりゃお前だ。

島に戻ったら必ず連絡くれよな。

誰がこんな島戻るかよ~ 

でもまた、みんなで遊ぼうな!

なんて、言葉を交わし。


あれから、もう8回の夏が過ぎ


いまだに、少年達の約束は果たされていないけれど、おそらく

今も、あのときを共に過ごした、思い出は忘れていないだろうと信じたい。










思いとは。

テーマ:

人を思いやる気持ちのあり方について、近頃とても悩みます。


私はとても神経質な方なので、些細なことがとても気になる性分な事もあり。


今までの人生の中で、いくつかのしんどいことや、辛く悲しい出来事、はたまた

楽しくしわセナ時間など、色んなことを経験してきて、今の自分の考え方や、

生き方、発する言葉などが作られているはず。


それは、きっと誰もが同じ事で、生まれ育った環境などでそれぞれの

価値観などは大きく異なります。


私は、人に厳しいとよく言われます。現実でもネットでも。


ただ、私個人は自分の機嫌が良い、悪いなんてことに関係なく


今、言わなければいけないことを、しっかり相手に伝えるために言葉にするのですが


残念ながら多くの場合、その真意は伝わらない事が多い。



ふと、思うんです。間違っているのは自分なんだろうか、正しいと思うことは

実はとてもずれていることなのではないだろうか。


そんな時はとても気持ちが不安定になったりもします。



その時楽しければ良い、というのと、今その時をいかに大事にするか。

では、とても大きな違いがあると思うんです。


今が、つながって未来が出来る。と、これは私の考えですが。思うんですよ。


今をおろそかにしちゃいけない。きっといつか、それを悔やむ日が来る。



人を思いやる気持ちというのは、それこそ人それぞれの価値観に

大きく左右されるものです。しかし


私は、その時の気まぐれで人と接するようなことはしたくない。


相手を思う気持ち、私の場合は真剣になりすぎて、相手に疎まれてしまうことも

しばしばあります。


たとえ、その時相手に嫌われてしまったとしても、いつかきっとわかる日が来る


そう信じているからこそ、キツイ事を言う事が多いです。



もし今自分がこんなこと言ったら、傷つけてしまうかなとは考えないの?と

聞かれたなら。


傷つけてしまうほどの事を言わざるを得ない状況では、言わなきゃいけないと

思わせた相手はもっと、違う誰かを傷つけている。


出来ることなら、避けたい事でもそうしなければいけないと思ったときだけ

私は、歯に衣着せずはっきりと相手に意見を伝えます。



ちょっと考えのまとまりがつきませんが。


ただ、少し疲れました。


出来ることなら、言わずに済むことを言いたくないとも思います。


しかし近くでそういう状況を見て、見ぬフリはできない性分なので。


私の言葉や行動は、おそらく負担になることが大きいかと思います。


なので、しばらく静かに過ごす事にしました。



メイポを離れるというわけではありませんが、暫く人付き合いを絶ちますので


私と友録して下さっている方は、そのまま消し去ってくださってかまいません。


静かな時の中で、のんびりと歩いてみようと思います。



まあ、日記は気が向いたらチョコチョコ書きます。