この度は「上海シニア留学日記~その後」にアクセスしていただき有難うござます。

このサイトを通じ、現地のことに少しでも興味、関心をもっていただけたら嬉しく思います。

私は、2008年3月から上海大学に留学し、2年間の留学を終え、2010年1月末に帰国しました。

その経験を活かし、上海大学に留学をお考えの方に、留学に関する手続きをサポートさせていただくと同時に、現地での勉強や生活に関するご質問等にお答えさせていただきます。

上海大学に留学をお考えの方は是非ともご連絡下さい。

留学するにあたっては、留学斡旋業者を介して来られる方が大多数です。私自身、短期留学で上海大学に初めて訪れた時には当然、斡旋業者を介し留学費用を支払いました。

本来「学費・寮費」で済むものが、斡旋業者へのマージンや人件費等含まれるため、どうしても高額になってしまいます。しかし、直接大学に問い合わせることも、なかなかままならないのも事実です。

そこで、皆様の不安を少しでも取り除くためにも、私の経験を役立たせていただきたいと考えています。勿論、マージンや人件費など一切頂きませんので、ご遠慮なくお問い合わせください。

一人でも多くの方が安心して留学できることを切に願っております。


寺澤
連絡先はコチラ まで。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-22 22:07:22

再びの出雲大社と足立美術館

テーマ:旅行

朝6時に起床。

7時のオープンと同時に朝食会場に行く。

部屋は空きが無かったので、特別室をとった。

我家と同じ応接セットのある部屋があって、まずまず

の部屋だったが和定食の朝食は余りいただけなかった。



( 出雲ステーションホテル)




8時前ホテルを出て、一畑電鉄の2両連結の電車で

出雲大社に向かう。




(2両連結の電車)



(車内は窓に向かって長いソファ、展望車みたい)



一昨年の10月に夫婦で出雲大社を訪れ、長男の結婚祈願

をしたら、そのお蔭もあってか今年1月、長男が目出度く

結婚する運びとなった。

今回はそのお礼参りと友人達の病気平癒祈願だ。


清々しい気分で拝殿と本殿を参拝し、お守りをいただく。




(出雲大社入口)



(拝殿)



(本殿)


(本殿の裏側)


参拝後、大鳥居の対面にスターバックスがあったので、

珈琲を飲もうと思ったら、出雲市駅行きのバスが来たので、

珈琲を断念し慌ててバスに乗り込む。


出雲市駅のレストランでやっと珈琲にありつき、10時32分

発の特急八雲12号で安来節で有名な安来に向かう。




(特急八雲12号)



11時16分に安来で下車すると、足立美術館行の次の

シャトルバスには30分ほど時間があったので、コンビニで

鮭弁当を買って、昼食とする。


日曜日とあって、シャトルバスは満席だった。

足立美術館に到着すると、まず帰りのシャトルバスの

座席券を確保してから、入場する。


足立美術館の日本庭園は、米国の日本庭園専門雑誌が

行っている日本庭園ランキングで、初回の2003年から

2015年まで、13年連続で庭園日本一に選出されている。



前回訪問した時は10月でまだ紅葉が始まっていない時だった。

今回は新緑の季節である。

次回は紅葉を見てみたい。



(足立美術館日本庭園五景)

















美術館は横山大観のコレクションで特に有名だが、常設の

河井寛次郎と北大路魯山人の陶器館や没後45年
榊原紫峰 知られざる花鳥画家の生涯」と言う特別展も

鑑賞する。


2時出発のシャトルバスに乗り、安来に戻り、各駅停車を

待って、米子駅に行く。


さらに、米子駅から米子空港行きのバスに乗る。

空港には約2時間前に着いたが、土産を買ったり、

缶ビールを飲んだりして過ごす。


(米子鬼太郎空港)


今回は元々は2泊3日で、鳥取市内や境港辺りを観光した

いと思っていたが、体格は有るが体力が無い家内が1泊

2日で行こうと言うので少し勿体ない旅となった。


飛行機は定刻の19時10分羽田に到着。

帰り、蒲田の駅ビル・グランデュオの地下食品売場でこの

ビルの6階の「活」と言う回転寿司の店の売店が出店して

いて、寿司の詰め合わせを買って帰る。

一折1,400円なのだが、トロが感激するほど美味しかった。


















AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-21 22:22:16

島根県 益田市 医光寺

テーマ:旅行

今日は家内と島根県益田市の我が家の菩提寺

に墓参に行く。

この春、長男が結婚したので私の両親の墓前に報告する

ためである。


9時前、家を出て羽田空港へ行く。

今日、明日は天気が上々の予報だ。




(ANA575便)



萩・石見空港には12時20分定刻に到着。

連絡バスでJR益田駅に出る。

駅前の大阪王将で昼食をとってから、近くの花屋で

お墓に供える花束を3対購入し、タクシーで医光寺に向かう。





(私は炒飯と餃子、家内は冷やし中華と餃子)



(医光寺総門:益田城大手門を移築したもの)



(山門)



(本堂)



ご住職に挨拶するため庫裏に出向くと、生憎京都で2週間

修行中でお留守だったが奥様にお土産を渡すことが出来た。


両親の墓と、昨年亡くなられた本家のご主人の墓と亡き父

兄上の墓に参る。


亡き父は遠くてなかなか墓参りに行けないからと我々子供

が反対するのを押し切って、生前自分の両親が眠る

墓地の傍に売り出された墓地を購入していた。

当時、若い頃に郷里を出た父は死んでからはどうしても

両親の墓の傍で眠りたいと主張した。


案の定、我々子供達は普段なかなか墓参りが出来ない。


墓参後、医光寺の雪舟が造った日本庭園を鑑賞してから、

バスでJR益田駅に戻る。




(雪舟が造った数少ない日本庭園の一つ)





駅前のいつも立ち寄る喫茶店で珈琲を飲んでから、

16時過ぎの特急まつかぜ12号に乗って、今夜の宿泊先

出雲市に18時前に到着。




(JR益田駅)



今夜の宿は駅から徒歩3分の出雲ステーションホテルだ。


7時過ぎ、夕食を摂ろうと前回来た時、入った海鮮居酒屋に

行くと満席で、その店から紹介された姉妹店のやはり

海鮮料理の店に行く。


刺身の盛り合わせ、地鶏の黒胡椒焼き、蟹クリームコロッケ

等をとり、私は生ビールと焼酎のロックを2杯飲む。

お酒が飲めない家内はおにぎりと当地の特産のしじみ汁を

文する。





(刺身の盛合わせ:鮮度の良い刺身で久々に美味しいと思った)



(地鶏の黒胡椒焼き)





(蟹クリームコロッケ)









AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19 21:37:26

山梨 隼(はやぶさ)温泉

テーマ:交流

今日は会社時代の親しい友人3人と山梨県の

隼(はやぶさ)温泉に行く。


この3人とは、昨年は箱根に、その前は山梨の

ほったらかし温泉など、1年に1度ほど日帰り

温泉を楽しんできた。


朝7時過ぎ、家を出て、自由が丘経由で中央林間駅に行く。

そこにかつて一緒の部署で仕事をしたAさんが車で迎えに

来てくれる。

彼の車に同乗して、相模原のBさん宅に行く。

そこに、Cさんが車でやって来て、9時にCさんの車に全員

乗り込んで山梨の隼温泉に向けて出発。


今日は雲一つ無いほど空が晴れ渡った。

絶好のドライブ日和だ。


車は圏央道の相模原愛川インターから高速に入り、

道路は空いていて、中央道の勝沼インターには1時間ほど

着くことが出来た。


最初に武田信玄の墓がある恵林寺に行く。

私は昨年の秋に一人で旅したので、これで2回目だ。

300円の入場券を買って、武田信玄夫妻の墓などを観る。





(重要文化財 四脚門)




(開山堂を望む)



(方丈の入り口は庫裏)





(方丈の廊下から恵林寺庭園を望む)




(方丈庭園)




(恵林寺庭園)




この恵林寺からすぐのところに隼(はやぶさ)温泉がある。

小さな日帰りの湯である。

11時半頃に到着したので、お風呂は我々だけしかいない。




(隼温泉入口)


湯船と露天風呂があり、100%源泉掛け流し、源泉を

温めたり冷やしたりすることなく、そのままを湯船に入れて

いるそうだ。



(湯船)




(露天風呂)

1時間ほど、お風呂を楽しんで、この温泉から車で15分

ほどのところにある酒造会社が併設している「櫂(かい)」

と言うごはん処に行く。

Bさんはこの店が気に入って、これまで2度ほど訪れている。




(ごはん処 櫂(かい)の門)




古びた門を潜ると造り酒屋の母屋のような建物の2階が

ごはん処になっている。

天井は漆黒の太い梁がむき出しで、なかなか雰囲気がある。



(ごはん処 櫂(かい)は2階)




(ごはん処の雰囲気)



酒が飲めるBさんと私が、このレストランを経営する

養老酒造の利き酒セットを注文。

料理はお店のお薦めの1,750円の鮭の粕漬け、豚の角煮、

粕汁がセットになった料理をいただく。




(利き酒セット 500円)




(1,750円のセット)


お酒も料理もとてもおいしくいただいた。


食後、近所の神社を見てから、農協が経営するスーパー

マーケットを覗く。

私は矢車草の花束を購入。




(紫色の矢車草は珍しい)



帰りも道路は空いていて、車は順調に走り、途中談合坂SA

で30分ほどゆっくりし、Bさん宅には5時過ぎに到着。


良く存じ上げている奥様も話に加わって、ここでホッピーを

2杯いただく。

それ以上飲むと、腰が据わってしまうので、5時半にお暇する。


好天に恵まれ友と楽しい小旅行を楽しんだ一日となった。








AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。