1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-03-22 18:05:35

■新しい所属タレントと研修生!からの「プロ」って何!?

テーマ:ブログ
スタイルアカデミー公演を終え、そして3月20日は卒業式を行いました。

そして卒業生からは岩本鈴花(いわもとすずか)と豊永実紀(とよながみのり)が研修生になりました。
更に高橋菜々美(たかはしななみ)と筆村栄心(ふでむらえいしん)が所属に上がりました。
ということで今回のブログでは、これからプロとしてのステージに向かってひとつ上がった子たちに話した事を書きます。

それは『プロとは何か』ということです。
一般的によく言われるのは「お金をもらえるとプロ」なのかな。
でも、タレントとしてやっていくにあたって、もっと根本的に認識しなければならないことがあります。
それは・・・

「プロは自分の価値を自分では決められない」

ということです。
これはとても大事なので、プロを目指す方、そして現在プロの方は忘れないで欲しい。

残念ながらプロになると自分の価値を自分で決められないのです。
プロというのは原則的に他人がその価値を認め、そしてその対価をギャラとして受け取るのです。
価値を認められてお金をもらえて初めて「プロ」と言える。
ましてや声優ともなると、仕事にありつく以前にオーディションというふるいにかけられて作品に対してその声優が価値があるか否かを判断されます。
オーディションに落ちたら、ギャラを頂ける立場にすら立たせてもらえません。

売れると、自分の価値は自分で決める!と勘違いするタレントが必ず出てきますが、実はこれは大きな落とし穴です。
どんなに売れても最終的に価値を決めるのはクライアントやファンという「自分にお金を払ってくれる他人」であり、民主主義、資本主義に於いてこの法則が変わることはありません。

売れて勘違いしたタレントが売れなくなった時によくあるのですが、
他人のせいにするタレントがいます。
しかし、その理由は他人から「価値無し」と判断されたということに他なりません。
売れなくなってからそのことに気付く人もいますが、時既に遅し。
売れなくなったということは「価値がある別の人にとって替わられた」ということなのです。

俺は価値がある、私は価値がある、と思うのは構いません。
むしろそういう貪欲さがないとタレントとしての魅力は生まれません。
しかし、その価値を決めるのはあくまでも「他人」。
そういう意味での謙虚さは常に必要です。

さて、
研修生や所属に昇格するということは将来価値ありと判断されたということです。
その価値に期待されているということです。
是非、将来“価値があると判断され続けられるタレント”であって欲しいと思います。


自分の価値を自分で決められない世界へようこそ!!
この後は価値がある自分とはどういうものかの追求です。
この世界で価値ある自分であり続けてくださいっ




余談ですが、アマチュアは本質的には他人が価値を決めるものではありません。
例えアマチュアとして作品を他品に評価してもらうことがあっても
趣味の世界、自己満足の世界では最終的に価値を決めるのはあくまでも「自分」です。
いいね!した人  |  リブログ(0)
たかみゆきひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み