宝石の「神秘」!「作り」の極意!

宝石輸入、卸&販売、貴金属製品一貫制作を生業とするSERAPHCOのブログ。
2011年、ひょんな事から有る宝石の現象を発見。詳しくはブログ内検索で「Fuchsia」で検索してみて下さい。
フェイスブック
https://www.facebook.com/akira.kono1


$宝石の「神秘」!「作り」の極意!

注文創作身飾品 企画 制作 販売

【SERAPH&Co.】

有限会社セラフアンドシーオー

http://www.seraph-co.com


                      

 
宝石を扱っています。

http://www.seforce.jp/


本職は貴金属製品の企画、制作、販売。

どのようなご要望にも出来る限りお答え致しますので、何なりとご質問下さい^^。

メールは

seraph@seraph-co.com

です☆


フェイスブック
https://www.facebook.com/akira.kono1


テーマ:

こんにちは。Muです。

 

FBFのみなさまや、サイトをいつもチェックしてくださっているみなさまには、

いち早くご覧いただいておりますが・・・にゃんずの新作が登場しました!

 

http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002202/

 

にゃんずシリーズは、ラグマン産のノンオイルエメラルドを使用したエメにゃんリングに始まり、まるっこくて、きれいな赤色のスピネルを使用したのスピにゃんリング・ペンダントと続き、

そしてそして。

 

セラフの代名詞ともいえる、「フーシャ・カシミール・サファイア」のにゃんリングに。

 

 

正面から見ると、フーシャを取り巻いたミルがきらきら。

上品でシンプルなリングです。

 

 

マットに表面加工した腕には…内側から、あしあと。

狙うは、フーシャちゃん。

おててが爪になって、もう、手がかかっています。

フーシャに目を付けるなんて、審美眼をもったにゃんこさんですね。

 

 

***

 

 

「カシミール」に呼ばれて、「フーシャ」を知り、

ふつうの宝石屋さんから、ただのきれいな石好きに戻ったMuの

おそらく、代名詞的な、フーシャ・にゃんリングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、いまだけセール価格になっているエメにゃん。

http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002170/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに私物作りました。

 

 

ジュエリーって本来「パーソナル」なものです。

 

どこかで作られたモノを気に入って買うのはもちろん「出会い」ですし、それは一向に構わないんだけど、どんな世界でもちょっと深く入ると

 

「自分だけのもの」

 

が欲しくなるのは間違い無い欲求でしょう。

 

このリングのテーマは「西アジア」。ひと言で言って。それと仏教。

 

ブルーサファイアはセイロン産、裏のフーシャはガンダーラ産。どちらも紀元前3世紀に同時に仏教が伝播した土地。

 

デザインはタージマハルやロータスフォートを感じさせるマハラジャデザイン。これは男にしか似合わないリング。別に女性が着けてもいいが、威圧的過ぎます。

 

日本の男性はトンとジュエリー着けないけど、もっと普及して欲しいし、そのさきがけとしてこういうのを提案しないといけませんよね。それも仕事。

 

もう一つお知らせがありますが、そちらはMuに任せます。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はいどうもこんばんわ。

 

昨日、0.97ctの美人さんをサイトに出しました。

 

 

http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002201/ct131/page1/order/

 

クラリティが非常に高いのにブルーシルクがしっかりと出る稀なピース。カッティングも、どの角度から見てもウィンドウが開いてないいいカットです。

 

こういうのを見ますと、改めて

 

「やはりフーシャは唯一無二な美しさやなあ」

 

と感じます。

 

恐らく、フーシャサファイアに関しては日本で一番数を見ているのは僕だと思いますし、逆に一般の皆さんは展示会やジュエリーショーなどでも、あまり見た事が無いでしょうこの石は。

 

だからこそお伝えしなきゃならない。それが僕の仕事のひとつだと思います。

 

ガンダーラとセイロン。

 

この二つは宝石についても文化についても、宝石好きならマストで押さえないと宝石の真実はなかなか分かりません。

 

そこが分かると、宝石の美しさの中にいろいろな物語が見えてきます。

 

いや~~、しかし自画自賛では無いですがこの0.97は綺麗やなあ(笑)www

 

赤と青の両方の要素がある紫って、ほんと興味深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

自分の審美眼とお財布の中身をバランスさせるのが「宝石」で有り「ジュエリー」と言う側面もあるのは有りますよね。

 

どうもこんばんわ。

 

人間ってのは集団の中の「個」ですし雰囲気の中でしか生きられない生物ですから、往々にして世間の評価に流されます。そこに甘んじてて満足している人が圧倒的です。

 

でも正直、色石の世界は違う。

 

特に弊社の様なラインナップのショップは、それぞれの審美眼にて、懐具合とご相談されてお買い求めになられるお客様が圧倒的です。で、そういう皆様は皆「憧れ」とか「目標」を持っていらっしゃいます。

 

http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002079/ct131/page3/order/

 

セールに出しました。

 

 

このトルマリンなんか昔の頭の固い人にはわからんだろうな。

 

宝石とは、その美しさの中の「雰囲気」と、土地の歴史をどれだけ感じられるか。。。僕はそう思っている。それは文化であって文明の変遷。

 

グリーントルマリンに青が噛んだり、インディゴに緑が噛んでなんでダメなん?トルマリンなんか多色鉱物やで?www

 

それよりも生地を生かすカットやろw

 

 

アフガンのブルーグリーンは本当に美しい。その中でもこいつは非常にバランスがいい。カット含めて。

 

 

多数の石を扱っていても「ハッ」とする石のひとつ。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はいどうもこんばんわ。

 

もう先々週になりますが「世界ふしぎ発見」。スリランカ特集でした。その中でパパラチャがフィーチャーされてました。番組でパパラチャは「パパラチア」と紹介されていました。

 

ちなみにパパラチャを「パパラチア」と表記したのは弊社が最初w。これは日本語としては実は発音として綺麗に見えるから僕が考えた表記。

 

日本人女性の心に響くパパラチャカラーは、ピンクにほんのわずかにオレンジ(黄色)が噛んだ色味です。

 

この色はスリランカに行くとオレンジ味が強くなってもパパラチャ色になります。彩度が上がってもパパラチャ表記。

 

これは何故か。

 

それは蓮の花の色の違いなんですね。これ前にも書いたなwww。大体ですな。パパラチャってシンハラ語で蓮の花なんですからスリランカ人がパパラチャって言うたらパパラチャなんです。日本の基準ってほんと変。

 

でも一方で、日本のくだらない鑑別書を有難がる人も居てます。

 

なので今回、日本基準のパパラを集めましたwwwww。日本基準のパパラチャは幅がものすごく狭い反面、海外でも間違い無くパパラチャ鑑別が出るのは間違い有りません。

 

第一弾

 

 

http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002199/ct131/page1/order/

 

完璧にど真ん中のパパラチャ・・・いや、パパラチアやなw

 

 

お釈迦様が誕生された際、歩いた後に蓮の花が咲いたと言う伝説があるでしょ?それを連想させる色と言えばわかりやすい。

 

「宝石はアジアの宝」だと感じさせる色です。こんな色はアジア、とパンゲア大陸で一緒だったマダガスカルでしか産出しません。

 

 

そういう意味で言うと非加熱はもちろんジェントル・ヒートのパパラチャでも希少なのです。サファイアを加熱処理するのには二つの意味があるのです。このお話は難しいので個別にお問合せ頂ければお話しますが、「真実を知る」って意味ではご納得頂けると思います。

 

基本的に赤系のコランダムから青を抜く、と考えると分かりやすいです。

 

・・・・・

 

でw。

 

 

 

 

まだこんだけ有りますwwwww

 

順次出して行きますね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。