$宝石の「神秘」!「作り」の極意!

注文創作身飾品 企画 制作 販売

【SERAPH&Co.】

有限会社セラフアンドシーオー

http://www.seraph-co.com



宝石を扱っています。

http://www.seforce.jp/


本職は貴金属製品の企画、制作、販売。

どのようなご要望にも出来る限りお答え致しますので、何なりとご質問下さい^^。

メールは

seraph@seraph-co.com

です☆


フェイスブック
https://www.facebook.com/akira.kono1

  • 26 Feb
    • 宝石の尊さ。それは人の「想い」。

      はいどうもこんばんわ。   僕の取引先であるパキスタン。大ヒマラヤ山脈の西の果てにはガンダーラがあり、宝石のリソースが豊富。しかし政情不安定な地域です。人々がどんな思いで生活しているかを、僕の友人であるパキスタン在住の日本人ツアー会社の方が書いています。   「Security High Alert in Islamabad and other main cities. Ghost Bazaar (F-7, Jinnah) on Saturday Afternoon…. 2月13日のラホールでのテロを皮切りに、驚くほど急激にパキスタン国内の治安が悪化しており、ラホールやカラチはもちろんのこと、首都圏も厳重警戒実施中です。... パキスタン人の間で最も普及している無料通話アプリのWhatsAppでは、様々な警戒情報(※フェイク情報を含む)が飛び交っていて、私もママ友や、仕事関係の方からの情報など、毎日のように新しい警戒情報を受け取っています。 「軍からの情報の転送」とか「警察情報の転送」とか書かれていて、これらが本物の情報なのかどうか見極めることは困難なのですが、具体的にテロ脅威の高い店舗名までも記載されている為、人々の出控えは加速するばかりです。 私自身も、この2週間はバザールには一切立ち寄らず、日々の買い物は通学路にあるスーパーで最小限度に控えて来ましたが、今日はどうしてもイスラマバードF-7地区にあるジナーマーケットに立ち寄らねばならず、意を決して行って参りました。その一角にはテロターゲットとして名指しされているレストランがあるので非常に迷ったのですが、どうしても他の場所では済ませられない買い物だった為にやむを得ず・・・です。 「車に子供達を残して私だけで店に行った方が子供達が安全か」「いや、でも駐車場でテロが起きて私だけが助かったら悔やんでも悔やみきれない」「いずれにしても爆発テロが起きるとしたら子供達の側に居てやりたい」・・・とアレコレ逡巡した結果、子供達も車から降ろして一緒に店に行って、文字通り小走りでサササっと買い物を済ませて車に戻ったのでした。 たかだか買い物の為に、死傷する場合のことを想定しなくてはならないのは大袈裟に思われるかもしれませんが、テロ脅威の中で生活するというのはそういうものです。 しばらく平和ボケしていた私達ですが、久々にこの緊張感の中にあります。 寿命は神が定めるものだと信じるパキスタン人の死生観は、死における責任を追及する日本人のそれに比べるとずっと穏やかなものですが、それでも好んでテロの脅威の中に突き進む人は少ないと見えて、土曜午後のジナーマーケット(Saeed Book Bankのある一角)がこの通り人っ子一人居ません・・・。 テロ脅威の中、開店休業状態のお店の方々がとても気の毒でした・・・。 暫くはこの治安不安定が続きそうです。」   お分かり頂けますか。   血塗られた状態で宝石が我々のもとに届く訳では有りません。しかし非常なる苦労を持って宝石が我々の元に届くのは事実です。   それをリサーチしに行く僕らも同じです。   日本では黙って品定めしてお金さえ出せば宝石は手に入ります。しかしそこにある「物語」はほとんどの宝石商は伝えませんし、そんなの知りません。   「綺麗でしょ~~どうですか~~」   バカバカしい。そんなの八百屋です。   美しさと希少性はもちろん、そこにある「物語」を伝えられない宝石屋など宝石屋ではありません。   アジアをメインとする宝石は様々な情勢の元で産出され様々なルートで我々の元に来ます。その「物語」を紡ぐのが宝石屋の役割です。パキスタンの現状ひとつ取っても、その土地の現状を知るということは宝石に対して想いを馳せ、その宝石が渡ってきた物語を知る大切な要素になるのです。   それをお伝えするのがセラフです。            

      1
      テーマ:
  • 24 Feb
    • pathmaraja sapphire

      スリランカに行きますと、たまにこの言葉を聞くのですが意味が分かりません。   詳しく聞きますと、いわゆるパパラチャ・サファイアの事を別名パスマラジャ・サファイアと言うそうで。直接の意味は「王の蓮」なんだそうですが、転じてpathmaraja sapphireは   「サファイアの王」   と言う意味になっているそうです。   パパラチャはサンスクリット語でパスマラジャはシンハラ語。元の言語は違いますがスリランカでは両方とも、いわゆるパパラチャカラーのサファイアで通っています。ところが日本の鑑別の基準とスリランカの基準は異なります。日本の基準の幅はものすごく狭い。   そして一番の問題は、一般の宝石好きがその基準を知らされてない、と言う部分です。なので弊社はいちいち「スリランカ基準のパパラチャ」とか、「日本基準のパパラチャ」とか、めんどくさい説明をしてきた訳です。もうそろそろこういう面倒な説明はヤメにしたい。   だいたいね?現地の人、産出国の人がパパラチャって言うんなら本来それがパパラチャでいいんです。でもその基準が世界各国で違うなら   「パスマラジャ・サファイア」って言えばいいやん。     オレンジッシュ・ピンクのサファイア。   確かに産出量は凄く少ないですし、加熱によって得られる色も非常に少ないです。黄色ってコントロールしにくいんです。ヒートで。   20年以上前に問題になったベリリウム拡散加熱処理はイエローを容易に得られるから使われたのであって、現在この処理はエンハンスメント扱いなのでまともな業者は扱いません。なので一般的には通常加熱まで。   この写真の石は0.94ct。美しさの中にもなんだか威厳があります。   すっと見える線は「ルチルインクルージョン」     これだけしっかりと綺麗に残っているのは久しぶりに見ました。これこそ天然の証です。 もちろん肉眼では見えませんw   弊社では今後、パパラチャカラーは全て   「Pathmaraja Sapphire」 (パスマラジャ・サファイア)   で統一致します。その中で特に日本基準な物は別途パパラチャとお知らせはします。 でもばかばかしいですよね。そんなもん日本人が決める事じゃ無い。   「美しいものは美しい」   その上でその石の来歴や歴史をお伝えするのが宝石屋です。          

      5
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 次の世代への夢を。

      自己のアイデンティティを他人様に認めて頂く喜びってのは若い子にはそれはそれは大切な事ですし、そのために動く事って素晴らしいことです。     一昨日、弊社デザイナーがデザインして、いわゆる客注では無い「ご提案」のジュエリーがサイトに出したとたん売れました。   こういう事はその「土台」が無いとなかなか若い子には出来ません。土台とはそれを紹介するサイトで有ったり、弊社の販売のネットワークがあるかどうか。「どう売るか」ですね。   これをいきなり若い子に構築しろと言っても無理ですし、むしろ業界に長く居る人間でも全く出来ていなくて現場頼りな業者ばかりで僕としては辟易としています。そんなことでは若い子がこの業界に夢を抱けない。ひいてはお客様も同様です。     そんな「面白くない現状」から周りの皆様を開放するのがセラフアンドシーオーでありたいと願っています。   宝石、ジュエリーとは「夢を紡ぐもの」です。     それを紡ぐに値する人、モノ、事象。。。   それらを敏感に感じ取れねば宝石商ではありません。   もっともっと・・・やらねばならん事はたくさんありますね。僕自身。。。    

      3
      テーマ:
  • 21 Feb
    • Muが勢い出してます。

        http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002228/002/002/X/page1/order/   出してすぐに売れました。   思えば最近、Muのジュエリーが目白押しです。       宝石カッティングでも・・・これはスリランカのカット職人さんの腕あればこそ。。。       決して安価では無いのですが、今回売れたトルマリンのペントップにしても「10万円」って ひとつのボーダーなのかも知れません。   社会に出て、自分で自由に使える、もしくはプレゼントとして贈る品物に出せるひとつの目安的な金額ですね。20代~30代の皆様の。ジュエリーの入り口的価格。   そう考えると、なるほど納得出来ます。勿論「対価以上の」クオリティと満足度は大切です。 まあそこはSERAPH&Co.はいつも目指していますが。   そういう意味ではこちら。昨日出しました。     http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002227/011/X/page1/order/   ナミビアのデマントイド。 詳細はページをご覧頂くとして。   「自分だけの・・・・・」なジュエリーになりますよね。   この石も何というか「歴史の変遷」の中に居る石だと思います。          

      1
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 久しぶりのフーシャ出品です。

        手前味噌ですが、やっぱり行き着く所は「ガンダーラ」なんでしょうね僕は。。。 久しぶりにフーシャサファイアの出品です。   ご覧の様に強いブルーシルクが出ます。最近の天候でまだ屋外では見ていませんが、表情が豊かなのは間違いない。   「宝石好きは必ずサファイアに戻ってくる」   とは、よく宝石屋とか宝石好きが言う言葉ですが、まだまだ南北カシミールのサファイアを体験したことのある人は少ないんじゃないでしょうか?   確かに、オールドジャンムーとなると出会える確率はグンと下がりますが、北のバタクンディなら欲すれば出会えることが出来る石。ニーラムの熱水起源のサファイアはちょっと難しいですが、可能性はある。現在進行形で出ています。弊社にも数ピースあります。   宝石ってのは美しさと共に「夢」が必要です。そういう意味でも21世紀になって発見されたサファイアが   「ガンダーラ産」   で、それは紀元前3世紀にセイロンと同時に仏教が伝来し栄えた地であると同時に、そこで出たサファイアが仏教で高貴な「紫」で・・・・・そして光を浴びると神秘的なブルーのヴェールを纏う・・・。更に言いますとそのエフェクトを発見したのが他ならぬ僕なので(笑)、やはり僕にとっては思い入れのある石な訳です。   石に意思は無い。しかしそれを通じてパワーはもらえる気がします。   http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002225      

      3
      テーマ:
  • 14 Feb
    • カリブの海の音、それは音楽。

      はいどうもこんばんわ。   一昨日出しましたタジクスピネルのピアス。。。   まだ出して2日なのに弊社サイトアクセス数週間1位と言う快挙w   確かにピアスとしては物理的に高価です。しかしコレだけアクセスが有るということはそれは   「やはり憧れなんだなあ」   と感じる次第です。   一般の所得の我々には確かに高価。しかし内容と物語をインクルードして考えて頂けますと、これほどの「愛おしく美しいピアス」は多分有りません。よく「自分へのご褒美」と言うニュアンスでジュエリーをご購入される女性がいらっしゃいますが、これこそ最高のご褒美だと感じます。   そして本日出しましたペントップ。。。     これも自分へのご褒美、愛するひとへの贈り物・・・そういうのに最適なジュエリーかと思います。   世の男性諸氏は、コンクパールの説明から入って、宝石に詳しくない女性にそれを説明しなければ・・・僕から言わせると「紳士」では有りません。   中世ヨーロッパでは鉱物学、宝石学は「紳士の嗜み」でしたからね。   でも最も女性の琴線に触れるのは・・・その希少性以前に「デザイン」です。   カリブ海の開放的な雰囲気、「あーバカンス!」なロケーション。     その海の波の音。それは「1/fゆらぎ」とでも言うか、人に安心感を与えます。   弊社デザイナーMuは、それをカタチにしました。   「人間そんなに焦らなくていいよ」と。   愛する人にやすらぎを与えてこその人生です。それを分かるのは男女ともに成熟した人生を歩めるでしょう。そうした思いを込めたジュエリーです。     http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002224/002/X/page1/order/     お値段は相場事情を知る方にとっては「破格」でしょう。市価の1/2~1/3だと思います。      

      2
      テーマ:
  • 11 Feb
    • トライアングル・ピンク

      完成しました。     アイデアは僕でデザインは弊社デザイナーMuでございます。 これだけのタジキスタン産ピンクスピネルをトリリアントでペアで探すだけでも大変。しかも結構な大粒です。それをシンプルだけど豪華に表現するには・・・・   と考えてあるデザインとなっております。   製品になってしまうと石の詳細な鑑別書が作れませんので、事前に作成。   こちらは弊社の商品となります。後程ショップに出します。(実はすでに数件、FBでお問合せがございます・・・)   価格は37.8諭吉(税込)。      

      1
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 賞頂きました。

      一昨年の大阪府知事賞に続き・・・・・     ヒコみずのの卒業生でもないのに(笑)www   まあ何と立派な盾?と言うか置物・・・   なので「世界一周宝石の旅ショーケースに。。。     うずめてやりましたw このショーケースは弊社工房にご来訪頂けましたらご覧になれます。   まあ何にしてもプライズ頂けるのは嬉しいもんですね。 作品はまたちゃんと写真撮って載せます。あ、業界紙「宝石の四季」には載っているみたいです。          

      4
      テーマ:
  • 07 Feb
    • 5.19ct カラーチェンジ・パロットクリソベリル。

      出しました。     http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002222   昨日、世界中の大粒クリソベリルをサーチしていましたが。。。。。。   日本国内はもとより世界的に見渡しても、この5.19に勝るレベルの石にはついぞヒットしませんでした。   改めてじわじわと・・・この5.19の「凄み」って言うんでしょうか。。。それは宝石に必須な条件。   「美しくてレア」   な根本的な価値ってのを再確認した次第です。   そういう意味ではもっと高値を付けてもぜんぜんおかしくない石なんですが、そこはセラフです。仕入れに相応したお値段にしております。   ぜひご検討下さいませ。      

      6
      テーマ:
  • 02 Feb
    • なぜかクリソベリル祭り状態

      はいどうもこんばんわ。   なぜか先日来クリソベリルが続いています。 こちらは数日前に仕入れたスリランカ産の     顕微鏡写真(笑)。   僅かな液体インクルージョンがあるだけのクリーンな石です。クリソベリルのくせにチューブインクルージョンが殆ど無いっつーwww。   一方向のチューブだらけになると、いわゆる「キャッツアイ」になるのがクリソベリルなので、通常はこのようなカット石にも少しは入ってるものなのです。   んでクリソと言えば・・・   実はこれはあまり知られていないかも知れませんが、   大英博物館には『ホープ』と呼ばれる45キャラットのグリーンクリソベリルが所蔵されている。(同じ名前のダイヤモンドとは無関係)...   世界最大のカット石のクリソベリルでも、ロシア産の66ctだそうで、大きい石が少ないのもクリソベリルの特徴。   そう。デカいのが少ない。。。マジでw   ダイヤの比やなく少ないwww   私は感覚的に2キャラ以上のクリソベリル(キャッツアイ含む)は、なかなかプレミアムだと思っていますが。。。。。この石は   5.19cts(笑)   5キャラアップです。   上記の45とか66ctで博物館入りするクリソで5キャラはかなりデカい、、、と再認識してしまいますよね。しかも美しい。   で、この子もご多聞にもれず「カラーチェンジ」でございます。 顕微鏡写真では光源が電球色なので赤褐色ですが、太陽光では綺麗なパロット・グリーン。   今週中には出しますね。    

      3
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 大粒のバタフライ・カッティング!

      はいどうもこんばんわ。   いきなりドーン!   出しました!   http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002219   考えてみりゃあ、、、只でさえ希少なカトランのインぺ、しかも仕上がりで3.91ctで、このように歩留まりの悪いカッティングが出来るクリアな大粒原石をこれにするって、かなりな根性が無いと依頼できません。   それだけ弊社と言うかワタクシと言うかMuと言うか・・・根性が据わってきてる???と言う事なのかも知れません(笑)w。   ふと思ったのですが以前出した1.82ctのバタフライ。   http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002190/025/O/page1/order/   これと組み合わせてリングやペントップに仕立てても素敵ですよね。無論なかなかなお値段にはなりますが、後悔は絶対にしないでしょう。どこの宝石屋でもまず企画不可能です。   さて、ジュエリーメイキングチケット。残り2日です。 是非お問い合わせを。ページに載っていない石でも大歓迎です。   http://www.seforce.jp/shopbrand/ct132/                  

      5
      テーマ:
  • 26 Jan
    • さなぎのなかでみる、宝石のゆめ。

      こんにちは。Muです。   今日まで東京で開催されている、ジュエリー業界でいちばん大きな展示会、IJT。 2日間だけですが、今年も訪ねて来ました。   学生のころはきらびやかな世界に圧倒され、 また出展社側として参加していた時には、ちょうど中国人業者さんがたくさん来るようになったころでしたから、海外バイヤーの熱に圧倒されていた私です。   いまは。   「ときめく」宝石を探しに出るのです。 私自身が、ときめかないのに、おすすめできないですもん。     ***         「乙女の祈り」   以前、ご依頼いただいたお客さまの雰囲気そのままにお仕立てしたジュエリー。 宝石好きな方にこそ、贅沢なジュエリーであることを分かって頂けるのかなぁ、と思います。   このジュエリーの持ち主と再会した時、言ってくださったのです。   「わたしはMu待ちしているからね。」   とても、嬉しかった。ほんとうに、嬉しかった。   「Muはさなぎなの。さなぎは何もしなくていいの。時が来たら、またお願いね。」   その言葉が、さなぎの殻をやさしくノックしてくれました。     ***   「あの宝石といっしょに、輝く宝石を。ときめく宝石を探そう。」   そんな気持ちで会場を回りました。   結局その場では決めなかったのだけれど、帰ってきてから、「あ。」っと思い出した子がいました。 もう、無いかもしれないなぁ、と思いつつも、わかる人を頼りにして、連絡してみたのでした。 (直接の連絡先がわからない、といううっかりをやらかしていたりとかするのですが) そしたら。     まだ、あった!     思い出して、ときめいた、「あの子」。 そういう宝石と引かれ合うのかもしれない。       うん。これでデザインしよう。   ときめく宝石を。 「わたし」だけの、ジュエリーを。      

      4
      テーマ:
  • 21 Jan
    • クリソベリルつながりで

      ハイどうもこんばんわ。昨日のクリソベリルキャッツ、なかなかの閲覧数で、ありがとうございます。さて、どうせならクリソつながりでこいつもジュエリー・メイキングチケットに出しましょう!  抜群に綺麗な上に  カラーチェンジでございます。 チェンジ後はまるで「コロンボ湾の夕日」とでも形容したくなるオレンジに。 これだけのサイズですから、とても見応えがありますよ。 http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002217/ct132/page1/order/ どうぞご検討ください。    

      1
      テーマ:
  • 20 Jan
    • クリソベリル・キャッツアイ

      はいどうもこんばんわ。 ちょっとブログご無沙汰していましたw。久しぶりに石留めしてました。ちらっ あえて画像小さめ(笑)。カラーチェンジのベキリータイプちゃんですw さて、ジュエリーメイキングチケットにキャッツアイを追加しました。 http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002216/ct132/page1/order/  いい感じのキャッツアイですよねー。 自社のラインナップにはいきおい「自分の好み」ってのが多かれ少なかれ反映されます。なのでクリソ・キャッツもどうしても自分の好みが出てしまいまして、、、なぜか弊社のラインナップにはブラウニッシュなハニーカラーが無い(笑)。 いや、嫌いではないんです。でもどちらが好きかと言われると断然 「パロット系」 な色になるんですよね~~~これがw 今回のも「作り全部込み」のお値段で出しております。以前作った「超絶に近い作品」をちょっと再度載せておきますね。さすがにこれと同等に作れ、と言われましたらお時間を頂かないと無理。。。  だって「グラデーションのフルエタニティのクリソベリルのメレー」 なんてまずそろえるのが困難です笑 それでは良い週末を^^    

      2
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 「この子」の魅力を伝えてあげるということ。

      こんばんは。Muです。 あ!あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します!(遅) 今年は…いろんな宝石の、ジュエリーの写真をきちんと撮影して一つひとつの魅力を、一人でも多くの人に伝えていきます^^ 年明けからも、これ、きれいやなぁ、ええなぁ、と思う子たちを撮影して居るのですが今日はちょっとびっくりしました。 パパラ(ピンクサファイア)を撮影していたのですが、その撮影した1枚を師匠にみてもらったところ…師匠、なんと、現物は手元にないのに、補正をしはったんですよ・・!写真には、みたままの色を映すのが原則ですが…無理なんですよね。なので、画像編集を施します。そのままの美しさをお伝えするために。 その作業…私は、手元に置いて、太陽の光にかざしたり、ペンライトを当ててみたりしながら微妙に調整しているのです…けれど…! 師匠 「こんなもんか?」 Mu 「えっ・・・?!」 師匠 「や、MuのんCannonD60やから、青強いやろ。」 Mu 「え・・・・(きょとん)」」  なんかもう、なんなんでしょう、セラフさん。ほんともう、よくわかりません。  ちなみに師匠のん。↓  わたしのん。↓ まだまだ、きれいなパパラ(ピンクサファイア)たくさんあるので、撮影していきます! ***------------------*** http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002212 最近撮影したもの。スフェーン。トリリアントって、色が集まるから、カットが悪いと暗くなってしまうんです。でも、その「色が集まる」という特性を生かして、丁寧にカットしてあげると、その宝石の持つ色合いが集まるので、美しく輝いてくれます。 その子の持つ美しさを、最大限に生かす。 宝石研磨を施す段階から、それはスタートしているんですよね。          

      2
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 好評です。「ジュエリーメイキングチケット」

        お仕事も始まり、本格的に2017年が始動致しましたね。月曜日です。 お陰様でむー発案の「ジュエリーメイキングチケット」非常に多くのアクセスを頂き、好評でございます。 http://www.seforce.jp/shopbrand/ct132/ セラフとして「@これは外せんだろう」的な石から出して行っていますが、その他の石で 「これコミコミでこの値段で作れませんか?」的なご相談もちらほら頂いておりましてはなはだ感謝です。 今日はその中でも最安値で作れるピンクスピネルの大粒を出しました。 http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002211/ct132/page1/order/ ぶっちゃけこの企画自体、よそのお店では不可能なのですが、このスピネルは 「不可能中の不可能」 でしょう(笑)www  どうぞご検討くださいませ。  

      2
      テーマ:
  • 03 Jan
    • ジュエリーメイキングチケット

      明けましておめでとうございます^^ いやー、明けましたね~~(謎。物質が存在する限り時間は流れるとは誰が言ったか知りませんが、とりあえず2017年。始まりました。 弊社では通年、新春セールとか初売りなどはしていませんでした。そんなの在庫整理じゃん、って考えからです。福袋なんか好きに買えるもんじゃ無いですしね。テレビ見ないのにDVDもらっても何も嬉しく無いですしw。  でも本年度はちょっと思考を変えてみました。デザイナーMuの発案です。  「コレクターな男性はいざしらず、殆どの宝石好きはジュエリーに仕立てたいもの。じゃあそれコンプリートですればいいじゃないですかボス」 あー、なるほどな。つかボスとか言うなwww  そういう訳で生まれたプランが新春「ジュエリーメイキングチケット」です。  第一弾はこれ。http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002204/ct132/page1/order/  概要を説明します。 ジュエリーってのはそもそも「心豊か」を媒介するものです。それならば日本で出来うる普通に最高のものを持ってしてお客様に訴求するのがごく普通。 それを極力安価にご提供するのがこのプランです。 第一弾は100万円のコースですが、30万から150万までのプランをご用意します。もちろんページに無い石を使ってのプランもアレンジ致します。 日本では一変通りの「お仕着せ」なジュエリーがほとんどです。そんな中でお話を交えながらお客様とともに作っていくジュエリーにこそ価値があります。 ぜひ日本のジュエリー文化の進展に一助ください。我々がその一端を担えれば幸いです。  http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002204/ct132/page1/order/ 第一弾は  「天使の羽のサファイア」 です。 写真が見当たらないのでシギリア山頂の写真でも貼っときますwww    

      3
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 一年の総括【気付きの年でした】

      はいどうもこんばんわ。 とうとう今年もあと20時間ほど。歳を食う毎に一年過ぎるのが早くなる気がするのは、例えば10歳の子なら分母が10なので人生の1/10、50歳ならば1/50・・・こう考えると1年の密度と言いますか、人生での割合ですね。 それが比例して小さくなるから、とか。これ聞いた時「なるほど」と思いました。 翻って自分に照らし合わせると、毎年「あー今年もなんもして無いなあ」と感じる訳ですw。正直お金儲けだけで宝石屋なんかしてるのでは無いので、「売る」事以外の様々な情報ってのは常々アンテナを張って居るのですが、今年はそのアプローチが少し違いました。 一番の違いは弊社デザイナー「Mu」の参入でしょう。 すでに一昨年、参入直後にムチャクチャデカい案件を軽々こなしたむーさんですが、今年は地道にデザインを熟す中で彼女の本当の実力が見えたと思います。それと同時に僕自身の 「使いこなしてない感」 が増長wwwwwww。まだまだ彼女の実力を引き出せていないなあ・・・と自己反省です。 それと。。。 9月のスリランカツアーにて、いかに僕自身が「人に恵まれている」かを痛感致しました。初めてにもかかわらず総勢11名のツアーで、それも1週間という割合長い旅程。 現地の同業者やその他皆様に助けられ、「完璧」なツアーとなりました。もうホント、誰ひとりとして嫌な思いが無い。正にニルヴァーナ・ツアー。 そして人脈も着々と出来つつあります。 来年末にはスリランカに弊社【SERAPH】の名を冠した・・・・・・・ 【SERAPH GARDEN MUSIAM】これは懇意の取引先ディーラのボスが企画した、宿泊、レストランも兼ねたミュージアム。名前を使わせてくれ、との事で上記の様なネーミングになります。敷地は数エーカーほどもあります。その中で宝石だけに留まらずジュエリー工房やハーブガーデン、アーユルヴェータのサロンなども展開予定。 【SERAPH PALACE】こちらは首都近郊、コロンボにて展開する宿泊別荘。パレスなんて宮殿みたいなネーミングですが(笑)、向こうがそう言うんだから仕方ないですw。ただし案を聞く限りそうとう凝った建物になりそうで楽しみです。  ・・・・・ただの和泉市のおっさんの仕事をこれだけ認めてくれて信頼頂き、なんだかくすぐったい気もしますが。。。それでも上記の様に言って下さるってのは、仕事冥利に尽きるってもんです。 セラフとしてはアジア全域に、このようなスポットを作って行くのも目標です。宝石の産出地というのは世界的に見てほとんどがアジアとアフリカ。 実は弊社にはアフリカ担当要員もすでに居ますので(笑)、取っ掛かりがあればポンポンっと話は進むでしょう。僕の理想は・・・・・ 「肌で感じてこそ、宝石の真の美しさが分かる」 これです。 日本で見ている色や美しさは、その産地で見る美しさの半値八掛け・・・とまでは言いませんが、、、現地の太陽で見てこそ、その石のロマンが分かろうというものです。 今年の総括は、今まで感じていた事が確信になったのかも知れません。そしてそれらをお伝えするアプローチも進化(ちょこっと)したのかも知れません。 来年は少し「走ろう」と思います。いい意味で。 それでは、来たる2017年も、セラフアンドシーオーをどうぞ宜しくお願い致します。 皆様良いお年を!!!  

      4
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 年の瀬こそロマンを

      はいどうもこんばんわ。 早いもので今年もあと2日。昨日お仕事収めで本日はご自宅でのんびり・・・なんて方もいらっしゃるでしょう。かくいう我々自営業者は休みなど有って無い様なものw。 でもそれはそれでミもフタも無いですから(笑)、年末に少しロマンを感じて頂こうと出しました。いやいや、宝石はどれもロマンと物語が有ります。 しかしこのような事が出来る宝石屋は、日本では他になかなか居ないのでは、、、と。  スリランカ産「ピット・グラス」 http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002203/ct131/page1/order/ 以前から出品していますから説明は簡素にしますが、こちらは天然起源のピットグラスです。 それに今回 「甲州貴石切子」を施しました。 宝石に切子を刻める職人さんは、甲府でも確か3人くらいしか居ません。(そのうちお一人の方が先日、黄綬褒章を受けられました。無論現代の名工です。) スリランカの大地のロマンと日本のマイスターの技のコラボ。 こういうのは日本の宝石界では非常に難しいのだろうな、と感じます。なぜなら宝石の仕入れ方から手配まで、日本では本当に一遍通りな業者がほとんどなので、原石の手配からカッティング手配まで、、、となると普通は 「どうしていいかすらわからない」 訳です。 恐らくこのピット・グラスにしても原石の手配すら困難でしょう・・・   これが今回のカットルースの原石。白っぽい部分はテスト・カットした部分です。しかし巨大www巨大モルダバイト的な感じですねwww セラフは「一つひとつの宝石を大切に売る」のがモットーです。それと同時にこのようなユニークで 「世界にひとつ」 なものもご提供して参っております。 推定ですが、この原石などは大陸大移動前のもので更に隕石起源かと思われます。こういう部分、まさにロマンですね。         

      3
      テーマ:
  • 24 Dec
    • メリークリスマス!!!

        クリスマスです。 46回目のクリスマス、なんと僕は親類に不幸がありまして・・・お通夜に。。。まあ人生こう言う事も有りますね。。。 出かける前にちょっとでもクリスマス気分を、と思いまして画像作りました。 使った石は「クリスマスらしい色」と言う事で http://www.seforce.jp/shopdetail/011004000341 と http://www.seforce.jp/shopdetail/000000002079/ct131/page3/order/ やはり華やかなカラーは宝石の醍醐味です。  それではみなさま、よいイブを!!!   

      3
      テーマ:

プロフィール

seraphco

性別:
男性
血液型:
O型
自己紹介:
大阪にて貴金属製品製作&宝石輸入販売(時には研磨)を行っている会社【SERAPH&Co.】有限会社セ...

続きを見る >

読者になる

AD
"" ""

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
86465 位
総合月間
140752 位
社長
544 位
ハンドメイド
2946 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。