2005-10-11

144.飲んじゃった

テーマ:彼女じゃない恋愛

私は彼の股間をさすりながら、起き上がり彼の太ももの横辺りに座った。
徐々に熱気が増してきている。
彼の下着が湿っているような感覚。
彼は「早く、早く」と言いながら自分で下着を脱いだ。
「もったいないね」
「何が?」
「こんなに硬くなってるのにさー」
「だろ!?」
「いただきます」
私は彼のペニスを口に含んだ。
彼は私の乳首を弄りだす。
「やー」
「いいじゃん、服脱いでやってよ」
「私は関係ないでしょー」
「男は目も大切なのー」
そういうと彼は半身起き上がり、私のパジャマをせっせと脱がせる。
「ほら、俺脱がしててやるから続けて」
「何かワガママじゃない?」
「いいのいいの」
私は彼に乳首を弄られながら、一生懸命奉仕した。


彼は私を弄るのをやめ、激しさを要求する。
私は彼の足の間に移動すると、くわえた口を上下に激しく動かす。
彼はあまり声を上げてくれないけれど、微かに彼の息遣いが聞こえる。
「せのり?」
「ん?」
「お前さ、何でこっち見てやんの?」
私は刺激する口を手にかえて、少し体を起こす。
「反応みてるの。や?」
「うぅん、すげぇ、エロイ」
「そんなエロイ?」
「出来れば髪もっとかきあげててよ」
「えー、口だけで舐め舐めはしんどいよー」
そういうと彼は私の髪を後ろで束ねだした。
「これで続けて」
私はまた刺激する手を口にかえ、彼の目を見つめながら舐めた。
彼が気持ちよさそうにしていると、私まで何だか気持ちよかった。
夢中で私は舌を使って吸い上げる。
必死だったかもしれない。
彼の声が聞こえる。
何かを話してる?夢中で聞きづらい。
なんでもいい、私は止めることなく舐め続けた。


「う゛っ!」
私の口に彼の精子が流れ込んできた。
どうしよう・・・。
私はそのまま我慢してゆっくり彼の精子を絞りだそうとしたのだけれど、口いっぱいにあふれ出し、ブチュッと音を立てて飛び散った。
私はペニスを口から抜き、口を押さえて起き上がる。
彼のペニスはだらしなくダラリと垂れ下がりながらも、まだ精子を噴出してた。
彼は慌ててティッシュに手を伸ばす。
3・4枚抜き取ると、私の口元へ差し出す。
「ほら、ぺっしろ!」
・・・ごっくん。
私は耐え切れず精子を飲み込んでしまった。
「もぉー飲んじゃったよー、遅いよー」
「ごめんって、俺もうイクよって何度もいったのに、せのりが続けるから我慢できんかったよ」
「・・・何か言ってたね」
「だろ?」
「すごい、苦かった」
「せのりはお子ちゃまやからなー」
「むっ、大人の味くらい嗜むわ!」
「おいしかった?」
「飲んでみろ!」
私は精子まみれの口で彼に舌を絡ませキスをした。
「おいしい?」
「うまい!」
「キモイ!」
「精子まみれでもせのりのチューはうまいよ」
彼はまたティッシュを取り、自分が吐き散らかした精子を拭いている。
「ちょっと~、あたし髪パシパシなってる~」
「あはは、お前精子だらけやぞ」
彼は私の身体中についてる精子をティッシュでふき取る。
「ちょ!それ、今自分のチンコ拭いてたやつでしょ~」
「あはは、一緒一緒」
「もーーー!アホー!」
「可愛いよ、お前。気持ちよかった」
「へへ、イかせられてよかった」
「えらいえらい」
「がんばったよ、うち」


私たちは、またシャワーを浴び今度はゆっくりベッドへ横になった。
彼の腕枕が心地いい。
「冷たいね」
「あぁ、お前のエロ汁と俺のエロ汁と血液と…最悪な寝心地や」
「バスタオルひいとけばよかったね」
「今度はそうしよう、お前スゴイ濡れるからさ」
「私の所為?!ゆうじが気持ちいいからやで」
「はいはい」
「でもよかった」
「ん?」
「私、やっとゆうじのことイかせてあげられたから」
そう言うと彼はギュッと私を抱きしめた。
「俺、お前のこと好きやから」
嬉しい言葉だったけど、何だか切なかった。
最近、彼に好きだと言われると顔も知らない彼女が頭に浮かぶ。
「ねぇ、チューして」
しばらくキスを交わしながら、私たちは眠った。



← 143 ]  [ 目次 ]  [ 145 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。