2005-06-21

55.念入りの支度

テーマ:彼女じゃない恋愛

家に着いたのは7時を少し回っていた。

正直泣きそうだった。

半べそかいてた。


少し泣いた。

玉ねぎが目にしみる。

くそ~!あのエロ上司!と恨みを込めてニンジンをたたき切った。


家事を怠らないと決めた私は、「家族に温かいごはんを!」を心に誓っている。

だから、今夜は煮込み系。

食べる時温めてね的カレーだ。

夕飯時に家を空けるときは煮込み系だ。

温かけりゃいい。

どうせ、味の善し悪しなんて馬鹿な我が家の男どもには判るまい。

野菜をレンジに突っ込み、野菜をすり潰しスープを煮込む。

最悪だ、汗だく。

もう玉ねぎの所為にして本当に泣きたい。


野菜スープにレンジで温野菜にした野菜をぶち込んでルーを溶かして完成させた。

・・・・今此処で懺悔する。

完成はしてない。

ただのカレールーを溶かしただけの汁でした。

だけどどうでもいい。


時刻は7時半。

葛藤だった。

化粧直しをするか、シャワーを浴びるか。


答えは一つ。

葛藤なんてあってないようなもの。

シャワーを浴びるに決まっている。

シャワーを浴びだすとコッテリ綺麗にしたくなった。

いや、別に何かを期待しているわけでもない。

が、何か汗とカレーの臭いが染み付いているような気がしてゴシゴシ体を洗った。

しっかり頭も洗った。

トリートメントもしたくなった。

鏡に映る自分を見て、体中の無駄毛をチェックした。

チェックしていたら、ネイルが剥げてることに凹んだ。

爪の形、逆剥け、色んなところに目がいった。


結局、急いでいたにも関わらず彼からの電話で慌てて風呂から出た。

「準備できた?そろそろ行っていい?」

「待って、もうちょっと待って。お願い」

「どのくらい」

「1時間・・・30分でいい。駄目?」

「もうそのまま出といでよ」

「やだ、裸だもん」

「服くらいは着ろ!」

「いや、化粧したいの」

「わかった。コンビニ寄るよ。何かいる?」

「うぅん、急いで準備するから」


あと5分あと5分で結局9時少し前まで彼を待たせた。

「お前ん家って何処っけ?」

「忘れちゃったの?」

「1年以上も前やしな」

「うんとね、中西さん家の前」

「中西さん知らんし・・・」

「だって、目印ないもん」

「あぁ!あのごっつい家の?」

その電話を切った5分後、私は家の前で待つ車に走りよった。


「何してた?」

「その辺ブラブラ。久しぶりの田舎を満喫」

「楽しかった?」

「あぁ、楽しかったよ!!」

「怒ってる?」

「怒ってるよ!何か言うことあるんじゃないの?」

「ごめんなさい」

「えぇよ。お腹すいたか?」

「うん、めっちゃすいてる」

「エビはないかもしれんけど、行く?」

「うん」


彼の顔をまだ1度もみていない。

踊る心臓。

悔しさよりも、今度は嬉しさで泣いてしまいそうだった。

会えてよかった。

待っていてくれてありがとう。


挙動不振に落ち着かない。

さぁ・・・何を話そうか・・・。



← 54 ]  [ 56 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。