2005-06-15

49.別れさせてあげる

テーマ:彼女じゃない恋愛

仕事を終わらせ、男の車に乗り込む。

時刻は大体夜の9時頃だろうか。

疲れた、眠い、お腹すいた、そんな事ばかりを考え、「疲れた」「眠い」「お腹すいた」とそのまま口にした。


「じゃ、どこか食べに行きましょうか?姫?」

「姫はやめて、前の男がそう読んでたから」

「じゃぁ、せのり」

「お腹すいた」

「はいはい」


和食やで食事をし、何も言わず男は車を走らせている。

この道も覚えた。

もう直ぐ彼の家につく。

携帯がなった。

彼からだ。


<今、何してる?>

私は、人と会っている時は絶対に携帯を弄りたくない。

隣にいる男は・・・人?

<彼氏の車乗ってる>

<こんな時間に何処いくの?>

<知らない、彼氏ん家じゃないの?!>

<へ~、デート中お邪魔かな?>

<そんなことないよ>

メールは続く。

どんどん続く。


車のエンジンが切れ、駐車していることにも気付かなかった。

「ねぇ、とりあえず車降りてよ」

男が不満そうに私に言った。

「あぁ、言えばいいのに」

「誰?」

「知ってどうすんの?」

「俺いるじゃん」

「だったら最初からそう言えばいいでしょ?」

「もう終わる?」

「知らない」

私は男の部屋へメールを打ちながら向かった。


男は本を読んだり、パソコンを弄ったり、映画を見ているようだった。

何も話しかけてはこない。

私はずっと返事を返してくる彼のメールに夢中だ。

<彼氏、今何してんの?>

<知らないよ>

<いいの?メールしてて>

<いいんじゃない?何もいわないもん>

<俺としてはもう少し話したいが、明日仕事なもんで、寝ます>

彼とメールを終わらせた。

時計は日付を変えてた。

楽しかった。

このまま眠りたい。


携帯を鞄にしまうのを目で追う男の視線が気になった。

男は直ぐに私押し倒した。

涙が出そうだ。


そこへ男の携帯がなる。

女からだった。

男はその場を離れず、私に聞かせるかのように話している。

別れ話を始める男。

多分、女に心の準備はなかったはずだ。

突然過ぎる話は、当然長引いた。

このままだと、こいつらは別れてしまう。

でも・・・両方失うのもいいかもしれない。


私は男にキスをした。

わざと音を立ててキスをした。

電話の向こうで女が疑惑の声を上げている。

男は私がいると言った。

女の声が聞こえてくる。

大きな声だ。

私は男の首を舐め、上から下へと体中を舐めまくった。

男の息があらくなる。

男は電話を切り、私の体を舐めまくった。

汚らしい。


男の携帯がなる。


「出なよ」

「出ない」

「出なよ」

「いいよ、もう我慢できない」

「へー、二股かけながら抱くんだ」

男は渋々電話を受けた。

女の声は聞こえない。

女が諦めた。

「別れたよ。もうせのりだけだ」

「私だけ?」

「そう、俺が好きなのはせのりだけだ」

「私もあなたが好きよ」

私は男に抱かれた。

不思議に濡れた。

朝日が窓から差し込んでくる。

ぐっすりと眠れた。



← 48 ]  [ 50 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。