2005-05-20

12.彼の誕生日を祝いたい

テーマ:彼女じゃない恋愛

彼と出会ってから、初めての彼の誕生日を迎えたこの日。

私には何も関係のないこの日を私は何故かワクワクして向かえた。


「おめでとう」の5文字をメールする事に何故だか躊躇う。

誕生日の0時0分という奇跡に堪らなく感動する乙女チックな私は、ため息と共に過ぎて行く時をカウントした。

1分、2分、3分、彼の元には何通のメールが届いたんだろう。

1番になんてそんなおこがましいこと出来ない。

私は一体どんなタイミングで、このメールを送信したらいいのだろう。


結局メールを送る事ができず、携帯のOFFボタンを連打した。


私はバーの前に居る。

何故来てしまったんだろう。

誕生日だから働いていないかもしれないのに。

店の戸を開けられず、隣のコンビニを出たり入ったり。

「今まで友達と遊んでて」こんなわざとらしい言葉を吐いてみるか?

「誕生日おめでとう」わざわざ来ちゃった的行動をとるか?

くー、こんなシュミレーションしてたって、お馬鹿な私にいい結果なんて導きだせない。

「ね、番号教えて」今までこの一言で、落とせる男は落とせたもの。

落ちない男は何を言っても駄目。

そんなもの。


店の戸を開け、そっと中を覗くととても静かだった。

店にはお客さんはおらず、彼だけが店内にいた。

「お、こんな時間にどうした?」

「あ、うん、友達と遊んでて」

出た!私はそれで行くのか?

なら、とりあえず、何処で遊んでたとか誰と遊んでたとか嘘固めたいと墓穴ほるぞ。

なーんも考えてないんだぞ、馬鹿、私の馬鹿。

「そう、店、もう客おらんからもう直ぐ終わるねん。送ってこうか?」

「う、うぅん、いぃ。1人で帰れるから」

だめだ、私、舞い上がって少女みたいな事いっちゃってるわ。

らしくもない。

もう降参。

って、私、何狙いにきてんだか。

おめでとう、そう言ってさっさと帰ろう。

「誕生日だね、おめでとう」

「お、ありがとう。誕生日に仕事って寂しいやろ」

「ほんまやね」

「わざわざ、来てくれたん?」

うわー、友達と遊んでてって全然意味ねぇじゃん。

私の嘘、聞いてなかった?

「うーん、どうだろう」

だよね、だよね、答えられるわけないもん。


「ケーキ食べる?」

店の奥から店長さんが、彼へのバースデーケーキを切り分けて呼んでくれた。

「ありがとうございます」

「これ、うまいぞ。俺のケーキやから」

「うん、おいしい」

「じゃ、ほんまに送ってかんでえぇねんな。またな」

え、え、え!?

もう帰るんだ・・・。


バーに1人。

目の前にはケーキとオレンジジュース。

そして、バーの店長さん。

何?この状況。

オレンジジュースを飲んだら、少し硬く感じた。

ケーキがやたら大きく感じた。

早く食べて帰ろう。


「ごちそうさまでした」

店を出たらとても静かだった。

上を向いて歩こうって歌が頭の中に流れてきた。

私、いい選曲するわ。

今、すごいピッタリの歌だ。

星が綺麗。


「おめでとう」


あーーーーーーーーーーーーーー。

頭の中でずっと叫び続けた。

叫んでないと、私変なこと考えつくもん。

寂しいとか、切ないとか、呟いたら終わり。

私は絶対に泣く。


「あれ、まだ居たの?」

戸締りを終えて出てきた店長さんに声を掛けられ我に帰る。

そしてタクシーを拾い、家に帰った。


ダサイ。

私、ダサイ。

何、想いふけってたんだろう。

おめでとうも言えたし、満足・・・満足・・・。

うん、満足・・・・。



←11 ]  [ 目次 ]  [ 13 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。