2005-06-27

61.会いたい?会えない?

テーマ:彼女じゃない恋愛

3時間程睡眠をとり、出かける支度を始める。

従姉弟と遊ぶ約束をしていたので、昼過ぎ私は家を出て、従姉弟が住む京都へと向かった。


従姉弟の友達の主婦ちゃまさんと合流する。

ちゃまさんとは、従姉弟のサイトで知り合った。

カントリードールを作っているらしく、とても興味があったので無理を言って教わることになったのだ。


ちゃまさんの家は、可愛らしいカントリーハウス。

乙女チックが花開く。

「もう~せのりちゃん会いたかったわ~」「ひぇ~可愛い~」「もう、せのりちゃんの大ファンやからな」と、ちゃまさんはテンション上げて私を褒める。

「ちょっと、ちょっと、何かweb日記読んでたらすごい展開なんやけど、詳しく聞かせてよ」

と、お茶を入れながらちゃまさんが楽しそうに私の話を聞きたがった。

井戸端会議の始まりだ。

カントリーハウスには似つかない話題。


「キャー、チュウしたの!?」

ちゃまさんは嬉しそうだ。

大丈夫、コレを読んでいるきみの想像は間違っていない。

カントリーハウスだとか、まだ24歳だとか思わなくてもいい。

そう、これはハッキリ言っておばさん3人が集まった会話だ。

ドール作り?

そんなもの忘れきっている。


「そろそろ、ドール作る?」

お茶を入れなおすのに立ち上がったちゃまさんが言い出した。

「そういえば、そんな目的があったような・・・」

日はもう傾きかけていた。


先ほどとは打って変わって、静まり返るカントリーハウス。

「痛っ」

慣れないお裁縫に戸惑う。

そこへ、私の携帯が鳴った。

彼からだった。


<眠い!睡眠不足にスポーツはキツイな。終わったら会えへんか?>


そんなメールに私よりもちゃまさんがテンションをあげた。

「どうすんのよ~」

「いや、今から帰っても1時間も会えへんしえぇよ。それに彼女いるしな・・・」

なんとなく、彼女のいる彼への不信感が大きかった。

私は信じてもいいんだろうか。

でも、会いたかった。

嬉しかった。


<今、京都の従姉弟ん家やねん。本当、昨日はドキドキやった。頑張ってね試合>


カントリードール そうメールを打って、またドール作りに夢中になった。

会えるとも会えないとも言わずで、彼の返事を待った。

日は落ち、ちゃまさんの旦那様が帰宅。

夜ご飯をおよばれすることになった。

そこでも、せのり祭りは開かれる。

「旦那もせのりちゃんが大好きなんよ」「うちのご飯を食べてもらえるなんて嬉しいわ」と、褒め殺しだ。

ご飯を食べた後もドール作りに精を出し、完成させて長居したちゃまさん宅をあとにする。


<そうか、京都か。少しでも会いたくなってさ。今ソフト終わったよ。今から京都じゃ、明日も徹夜になりそうだし・・・残念や。シャワー浴びて大阪に帰ります。俺も昨日はドキドキしたよ。また会ってくれるよね?次会う時までには彼氏の事決着つけるんよ>

ちゃまさん家から従姉弟の家へ戻る途中、彼からメールが来た。

今まで彼を避けていたので、彼はまた私が去ってゆくのかと思ったのだろうか。

彼の気弱なメールが何だか可愛かった。

私、ちゃんと好きでいてもらえてる・・・気がする。

彼女がいても、きっと別れてくれるよね。

<うん、彼とちゃんと話すよ。私も早く会いたい>

彼に返事をした。


私はもう彼から逃げない。

好きって気持ちに負けない。

私には彼が必要なんだ。

彼といる私が好き。

うまく行かない恋でもいい。

自分と向き合って、彼と向き合って、ちゃんと答えを出したい。

彼にフラれるまで、私は逃げない。



← 60 ]  [ 62 →
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■> minaさん

あは♪minaさんパワー健在って感じ。
うん、「これが最後」と思える恋は初めてです。
次があるといつも思いながらでしたから、実際。
だからこそ、この手にしたい愛。
だからこそ、もしも手にする事が出来なかった時、この恋を越えられる次の愛へ。
ずっと後悔の4年間だった。
これからは・・・違う。
私は前へ進む道へ立ったのだと思います。
でも、のんびりとした奮い立ったきもちですけどね^^。

1 ■その通りッ!!

逃げちゃダメだよ~!
そこまで好きになれる人なんて
そうそう現れないから。
どんな結果になったとしても
後悔のないように生きていかないとね♪

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。