2005-05-14

2.好きなのは誰?

テーマ:彼女じゃない恋愛

「バーの常連」そんな言葉の響が当時、妙にかっこよかった。

お酒が飲めないと、巡り来ないご縁だ。

店長さんに、そう言われ始めるまで私はそのレストランバーに通った。

仕事帰りに、待ち合わせ場所に、遊び場に、機会があれば利用した。

店が好きだったのか、男友達を本当に好きになってたのか、バーテンダーの彼が好きだったのか・・・私はどうしてもこの時の気持ちを整理しきれない。

揺れていた。

本当は、もう恋していたのかもしれないけれど・・・。


ある日、開店時間と共にバーへ遊びに行った。

1人で。

何故なんだろう。

友達を誘いたくない。

1人で行きたいんだという奮い立った意気込みだった。

何に意気込んでたんだろうか。

誰かに会いたかった・・・?

そうなんでしょうって自分に問いただしてもYESって答えてくれない。

ただ、知ってたのは男友達の休みの日だったということだけだ。


店の戸を開くと、いつもよりも少し明るめの店内に静か目のBGM、テーブルを拭くバーテンダーの彼、開店直後という雰囲気が広がってた。

相変わらず無愛想で、カウンターに誘導してくれる。


「バナナジュース」

「バナナジュース?!」

「悪い?ウチ、お酒飲めへんもん」

「飲めへんのに、ずっと店通ってたん?」

「だって、ソフトドリンクここ多いやん」

「変な子や」

「あはは、あなたでも笑うんや!」

「え、俺そんなに無愛想?」

「え!?もしかして気付いてないん?」

「よく、言われるけど・・・俺、いつもニコニコ上機嫌やしな」

「自分こそ変な子やん」

「ここのソフトドリンクはうまいやろ!全部手作りやもん」

「うん。って、嘘~パックなんちゃうん?」

「アホ言え!よ~みとけよ!」


バナナ 彼が初めてまともに話してくれた瞬間だった。

バナナジュースの作り方を教えながら、私に笑顔をくれた。

無愛想に気付かないなんて嘘。

そんなに笑えるんだもん。

この人、きっと私と同じ痛みを持ってる、そう直感した。

笑い顔の陰に悲しい目が見え隠れしてた・・・。


私は、学生時代を不登校で過ごした。

病気だったわけでも、イジメにあってたわけでもない。

ただ、学校が嫌だった。

一言で言えば、人が信用できなかった。

上辺だけの人間関係にうんざりしてた。

そんな人間に、自分もいつしか上辺だけで付き合うようにしてた。

私は誰にも気付かれないように、同じ様に隠してる。


「誰かと待ち合わせ?」

だろうな、だろうな、そう思うだろうな。

私は誰を待ってるんだ?私が聞きたい。

「もう直ぐあいつ来るで」

「え?」

「あ、違ったんや、ごめん、余計な事言うて」

「え?」


「店長!」

そう言いながら店に駆け込んできたのは、男友達だった。

「店長まだ来てないよ」

「そうなんや、どうしようかな」

少しオシャレした男友達は、いそいそと時間を気にしながら店長を待っていた。

「来てたんや。俺、これからデートやねん」

「あ、そう」

「そっけないなー。応援してよ」

「はいはい、頑張ってきなよー」

「何、その言い方。あぁ、もういいや、俺行くわ、ほな」

何、あれ・・・。

一瞬の出来事に何がなんだか・・・。

「ちょっとショック?」

「何で?」

「いや、別に」

「何?」

「あいつの事好きなんじゃないの?」

「あぁ、好きだよ」

あれ、あれ?私、何言ってんだろう?

私は男友達が好きだったの?

「やっぱりな。そうじゃないかと思ってたよ」

「そんなに判りやすい?」

「そりゃもう、好きですって目が語ってるよ」

「ふ~ん」

「いいんじゃない?」

「いいの・・・かもね・・・」

「ん?」

「別に」


私は一体何がしたかったんだろう。

急な展開に頭が馬鹿になったか?

それとも、ただの上辺だけの会話だったのか?

そうかもしれない。

少し、残念だったのかもしれない。

同じ目をしていると思った私の目を、見抜けなかった彼はみんなと同じだと思ったのかもしれない。

この日から、私は男友達が好きだという日を過ごす事になる。




← 1 ]  [ 目次 ]  [ 3 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。